[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.2228] アイドレスSystem4 試作品置き場その2 投稿者:真輝  投稿日:2017/09/09(Sat) 00:11:59

前ツリーが伸びたので新たに作成しました。
アイドレスの仮置き、試作の保管等にお使いください。


  [No.2232] Re: アイドレスSystem4 試作品置き場その2 投稿者:うさぎ  投稿日:2017/09/10(Sun) 01:18:09

PCうさぎ仮案です。
相談なのが新規で作った高位西国人(仮)と
軽歩兵のロードランナー部分はいらないけど
偵察兵、歩兵、FO、隠蔽技術は一人旅する時に欲しい能力いっぱいだなあ
と言う事でこんな取り方はありでしょうか?と言うものです。
ちなみに軽歩兵で丸々全部とっちゃうと評価値が12突破してアウトです。

大部品: うさぎ RD:164 評価値:12
大部品: 西国人 RD:14 評価値:6
大部品: 身体的特徴 RD:3 評価値:2
部品: 系譜
部品: 遺伝子損傷
部品: 灰色の髪
大部品: 種族的特徴 RD:10 評価値:5
部品: 部族
部品: 大家族
部品: 合議制
部品: 繁栄の裏
部品: 母系社会
部品: 環境
部品: 商売
部品: 金融嫌い
部品: 食事
部品: 友誼
部品: 西国人の流用実績
大部品: 高位西国人(ナニワアームズ) RD:6 評価値:4
部品: 動きやすい服装
部品: 信念
部品: 礼装
部品: 礼儀作法
部品: 奉納の舞
部品: 神学
部品: サンドローズ
大部品: 吏族 RD:13 評価値:6
部品: 尚書省への出仕
部品: 工部事務
部品: 紋章事務
部品: 財務事務
部品: 運輸事務
部品: 出仕者の作業
部品: 吏族試験
部品: 藩国における役割
部品: 起家・栄達
部品: 功労に対する対価
部品: 不正に対する罰則について
部品: 報告と連絡と相談
部品: 吏族の流用実績
大部品: 護民官(職業) RD:13 評価値:6
部品: 護民官事務所への出仕
部品: 出仕者の作業
部品: 案件への対応
部品: 救済案件
部品: 仲裁案件
部品: 自主案件
部品: 護民官補
部品: 藩国における役割
部品: 報奨と罰則
部品: 不正について
部品: 級について
部品: 報連相の徹底
部品: 流用実績(護民官)
大部品: 名整備士(職業) RD:28 評価値:8
大部品: 整備士(職業) RD:18 評価値:7
大部品: 整備能力 RD:11 評価値:5
部品: 工学基礎
部品: メカニズムの理解
部品: 環境や安全に関する知識
部品: 工作実習
部品: 測定訓練
部品: I=D知識基礎
部品: I=D整備実習
部品: 専門整備知識
部品: 現場でのインターン実習
部品: 機体の電子制御知識
部品: 整備器具使用法涵養
大部品: 職業倫理 RD:4 評価値:3
部品: 要求性能の理解
部品: 工期の把握
部品: チームワーク
部品: 機械を扱う者としての倫理
部品: 受験のための必要経験
部品: 資格取得
部品: 整備士(職業)の流用実績
大部品: 名整備士としての能力涵養 RD:9 評価値:5
部品: 工具への理解
部品: 長年の経験
部品: 整備作業の分配
部品: 整備環境の維持管理
部品: 整備工具・設備のメンテナンス
部品: 作業環境の改善指導
部品: 部品調達のコネクション
部品: マニュアル類の準備
部品: 人体構造の専門知識
部品: 名整備士(職業)の流用実績
大部品: 失踪する RD:6 評価値:4
部品: 失踪する動機
部品: 逃走
部品: 旅の人
部品: 危機管理
部品: お土産
部品: 語学
大部品: 引きこもる RD:6 評価値:4
部品: 引きこもる動機
部品: 自炊
部品: 部品の流用技術
部品: ジャンク屋さんへのコネ
部品: 勉強
部品: 作品のその後
大部品: 戦歴(うさぎ) RD:11 評価値:5
部品: バトルメード勲章
部品: 大吏族従軍章
部品: 青森救助勲章
部品: ノワール従軍勲章&ルージュ従軍勲章
部品: 飛び梅勲章
部品: 雪辱勲章
大部品: 猫と犬の前足が重なった腕輪 RD:3 評価値:2
部品: 犬猫共同戦線の記念品
部品: 着用効果
部品: 流用実績
部品: うさぎの資格
部品: うさぎの個人修正
大部品: 人間関係 RD:2 評価値:1
部品: 部下
部品: 旅先の「友達」
大部品: 性格 RD:4 評価値:3
部品: 女の人に優しい
部品: 変な癖
部品: 気まぐれ
部品: 占いを気にする
大部品: 偵察兵(ナニワ版) RD:51 評価値:9
大部品: 偵察兵 RD:45 評価値:9
大部品: 歩兵 RD:40 評価値:9
大部品: 軍隊における歩兵の役割 RD:20 評価値:7
部品: 歩兵に期待される役割
大部品: 治安維持 RD:2 評価値:1
部品: 治安維持とは
部品: 警備、巡回
大部品: 対テロリスト戦 RD:2 評価値:1
部品: 対テロリスト戦とは
部品: 爆発物処理
大部品: 人命救助 RD:2 評価値:1
部品: 人命救助とは
部品: 応急処置
大部品: 市街地戦闘 RD:1 評価値:0
部品: 市街地戦闘とは
大部品: 閉所、屋内戦 RD:3 評価値:2
部品: 閉所、屋内戦とは
部品: クリアリングとカバーリング
部品: 近接格闘
大部品: 歩兵による塹壕戦 RD:2 評価値:1
部品: 歩兵による塹壕戦とは
部品: 戦場での塹壕構築
大部品: 復興支援 RD:2 評価値:1
部品: 復興支援とは
部品: 土木作業
大部品: 不殺制圧 RD:1 評価値:0
部品: 不殺制圧とは
大部品: 空挺降下 RD:1 評価値:0
部品: 空挺降下とは
大部品: 避難誘導 RD:3 評価値:2
部品: 避難誘導とは
部品: 役割分担
部品: 避難訓練の実施
大部品: 歩兵としての事前準備 RD:4 評価値:3
大部品: 装備品の点検チェック RD:2 評価値:1
部品: 万全な装備状態の維持
部品: 銃火器の分解整備
大部品: ブリーフィング RD:2 評価値:1
部品: 指揮系統の確認
部品: 作戦目的の優先順位
大部品: 仲間との連携 RD:8 評価値:5
部品: ハンドサイン
部品: 集団戦における連携の重要性
大部品: 基本教練 RD:6 評価値:4
部品: 基本教練の意義
部品: 基本姿勢
部品: 執銃時の動作
部品: 礼式
部品: 整列
部品: 行進間動作
大部品: 格闘術訓練 RD:5 評価値:3
部品: 格闘術の訓練概要
部品: 人体の急所についての知識
部品: 徒手格闘
部品: ナイフ術
部品: 銃剣の使い方
大部品: 銃撃戦 RD:3 評価値:2
部品: 歩兵にとっての射撃
部品: 射撃の訓練
部品: 射撃姿勢
大部品: 偵察 RD:5 評価値:3
部品: 偵察とは
部品: 偵察を行う意義
部品: 偵察任務での手法
部品: 収集すべき情報
部品: 偵察兵として要求される能力
大部品: 偵察の国ナニワアームズ RD:6 評価値:4
部品: ナニワアームズにおける偵察兵
部品: 無線技術と暗号技術
大部品: 行軍訓練 RD:4 評価値:3
部品: 悪天候時の訓練
部品: 悪路対応訓練
部品: 山岳行軍トレーニング
部品: 完全装備での実施
大部品: FO RD:6 評価値:4
部品: FOってどんな職業なのか
大部品: 着弾観測 RD:3 評価値:2
部品: 着弾観測とは
部品: 空間認識能力
部品: 暗算
大部品: 他兵科との連携訓練 RD:2 評価値:1
部品: 砲兵との連携
部品: 航空機による爆撃の支援
大部品: 隠蔽技術 RD:3 評価値:2
部品: 隠蔽技術とは
部品: 偽装の訓練
部品: 迷彩を施す


  [No.2234] 落語 投稿者:オグナ  投稿日:2017/09/11(Mon) 19:39:38

落語のアイドレス出来ましたー。ご覧くださいまし。

*部品構造

-大部品: ナニワアームズの落語 RD:18 評価値:7
--大部品: 落語 RD:18 評価値:7
---大部品: 最初の落語 RD:1 評価値:0
----部品: 落語の起点
---大部品: 落語とは RD:8 評価値:5
----部品: 落語の概要
----部品: 他の芸との異なり
----部品: まくら
----部品: 本題
----部品: 落ち
----部品: 内容の変節
----部品: 落語の道具
----部品: 古典落語と新作落語
---大部品: 落語家 RD:4 評価値:3
----部品: 落語家の誕生
----部品: 落語協会
----部品: 団体の身分
----部品: 名籍
---大部品: 落語をする場所 RD:5 評価値:3
----部品: 寄席
----部品: 寄席以外の落語
----部品: 〇〇会
----部品: ラジオ・テレビ等の放送
----部品: 最近の寄席での芸



*部品定義

**部品: 落語の起点
砂漠の騎士の英雄譚と共に語り継がれる話芸の他、騎士と商人たちのやり取りを滑稽にした話や怪獣さん達とのやり取りを落ちがついた話芸として語られるようにした。今でも話芸として寄席で人や怪獣さん、蛇神さまがきける場所がある。

**部品: 落語の概要
話芸の一種であり、面白味のある話を語り、最後に落ちがつく事が特徴とされている。昔は河原場や机一つで語っていたが今は大衆娯楽として色々なところで語られている。

**部品: 他の芸との異なり
衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特さがある。

**部品: まくら
話の前に語る内容。自己紹介をしたり、本題に入るための流れを作ったり、また、本題でわかりにくい言葉の説明をさりげなく入れたりする。これにより聴衆が聴きやすい空気を作る。

**部品: 本題
最終的には落ちがあるもので終わるが、内容は人情話や芝居噺・滑稽噺、他にも怪談噺等がある。時間や内容によって演技をする難易度があり、前座が行うものやベテランが行うものがある。

**部品: 落ち
噺の締めくくり、笑いをともなう結末のことであり、落語が、元来「落とし噺」と称されてきたゆえん。時間によっては途中で落ちを入れたり昔のシャレが分かりにくいのを変えてしまう事がある。

**部品: 内容の変節
まくらや話の内容、落ちは、時代背景に合わないものや場所等によって変えていくものもある。例えば子供が多い中語る内容で最後の落ちで「名前が長いので言っている間に怪我が悪化して死んだ」というのを「名前が長いので言っているうちに怪我がひっこんだ」等マイルドにしたり、場所に合わせて変えるものもある。

**部品: 落語の道具
芸をする際の道具は少なく、扇子と手ぬぐい、たまに湯のみだけとなる。扇子で箸や刀、キセル等に見立て、手ぬぐいで財布やタオル、帳面等に見立てる。

**部品: 古典落語と新作落語
古典は昔より面々と受け継がれてきた噺がメインとなり、内容と落ちは変わらない。新作は落語家が現在の時事等をネタにし、滑稽に皮肉に、人情を入れ話をする。 


**部品: 落語家の誕生
始めは河原等で机一つで語られていたのが、料亭の余興として呼ばれたり、藩王の芸を見る中で呼ばれたりとされ、専門職として落語家が誕生した。

**部品: 落語協会
落語家がそれぞれで増えていく中、寄席等の専門の場所も出来、興行として行われる事も多くなってきた。その中で、プロとして行うために落語家の集まりが出来た。一部のものを除いてはこのような団体に入り、徒弟制度のようなところで修業を積み、芸を磨いていく。

**部品: 団体の身分
見習いから始まり、前座・二つ目・真打と変わっていく、身分が上がっていく際は落語協会の重役たちで話し合ったり、真打テストとして、観客に芸を見てもらい投票等をして決定する場合もある。

**部品: 名籍
入門した始めは師匠に名前を付けてもらうがそれぞれ身分が上がっていくとそれに合った名前や出世名、真打が代々受け継いで来た名籍を名乗る。また、新たに誕生したという事で自分の新たな名前をつける時もまれにある。

**部品: 寄席
河原から料亭と話をしてきたがスポンサー等が付いたり、専門職としての色合いが強まると興行として立つようになり寄席場といって落語家が噺を行う場所が出来た。

**部品: 寄席以外の落語
寄席以外でも多くは二つ目以前が修行や個人スポンサー等、バイトや慰労の意味も含めて料亭や学校、他にも老人ホームや軍隊イベント等にも呼ばれる。また、真打等は藩王等に呼ばれて行う事もある。

**部品: 〇〇会
芸を鍛えるために協会の師匠弟子が旅をしながら興行を行う親子会、若手・ベテラン等が集まり、自主的に開く人数会、一門で興行を行う一門会等がある。 

**部品: ラジオ・テレビ等の放送
ラジオやテレビ等がある場所等は収録を行い、後に放送を行う。主にめでたいものや、放送コードに合うものを行い、テープやCDで販売される事もある。

**部品: 最近の寄席での芸
落語は古典多めでたまに新作落語も聴ける。また、落語の他にも講談や浪曲、新しいところではコンビで行うふたりらくご等もある。昔と変わらず演目中はお静かに。



*提出書式

大部品: ナニワアームズの落語 RD:18 評価値:7
-大部品: 落語 RD:18 評価値:7
--大部品: 最初の落語 RD:1 評価値:0
---部品: 落語の起点
--大部品: 落語とは RD:8 評価値:5
---部品: 落語の概要
---部品: 他の芸との異なり
---部品: まくら
---部品: 本題
---部品: 落ち
---部品: 内容の変節
---部品: 落語の道具
---部品: 古典落語と新作落語
--大部品: 落語家 RD:4 評価値:3
---部品: 落語家の誕生
---部品: 落語協会
---部品: 団体の身分
---部品: 名籍
--大部品: 落語をする場所 RD:5 評価値:3
---部品: 寄席
---部品: 寄席以外の落語
---部品: 〇〇会
---部品: ラジオ・テレビ等の放送
---部品: 最近の寄席での芸


部品: 落語の起点
砂漠の騎士の英雄譚と共に語り継がれる話芸の他、騎士と商人たちのやり取りを滑稽にした話や怪獣さん達とのやり取りを落ちがついた話芸として語られるようにした。今でも話芸として寄席で人や怪獣さん、蛇神さまがきける場所がある。

部品: 落語の概要
話芸の一種であり、面白味のある話を語り、最後に落ちがつく事が特徴とされている。昔は河原場や机一つで語っていたが今は大衆娯楽として色々なところで語られている。

部品: 他の芸との異なり
衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特さがある。

部品: まくら
話の前に語る内容。自己紹介をしたり、本題に入るための流れを作ったり、また、本題でわかりにくい言葉の説明をさりげなく入れたりする。これにより聴衆が聴きやすい空気を作る。

部品: 本題
最終的には落ちがあるもので終わるが、内容は人情話や芝居噺・滑稽噺、他にも怪談噺等がある。時間や内容によって演技をする難易度があり、前座が行うものやベテランが行うものがある。

部品: 落ち
噺の締めくくり、笑いをともなう結末のことであり、落語が、元来「落とし噺」と称されてきたゆえん。時間によっては途中で落ちを入れたり昔のシャレが分かりにくいのを変えてしまう事がある。

部品: 内容の変節
まくらや話の内容、落ちは、時代背景に合わないものや場所等によって変えていくものもある。例えば子供が多い中語る内容で最後の落ちで「名前が長いので言っている間に怪我が悪化して死んだ」というのを「名前が長いので言っているうちに怪我がひっこんだ」等マイルドにしたり、場所に合わせて変えるものもある。

部品: 落語の道具
芸をする際の道具は少なく、扇子と手ぬぐい、たまに湯のみだけとなる。扇子で箸や刀、キセル等に見立て、手ぬぐいで財布やタオル、帳面等に見立てる。

部品: 古典落語と新作落語
古典は昔より面々と受け継がれてきた噺がメインとなり、内容と落ちは変わらない。新作は落語家が現在の時事等をネタにし、滑稽に皮肉に、人情を入れ話をする。 


部品: 落語家の誕生
始めは河原等で机一つで語られていたのが、料亭の余興として呼ばれたり、藩王の芸を見る中で呼ばれたりとされ、専門職として落語家が誕生した。

部品: 落語協会
落語家がそれぞれで増えていく中、寄席等の専門の場所も出来、興行として行われる事も多くなってきた。その中で、プロとして行うために落語家の集まりが出来た。一部のものを除いてはこのような団体に入り、徒弟制度のようなところで修業を積み、芸を磨いていく。

部品: 団体の身分
見習いから始まり、前座・二つ目・真打と変わっていく、身分が上がっていく際は落語協会の重役たちで話し合ったり、真打テストとして、観客に芸を見てもらい投票等をして決定する場合もある。

部品: 名籍
入門した始めは師匠に名前を付けてもらうがそれぞれ身分が上がっていくとそれに合った名前や出世名、真打が代々受け継いで来た名籍を名乗る。また、新たに誕生したという事で自分の新たな名前をつける時もまれにある。

部品: 寄席
河原から料亭と話をしてきたがスポンサー等が付いたり、専門職としての色合いが強まると興行として立つようになり寄席場といって落語家が噺を行う場所が出来た。

部品: 寄席以外の落語
寄席以外でも多くは二つ目以前が修行や個人スポンサー等、バイトや慰労の意味も含めて料亭や学校、他にも老人ホームや軍隊イベント等にも呼ばれる。また、真打等は藩王等に呼ばれて行う事もある。

部品: 〇〇会
芸を鍛えるために協会の師匠弟子が旅をしながら興行を行う親子会、若手・ベテラン等が集まり、自主的に開く人数会、一門で興行を行う一門会等がある。 

部品: ラジオ・テレビ等の放送
ラジオやテレビ等がある場所等は収録を行い、後に放送を行う。主にめでたいものや、放送コードに合うものを行い、テープやCDで販売される事もある。

部品: 最近の寄席での芸
落語は古典多めでたまに新作落語も聴ける。また、落語の他にも講談や浪曲、新しいところではコンビで行うふたりらくご等もある。昔と変わらず演目中はお静かに。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワアームズの落語",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "最初の落語",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語の起点",
"description": "砂漠の騎士の英雄譚と共に語り継がれる話芸の他、騎士と商人たちのやり取りを滑稽にした話や怪獣さん達とのやり取りを落ちがついた話芸として語られるようにした。今でも話芸として寄席で人や怪獣さん、蛇神さまがきける場所がある。",
"part_type": "part",
"localID": 3
}
],
"localID": 2,
"expanded": false
},

{ "title": "落語とは",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語の概要",
"description": "話芸の一種であり、面白味のある話を語り、最後に落ちがつく事が特徴とされている。昔は河原場や机一つで語っていたが今は大衆娯楽として色々なところで語られている。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "他の芸との異なり",
"description": "衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特さがある。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "まくら",
"description": "話の前に語る内容。自己紹介をしたり、本題に入るための流れを作ったり、また、本題でわかりにくい言葉の説明をさりげなく入れたりする。これにより聴衆が聴きやすい空気を作る。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "本題",
"description": "最終的には落ちがあるもので終わるが、内容は人情話や芝居噺・滑稽噺、他にも怪談噺等がある。時間や内容によって演技をする難易度があり、前座が行うものやベテランが行うものがある。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "落ち",
"description": "噺の締めくくり、笑いをともなう結末のことであり、落語が、元来「落とし噺」と称されてきたゆえん。時間によっては途中で落ちを入れたり昔のシャレが分かりにくいのを変えてしまう事がある。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "内容の変節",
"description": "まくらや話の内容、落ちは、時代背景に合わないものや場所等によって変えていくものもある。例えば子供が多い中語る内容で最後の落ちで「名前が長いので言っている間に怪我が悪化して死んだ」というのを「名前が長いので言っているうちに怪我がひっこんだ」等マイルドにしたり、場所に合わせて変えるものもある。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "落語の道具",
"description": "芸をする際の道具は少なく、扇子と手ぬぐい、たまに湯のみだけとなる。扇子で箸や刀、キセル等に見立て、手ぬぐいで財布やタオル、帳面等に見立てる。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},

{ "title": "古典落語と新作落語",
"description": "古典は昔より面々と受け継がれてきた噺がメインとなり、内容と落ちは変わらない。新作は落語家が現在の時事等をネタにし、滑稽に皮肉に、人情を入れ話をする。 \n",
"part_type": "part",
"localID": 12
}
],
"localID": 4,
"expanded": false
},

{ "title": "落語家",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語家の誕生",
"description": "始めは河原等で机一つで語られていたのが、料亭の余興として呼ばれたり、藩王の芸を見る中で呼ばれたりとされ、専門職として落語家が誕生した。",
"part_type": "part",
"localID": 14
},

{ "title": "落語協会",
"description": "落語家がそれぞれで増えていく中、寄席等の専門の場所も出来、興行として行われる事も多くなってきた。その中で、プロとして行うために落語家の集まりが出来た。一部のものを除いてはこのような団体に入り、徒弟制度のようなところで修業を積み、芸を磨いていく。",
"part_type": "part",
"localID": 15
},

{ "title": "団体の身分",
"description": "見習いから始まり、前座・二つ目・真打と変わっていく、身分が上がっていく際は落語協会の重役たちで話し合ったり、真打テストとして、観客に芸を見てもらい投票等をして決定する場合もある。",
"part_type": "part",
"localID": 16
},

{ "title": "名籍",
"description": "入門した始めは師匠に名前を付けてもらうがそれぞれ身分が上がっていくとそれに合った名前や出世名、真打が代々受け継いで来た名籍を名乗る。また、新たに誕生したという事で自分の新たな名前をつける時もまれにある。",
"part_type": "part",
"localID": 17
}
],
"localID": 13,
"expanded": false
},

{ "title": "落語をする場所",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "寄席",
"description": "河原から料亭と話をしてきたがスポンサー等が付いたり、専門職としての色合いが強まると興行として立つようになり寄席場といって落語家が噺を行う場所が出来た。",
"part_type": "part",
"localID": 19
},

{ "title": "寄席以外の落語",
"description": "寄席以外でも多くは二つ目以前が修行や個人スポンサー等、バイトや慰労の意味も含めて料亭や学校、他にも老人ホームや軍隊イベント等にも呼ばれる。また、真打等は藩王等に呼ばれて行う事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 20
},

{ "title": "〇〇会",
"description": "芸を鍛えるために協会の師匠弟子が旅をしながら興行を行う親子会、若手・ベテラン等が集まり、自主的に開く人数会、一門で興行を行う一門会等がある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 21
},

{ "title": "ラジオ・テレビ等の放送",
"description": "ラジオやテレビ等がある場所等は収録を行い、後に放送を行う。主にめでたいものや、放送コードに合うものを行い、テープやCDで販売される事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 22
},

{ "title": "最近の寄席での芸",
"description": "落語は古典多めでたまに新作落語も聴ける。また、落語の他にも講談や浪曲、新しいところではコンビで行うふたりらくご等もある。昔と変わらず演目中はお静かに。",
"part_type": "part",
"localID": 23
}
],
"localID": 18,
"expanded": true
}
],
"localID": 1,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2293] 落語(Ver1.02) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 00:23:07

落語のアイドレスの訂正版でご確認くださいまし。

*部品構造

-大部品: ナニワアームズの落語 RD:18 評価値:7
--大部品: 落語 RD:18 評価値:7
---大部品: 最初の落語 RD:1 評価値:0
----部品: 落語の起点
---大部品: 落語とは RD:8 評価値:5
----部品: 落語の概要
----部品: 他の芸との異なり
----部品: まくら
----部品: 本題
----部品: 落ち
----部品: 内容の変節
----部品: 落語の道具
----部品: 古典落語と新作落語
---大部品: 落語の集まり RD:4 評価値:3
----部品: 落語家の発展
----部品: 落語協会
----部品: 団体の身分
----部品: 名籍
---大部品: 落語をする場所 RD:5 評価値:3
----部品: 寄席
----部品: 寄席以外の落語
----部品: 〇〇会
----部品: ラジオ・テレビ等の放送
----部品: 最近の寄席での芸



*部品定義

**部品: 落語の起点
砂漠の騎士の英雄譚と共に語り継がれる話芸の他、騎士と商人たちのやり取りを滑稽にした話や怪獣さん達とのやり取りを落ちがついた話芸として語られるようにした。今でも話芸として寄席で人や怪獣さん、蛇神さまがきける場所がある。

**部品: 落語の概要
話芸の一種であり、面白味のある話を語り、最後に落ちがつく事が特徴とされている。昔は河原場や机一つで語っていたが今は大衆娯楽として色々なところで語られている。

**部品: 他の芸との異なり
衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特さがある。

**部品: まくら
話の前に語る内容。自己紹介をしたり、本題に入るための流れを作ったり、また、本題でわかりにくい言葉の説明をさりげなく入れたりする。これにより聴衆が聴きやすい空気を作る。

**部品: 本題
最終的には落ちがあるもので終わるが、内容は人情話や芝居噺・滑稽噺、他にも怪談噺等がある。時間や内容によって演技をする難易度があり、前座が行うものやベテランが行うものがある。

**部品: 落ち
噺の締めくくり、笑いをともなう結末のことであり、落語が、元来「落とし噺」と称されてきたゆえん。時間によっては途中で落ちを入れたり昔のシャレが分かりにくいのを変えてしまう事がある。

**部品: 内容の変節
まくらや話の内容、落ちは、時代背景に合わないものや場所等によって変えていくものもある。例えば子供が多い中語る内容で最後の落ちで「名前が長いので言っている間に怪我が悪化して死んだ」というのを「名前が長いので言っているうちに怪我がひっこんだ」等マイルドにしたり、場所に合わせて変えるものもある。

**部品: 落語の道具
芸をする際の道具は少なく、扇子と手ぬぐい、たまに湯のみだけとなる。扇子で箸や刀、キセル等に見立て、手ぬぐいで財布やタオル、帳面等に見立てる。

**部品: 古典落語と新作落語
古典は昔より面々と受け継がれてきた噺がメインとなり、内容と落ちは変わらない。新作は落語家が現在の時事等をネタにし、滑稽に皮肉に、人情を入れ話をする。 


**部品: 落語家の発展
始めは河原等で机一つで語られていたのが、料亭の余興として呼ばれたり、藩王の芸を見る中で呼ばれたりとされる人が誕生した。

**部品: 落語協会
落語家がそれぞれで増えていく中、寄席等の専門の場所も出来、興行として行われる事も多くなってきた。その中で、プロとして行うために落語家の集まりが出来た。一部のものを除いてはこのような団体に入り、徒弟制度のようなところで修業を積み、芸を磨いていく。

**部品: 団体の身分
見習いから始まり、前座・二つ目・真打と変わっていく、身分が上がっていく際は落語協会の重役たちで話し合ったり、真打テストとして、観客に芸を見てもらい投票等をして決定する場合もある。

**部品: 名籍
入門した始めは師匠に名前を付けてもらうがそれぞれ身分が上がっていくとそれに合った名前や出世名、真打が代々受け継いで来た名籍を名乗る。また、新たに誕生したという事で自分の新たな名前をつける時もまれにある。

**部品: 寄席
河原から料亭と話をしてきたがスポンサー等が付いたり、専門職としての色合いが強まると興行として立つようになり寄席場といって落語家が噺を行う場所が出来た。

**部品: 寄席以外の落語
寄席以外でも多くは二つ目以前が修行や個人スポンサー等、バイトや慰労の意味も含めて料亭や学校、他にも老人ホームや軍隊イベント等にも呼ばれる。また、真打等は藩王等に呼ばれて行う事もある。

**部品: 〇〇会
芸を鍛えるために協会の師匠弟子が旅をしながら興行を行う親子会、若手・ベテラン等が集まり、自主的に開く人数会、一門で興行を行う一門会等がある。 

**部品: ラジオ・テレビ等の放送
ラジオやテレビ等がある場所等は収録を行い、後に放送を行う。主にめでたいものや、放送コードに合うものを行い、テープやCDで販売される事もある。

**部品: 最近の寄席での芸
落語は古典多めでたまに新作落語も聴ける。また、落語の他にも講談や浪曲、新しいところではコンビで行うふたりらくご等もある。昔と変わらず演目中はお静かに。



*提出書式

大部品: ナニワアームズの落語 RD:18 評価値:7
-大部品: 落語 RD:18 評価値:7
--大部品: 最初の落語 RD:1 評価値:0
---部品: 落語の起点
--大部品: 落語とは RD:8 評価値:5
---部品: 落語の概要
---部品: 他の芸との異なり
---部品: まくら
---部品: 本題
---部品: 落ち
---部品: 内容の変節
---部品: 落語の道具
---部品: 古典落語と新作落語
--大部品: 落語の集まり RD:4 評価値:3
---部品: 落語の発展
---部品: 落語協会
---部品: 団体の身分
---部品: 名籍
--大部品: 落語をする場所 RD:5 評価値:3
---部品: 寄席
---部品: 寄席以外の落語
---部品: 〇〇会
---部品: ラジオ・テレビ等の放送
---部品: 最近の寄席での芸


部品: 落語の起点
砂漠の騎士の英雄譚と共に語り継がれる話芸の他、騎士と商人たちのやり取りを滑稽にした話や怪獣さん達とのやり取りを落ちがついた話芸として語られるようにした。今でも話芸として寄席で人や怪獣さん、蛇神さまがきける場所がある。

部品: 落語の概要
話芸の一種であり、面白味のある話を語り、最後に落ちがつく事が特徴とされている。昔は河原場や机一つで語っていたが今は大衆娯楽として色々なところで語られている。

部品: 他の芸との異なり
衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特さがある。

部品: まくら
話の前に語る内容。自己紹介をしたり、本題に入るための流れを作ったり、また、本題でわかりにくい言葉の説明をさりげなく入れたりする。これにより聴衆が聴きやすい空気を作る。

部品: 本題
最終的には落ちがあるもので終わるが、内容は人情話や芝居噺・滑稽噺、他にも怪談噺等がある。時間や内容によって演技をする難易度があり、前座が行うものやベテランが行うものがある。

部品: 落ち
噺の締めくくり、笑いをともなう結末のことであり、落語が、元来「落とし噺」と称されてきたゆえん。時間によっては途中で落ちを入れたり昔のシャレが分かりにくいのを変えてしまう事がある。

部品: 内容の変節
まくらや話の内容、落ちは、時代背景に合わないものや場所等によって変えていくものもある。例えば子供が多い中語る内容で最後の落ちで「名前が長いので言っている間に怪我が悪化して死んだ」というのを「名前が長いので言っているうちに怪我がひっこんだ」等マイルドにしたり、場所に合わせて変えるものもある。

部品: 落語の道具
芸をする際の道具は少なく、扇子と手ぬぐい、たまに湯のみだけとなる。扇子で箸や刀、キセル等に見立て、手ぬぐいで財布やタオル、帳面等に見立てる。

部品: 古典落語と新作落語
古典は昔より面々と受け継がれてきた噺がメインとなり、内容と落ちは変わらない。新作は落語家が現在の時事等をネタにし、滑稽に皮肉に、人情を入れ話をする。 


部品: 落語の発展
始めは河原等で机一つで語られていたのが、料亭の余興として呼ばれたり、藩王の芸を見る中で呼ばれたりとされる人が誕生した。

部品: 落語協会
落語家がそれぞれで増えていく中、寄席等の専門の場所も出来、興行として行われる事も多くなってきた。その中で、プロとして行うために落語家の集まりが出来た。一部のものを除いてはこのような団体に入り、徒弟制度のようなところで修業を積み、芸を磨いていく。

部品: 団体の身分
見習いから始まり、前座・二つ目・真打と変わっていく、身分が上がっていく際は落語協会の重役たちで話し合ったり、真打テストとして、観客に芸を見てもらい投票等をして決定する場合もある。

部品: 名籍
入門した始めは師匠に名前を付けてもらうがそれぞれ身分が上がっていくとそれに合った名前や出世名、真打が代々受け継いで来た名籍を名乗る。また、新たに誕生したという事で自分の新たな名前をつける時もまれにある。

部品: 寄席
河原から料亭と話をしてきたがスポンサー等が付いたり、専門職としての色合いが強まると興行として立つようになり寄席場といって落語家が噺を行う場所が出来た。

部品: 寄席以外の落語
寄席以外でも多くは二つ目以前が修行や個人スポンサー等、バイトや慰労の意味も含めて料亭や学校、他にも老人ホームや軍隊イベント等にも呼ばれる。また、真打等は藩王等に呼ばれて行う事もある。

部品: 〇〇会
芸を鍛えるために協会の師匠弟子が旅をしながら興行を行う親子会、若手・ベテラン等が集まり、自主的に開く人数会、一門で興行を行う一門会等がある。 

部品: ラジオ・テレビ等の放送
ラジオやテレビ等がある場所等は収録を行い、後に放送を行う。主にめでたいものや、放送コードに合うものを行い、テープやCDで販売される事もある。

部品: 最近の寄席での芸
落語は古典多めでたまに新作落語も聴ける。また、落語の他にも講談や浪曲、新しいところではコンビで行うふたりらくご等もある。昔と変わらず演目中はお静かに。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワアームズの落語",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "最初の落語",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語の起点",
"description": "砂漠の騎士の英雄譚と共に語り継がれる話芸の他、騎士と商人たちのやり取りを滑稽にした話や怪獣さん達とのやり取りを落ちがついた話芸として語られるようにした。今でも話芸として寄席で人や怪獣さん、蛇神さまがきける場所がある。",
"part_type": "part",
"localID": 3}
],

"localID": 2,
"expanded": false},


{ "title": "落語とは",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語の概要",
"description": "話芸の一種であり、面白味のある話を語り、最後に落ちがつく事が特徴とされている。昔は河原場や机一つで語っていたが今は大衆娯楽として色々なところで語られている。",
"part_type": "part",
"localID": 5},


{ "title": "他の芸との異なり",
"description": "衣装や道具、音曲に頼ることは比較的少なく、ひとりで何役も演じ、語りのほかは身振り・手振りのみで物語を進め、また扇子や手拭を使ってあらゆるものを表現する独特さがある。",
"part_type": "part",
"localID": 6},


{ "title": "まくら",
"description": "話の前に語る内容。自己紹介をしたり、本題に入るための流れを作ったり、また、本題でわかりにくい言葉の説明をさりげなく入れたりする。これにより聴衆が聴きやすい空気を作る。",
"part_type": "part",
"localID": 7},


{ "title": "本題",
"description": "最終的には落ちがあるもので終わるが、内容は人情話や芝居噺・滑稽噺、他にも怪談噺等がある。時間や内容によって演技をする難易度があり、前座が行うものやベテランが行うものがある。",
"part_type": "part",
"localID": 8},


{ "title": "落ち",
"description": "噺の締めくくり、笑いをともなう結末のことであり、落語が、元来「落とし噺」と称されてきたゆえん。時間によっては途中で落ちを入れたり昔のシャレが分かりにくいのを変えてしまう事がある。",
"part_type": "part",
"localID": 9},


{ "title": "内容の変節",
"description": "まくらや話の内容、落ちは、時代背景に合わないものや場所等によって変えていくものもある。例えば子供が多い中語る内容で最後の落ちで「名前が長いので言っている間に怪我が悪化して死んだ」というのを「名前が長いので言っているうちに怪我がひっこんだ」等マイルドにしたり、場所に合わせて変えるものもある。",
"part_type": "part",
"localID": 10},


{ "title": "落語の道具",
"description": "芸をする際の道具は少なく、扇子と手ぬぐい、たまに湯のみだけとなる。扇子で箸や刀、キセル等に見立て、手ぬぐいで財布やタオル、帳面等に見立てる。",
"part_type": "part",
"localID": 11},


{ "title": "古典落語と新作落語",
"description": "古典は昔より面々と受け継がれてきた噺がメインとなり、内容と落ちは変わらない。新作は落語家が現在の時事等をネタにし、滑稽に皮肉に、人情を入れ話をする。 \n",
"part_type": "part",
"localID": 12}
],

"localID": 4,
"expanded": false},


{ "title": "落語の集まり",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "落語の発展",
"description": "始めは河原等で机一つで語られていたのが、料亭の余興として呼ばれたり、藩王の芸を見る中で呼ばれる人が誕生した。",
"part_type": "part",
"localID": 14},


{ "title": "落語協会",
"description": "落語家がそれぞれで増えていく中、寄席等の専門の場所も出来、興行として行われる事も多くなってきた。その中で、プロとして行うために落語家の集まりが出来た。一部のものを除いてはこのような団体に入り、徒弟制度のようなところで修業を積み、芸を磨いていく。",
"part_type": "part",
"localID": 15},


{ "title": "団体の身分",
"description": "見習いから始まり、前座・二つ目・真打と変わっていく、身分が上がっていく際は落語協会の重役たちで話し合ったり、真打テストとして、観客に芸を見てもらい投票等をして決定する場合もある。",
"part_type": "part",
"localID": 16},


{ "title": "名籍",
"description": "入門した始めは師匠に名前を付けてもらうがそれぞれ身分が上がっていくとそれに合った名前や出世名、真打が代々受け継いで来た名籍を名乗る。また、新たに誕生したという事で自分の新たな名前をつける時もまれにある。",
"part_type": "part",
"localID": 17}
],

"localID": 13,
"expanded": false},


{ "title": "落語をする場所",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "寄席",
"description": "河原から料亭と話をしてきたがスポンサー等が付いたり、専門職としての色合いが強まると興行として立つようになり寄席場といって落語家が噺を行う場所が出来た。",
"part_type": "part",
"localID": 19},


{ "title": "寄席以外の落語",
"description": "寄席以外でも多くは二つ目以前が修行や個人スポンサー等、バイトや慰労の意味も含めて料亭や学校、他にも老人ホームや軍隊イベント等にも呼ばれる。また、真打等は藩王等に呼ばれて行う事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 20},


{ "title": "〇〇会",
"description": "芸を鍛えるために協会の師匠弟子が旅をしながら興行を行う親子会、若手・ベテラン等が集まり、自主的に開く人数会、一門で興行を行う一門会等がある。 ",
"part_type": "part",
"localID": 21},


{ "title": "ラジオ・テレビ等の放送",
"description": "ラジオやテレビ等がある場所等は収録を行い、後に放送を行う。主にめでたいものや、放送コードに合うものを行い、テープやCDで販売される事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 22},


{ "title": "最近の寄席での芸",
"description": "落語は古典多めでたまに新作落語も聴ける。また、落語の他にも講談や浪曲、新しいところではコンビで行うふたりらくご等もある。昔と変わらず演目中はお静かに。",
"part_type": "part",
"localID": 23}
],

"localID": 18,
"expanded": true}
],

"localID": 1,
"expanded": true}
],

"expanded": true,
"localID": 0}
]


  [No.2279] スパイ 投稿者:オグナ  投稿日:2017/09/20(Wed) 18:15:13

対クロスアクシャ用に作ったのですがちと遅かった気が・・・。
いずれ使えたらというわけでおいておきます。
猟犬の國のイトウさん家をこえろー(スパイはそういうためじゃない気がする)

*部品構造

-大部品: スパイ RD:23 評価値:7
--大部品: スパイ概要 RD:3 評価値:2
---部品: スパイとは
---部品: 主な活動として
---部品: 具体的な分類
--大部品: 情報の手段 RD:5 評価値:3
---部品: 公開資料
---部品: 人間
---部品: 画像・電波
---部品: 他機関との協力
---部品: 情報消去
--大部品: スパイ機関 RD:3 評価値:2
---部品: 求人
---部品: 訓練
---部品: 出向
--部品: 協力者
--部品: 産業スパイ
--大部品: スパイの能力 RD:3 評価値:2
---部品: 体力・精神力
---部品: 知力
---部品: 国への忠誠
--大部品: ナニワアームズでのスパイ RD:7 評価値:4
---部品: 機関
---部品: 対テロ組織
---部品: 洗い出しと漬け込み
---部品: 敵対勢力にあたり
---部品: ナニワ式訓練
---部品: 設定
---部品: セルフコントロール



*部品定義

**部品: スパイとは
敵対勢力での情報を得るための諜報活動を行うものの総称であり、政治・経済・軍事・科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害・撹乱することが主な任務とされる。

**部品: 主な活動として
国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動を行い他国もしくは、敵対勢力等の動きをつかむ、もしくはコントロールする事にある。

**部品: 具体的な分類
主に行う事として「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行う。

**部品: 公開資料
新聞・雑誌・テレビなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。いかに集めてまとめるかが重要となってくる。

**部品: 人間
人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。各国の在外公館には情報機関からの出向者などが駐在して情報収集に従事している場合が多いが、合法的な情報収集を行うのが一般的である。

**部品: 画像・電波
写真等で撮影を行ったり、ラジオ・テレビ・電話等の電波を傍受して情報を収集する方法。時に撮影不許可等の場合や傍受そのものが法にふれる事があるので、行う際は慎重になる事が必要。

**部品: 他機関との協力
利害関係を同じくする機関が相互に協力する。また、時には友好国のあいだでは相互に連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行う場合がある。

**部品: 情報消去
受け取った情報は機密によっては他の部署へ流れないよう加工を行い、他に渡す場合や消去を行う。消去の際は文章等を始めとする物的証拠等を処分する。また、情報員も詮索しない事とする。

**部品: 求人
求人については、公務員として同じ扱いで募集をしており、一般的に国民である事。または帰化してから数年立っている事が条件として求人をしている。ただし、面接・採用の際は厳密な個人情報を洗い出し、かつ国家への忠誠があるかどうか等の試験がされる。

**部品: 訓練
訓練については特殊な訓練が行われ、体力・知力・観察力が求められる。また時としては人をたぶらかす事等が必要等なため、人たらしの方法、ドア・窓の非合法な開け方、暗号等各方面に詳しくなる必要がある。

**部品: 出向
多くは外交官や駐在官として他国へ赴任する。そこで他国の官僚や政治家達と通じ、情報獲得工作を行う。時には他国にイレギュラーなやり方でビジネスマンや新聞社等ジャーナリストの身分を持った(偽装)した上で、他国に潜入する事もある。ただし、いつこういうものが入るか、他国に協力者がいるかは不明。

**部品: 協力者
機関員の望む情報、資料、物資などを直接獲得したり、移民を多く送り出している国では移民のネットワークを使う事によって協力者を持つ事がある。

**部品: 産業スパイ
敵対産業について産業スパイは企業の情報収集を行うだけでなく、社員の辞職を誘発したり、労働組合を扇動するなど企業に損害を与える場合もある。これらの活動には探偵業者や経営コンサルタントなどが関わることが多い。

**部品: 体力・精神力
歩く、走る、泳ぐ等基本的な体力に加え劣悪な環境にも耐え、時には拷問等を受けても耐えられる体力が必要。また、劣悪な環境等に対しては精神力も必要とされ、普段からのトレーニングが必要とされる。

**部品: 知力
言語、暗号等が解けるだけでなく、情報の何を持ってよしとするか、またその場の言い逃れ、水平的な思考、相手を信用させる交渉力、何かを覚える記憶・観察力が必要となる。

**部品: 国への忠誠
少なからず、情報を得るには他言をしない、国へのある程度の忠誠が必要となってくる。それには給料とか愛国心とか上への人望とか色んなものが要因となるが、色々なもので引き留める事が必要。

**部品: 機関
機関名は無いが「ナニワ文化保護観察支部」がそれの隠れ蓑と言われているが、摂政直属の部署のため、不明とされている。

**部品: 対テロ組織
主に情報収集を旨とし、「不殺、残生(ころさず、いきのこる)」を旨に他国及び危険組織に入り込んでいる。今のところ主体は対クロスアクシャの情報収集に当たる。

**部品: 洗い出しと漬け込み
入隊する際は他のスパイやクロスアクシャ等の危険組織の二重スパイでないか出生から経歴を徹底的に洗い出しを行う。また、それ以降それぞれの駐在に当たる国や危険組織への知識、癖等を漬け込む。

**部品: 敵対勢力にあたり
万が一、二重スパイの可能性、もしくは裏切った可能性があるものは、裏で手を引き、周囲から見る事による合法的な逮捕や左遷等に見せかけ情報を渡らせないようにする。時には泳がせた上で偽情報をつかませ、相手に送る事もある。こちらから当たる際は情報獲得を旨とし、逃亡する事。

**部品: ナニワ式訓練
元々軽歩兵、偵察兵等に優れているナニワアームズ軍隊の特性を生かし、情報を収集する上での体力・知力等の訓練に含め、漬け込みの際の情報や近接格闘術、イレギュラーな鍵開け、盗聴、人たらし等の方法を受ける。訓練に関しては秘密裏に行われ、教える方も陸軍もしくは警察防犯の一環としか思っていないようにする。

**部品: 設定
任務にあたる際はそれぞれの設定にあったなり切りを行うようにする。その際は服等はその場にあったものにし、資金なども目立たぬよう仕送りもしくは機関員による現地調達等を行い、本国からは最低限のものしか送らない。送った履歴さえも合法的なものに見せる。

**部品: セルフコントロール
時には生き残るための体力の限界を超えるものとし、もしくは疲れ切ったようにみせ、自白剤に関しては薬に耐える。もしくは耐え切れない場合を見越し、自白の際に情報をつかませないよう思考停止をさせる、相手が喋らないから殺人衝動に襲われない等各自、自分を信じ、セルフコントロールを行う。



*提出書式

大部品: スパイ RD:23 評価値:7
-大部品: スパイ概要 RD:3 評価値:2
--部品: スパイとは
--部品: 主な活動として
--部品: 具体的な分類
-大部品: 情報の手段 RD:5 評価値:3
--部品: 公開資料
--部品: 人間
--部品: 画像・電波
--部品: 他機関との協力
--部品: 情報消去
-大部品: スパイ機関 RD:3 評価値:2
--部品: 求人
--部品: 訓練
--部品: 出向
-部品: 協力者
-部品: 産業スパイ
-大部品: スパイの能力 RD:3 評価値:2
--部品: 体力・精神力
--部品: 知力
--部品: 国への忠誠
-大部品: ナニワアームズでのスパイ RD:7 評価値:4
--部品: 機関
--部品: 対テロ組織
--部品: 洗い出しと漬け込み
--部品: 敵対勢力にあたり
--部品: ナニワ式訓練
--部品: 設定
--部品: セルフコントロール


部品: スパイとは
敵対勢力での情報を得るための諜報活動を行うものの総称であり、政治・経済・軍事・科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害・撹乱することが主な任務とされる。

部品: 主な活動として
国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動を行い他国もしくは、敵対勢力等の動きをつかむ、もしくはコントロールする事にある。

部品: 具体的な分類
主に行う事として「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行う。

部品: 公開資料
新聞・雑誌・テレビなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。いかに集めてまとめるかが重要となってくる。

部品: 人間
人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。各国の在外公館には情報機関からの出向者などが駐在して情報収集に従事している場合が多いが、合法的な情報収集を行うのが一般的である。

部品: 画像・電波
写真等で撮影を行ったり、ラジオ・テレビ・電話等の電波を傍受して情報を収集する方法。時に撮影不許可等の場合や傍受そのものが法にふれる事があるので、行う際は慎重になる事が必要。

部品: 他機関との協力
利害関係を同じくする機関が相互に協力する。また、時には友好国のあいだでは相互に連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行う場合がある。

部品: 情報消去
受け取った情報は機密によっては他の部署へ流れないよう加工を行い、他に渡す場合や消去を行う。消去の際は文章等を始めとする物的証拠等を処分する。また、情報員も詮索しない事とする。

部品: 求人
求人については、公務員として同じ扱いで募集をしており、一般的に国民である事。または帰化してから数年立っている事が条件として求人をしている。ただし、面接・採用の際は厳密な個人情報を洗い出し、かつ国家への忠誠があるかどうか等の試験がされる。

部品: 訓練
訓練については特殊な訓練が行われ、体力・知力・観察力が求められる。また時としては人をたぶらかす事等が必要等なため、人たらしの方法、ドア・窓の非合法な開け方、暗号等各方面に詳しくなる必要がある。

部品: 出向
多くは外交官や駐在官として他国へ赴任する。そこで他国の官僚や政治家達と通じ、情報獲得工作を行う。時には他国にイレギュラーなやり方でビジネスマンや新聞社等ジャーナリストの身分を持った(偽装)した上で、他国に潜入する事もある。ただし、いつこういうものが入るか、他国に協力者がいるかは不明。

部品: 協力者
機関員の望む情報、資料、物資などを直接獲得したり、移民を多く送り出している国では移民のネットワークを使う事によって協力者を持つ事がある。

部品: 産業スパイ
敵対産業について産業スパイは企業の情報収集を行うだけでなく、社員の辞職を誘発したり、労働組合を扇動するなど企業に損害を与える場合もある。これらの活動には探偵業者や経営コンサルタントなどが関わることが多い。

部品: 体力・精神力
歩く、走る、泳ぐ等基本的な体力に加え劣悪な環境にも耐え、時には拷問等を受けても耐えられる体力が必要。また、劣悪な環境等に対しては精神力も必要とされ、普段からのトレーニングが必要とされる。

部品: 知力
言語、暗号等が解けるだけでなく、情報の何を持ってよしとするか、またその場の言い逃れ、水平的な思考、相手を信用させる交渉力、何かを覚える記憶・観察力が必要となる。

部品: 国への忠誠
少なからず、情報を得るには他言をしない、国へのある程度の忠誠が必要となってくる。それには給料とか愛国心とか上への人望とか色んなものが要因となるが、色々なもので引き留める事が必要。

部品: 機関
機関名は無いが「ナニワ文化保護観察支部」がそれの隠れ蓑と言われているが、摂政直属の部署のため、不明とされている。

部品: 対テロ組織
主に情報収集を旨とし、「不殺、残生(ころさず、いきのこる)」を旨に他国及び危険組織に入り込んでいる。今のところ主体は対クロスアクシャの情報収集に当たる。

部品: 洗い出しと漬け込み
入隊する際は他のスパイやクロスアクシャ等の危険組織の二重スパイでないか出生から経歴を徹底的に洗い出しを行う。また、それ以降それぞれの駐在に当たる国や危険組織への知識、癖等を漬け込む。

部品: 敵対勢力にあたり
万が一、二重スパイの可能性、もしくは裏切った可能性があるものは、裏で手を引き、周囲から見る事による合法的な逮捕や左遷等に見せかけ情報を渡らせないようにする。時には泳がせた上で偽情報をつかませ、相手に送る事もある。こちらから当たる際は情報獲得を旨とし、逃亡する事。

部品: ナニワ式訓練
元々軽歩兵、偵察兵等に優れているナニワアームズ軍隊の特性を生かし、情報を収集する上での体力・知力等の訓練に含め、漬け込みの際の情報や近接格闘術、イレギュラーな鍵開け、盗聴、人たらし等の方法を受ける。訓練に関しては秘密裏に行われ、教える方も陸軍もしくは警察防犯の一環としか思っていないようにする。

部品: 設定
任務にあたる際はそれぞれの設定にあったなり切りを行うようにする。その際は服等はその場にあったものにし、資金なども目立たぬよう仕送りもしくは機関員による現地調達等を行い、本国からは最低限のものしか送らない。送った履歴さえも合法的なものに見せる。

部品: セルフコントロール
時には生き残るための体力の限界を超えるものとし、もしくは疲れ切ったようにみせ、自白剤に関しては薬に耐える。もしくは耐え切れない場合を見越し、自白の際に情報をつかませないよう思考停止をさせる、相手が喋らないから殺人衝動に襲われない等各自、自分を信じ、セルフコントロールを行う。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "スパイ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "スパイ概要",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "スパイとは",
"description": "敵対勢力での情報を得るための諜報活動を行うものの総称であり、政治・経済・軍事・科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害・撹乱することが主な任務とされる。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "主な活動として",
"description": "国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動を行い他国もしくは、敵対勢力等の動きをつかむ、もしくはコントロールする事にある。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "具体的な分類",
"description": "主に行う事として「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 4
}
],
"localID": 1,
"expanded": false
},

{ "title": "情報の手段",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "公開資料",
"description": "新聞・雑誌・テレビなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。いかに集めてまとめるかが重要となってくる。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "人間",
"description": "人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。各国の在外公館には情報機関からの出向者などが駐在して情報収集に従事している場合が多いが、合法的な情報収集を行うのが一般的である。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "画像・電波",
"description": "写真等で撮影を行ったり、ラジオ・テレビ・電話等の電波を傍受して情報を収集する方法。時に撮影不許可等の場合や傍受そのものが法にふれる事があるので、行う際は慎重になる事が必要。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "他機関との協力",
"description": "利害関係を同じくする機関が相互に協力する。また、時には友好国のあいだでは相互に連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行う場合がある。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "情報消去",
"description": "受け取った情報は機密によっては他の部署へ流れないよう加工を行い、他に渡す場合や消去を行う。消去の際は文章等を始めとする物的証拠等を処分する。また、情報員も詮索しない事とする。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"localID": 5,
"expanded": false
},

{ "title": "スパイ機関",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "求人",
"description": "求人については、公務員として同じ扱いで募集をしており、一般的に国民である事。または帰化してから数年立っている事が条件として求人をしている。ただし、面接・採用の際は厳密な個人情報を洗い出し、かつ国家への忠誠があるかどうか等の試験がされる。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "訓練",
"description": "訓練については特殊な訓練が行われ、体力・知力・観察力が求められる。また時としては人をたぶらかす事等が必要等なため、人たらしの方法、ドア・窓の非合法な開け方、暗号等各方面に詳しくなる必要がある。",
"part_type": "part",
"localID": 13
},

{ "title": "出向",
"description": "多くは外交官や駐在官として他国へ赴任する。そこで他国の官僚や政治家達と通じ、情報獲得工作を行う。時には他国にイレギュラーなやり方でビジネスマンや新聞社等ジャーナリストの身分を持った(偽装)した上で、他国に潜入する事もある。ただし、いつこういうものが入るか、他国に協力者がいるかは不明。",
"part_type": "part",
"localID": 14
}
],
"localID": 11,
"expanded": false
},

{ "title": "協力者",
"description": "機関員の望む情報、資料、物資などを直接獲得したり、移民を多く送り出している国では移民のネットワークを使う事によって協力者を持つ事がある。",
"part_type": "part",
"localID": 15
},

{ "title": "産業スパイ",
"description": "敵対産業について産業スパイは企業の情報収集を行うだけでなく、社員の辞職を誘発したり、労働組合を扇動するなど企業に損害を与える場合もある。これらの活動には探偵業者や経営コンサルタントなどが関わることが多い。",
"part_type": "part",
"localID": 16
},

{ "title": "スパイの能力",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "体力・精神力",
"description": "歩く、走る、泳ぐ等基本的な体力に加え劣悪な環境にも耐え、時には拷問等を受けても耐えられる体力が必要。また、劣悪な環境等に対しては精神力も必要とされ、普段からのトレーニングが必要とされる。",
"part_type": "part",
"localID": 18
},

{ "title": "知力",
"description": "言語、暗号等が解けるだけでなく、情報の何を持ってよしとするか、またその場の言い逃れ、水平的な思考、相手を信用させる交渉力、何かを覚える記憶・観察力が必要となる。",
"part_type": "part",
"localID": 19
},

{ "title": "国への忠誠",
"description": "少なからず、情報を得るには他言をしない、国へのある程度の忠誠が必要となってくる。それには給料とか愛国心とか上への人望とか色んなものが要因となるが、色々なもので引き留める事が必要。",
"part_type": "part",
"localID": 20
}
],
"localID": 17,
"expanded": false
},

{ "title": "ナニワアームズでのスパイ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "機関",
"description": "機関名は無いが「ナニワ文化保護観察支部」がそれの隠れ蓑と言われているが、摂政直属の部署のため、不明とされている。",
"part_type": "part",
"localID": 22
},

{ "title": "対テロ組織",
"description": "主に情報収集を旨とし、「不殺、残生(ころさず、いきのこる)」を旨に他国及び危険組織に入り込んでいる。今のところ主体は対クロスアクシャの情報収集に当たる。",
"part_type": "part",
"localID": 23
},

{ "title": "洗い出しと漬け込み",
"description": "入隊する際は他のスパイやクロスアクシャ等の危険組織の二重スパイでないか出生から経歴を徹底的に洗い出しを行う。また、それ以降それぞれの駐在に当たる国や危険組織への知識、癖等を漬け込む。",
"part_type": "part",
"localID": 24
},

{ "title": "敵対勢力にあたり",
"description": "万が一、二重スパイの可能性、もしくは裏切った可能性があるものは、裏で手を引き、周囲から見る事による合法的な逮捕や左遷等に見せかけ情報を渡らせないようにする。時には泳がせた上で偽情報をつかませ、相手に送る事もある。こちらから当たる際は情報獲得を旨とし、逃亡する事。",
"part_type": "part",
"localID": 25
},

{ "title": "ナニワ式訓練",
"description": "元々軽歩兵、偵察兵等に優れているナニワアームズ軍隊の特性を生かし、情報を収集する上での体力・知力等の訓練に含め、漬け込みの際の情報や近接格闘術、イレギュラーな鍵開け、盗聴、人たらし等の方法を受ける。訓練に関しては秘密裏に行われ、教える方も陸軍もしくは警察防犯の一環としか思っていないようにする。",
"part_type": "part",
"localID": 26
},

{ "title": "設定",
"description": "任務にあたる際はそれぞれの設定にあったなり切りを行うようにする。その際は服等はその場にあったものにし、資金なども目立たぬよう仕送りもしくは機関員による現地調達等を行い、本国からは最低限のものしか送らない。送った履歴さえも合法的なものに見せる。",
"part_type": "part",
"localID": 27
},

{ "title": "セルフコントロール",
"description": "時には生き残るための体力の限界を超えるものとし、もしくは疲れ切ったようにみせ、自白剤に関しては薬に耐える。もしくは耐え切れない場合を見越し、自白の際に情報をつかませないよう思考停止をさせる、相手が喋らないから殺人衝動に襲われない等各自、自分を信じ、セルフコントロールを行う。",
"part_type": "part",
"localID": 28
}
],
"localID": 21,
"expanded": false
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2283] 情報機関 投稿者:オグナ  投稿日:2017/09/22(Fri) 19:01:18

情報機関に変更しました。

*部品構造

-大部品: 情報機関 RD:11 評価値:5
--大部品: 情報機関概要 RD:2 評価値:1
---部品: 情報機関とは
---部品: 具体的な分類
--大部品: 情報の手段 RD:3 評価値:2
---部品: 公開資料
---部品: 人間
---部品: 他機関との協力
--大部品: 情報機関運営 RD:2 評価値:1
---部品: 求人と研修
---部品: 出向
--大部品: 機関員の能力 RD:2 評価値:1
---部品: 能力開発
---部品: 国への忠誠
--大部品: ナニワアームズでの情報機関 RD:2 評価値:1
---部品: 機関の設立事情
---部品: 洗い出しと漬け込み



*部品定義

**部品: 情報機関とは
政治・経済・軍事・科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害・撹乱することが主な任務とされる。国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動を行い他国もしくは、敵対勢力等の動きをつかむ、もしくはコントロールする事にある。

**部品: 具体的な分類
主に行う事として「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行う。

**部品: 公開資料
新聞・雑誌・テレビなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。いかに集めてまとめるかが重要となってくる。

**部品: 人間
人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。各国の在外公館には情報機関からの出向者などが駐在して情報収集に従事している場合が多いが、合法的な情報収集を行うのが一般的である。

**部品: 他機関との協力
利害関係を同じくする機関が相互に協力する。また、時には友好国のあいだでは相互に連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行う場合がある。

**部品: 求人と研修
求人については、公務員として同じ扱いで募集をしており、一般的に国民である事。または帰化してから数年立っている事が条件として求人をしている。訓練については特殊な訓練が行われ、体力・知力・観察力が求められる。また時としては人をたぶらかす事等が必要等なため、人たらしの方法、ドア・窓の非合法な開け方、暗号等各方面に詳しくなる必要がある。

**部品: 出向
多くは外交官や駐在官として他国へ赴任する。そこで他国の官僚や政治家達と通じ、情報獲得工作を行う。時には他国にイレギュラーなやり方でビジネスマンや新聞社等ジャーナリストの身分を持った(偽装)した上で、他国に潜入する事もある。ただし、いつこういうものが入るか、他国に協力者がいるかは不明。

**部品: 能力開発
歩く、走る、泳ぐ等基本的な体力に加え劣悪な環境にも耐え、時には拷問等を受けても耐えられる体力が必要とされ、暗号解読や、各知識、また、劣悪な環境等に対しては精神力も必要とされ、普段からのトレーニング、またイレギュラーな研修を受けている。

**部品: 国への忠誠
少なからず、情報を得るには他言をしない、国へのある程度の忠誠が必要となってくる。それには給料とか愛国心とか上への人望とか色んなものが要因となるが、色々なもので引き留める事が必要。

**部品: 機関の設立事情
主に情報収集を旨とし、「不殺、残生(ころさず、いきのこる)」を旨にクロスアクシャ等危険組織が出来たため、情報収集にあたるため作られた。元々偵察兵等が生きるナニワに関してはそのスキルが生かされるようになっている。

**部品: 洗い出しと漬け込み
入隊する際は他のスパイやクロスアクシャ等の危険組織の二重スパイでないか出生から経歴を徹底的に洗い出しを行う。また、それ以降それぞれの駐在に当たる国や危険組織への知識、癖等を漬け込む。また、忘れるための消去も行う。



*提出書式

大部品: 情報機関 RD:11 評価値:5
-大部品: 情報機関概要 RD:2 評価値:1
--部品: 情報機関とは
--部品: 具体的な分類
-大部品: 情報の手段 RD:3 評価値:2
--部品: 公開資料
--部品: 人間
--部品: 他機関との協力
-大部品: 情報機関運営 RD:2 評価値:1
--部品: 求人と研修
--部品: 出向
-大部品: 機関員の能力 RD:2 評価値:1
--部品: 能力開発
--部品: 国への忠誠
-大部品: ナニワアームズでの情報機関 RD:2 評価値:1
--部品: 機関の設立事情
--部品: 洗い出しと漬け込み


部品: 情報機関とは
政治・経済・軍事・科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害・撹乱することが主な任務とされる。国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動を行い他国もしくは、敵対勢力等の動きをつかむ、もしくはコントロールする事にある。

部品: 具体的な分類
主に行う事として「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行う。

部品: 公開資料
新聞・雑誌・テレビなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。いかに集めてまとめるかが重要となってくる。

部品: 人間
人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。各国の在外公館には情報機関からの出向者などが駐在して情報収集に従事している場合が多いが、合法的な情報収集を行うのが一般的である。

部品: 他機関との協力
利害関係を同じくする機関が相互に協力する。また、時には友好国のあいだでは相互に連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行う場合がある。

部品: 求人と研修
求人については、公務員として同じ扱いで募集をしており、一般的に国民である事。または帰化してから数年立っている事が条件として求人をしている。訓練については特殊な訓練が行われ、体力・知力・観察力が求められる。また時としては人をたぶらかす事等が必要等なため、人たらしの方法、ドア・窓の非合法な開け方、暗号等各方面に詳しくなる必要がある。

部品: 出向
多くは外交官や駐在官として他国へ赴任する。そこで他国の官僚や政治家達と通じ、情報獲得工作を行う。時には他国にイレギュラーなやり方でビジネスマンや新聞社等ジャーナリストの身分を持った(偽装)した上で、他国に潜入する事もある。ただし、いつこういうものが入るか、他国に協力者がいるかは不明。

部品: 能力開発
歩く、走る、泳ぐ等基本的な体力に加え劣悪な環境にも耐え、時には拷問等を受けても耐えられる体力が必要とされ、暗号解読や、各知識、また、劣悪な環境等に対しては精神力も必要とされ、普段からのトレーニング、またイレギュラーな研修を受けている。

部品: 国への忠誠
少なからず、情報を得るには他言をしない、国へのある程度の忠誠が必要となってくる。それには給料とか愛国心とか上への人望とか色んなものが要因となるが、色々なもので引き留める事が必要。

部品: 機関の設立事情
主に情報収集を旨とし、「不殺、残生(ころさず、いきのこる)」を旨にクロスアクシャ等危険組織が出来たため、情報収集にあたるため作られた。元々偵察兵等が生きるナニワに関してはそのスキルが生かされるようになっている。

部品: 洗い出しと漬け込み
入隊する際は他のスパイやクロスアクシャ等の危険組織の二重スパイでないか出生から経歴を徹底的に洗い出しを行う。また、それ以降それぞれの駐在に当たる国や危険組織への知識、癖等を漬け込む。また、忘れるための消去も行う。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "情報機関",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "情報機関概要",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "情報機関とは",
"description": "政治・経済・軍事・科学技術などの情報を、いち早く入手して味方に知らせつつ、敵の活動を阻害・撹乱することが主な任務とされる。国家の安全保障にまつわる、収集をはじめとした情報に関する活動を行い他国もしくは、敵対勢力等の動きをつかむ、もしくはコントロールする事にある。",
"part_type": "part",
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "具体的な分類",
"description": "主に行う事として「諜報(密かに情報を収集する)」「防諜(スパイの摘発などの情報防衛)」「宣伝(自らが有利に立つ情報を流す)」「謀略(相手につかませた情報により自らに有利な状態をつくる)」の4分類を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 3
}
],
"localID": 1,
"expanded": true
},

{ "title": "情報の手段",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "公開資料",
"description": "新聞・雑誌・テレビなどのメディアを継続的にチェックしたうえで、書籍・公刊資料を集めて情報を得る手法。いかに集めてまとめるかが重要となってくる。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "人間",
"description": "人間を介した情報収集の方法。有識者から話を聞いたり、重要な情報に接触できる人間を協力者として獲得・運営し、そこから情報を入手する。各国の在外公館には情報機関からの出向者などが駐在して情報収集に従事している場合が多いが、合法的な情報収集を行うのが一般的である。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "他機関との協力",
"description": "利害関係を同じくする機関が相互に協力する。また、時には友好国のあいだでは相互に連絡要員を派遣している場合があり、定期的に情報交換を行う場合がある。",
"part_type": "part",
"localID": 7
}
],
"localID": 4,
"expanded": true
},

{ "title": "情報機関運営",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "求人と研修",
"description": "求人については、公務員として同じ扱いで募集をしており、一般的に国民である事。または帰化してから数年立っている事が条件として求人をしている。訓練については特殊な訓練が行われ、体力・知力・観察力が求められる。また時としては人をたぶらかす事等が必要等なため、人たらしの方法、ドア・窓の非合法な開け方、暗号等各方面に詳しくなる必要がある。",
"part_type": "part",
"localID": 9,
"expanded": true
},

{ "title": "出向",
"description": "多くは外交官や駐在官として他国へ赴任する。そこで他国の官僚や政治家達と通じ、情報獲得工作を行う。時には他国にイレギュラーなやり方でビジネスマンや新聞社等ジャーナリストの身分を持った(偽装)した上で、他国に潜入する事もある。ただし、いつこういうものが入るか、他国に協力者がいるかは不明。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"localID": 8,
"expanded": true
},

{ "title": "機関員の能力",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "能力開発",
"description": "歩く、走る、泳ぐ等基本的な体力に加え劣悪な環境にも耐え、時には拷問等を受けても耐えられる体力が必要とされ、暗号解読や、各知識、また、劣悪な環境等に対しては精神力も必要とされ、普段からのトレーニング、またイレギュラーな研修を受けている。",
"part_type": "part",
"localID": 12,
"expanded": true
},

{ "title": "国への忠誠",
"description": "少なからず、情報を得るには他言をしない、国へのある程度の忠誠が必要となってくる。それには給料とか愛国心とか上への人望とか色んなものが要因となるが、色々なもので引き留める事が必要。",
"part_type": "part",
"localID": 13
}
],
"localID": 11,
"expanded": true
},

{ "title": "ナニワアームズでの情報機関",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "機関の設立事情",
"description": "主に情報収集を旨とし、「不殺、残生(ころさず、いきのこる)」を旨にクロスアクシャ等危険組織が出来たため、情報収集にあたるため作られた。元々偵察兵等が生きるナニワに関してはそのスキルが生かされるようになっている。",
"part_type": "part",
"localID": 15,
"expanded": true
},

{ "title": "洗い出しと漬け込み",
"description": "入隊する際は他のスパイやクロスアクシャ等の危険組織の二重スパイでないか出生から経歴を徹底的に洗い出しを行う。また、それ以降それぞれの駐在に当たる国や危険組織への知識、癖等を漬け込む。また、忘れるための消去も行う。",
"part_type": "part",
"localID": 16,
"expanded": true
}
],
"localID": 14,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2284] 農協(たたき台) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/09/25(Mon) 18:20:44

農協のデータを拾い上げてみました。小枝をまた少し増やせたらと思います。

農協
 農協沿革
 農業を営んでいたものが組合のようなものを作り、それを統合し、食料の統制・管理という意味で始めは作られた。その後、農業の協力、開発を含め運営を行われている。
 
 農協事業の種類
  指導:新たに農業を始めた加盟者に農業をどういう風に進めていけばよいか、生活はどうすればよいかの相談を受け、指導に当たる。
  
  農作物販売:加盟している農家の農作物を買い上げ、農協独自のルートでの直売所や通信販売等で商品を販売し、農家に各利益を当てる。
  
  生産物割当:肥料や農機具に使うガソリンやガス、灯油等の販売や加入者の置き薬等薬の販売を行い、農家運営に支障が出ないようにしている。
  
  信用・共済:農協による、貯金、貸付、為替、証券等を取り扱いや生命、損害保険を始めとする各種保険の加入等を行い経済的に保障をおこなう。
  
  厚生:病院を始めとする各種医療所や保健所、健康診断センター等の運営を行い、加入者の健康面のバックアップを行う。また、保険等も加入。
  
  その他:テレビやラジオ等の販売、冠婚葬祭や観光・旅行事業、不動産仲介、出版等のマスコミ、農機販売のディーラー等も場所によっては行う。


  [No.2486] 生産者救済協同組合(ナニワ版) 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/15(Wed) 23:24:49

農協を手直ししてみました。如何でしょうか。
略すと、ナニワ生協ですかね・・?  共済は使えるかなあ・・無理かなあ。


*部品構造

-大部品: 生産者救済協同組合(ナニワ版) RD:12 評価値:6
--部品: 大きくないが幅広い結びつき
--大部品: 生産者救済協同組合 RD:6 評価値:4
---部品: 協同組合とは
---部品: 生産者救済協同組合の概要
---部品: 組合員と運営について
---部品: 正組合員のチェック
---部品: 事業運営の目的
---部品: 藩国の承認
--大部品: 生産者救済協同組合の事業内容 RD:5 評価値:4
---部品: 生産事業の指導
---部品: 流通と販売
---部品: 共同購入
---部品: 機具の貸付や共用
---部品: 共済



*部品定義

**部品: 大きくないが幅広い結びつき
ナニワアームズでは西国で食糧生産にはあまり向いていないため、
けして大規模な協同組合ではないが、農業・畜産・漁業・養殖、その他の中小の手工業者など幅広い生産事業者たちが組合員となっている。

**部品: 協同組合とは
共通する目的のために自発的に集まった人々・企業が、事業体を共同で所有し、平等を尊重し共に和して管理運営を行う相互扶助の組織のこと。

**部品: 生産者救済協同組合の概要
主に食糧生産者や手工業者を中心として集まった協同組合。
正組合員は藩国の生産事業者を対象としているが、出資すれば藩国民なら准組合員として組合の事業を一部利用することができる。

**部品: 組合員と運営について
組合の事業の運営は、一人一票の議決権を持つ正組合員の意思決定により行われており、正組合員は役員や総代に選ばれる権利を持っている。
そのため生産事業者ではない准組合員が組合を支配しないよう、准組合員には議決権や役員になる権利は認められていない。

**部品: 正組合員のチェック
生産事業者ではない者が正組合員にはならないよう、また生産事業を辞めた者や死亡者などが正組合員で居続けないよう、3年に1度の確認を行っている。
このチェックに対し故意に虚偽の申請をした場合、除籍処分となる。

**部品: 事業運営の目的
生産力の増進と、生産事業者が生活でき破産などが起こらないよう対策するなど、生産事業の荒廃を防いでいる。

**部品: 藩国の承認
協同組合は藩国も認め推奨しており、平等な相互扶助が正常に機能している間、税の軽減などを行っている。
意図的な分配の偏りや不正取引などが無いよう、政庁から定期的に監査員を派遣している。

**部品: 生産事業の指導
生産事業をしている組合員に、生産効率を上げるための技術や、運営の仕方、生活はどうすればよいかなどの相談を受け、指導に当たる。

**部品: 流通と販売
正組合員から生産物を買い上げ、独自のルートでの直売所や通信販売等で商品を販売し、各生産事業者へ利益を分配する。
生産された農村などから都市部へと運ぶ流通なども担っている。

**部品: 共同購入
生産事業に必要な機具や薬品・消耗品を始め、生活に必要な食品や日用品・衣類などを共同仕入れすることでコストを下げ、その分組合員が安く購入できるようにしている。
薬品などの場合は販売時に使用方法の指導をしたり、地方の小さな集落のために移動販売や宅配なども行われている。

**部品: 機具の貸付や共用
生産事業に必要だが常に使うわけではない大きな機具などをレンタルしたり、地方の支部で共同で購入し共用したりなどもする。
個々に借金をして購入するよりも、小さな金額で使用できるが、台数や故障などで問題の起こる場合もある。

**部品: 共済
組合員や組合員の家族が困った時に、他の組合員全体で助ける仕組み。
あらかじめ一定の掛金を持ち寄り、それを財源に事故や災害の被害があった組合員に共済金を支払い、生活の安定をはかる相互扶助である。
営利が目的ではないためおおむね掛金は少額で、余った場合には還元される。



*提出書式

大部品: 生産者救済協同組合(ナニワ版) RD:12 評価値:6
-部品: 大きくないが幅広い結びつき
-大部品: 生産者救済協同組合 RD:6 評価値:4
--部品: 協同組合とは
--部品: 生産者救済協同組合の概要
--部品: 組合員と運営について
--部品: 正組合員のチェック
--部品: 事業運営の目的
--部品: 藩国の承認
-大部品: 生産者救済協同組合の事業内容 RD:5 評価値:4
--部品: 生産事業の指導
--部品: 流通と販売
--部品: 共同購入
--部品: 機具の貸付や共用
--部品: 共済


部品: 大きくないが幅広い結びつき
ナニワアームズでは西国で食糧生産にはあまり向いていないため、
けして大規模な協同組合ではないが、農業・畜産・漁業・養殖、その他の中小の手工業者など幅広い生産事業者たちが組合員となっている。

部品: 協同組合とは
共通する目的のために自発的に集まった人々・企業が、事業体を共同で所有し、平等を尊重し共に和して管理運営を行う相互扶助の組織のこと。

部品: 生産者救済協同組合の概要
主に食糧生産者や手工業者を中心として集まった協同組合。
正組合員は藩国の生産事業者を対象としているが、出資すれば藩国民なら准組合員として組合の事業を一部利用することができる。

部品: 組合員と運営について
組合の事業の運営は、一人一票の議決権を持つ正組合員の意思決定により行われており、正組合員は役員や総代に選ばれる権利を持っている。
そのため生産事業者ではない准組合員が組合を支配しないよう、准組合員には議決権や役員になる権利は認められていない。

部品: 正組合員のチェック
生産事業者ではない者が正組合員にはならないよう、また生産事業を辞めた者や死亡者などが正組合員で居続けないよう、3年に1度の確認を行っている。
このチェックに対し故意に虚偽の申請をした場合、除籍処分となる。

部品: 事業運営の目的
生産力の増進と、生産事業者が生活でき破産などが起こらないよう対策するなど、生産事業の荒廃を防いでいる。

部品: 藩国の承認
協同組合は藩国も認め推奨しており、平等な相互扶助が正常に機能している間、税の軽減などを行っている。
意図的な分配の偏りや不正取引などが無いよう、政庁から定期的に監査員を派遣している。

部品: 生産事業の指導
生産事業をしている組合員に、生産効率を上げるための技術や、運営の仕方、生活はどうすればよいかなどの相談を受け、指導に当たる。

部品: 流通と販売
正組合員から生産物を買い上げ、独自のルートでの直売所や通信販売等で商品を販売し、各生産事業者へ利益を分配する。
生産された農村などから都市部へと運ぶ流通なども担っている。

部品: 共同購入
生産事業に必要な機具や薬品・消耗品を始め、生活に必要な食品や日用品・衣類などを共同仕入れすることでコストを下げ、その分組合員が安く購入できるようにしている。
薬品などの場合は販売時に使用方法の指導をしたり、地方の小さな集落のために移動販売や宅配なども行われている。

部品: 機具の貸付や共用
生産事業に必要だが常に使うわけではない大きな機具などをレンタルしたり、地方の支部で共同で購入し共用したりなどもする。
個々に借金をして購入するよりも、小さな金額で使用できるが、台数や故障などで問題の起こる場合もある。

部品: 共済
組合員や組合員の家族が困った時に、他の組合員全体で助ける仕組み。
あらかじめ一定の掛金を持ち寄り、それを財源に事故や災害の被害があった組合員に共済金を支払い、生活の安定をはかる相互扶助である。
営利が目的ではないためおおむね掛金は少額で、余った場合には還元される。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "生産者救済協同組合(ナニワ版)",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "大きくないが幅広い結びつき",
"description": "ナニワアームズでは西国で食糧生産にはあまり向いていないため、\nけして大規模な協同組合ではないが、農業・畜産・漁業・養殖、その他の中小の手工業者など幅広い生産事業者たちが組合員となっている。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "生産者救済協同組合",
"description": "ナニワ,生産,食糧",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "協同組合とは",
"description": "共通する目的のために自発的に集まった人々・企業が、事業体を共同で所有し、平等を尊重し共に和して管理運営を行う相互扶助の組織のこと。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "生産者救済協同組合の概要",
"description": "主に食糧生産者や手工業者を中心として集まった協同組合。\n正組合員は藩国の生産事業者を対象としているが、出資すれば藩国民なら准組合員として組合の事業を一部利用することができる。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "組合員と運営について",
"description": "組合の事業の運営は、一人一票の議決権を持つ正組合員の意思決定により行われており、正組合員は役員や総代に選ばれる権利を持っている。\nそのため生産事業者ではない准組合員が組合を支配しないよう、准組合員には議決権や役員になる権利は認められていない。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "正組合員のチェック",
"description": "生産事業者ではない者が正組合員にはならないよう、また生産事業を辞めた者や死亡者などが正組合員で居続けないよう、3年に1度の確認を行っている。\nこのチェックに対し故意に虚偽の申請をした場合、除籍処分となる。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "事業運営の目的",
"description": "生産力の増進と、生産事業者が生活でき破産などが起こらないよう対策するなど、生産事業の荒廃を防いでいる。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "藩国の承認",
"description": "協同組合は藩国も認め推奨しており、平等な相互扶助が正常に機能している間、税の軽減などを行っている。\n意図的な分配の偏りや不正取引などが無いよう、政庁から定期的に監査員を派遣している。",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 2,
"expanded": false
},

{ "title": "生産者救済協同組合の事業内容",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "生産事業の指導",
"description": "生産事業をしている組合員に、生産効率を上げるための技術や、運営の仕方、生活はどうすればよいかなどの相談を受け、指導に当たる。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "流通と販売",
"description": "正組合員から生産物を買い上げ、独自のルートでの直売所や通信販売等で商品を販売し、各生産事業者へ利益を分配する。\n生産された農村などから都市部へと運ぶ流通なども担っている。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},

{ "title": "共同購入",
"description": "生産事業に必要な機具や薬品・消耗品を始め、生活に必要な食品や日用品・衣類などを共同仕入れすることでコストを下げ、その分組合員が安く購入できるようにしている。\n薬品などの場合は販売時に使用方法の指導をしたり、地方の小さな集落のために移動販売や宅配なども行われている。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "機具の貸付や共用",
"description": "生産事業に必要だが常に使うわけではない大きな機具などをレンタルしたり、地方の支部で共同で購入し共用したりなどもする。\n個々に借金をして購入するよりも、小さな金額で使用できるが、台数や故障などで問題の起こる場合もある。",
"part_type": "part",
"localID": 13
},

{ "title": "共済",
"description": "組合員や組合員の家族が困った時に、他の組合員全体で助ける仕組み。\nあらかじめ一定の掛金を持ち寄り、それを財源に事故や災害の被害があった組合員に共済金を支払い、生活の安定をはかる相互扶助である。\n営利が目的ではないためおおむね掛金は少額で、余った場合には還元される。",
"part_type": "part",
"localID": 14
}
],
"localID": 9,
"expanded": false
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
}
]


  [No.2487] 食料生産農地 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/16(Thu) 00:40:50

オグナさんの食料生産地(農作物)を修正させて頂きました。
これでどうでしょうかね? 評価値は高すぎる気もするので、削るのはありかと思います。


*部品構造

-大部品: 食料生産農地 RD:40 評価値:9
--大部品: 乾燥地での耕作 RD:4 評価値:3
---部品: 耕作の歴史
---部品: 耕作道具と水路
---部品: 動物耕作や小作人の誕生
---部品: 機械の導入や点滴灌漑
--大部品: 肥料 RD:3 評価値:3
---部品: 肥料の始まり
---部品: 化学肥料
---部品: 組み合わせて使い分ける
--大部品: 種をまく RD:4 評価値:3
---部品: 種の始まり
---部品: 保管場所
---部品: 品種改良
---部品: 間引く
--大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
---部品: 害虫の駆除
---部品: 害獣の追い出し
--大部品: 収穫 RD:2 評価値:2
---部品: 収穫の道具
---部品: 機械での効率化
--大部品: 二毛作 RD:2 評価値:2
---部品: 二毛作について
---部品: 連作被害を防ぐための混合農業
--大部品: 農業の機械化 RD:3 評価値:3
---部品: オートメーションでの水まき
---部品: 日光が強すぎる時の対策
---部品: ビニールハウス
--大部品: 灌漑 RD:3 評価値:3
---部品: 灌漑の歴史
---部品: 治水と灌漑
---部品: 水をはじく砂の層を作る
--大部品: 収穫物の保管 RD:2 評価値:2
---部品: 保管場所について
---部品: 冷蔵技術の発達
--大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
---部品: 園芸用
--大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:12 評価値:6
---部品: 砂漠の緑地化
---部品: 地産地消
---部品: 怪獣さん達の足場
---部品: 収穫の祭
---部品: 冬の出稼ぎ
---部品: 失業者の定職についてもらうための制定
---部品: 漁業、畜産との連合
---部品: 藩国の推奨
---大部品: 主な農産物 RD:4 評価値:3
----部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
----部品: ナスとトマト
----部品: 怪獣さんも好きなニンジン
----部品: 豆類あれこれ
--大部品: 販売の流通 RD:2 評価値:2
---部品: 都市への流通
---部品: 直売所



*部品定義

**部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。

**部品: 耕作道具と水路
何年か後、木片から掘る人達が始まり、木の道具を作り、金物に磨きをかけ、道具を変えていった。土は深く掘られるようになって、水路が作られた。

**部品: 動物耕作や小作人の誕生
次第にお金を持つ人は牛を使ったり、土地を持つ代わりにそこで労働させる人達を雇い給料を払い耕作を行うようになっていった。

**部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

**部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

**部品: 化学肥料
その後、衛生面等を見越したうえで工場で肥料を作る事を始め、新たにその肥料をまく事になった。
また、肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、適量を学んでいった。

**部品: 組み合わせて使い分ける
化学肥料だけでは土地に弊害が出る事が分かり、ゆっくりと効果のある始めの肥料に近いものや土地に溶けやすい有機肥料なども使い始めるようになった。

**部品: 種の始まり
元々自然環境に生えていた作物を、種を取った上で植えていたが、土地が狭いところではあまり役に立たず、かといって食べるにも合わないものは種を保管する事にした。

**部品: 保管場所
始めは種を保管するだけだったが、ネズミ等の害獣が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

**部品: 品種改良
ただ、種をまくだけでは人がいた際に足りなくなりつつあったので一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
そこから、実や種をつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

**部品: 間引く
実のそれぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
いらなくなった実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

**部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけて捕まえて殺すか等を行う。

**部品: 害獣の追い出し
鳥や害獣避けには大きな音やビニール製の吹流し、罠での追放・警戒を行うようにしている。また、罠等をしかけ捕まえ、場合によっては駆逐することもある。

**部品: 収穫の道具
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。

**部品: 機械での効率化
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

**部品: 二毛作について
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。

**部品: 連作被害を防ぐための混合農業
二毛作では連作被害等が起こり土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

**部品: オートメーションでの水まき
農作物の管理を人では無く自動的に機械で行う事も可能になり、自動的に水を撒く等を行う事等も出来るようになってきた

**部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、水も地下からくみ上げる事ができるようになった。

**部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

**部品: 灌漑の歴史
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。

**部品: 治水と灌漑
灌漑問題としては、水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

**部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

**部品: 保管場所について
収穫した後の農作物を保管するため、涼しいところや害獣等に食べられないようにするために通常の住居より高いところや、直射日光が当たらないところに保管するようになった。

**部品: 冷蔵技術の発達
冷蔵技術が発達するようになると冷暗所等で保存するようになり、冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、遠くのところまで運べるようになった。

**部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

**部品: 砂漠の緑地化
元々砂漠が多いナニワアームズでは緑地化も含めての農作物を育てるようになった。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになった。

**部品: 地産地消
自らの腕で作ったものはこの砂漠にずっと住んでいる民たちが父母先祖にいたるまで色んな血と汗を込めて作り、変えてきたものだ。
それは自らの腹に収める。そして、この地に訪れた客人達に振舞われるものであった。

**部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏みながら耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

**部品: 収穫の祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

**部品: 冬の出稼ぎ
放牧で暮らす人もいるナニワアームズだが、冬の間の出稼ぎとして、麦踏みや冬の作物の収穫整理等をしてもらい賃金を払うシステムができている。
住むところは天幕だったりすることもあるが、狭いが風呂・トイレ・朝・晩の食事つきの貸家である場合もある。

**部品: 失業者の定職についてもらうための制定
場合によってはすぐに失業してしまう事もあるナニワアームズでは、「誇りは空に、地には足に」をモットーに、失業した人達を農業へと定職させようとするカリキュラムが組まれている。食料の自給率を高める対応が出来ればと色々改善中である。

**部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。

**部品: 藩国の推奨
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などが行われており、新しく始める者には補助金なども出るようになっている。
ただし、すぐなれるものではないため学校等で農業や畜産についてを学ぶ必要がある。

**部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
乾燥にも強い小麦を栽培している。一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや焼き菓子、パスタなどに使われる。

**部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。
少ない水で育てるので、とても甘い。

**部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

**部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。

**部品: 都市への流通
収穫した農作物を生産者救済協同組合が集め都市部や他地方などへ運び、それぞれの市場にいったん売り上げ、卸人達がせりにかけて販売をする。
その分の売上が市場管理と協同組合に渡され、生産者へ配分される。卸人達がそれぞれの八百屋やマーケット等に売り渡す。

**部品: 直売所
多くは協同組合が直売所やイベントを設け、農作物の生産者と消費者の間で直接やり取りを行い、販売を行う。
元は市場に出せない規格外ものも多かったが、生産者には利率がよく、消費者もすぐに美味しいものが食べられるので賑わうことも増えてきた。



*提出書式

大部品: 食料生産農地 RD:40 評価値:9
-大部品: 乾燥地での耕作 RD:4 評価値:3
--部品: 耕作の歴史
--部品: 耕作道具と水路
--部品: 動物耕作や小作人の誕生
--部品: 機械の導入や点滴灌漑
-大部品: 肥料 RD:3 評価値:3
--部品: 肥料の始まり
--部品: 化学肥料
--部品: 組み合わせて使い分ける
-大部品: 種をまく RD:4 評価値:3
--部品: 種の始まり
--部品: 保管場所
--部品: 品種改良
--部品: 間引く
-大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
--部品: 害虫の駆除
--部品: 害獣の追い出し
-大部品: 収穫 RD:2 評価値:2
--部品: 収穫の道具
--部品: 機械での効率化
-大部品: 二毛作 RD:2 評価値:2
--部品: 二毛作について
--部品: 連作被害を防ぐための混合農業
-大部品: 農業の機械化 RD:3 評価値:3
--部品: オートメーションでの水まき
--部品: 日光が強すぎる時の対策
--部品: ビニールハウス
-大部品: 灌漑 RD:3 評価値:3
--部品: 灌漑の歴史
--部品: 治水と灌漑
--部品: 水をはじく砂の層を作る
-大部品: 収穫物の保管 RD:2 評価値:2
--部品: 保管場所について
--部品: 冷蔵技術の発達
-大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
--部品: 園芸用
-大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:12 評価値:6
--部品: 砂漠の緑地化
--部品: 地産地消
--部品: 怪獣さん達の足場
--部品: 収穫の祭
--部品: 冬の出稼ぎ
--部品: 失業者の定職についてもらうための制定
--部品: 漁業、畜産との連合
--部品: 藩国の推奨
--大部品: 主な農産物 RD:4 評価値:3
---部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
---部品: ナスとトマト
---部品: 怪獣さんも好きなニンジン
---部品: 豆類あれこれ
-大部品: 販売の流通 RD:2 評価値:2
--部品: 都市への流通
--部品: 直売所


部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。

部品: 耕作道具と水路
何年か後、木片から掘る人達が始まり、木の道具を作り、金物に磨きをかけ、道具を変えていった。土は深く掘られるようになって、水路が作られた。

部品: 動物耕作や小作人の誕生
次第にお金を持つ人は牛を使ったり、土地を持つ代わりにそこで労働させる人達を雇い給料を払い耕作を行うようになっていった。

部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

部品: 化学肥料
その後、衛生面等を見越したうえで工場で肥料を作る事を始め、新たにその肥料をまく事になった。
また、肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、適量を学んでいった。

部品: 組み合わせて使い分ける
化学肥料だけでは土地に弊害が出る事が分かり、ゆっくりと効果のある始めの肥料に近いものや土地に溶けやすい有機肥料なども使い始めるようになった。

部品: 種の始まり
元々自然環境に生えていた作物を、種を取った上で植えていたが、土地が狭いところではあまり役に立たず、かといって食べるにも合わないものは種を保管する事にした。

部品: 保管場所
始めは種を保管するだけだったが、ネズミ等の害獣が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

部品: 品種改良
ただ、種をまくだけでは人がいた際に足りなくなりつつあったので一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
そこから、実や種をつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

部品: 間引く
実のそれぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
いらなくなった実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけて捕まえて殺すか等を行う。

部品: 害獣の追い出し
鳥や害獣避けには大きな音やビニール製の吹流し、罠での追放・警戒を行うようにしている。また、罠等をしかけ捕まえ、場合によっては駆逐することもある。

部品: 収穫の道具
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。

部品: 機械での効率化
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

部品: 二毛作について
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。

部品: 連作被害を防ぐための混合農業
二毛作では連作被害等が起こり土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

部品: オートメーションでの水まき
農作物の管理を人では無く自動的に機械で行う事も可能になり、自動的に水を撒く等を行う事等も出来るようになってきた

部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、水も地下からくみ上げる事ができるようになった。

部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

部品: 灌漑の歴史
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。

部品: 治水と灌漑
灌漑問題としては、水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

部品: 保管場所について
収穫した後の農作物を保管するため、涼しいところや害獣等に食べられないようにするために通常の住居より高いところや、直射日光が当たらないところに保管するようになった。

部品: 冷蔵技術の発達
冷蔵技術が発達するようになると冷暗所等で保存するようになり、冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、遠くのところまで運べるようになった。

部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

部品: 砂漠の緑地化
元々砂漠が多いナニワアームズでは緑地化も含めての農作物を育てるようになった。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになった。

部品: 地産地消
自らの腕で作ったものはこの砂漠にずっと住んでいる民たちが父母先祖にいたるまで色んな血と汗を込めて作り、変えてきたものだ。
それは自らの腹に収める。そして、この地に訪れた客人達に振舞われるものであった。

部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏みながら耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

部品: 収穫の祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

部品: 冬の出稼ぎ
放牧で暮らす人もいるナニワアームズだが、冬の間の出稼ぎとして、麦踏みや冬の作物の収穫整理等をしてもらい賃金を払うシステムができている。
住むところは天幕だったりすることもあるが、狭いが風呂・トイレ・朝・晩の食事つきの貸家である場合もある。

部品: 失業者の定職についてもらうための制定
場合によってはすぐに失業してしまう事もあるナニワアームズでは、「誇りは空に、地には足に」をモットーに、失業した人達を農業へと定職させようとするカリキュラムが組まれている。食料の自給率を高める対応が出来ればと色々改善中である。

部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。

部品: 藩国の推奨
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などが行われており、新しく始める者には補助金なども出るようになっている。
ただし、すぐなれるものではないため学校等で農業や畜産についてを学ぶ必要がある。

部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
乾燥にも強い小麦を栽培している。一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや焼き菓子、パスタなどに使われる。

部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。
少ない水で育てるので、とても甘い。

部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。

部品: 都市への流通
収穫した農作物を生産者救済協同組合が集め都市部や他地方などへ運び、それぞれの市場にいったん売り上げ、卸人達がせりにかけて販売をする。
その分の売上が市場管理と協同組合に渡され、生産者へ配分される。卸人達がそれぞれの八百屋やマーケット等に売り渡す。

部品: 直売所
多くは協同組合が直売所やイベントを設け、農作物の生産者と消費者の間で直接やり取りを行い、販売を行う。
元は市場に出せない規格外ものも多かったが、生産者には利率がよく、消費者もすぐに美味しいものが食べられるので賑わうことも増えてきた。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "食料生産農地",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "乾燥地での耕作",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "耕作の歴史",
"description": "始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "耕作道具と水路",
"description": "何年か後、木片から掘る人達が始まり、木の道具を作り、金物に磨きをかけ、道具を変えていった。土は深く掘られるようになって、水路が作られた。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "動物耕作や小作人の誕生",
"description": "次第にお金を持つ人は牛を使ったり、土地を持つ代わりにそこで労働させる人達を雇い給料を払い耕作を行うようになっていった。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "機械の導入や点滴灌漑",
"description": "その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。\nこれは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。",
"part_type": "part",
"localID": 5
}
],
"expanded": true,
"localID": 1,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "肥料",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "肥料の始まり",
"description": "はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。\nそこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "化学肥料",
"description": "その後、衛生面等を見越したうえで工場で肥料を作る事を始め、新たにその肥料をまく事になった。\nまた、肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、適量を学んでいった。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "組み合わせて使い分ける",
"description": "化学肥料だけでは土地に弊害が出る事が分かり、ゆっくりと効果のある始めの肥料に近いものや土地に溶けやすい有機肥料なども使い始めるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 9
}
],
"expanded": true,
"localID": 6,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "種をまく",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "種の始まり",
"description": "元々自然環境に生えていた作物を、種を取った上で植えていたが、土地が狭いところではあまり役に立たず、かといって食べるにも合わないものは種を保管する事にした。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},

{ "title": "保管場所",
"description": "始めは種を保管するだけだったが、ネズミ等の害獣が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "品種改良",
"description": "ただ、種をまくだけでは人がいた際に足りなくなりつつあったので一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。\nそこから、実や種をつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 13
},

{ "title": "間引く",
"description": "実のそれぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。\nいらなくなった実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。",
"part_type": "part",
"localID": 14
}
],
"expanded": true,
"localID": 10,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "害獣・虫の駆除",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "害虫の駆除",
"description": "農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。\nいかにまくか、また手間をかけて捕まえて殺すか等を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 16
},

{ "title": "害獣の追い出し",
"description": "鳥や害獣避けには大きな音やビニール製の吹流し、罠での追放・警戒を行うようにしている。また、罠等をしかけ捕まえ、場合によっては駆逐することもある。",
"part_type": "part",
"localID": 17
}
],
"expanded": true,
"localID": 15,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "収穫",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "収穫の道具",
"description": "効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。",
"part_type": "part",
"localID": 19
},

{ "title": "機械での効率化",
"description": "その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。",
"part_type": "part",
"localID": 20
}
],
"expanded": true,
"localID": 18,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "二毛作",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "二毛作について",
"description": "豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 22
},

{ "title": "連作被害を防ぐための混合農業",
"description": "二毛作では連作被害等が起こり土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。",
"part_type": "part",
"localID": 23
}
],
"expanded": true,
"localID": 21,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "農業の機械化",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "オートメーションでの水まき",
"description": "農作物の管理を人では無く自動的に機械で行う事も可能になり、自動的に水を撒く等を行う事等も出来るようになってきた",
"part_type": "part",
"localID": 25
},

{ "title": "日光が強すぎる時の対策",
"description": "日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。\nまた、水も地下からくみ上げる事ができるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 26
},

{ "title": "ビニールハウス",
"description": "元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。\nまたソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 27
}
],
"expanded": true,
"localID": 24,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "灌漑",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "灌漑の歴史",
"description": "農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 29
},

{ "title": "治水と灌漑",
"description": "灌漑問題としては、水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。",
"part_type": "part",
"localID": 30
},

{ "title": "水をはじく砂の層を作る",
"description": "特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。\nこれにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。\n層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。",
"part_type": "part",
"localID": 31
}
],
"expanded": true,
"localID": 28,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "収穫物の保管",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "保管場所について",
"description": "収穫した後の農作物を保管するため、涼しいところや害獣等に食べられないようにするために通常の住居より高いところや、直射日光が当たらないところに保管するようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 33
},

{ "title": "冷蔵技術の発達",
"description": "冷蔵技術が発達するようになると冷暗所等で保存するようになり、冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、遠くのところまで運べるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 34
}
],
"expanded": true,
"localID": 32,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "観賞用の作物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "園芸用",
"description": "一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。",
"part_type": "part",
"localID": 36,
"expanded": true
}
],
"localID": 35,
"expanded": true
},

{ "title": "ナニワアームズならではの食料生産",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "砂漠の緑地化",
"description": "元々砂漠が多いナニワアームズでは緑地化も含めての農作物を育てるようになった。\n試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 38
},

{ "title": "地産地消",
"description": "自らの腕で作ったものはこの砂漠にずっと住んでいる民たちが父母先祖にいたるまで色んな血と汗を込めて作り、変えてきたものだ。\nそれは自らの腹に収める。そして、この地に訪れた客人達に振舞われるものであった。",
"part_type": "part",
"localID": 39
},

{ "title": "怪獣さん達の足場",
"description": "ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏みながら耕されたところとなっている。\nまた、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。",
"part_type": "part",
"localID": 40
},

{ "title": "収穫の祭",
"description": "新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。\n炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。",
"part_type": "part",
"localID": 41
},

{ "title": "冬の出稼ぎ",
"description": "放牧で暮らす人もいるナニワアームズだが、冬の間の出稼ぎとして、麦踏みや冬の作物の収穫整理等をしてもらい賃金を払うシステムができている。\n住むところは天幕だったりすることもあるが、狭いが風呂・トイレ・朝・晩の食事つきの貸家である場合もある。",
"part_type": "part",
"localID": 42
},

{ "title": "失業者の定職についてもらうための制定",
"description": "場合によってはすぐに失業してしまう事もあるナニワアームズでは、「誇りは空に、地には足に」をモットーに、失業した人達を農業へと定職させようとするカリキュラムが組まれている。食料の自給率を高める対応が出来ればと色々改善中である。",
"part_type": "part",
"localID": 43
},

{ "title": "漁業、畜産との連合",
"description": "食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。",
"part_type": "part",
"localID": 44
},

{ "title": "藩国の推奨",
"description": "食料生産事業者は藩国にて税の軽減などが行われており、新しく始める者には補助金なども出るようになっている。\nただし、すぐなれるものではないため学校等で農業や畜産についてを学ぶ必要がある。",
"part_type": "part",
"localID": 45
},

{ "title": "主な農産物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "小さいが乾燥に強い麦の畑",
"description": "乾燥にも強い小麦を栽培している。一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや焼き菓子、パスタなどに使われる。",
"part_type": "part",
"localID": 47
},

{ "title": "ナスとトマト",
"description": "ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。\n焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。\n少ない水で育てるので、とても甘い。",
"part_type": "part",
"localID": 48
},

{ "title": "怪獣さんも好きなニンジン",
"description": "あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。\n甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。",
"part_type": "part",
"localID": 49
},

{ "title": "豆類あれこれ",
"description": "いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。\n茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。",
"part_type": "part",
"localID": 50
}
],
"localID": 46,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 37,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "販売の流通",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "都市への流通",
"description": "収穫した農作物を生産者救済協同組合が集め都市部や他地方などへ運び、それぞれの市場にいったん売り上げ、卸人達がせりにかけて販売をする。\nその分の売上が市場管理と協同組合に渡され、生産者へ配分される。卸人達がそれぞれの八百屋やマーケット等に売り渡す。",
"part_type": "part",
"localID": 52
},

{ "title": "直売所",
"description": "多くは協同組合が直売所やイベントを設け、農作物の生産者と消費者の間で直接やり取りを行い、販売を行う。\n元は市場に出せない規格外ものも多かったが、生産者には利率がよく、消費者もすぐに美味しいものが食べられるので賑わうことも増えてきた。",
"part_type": "part",
"localID": 53
}
],
"expanded": true,
"localID": 51,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
}
]


  [No.2508] (仮1)ナニワの食料生産農地 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/20(Mon) 01:01:13

全部くっつけたら 評価値10くらいかー

*部品構造

-大部品: ナニワの食料生産農地 RD:25 評価値:8
--大部品: 乾燥地での耕作 RD:2 評価値:2
---部品: 耕作の歴史
---部品: 機械の導入や点滴灌漑
--大部品: 肥料 RD:2 評価値:2
---部品: 肥料の始まり
---部品: 化学肥料と使い分け
--大部品: 種をまく RD:3 評価値:3
---部品: 種まきと保管
---部品: 品種改良
---部品: 間引く
--大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
---部品: 害虫の駆除
---部品: 害獣避け
--大部品: 灌漑 RD:2 評価値:2
---部品: 治水と灌漑
---部品: 水をはじく砂の層を作る
--大部品: 日差しや温度の調整 RD:2 評価値:2
---部品: 日光が強すぎる時の対策
---部品: ビニールハウス
--大部品: 収穫 RD:3 評価値:3
---部品: 収穫の道具の変化
---部品: 二毛作と混合農業
---部品: 保存と冷蔵技術の発達
--大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
---部品: 園芸用
--大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:8 評価値:5
---部品: 砂漠の緑化と保護
---部品: 怪獣さん達の足場
---部品: 収穫の祭
---部品: 漁業、畜産との連合
---大部品: 主な農産物 RD:4 評価値:3
----部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
----部品: ナスとトマト
----部品: 怪獣さんも好きなニンジン
----部品: 豆類あれこれ



*部品定義

**部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。
その後、木の道具を作り、金物に磨きをかけ、道具を変えていった。土は深く掘られるようになって、水路が作られた。

**部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

**部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

**部品: 化学肥料と使い分け
工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。
だが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。
ゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。

**部品: 種まきと保管
元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。
ネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

**部品: 品種改良
ただ、種をまくだけでは人がいた際に足りなくなりつつあったので一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
そこから、実や種をつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

**部品: 間引く
実のそれぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
いらなくなった実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

**部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけずに捕まえて避けるか等を行う。
害虫が好まない草や野菜、もしくは害虫が作物より好んで食べる草を一緒に育てたりもした。

**部品: 害獣避け
鳥や害獣避けには大きな音やビニール製の吹流し、罠での追放・警戒を行うようにしている。また、罠等をしかけ捕まえ、場合によっては駆逐することもある。

**部品: 治水と灌漑
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。
水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

**部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

**部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、水も地下からくみ上げる事ができるようになった。

**部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

**部品: 収穫の道具の変化
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

**部品: 二毛作と混合農業
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。
だが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

**部品: 保存と冷蔵技術の発達
収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。
あるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。
冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。

**部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

**部品: 砂漠の緑化と保護
元々砂漠が多いナニワアームズでは緑地化も含めてオアシス周辺で農作物を育てるようになった。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な緑化は控えられている。

**部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏みながら耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

**部品: 収穫の祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

**部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。

**部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
乾燥にも強い小麦を栽培している。一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや焼き菓子、パスタなどに使われる。

**部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。
少ない水で育てるので、とても甘い。

**部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

**部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。



*提出書式

大部品: ナニワの食料生産農地 RD:25 評価値:8
-大部品: 乾燥地での耕作 RD:2 評価値:2
--部品: 耕作の歴史
--部品: 機械の導入や点滴灌漑
-大部品: 肥料 RD:2 評価値:2
--部品: 肥料の始まり
--部品: 化学肥料と使い分け
-大部品: 種をまく RD:3 評価値:3
--部品: 種まきと保管
--部品: 品種改良
--部品: 間引く
-大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
--部品: 害虫の駆除
--部品: 害獣避け
-大部品: 灌漑 RD:2 評価値:2
--部品: 治水と灌漑
--部品: 水をはじく砂の層を作る
-大部品: 日差しや温度の調整 RD:2 評価値:2
--部品: 日光が強すぎる時の対策
--部品: ビニールハウス
-大部品: 収穫 RD:3 評価値:3
--部品: 収穫の道具の変化
--部品: 二毛作と混合農業
--部品: 保存と冷蔵技術の発達
-大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
--部品: 園芸用
-大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:8 評価値:5
--部品: 砂漠の緑化と保護
--部品: 怪獣さん達の足場
--部品: 収穫の祭
--部品: 漁業、畜産との連合
--大部品: 主な農産物 RD:4 評価値:3
---部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
---部品: ナスとトマト
---部品: 怪獣さんも好きなニンジン
---部品: 豆類あれこれ


部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。
その後、木の道具を作り、金物に磨きをかけ、道具を変えていった。土は深く掘られるようになって、水路が作られた。

部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

部品: 化学肥料と使い分け
工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。
だが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。
ゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。

部品: 種まきと保管
元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。
ネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

部品: 品種改良
ただ、種をまくだけでは人がいた際に足りなくなりつつあったので一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
そこから、実や種をつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

部品: 間引く
実のそれぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
いらなくなった実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけずに捕まえて避けるか等を行う。
害虫が好まない草や野菜、もしくは害虫が作物より好んで食べる草を一緒に育てたりもした。

部品: 害獣避け
鳥や害獣避けには大きな音やビニール製の吹流し、罠での追放・警戒を行うようにしている。また、罠等をしかけ捕まえ、場合によっては駆逐することもある。

部品: 治水と灌漑
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。
水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、水も地下からくみ上げる事ができるようになった。

部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

部品: 収穫の道具の変化
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

部品: 二毛作と混合農業
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。
だが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

部品: 保存と冷蔵技術の発達
収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。
あるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。
冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。

部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

部品: 砂漠の緑化と保護
元々砂漠が多いナニワアームズでは緑地化も含めてオアシス周辺で農作物を育てるようになった。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な緑化は控えられている。

部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏みながら耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

部品: 収穫の祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。

部品: 小さいが乾燥に強い麦の畑
乾燥にも強い小麦を栽培している。一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや焼き菓子、パスタなどに使われる。

部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。
少ない水で育てるので、とても甘い。

部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワの食料生産農地",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "乾燥地での耕作",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "耕作の歴史",
"description": "始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。\nその後、木の道具を作り、金物に磨きをかけ、道具を変えていった。土は深く掘られるようになって、水路が作られた。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "機械の導入や点滴灌漑",
"description": "その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。\nこれは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。",
"part_type": "part",
"localID": 3
}
],
"expanded": true,
"localID": 1,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "肥料",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "肥料の始まり",
"description": "はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。\nそこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "化学肥料と使い分け",
"description": "工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。\nだが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。\nゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"expanded": true,
"localID": 4,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "種をまく",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "種まきと保管",
"description": "元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。\nネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "品種改良",
"description": "ただ、種をまくだけでは人がいた際に足りなくなりつつあったので一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。\nそこから、実や種をつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "間引く",
"description": "実のそれぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。\nいらなくなった実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"expanded": true,
"localID": 7,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "害獣・虫の駆除",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "害虫の駆除",
"description": "農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。\nいかにまくか、また手間をかけずに捕まえて避けるか等を行う。\n害虫が好まない草や野菜、もしくは害虫が作物より好んで食べる草を一緒に育てたりもした。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "害獣避け",
"description": "鳥や害獣避けには大きな音やビニール製の吹流し、罠での追放・警戒を行うようにしている。また、罠等をしかけ捕まえ、場合によっては駆逐することもある。",
"part_type": "part",
"localID": 13
}
],
"expanded": true,
"localID": 11,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "灌漑",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "治水と灌漑",
"description": "農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。\n水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。",
"part_type": "part",
"localID": 15
},

{ "title": "水をはじく砂の層を作る",
"description": "特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。\nこれにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。\n層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。",
"part_type": "part",
"localID": 16
}
],
"expanded": true,
"localID": 14,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "日差しや温度の調整",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "日光が強すぎる時の対策",
"description": "日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。\nまた、水も地下からくみ上げる事ができるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 18
},

{ "title": "ビニールハウス",
"description": "元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。\nまたソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 19
}
],
"expanded": true,
"localID": 17,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "収穫",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "収穫の道具の変化",
"description": "効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。\nその後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。",
"part_type": "part",
"localID": 21
},

{ "title": "二毛作と混合農業",
"description": "豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。\nだが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。",
"part_type": "part",
"localID": 22
},

{ "title": "保存と冷蔵技術の発達",
"description": "収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。\nあるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。\n冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 23
}
],
"expanded": true,
"localID": 20,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
},

{ "title": "観賞用の作物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "園芸用",
"description": "一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。",
"part_type": "part",
"localID": 25,
"expanded": true
}
],
"localID": 24,
"expanded": true
},

{ "title": "ナニワアームズならではの食料生産",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "砂漠の緑化と保護",
"description": "元々砂漠が多いナニワアームズでは緑地化も含めてオアシス周辺で農作物を育てるようになった。\n試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な緑化は控えられている。",
"part_type": "part",
"localID": 27
},

{ "title": "怪獣さん達の足場",
"description": "ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏みながら耕されたところとなっている。\nまた、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。",
"part_type": "part",
"localID": 28
},

{ "title": "収穫の祭",
"description": "新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。\n炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。",
"part_type": "part",
"localID": 29
},

{ "title": "漁業、畜産との連合",
"description": "食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。\n食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。",
"part_type": "part",
"localID": 30
},

{ "title": "主な農産物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "小さいが乾燥に強い麦の畑",
"description": "乾燥にも強い小麦を栽培している。一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや焼き菓子、パスタなどに使われる。",
"part_type": "part",
"localID": 32
},

{ "title": "ナスとトマト",
"description": "ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。\n焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。\n少ない水で育てるので、とても甘い。",
"part_type": "part",
"localID": 33
},

{ "title": "怪獣さんも好きなニンジン",
"description": "あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。\n甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。",
"part_type": "part",
"localID": 34
},

{ "title": "豆類あれこれ",
"description": "いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。\n茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。",
"part_type": "part",
"localID": 35
}
],
"localID": 31,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 26,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ,生産,食糧,"
}
]


  [No.2509] (仮2)ナニワの食料生産農地 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/20(Mon) 13:43:05



*部品構造

-大部品: ナニワの食料生産農地 RD:25 評価値:8
--大部品: 乾燥地での農業 RD:16 評価値:6
---大部品: 乾燥地での耕作 RD:2 評価値:2
----部品: 耕作の歴史
----部品: 機械の導入や点滴灌漑
---大部品: 肥料 RD:2 評価値:2
----部品: 肥料の始まり
----部品: 化学肥料と使い分け
---大部品: 種をまく RD:3 評価値:3
----部品: 種まきと保管
----部品: 品種改良
----部品: 間引く
---大部品: 灌漑 RD:2 評価値:2
----部品: 治水と灌漑
----部品: 水をはじく砂の層を作る
---大部品: 日差しや温度の調整 RD:2 評価値:2
----部品: 日光が強すぎる時の対策
----部品: ビニールハウス
---大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
----部品: 害虫の駆除
----部品: 害獣避け
---大部品: 収穫 RD:3 評価値:3
----部品: 収穫の道具の変化
----部品: 二毛作と混合農業
----部品: 保存と冷蔵技術の発達
--大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
---部品: 園芸用
--大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:8 評価値:5
---部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
---部品: 怪獣さん達の足場
---部品: 収穫の祭
---部品: 漁業、畜産との連合
---大部品: 主な農産物 RD:4 評価値:3
----部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
----部品: ナスとトマト
----部品: 怪獣さんも好きなニンジン
----部品: 豆類あれこれ



*部品定義

**部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。
またシロアリの塚近くは土が肥え、良い作物が取れるとされ、シロアリに塚を作ってもらおうと収穫後の作物の茎や実の殻などを砂地に撒いて水分の蒸発を抑えた。
木の道具を作り、金物に磨きをかけ、家畜の力を借り土は深く掘られるようになって、やわらかく耕され、水路が作られた。

**部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

**部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

**部品: 化学肥料と使い分け
工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。
だが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。
ゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。

**部品: 種まきと保管
元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。
ネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

**部品: 品種改良
ただ、種をまくだけではなく一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
乾燥や温度・塩に負けずに育つ、環境に適したものを選んでいった。
そこから、実や種をたくさんつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

**部品: 間引く
生った実それぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
摘んだ実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

**部品: 治水と灌漑
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。
水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

**部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

**部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、収穫の終わった植物の茎や葉などで大地を覆い、水分の蒸発を防いだりした。

**部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

**部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけずに捕まえて殺すか等を行う。
虫が避ける草や野菜を一緒に育てることで、害虫が近寄らないようにした。

**部品: 害獣避け
鳥や害獣避けには大きな音や白い布やビニール製の吹流し、鉄線で囲ったり、罠での追放・警戒を行うようにしている。
また、場合によっては罠等をしかけ捕まえたりすることもある。

**部品: 収穫の道具の変化
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

**部品: 二毛作と混合農業
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。
だが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

**部品: 保存と冷蔵技術の発達
収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。
あるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。
冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。

**部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

**部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
元々砂漠が多いナニワアームズではオアシス周辺で農作物を育てていた。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な散水や緑化は控えられている。

**部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏んだり掘り返したりして耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

**部品: 収穫の祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

**部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。

**部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
乾燥にも強い小麦や、雑穀を栽培している。
一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや包み揚の生地、焼き菓子、粥などに使われる。

**部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。少ない水で育てるので、甘く実る。

**部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

**部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。



*提出書式

大部品: ナニワの食料生産農地 RD:25 評価値:8
-大部品: 乾燥地での農業 RD:16 評価値:6
--大部品: 乾燥地での耕作 RD:2 評価値:2
---部品: 耕作の歴史
---部品: 機械の導入や点滴灌漑
--大部品: 肥料 RD:2 評価値:2
---部品: 肥料の始まり
---部品: 化学肥料と使い分け
--大部品: 種をまく RD:3 評価値:3
---部品: 種まきと保管
---部品: 品種改良
---部品: 間引く
--大部品: 灌漑 RD:2 評価値:2
---部品: 治水と灌漑
---部品: 水をはじく砂の層を作る
--大部品: 日差しや温度の調整 RD:2 評価値:2
---部品: 日光が強すぎる時の対策
---部品: ビニールハウス
--大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
---部品: 害虫の駆除
---部品: 害獣避け
--大部品: 収穫 RD:3 評価値:3
---部品: 収穫の道具の変化
---部品: 二毛作と混合農業
---部品: 保存と冷蔵技術の発達
-大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
--部品: 園芸用
-大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:8 評価値:5
--部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
--部品: 怪獣さん達の足場
--部品: 収穫の祭
--部品: 漁業、畜産との連合
--大部品: 主な農産物 RD:4 評価値:3
---部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
---部品: ナスとトマト
---部品: 怪獣さんも好きなニンジン
---部品: 豆類あれこれ


部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。
またシロアリの塚近くは土が肥え、良い作物が取れるとされ、シロアリに塚を作ってもらおうと収穫後の作物の茎や実の殻などを砂地に撒いて水分の蒸発を抑えた。
木の道具を作り、金物に磨きをかけ、家畜の力を借り土は深く掘られるようになって、やわらかく耕され、水路が作られた。

部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

部品: 化学肥料と使い分け
工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。
だが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。
ゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。

部品: 種まきと保管
元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。
ネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

部品: 品種改良
ただ、種をまくだけではなく一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
乾燥や温度・塩に負けずに育つ、環境に適したものを選んでいった。
そこから、実や種をたくさんつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

部品: 間引く
生った実それぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
摘んだ実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

部品: 治水と灌漑
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。
水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、収穫の終わった植物の茎や葉などで大地を覆い、水分の蒸発を防いだりした。

部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけずに捕まえて殺すか等を行う。
虫が避ける草や野菜を一緒に育てることで、害虫が近寄らないようにした。

部品: 害獣避け
鳥や害獣避けには大きな音や白い布やビニール製の吹流し、鉄線で囲ったり、罠での追放・警戒を行うようにしている。
また、場合によっては罠等をしかけ捕まえたりすることもある。

部品: 収穫の道具の変化
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

部品: 二毛作と混合農業
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。
だが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

部品: 保存と冷蔵技術の発達
収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。
あるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。
冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。

部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
元々砂漠が多いナニワアームズではオアシス周辺で農作物を育てていた。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な散水や緑化は控えられている。

部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏んだり掘り返したりして耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

部品: 収穫の祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。

部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
乾燥にも強い小麦や、雑穀を栽培している。
一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや包み揚の生地、焼き菓子、粥などに使われる。

部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。少ない水で育てるので、甘く実る。

部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 143593,
"title": "ナニワの食料生産農地",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.722756",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.722756",
"children":
[
{ "id": 143580,
"title": "乾燥地での農業",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.551496",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.551496",
"children":
[
{ "id": 143559,
"title": "乾燥地での耕作",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.478538",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.478538",
"children":
[
{ "id": 143557,
"title": "耕作の歴史",
"description": "始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。\nまたシロアリの塚近くは土が肥え、良い作物が取れるとされ、シロアリに塚を作ってもらおうと収穫後の作物の茎や実の殻などを砂地に撒いて水分の蒸発を抑えた。\n木の道具を作り、金物に磨きをかけ、家畜の力を借り土は深く掘られるようになって、やわらかく耕され、水路が作られた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.46213",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.46213",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 3
},

{ "id": 143558,
"title": "機械の導入や点滴灌漑",
"description": "その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。\nこれは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.473499",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.473499",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 4
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 2
},

{ "id": 143562,
"title": "肥料",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.629267",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.629267",
"children":
[
{ "id": 143560,
"title": "肥料の始まり",
"description": "はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。\nそこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.623853",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.623853",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 6
},

{ "id": 143561,
"title": "化学肥料と使い分け",
"description": "工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。\nだが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。\nゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.626013",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.626013",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 7
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 5
},

{ "id": 143566,
"title": "種をまく",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.747733",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.747733",
"children":
[
{ "id": 143563,
"title": "種まきと保管",
"description": "元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。\nネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.740633",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.740633",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 9
},

{ "id": 143564,
"title": "品種改良",
"description": "ただ、種をまくだけではなく一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。\n乾燥や温度・塩に負けずに育つ、環境に適したものを選んでいった。\nそこから、実や種をたくさんつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.74231",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.74231",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 10
},

{ "id": 143565,
"title": "間引く",
"description": "生った実それぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。\n摘んだ実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.744071",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.744071",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 11
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 8
},

{ "id": 143569,
"title": "灌漑",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.961718",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.961718",
"children":
[
{ "id": 143567,
"title": "治水と灌漑",
"description": "農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。\n水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.955232",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.955232",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 13
},

{ "id": 143568,
"title": "水をはじく砂の層を作る",
"description": "特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。\nこれにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。\n層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.958937",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.958937",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 14
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 12
},

{ "id": 143572,
"title": "日差しや温度の調整",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.089842",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.089842",
"children":
[
{ "id": 143570,
"title": "日光が強すぎる時の対策",
"description": "日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。\nまた、収穫の終わった植物の茎や葉などで大地を覆い、水分の蒸発を防いだりした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.084096",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.084096",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 16
},

{ "id": 143571,
"title": "ビニールハウス",
"description": "元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。\nまたソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.086031",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.086031",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 17
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 15
},

{ "id": 143575,
"title": "害獣・虫の駆除",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.207619",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.207619",
"children":
[
{ "id": 143573,
"title": "害虫の駆除",
"description": "農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。\nいかにまくか、また手間をかけずに捕まえて殺すか等を行う。\n虫が避ける草や野菜を一緒に育てることで、害虫が近寄らないようにした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.202122",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.202122",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 19
},

{ "id": 143574,
"title": "害獣避け",
"description": "鳥や害獣避けには大きな音や白い布やビニール製の吹流し、鉄線で囲ったり、罠での追放・警戒を行うようにしている。\nまた、場合によっては罠等をしかけ捕まえたりすることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.204142",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.204142",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 20
}
],
"position": "6",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 18
},

{ "id": 143579,
"title": "収穫",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.346637",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.346637",
"children":
[
{ "id": 143576,
"title": "収穫の道具の変化",
"description": "効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。\nその後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.339765",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.339765",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 22
},

{ "id": 143577,
"title": "二毛作と混合農業",
"description": "豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。\nだが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.341778",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.341778",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 23
},

{ "id": 143578,
"title": "保存と冷蔵技術の発達",
"description": "収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。\nあるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。\n冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.343206",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.343206",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 24
}
],
"position": "7",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 21
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},

{ "id": 143582,
"title": "観賞用の作物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.040135",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.040135",
"children":
[
{ "id": 143581,
"title": "園芸用",
"description": "一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.036524",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.036524",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 26
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 25
},

{ "id": 143592,
"title": "ナニワアームズならではの食料生産",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.387594",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.387594",
"children":
[
{ "id": 143583,
"title": "砂漠の緑化と環境保護のバランス",
"description": "元々砂漠が多いナニワアームズではオアシス周辺で農作物を育てていた。\n試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な散水や緑化は控えられている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.129818",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.129818",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 28
},

{ "id": 143584,
"title": "怪獣さん達の足場",
"description": "ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏んだり掘り返したりして耕されたところとなっている。\nまた、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.13286",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.13286",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 29
},

{ "id": 143585,
"title": "収穫の祭",
"description": "新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。\n炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.135725",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.135725",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 30
},

{ "id": 143586,
"title": "漁業、畜産との連合",
"description": "食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。\n食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.137567",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.137567",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 31
},

{ "id": 143591,
"title": "主な農産物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.149118",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.149118",
"children":
[
{ "id": 143587,
"title": "小さいが乾燥に強い麦と雑穀",
"description": "乾燥にも強い小麦や、雑穀を栽培している。\n一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや包み揚の生地、焼き菓子、粥などに使われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.139447",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.139447",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 33
},

{ "id": 143588,
"title": "ナスとトマト",
"description": "ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。\n焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。少ない水で育てるので、甘く実る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.140947",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.140947",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 34
},

{ "id": 143589,
"title": "怪獣さんも好きなニンジン",
"description": "あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。\n甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.142511",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.142511",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 35
},

{ "id": 143590,
"title": "豆類あれこれ",
"description": "いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。\n茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.143895",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.143895",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 36
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 32
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 27
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2551] (大部品)生産者救済協同組合 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/03(Sun) 01:14:43

*部品構造

-大部品: 生産者救済協同組合 RD:11 評価値:6
--部品: 協同組合とは
--部品: 生産者救済協同組合の概要
--部品: 組合員と運営について
--部品: 正組合員のチェック
--部品: 事業運営の目的
--部品: 藩国の承認
--大部品: 生産者救済協同組合の事業内容 RD:5 評価値:4
---部品: 生産事業の指導
---部品: 流通と販売
---部品: 共同購入
---部品: 機具の貸付や共用
---部品: 共済と返還について



*部品定義

**部品: 協同組合とは
共通する目的のために自発的に集まった人々・企業が、事業体を共同で所有し、平等を尊重し共に和して管理運営を行う相互扶助の組織のこと。

**部品: 生産者救済協同組合の概要
主に食糧生産者や手工業者を中心として集まった協同組合。
正組合員は藩国の生産事業者を対象としているが、出資すれば藩国民なら准組合員として組合の事業を一部利用することができる。
基本的には組合員から集めた出資金で運営されている。

**部品: 組合員と運営について
組合の事業の運営は、一人一票の議決権を持つ正組合員の意思決定により行われており、正組合員は役員や総代に選ばれる権利を持っている。
そのため生産事業者ではない准組合員が組合を支配しないよう、准組合員には議決権や役員になる権利は認められていない。

**部品: 正組合員のチェック
生産事業者ではない者が正組合員にはならないよう、また生産事業を辞めた者や死亡者などが正組合員で居続けないよう、3年に1度の確認を行っている。
このチェックに対し故意に虚偽の申請をした場合、除籍処分となる。

**部品: 事業運営の目的
生産力の増進と、自然環境や水産資源の保護・管理、生産事業者が生活でき破産などが起こらないよう対策するなど、生産事業の荒廃を防いでいる。

**部品: 藩国の承認
協同組合は藩国も認め推奨しており、平等な相互扶助が正常に機能している間、税の軽減などを行っている。
意図的な分配の偏りや不正取引などが無いよう、政庁から定期的に監査員を派遣している。

**部品: 生産事業の指導
生産事業をしている組合員に、生産効率を上げるための技術や、運営の仕方、生活はどうすればよいかなどの相談を受け、指導に当たる。
有機資源を循環させることを目的とし、農作物の受粉をミツバチが行い、野菜くずを家畜に与える等を提案している。

**部品: 流通と販売
正組合員から生産物を買い上げ、独自のルートでの直売所や通信販売、イベント等で商品を販売し、各生産事業者へ利益を分配する。
生産された農村などから都市部へと運ぶ流通なども担っている。
直売イベントは形が均一でないなどの規格外のものも多かったが、生産者には利率がよく、消費者も新鮮なものが食べられ、食材についてや調理法などの知識を得る利点があった。

**部品: 共同購入
生産事業に必要な機具や薬品・消耗品を始め、生活に必要な食品や日用品・衣類などを共同仕入れすることでコストを下げ、その分組合員が安く購入できるようにしている。
薬品などの場合は販売時に使用方法の指導をしたり、地方の小さな集落のために移動販売や宅配なども行われている。

**部品: 機具の貸付や共用
生産事業に必要だが常に使うわけではない大きな機具などをレンタルしたり、地方の支部で共同で購入し共用したりなどもする。
個々に借金をして購入するよりも、小さな金額で使用できるが、台数や故障などで問題の起こる場合もある。

**部品: 共済と返還について
組合員や組合員の家族が困った時に、他の組合員全体で助ける仕組み。
あらかじめ一定の掛金を持ち寄り、それを財源に事故や災害の被害があった組合員に共済金を支払い、生活の安定をはかる相互扶助である。
営利が目的ではないためおおむね掛金は少額で、余った場合には還元される。
また戦争や大災害など、被災した組合員が多数で掛金の財源より支払額が上回る場合などは、共済金は掛金と同額となり、返還となる。



*提出書式

大部品: 生産者救済協同組合 RD:11 評価値:6
-部品: 協同組合とは
-部品: 生産者救済協同組合の概要
-部品: 組合員と運営について
-部品: 正組合員のチェック
-部品: 事業運営の目的
-部品: 藩国の承認
-大部品: 生産者救済協同組合の事業内容 RD:5 評価値:4
--部品: 生産事業の指導
--部品: 流通と販売
--部品: 共同購入
--部品: 機具の貸付や共用
--部品: 共済と返還について


部品: 協同組合とは
共通する目的のために自発的に集まった人々・企業が、事業体を共同で所有し、平等を尊重し共に和して管理運営を行う相互扶助の組織のこと。

部品: 生産者救済協同組合の概要
主に食糧生産者や手工業者を中心として集まった協同組合。
正組合員は藩国の生産事業者を対象としているが、出資すれば藩国民なら准組合員として組合の事業を一部利用することができる。
基本的には組合員から集めた出資金で運営されている。

部品: 組合員と運営について
組合の事業の運営は、一人一票の議決権を持つ正組合員の意思決定により行われており、正組合員は役員や総代に選ばれる権利を持っている。
そのため生産事業者ではない准組合員が組合を支配しないよう、准組合員には議決権や役員になる権利は認められていない。

部品: 正組合員のチェック
生産事業者ではない者が正組合員にはならないよう、また生産事業を辞めた者や死亡者などが正組合員で居続けないよう、3年に1度の確認を行っている。
このチェックに対し故意に虚偽の申請をした場合、除籍処分となる。

部品: 事業運営の目的
生産力の増進と、自然環境や水産資源の保護・管理、生産事業者が生活でき破産などが起こらないよう対策するなど、生産事業の荒廃を防いでいる。

部品: 藩国の承認
協同組合は藩国も認め推奨しており、平等な相互扶助が正常に機能している間、税の軽減などを行っている。
意図的な分配の偏りや不正取引などが無いよう、政庁から定期的に監査員を派遣している。

部品: 生産事業の指導
生産事業をしている組合員に、生産効率を上げるための技術や、運営の仕方、生活はどうすればよいかなどの相談を受け、指導に当たる。
有機資源を循環させることを目的とし、農作物の受粉をミツバチが行い、野菜くずを家畜に与える等を提案している。

部品: 流通と販売
正組合員から生産物を買い上げ、独自のルートでの直売所や通信販売、イベント等で商品を販売し、各生産事業者へ利益を分配する。
生産された農村などから都市部へと運ぶ流通なども担っている。
直売イベントは形が均一でないなどの規格外のものも多かったが、生産者には利率がよく、消費者も新鮮なものが食べられ、食材についてや調理法などの知識を得る利点があった。

部品: 共同購入
生産事業に必要な機具や薬品・消耗品を始め、生活に必要な食品や日用品・衣類などを共同仕入れすることでコストを下げ、その分組合員が安く購入できるようにしている。
薬品などの場合は販売時に使用方法の指導をしたり、地方の小さな集落のために移動販売や宅配なども行われている。

部品: 機具の貸付や共用
生産事業に必要だが常に使うわけではない大きな機具などをレンタルしたり、地方の支部で共同で購入し共用したりなどもする。
個々に借金をして購入するよりも、小さな金額で使用できるが、台数や故障などで問題の起こる場合もある。

部品: 共済と返還について
組合員や組合員の家族が困った時に、他の組合員全体で助ける仕組み。
あらかじめ一定の掛金を持ち寄り、それを財源に事故や災害の被害があった組合員に共済金を支払い、生活の安定をはかる相互扶助である。
営利が目的ではないためおおむね掛金は少額で、余った場合には還元される。
また戦争や大災害など、被災した組合員が多数で掛金の財源より支払額が上回る場合などは、共済金は掛金と同額となり、返還となる。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 146218,
"title": "生産者救済協同組合",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.985299",
"updated_at": "2017-11-20 16:10:55.760218",
"children":
[
{ "id": 146206,
"title": "協同組合とは",
"description": "共通する目的のために自発的に集まった人々・企業が、事業体を共同で所有し、平等を尊重し共に和して管理運営を行う相互扶助の組織のこと。 ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.537293",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.537293",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 1
},

{ "id": 146207,
"title": "生産者救済協同組合の概要",
"description": "主に食糧生産者や手工業者を中心として集まった協同組合。\n正組合員は藩国の生産事業者を対象としているが、出資すれば藩国民なら准組合員として組合の事業を一部利用することができる。\n基本的には組合員から集めた出資金で運営されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.543732",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.543732",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 2
},

{ "id": 146208,
"title": "組合員と運営について",
"description": "組合の事業の運営は、一人一票の議決権を持つ正組合員の意思決定により行われており、正組合員は役員や総代に選ばれる権利を持っている。\nそのため生産事業者ではない准組合員が組合を支配しないよう、准組合員には議決権や役員になる権利は認められていない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.545988",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.545988",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 3
},

{ "id": 146209,
"title": "正組合員のチェック",
"description": "生産事業者ではない者が正組合員にはならないよう、また生産事業を辞めた者や死亡者などが正組合員で居続けないよう、3年に1度の確認を行っている。\nこのチェックに対し故意に虚偽の申請をした場合、除籍処分となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.548766",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.548766",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 4
},

{ "id": 146210,
"title": "事業運営の目的",
"description": "生産力の増進と、自然環境や水産資源の保護・管理、生産事業者が生活でき破産などが起こらないよう対策するなど、生産事業の荒廃を防いでいる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.551547",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.551547",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 5
},

{ "id": 146211,
"title": "藩国の承認",
"description": "協同組合は藩国も認め推奨しており、平等な相互扶助が正常に機能している間、税の軽減などを行っている。\n意図的な分配の偏りや不正取引などが無いよう、政庁から定期的に監査員を派遣している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.553911",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.553911",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 6
},

{ "id": 146217,
"title": "生産者救済協同組合の事業内容",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.576288",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.576288",
"children":
[
{ "id": 146212,
"title": "生産事業の指導",
"description": "生産事業をしている組合員に、生産効率を上げるための技術や、運営の仕方、生活はどうすればよいかなどの相談を受け、指導に当たる。\n有機資源を循環させることを目的とし、農作物の受粉をミツバチが行い、野菜くずを家畜に与える等を提案している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.556898",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.556898",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 8
},

{ "id": 146213,
"title": "流通と販売",
"description": "正組合員から生産物を買い上げ、独自のルートでの直売所や通信販売、イベント等で商品を販売し、各生産事業者へ利益を分配する。\n生産された農村などから都市部へと運ぶ流通なども担っている。\n直売イベントは形が均一でないなどの規格外のものも多かったが、生産者には利率がよく、消費者も新鮮なものが食べられ、食材についてや調理法などの知識を得る利点があった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.559448",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.559448",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 9
},

{ "id": 146214,
"title": "共同購入",
"description": "生産事業に必要な機具や薬品・消耗品を始め、生活に必要な食品や日用品・衣類などを共同仕入れすることでコストを下げ、その分組合員が安く購入できるようにしている。\n薬品などの場合は販売時に使用方法の指導をしたり、地方の小さな集落のために移動販売や宅配なども行われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.561796",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.561796",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 10
},

{ "id": 146215,
"title": "機具の貸付や共用",
"description": "生産事業に必要だが常に使うわけではない大きな機具などをレンタルしたり、地方の支部で共同で購入し共用したりなどもする。\n個々に借金をして購入するよりも、小さな金額で使用できるが、台数や故障などで問題の起こる場合もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.564929",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.564929",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 11
},

{ "id": 146216,
"title": "共済と返還について",
"description": "組合員や組合員の家族が困った時に、他の組合員全体で助ける仕組み。\nあらかじめ一定の掛金を持ち寄り、それを財源に事故や災害の被害があった組合員に共済金を支払い、生活の安定をはかる相互扶助である。\n営利が目的ではないためおおむね掛金は少額で、余った場合には還元される。\nまた戦争や大災害など、被災した組合員が多数で掛金の財源より支払額が上回る場合などは、共済金は掛金と同額となり、返還となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 15:26:07.567861",
"updated_at": "2017-11-20 15:26:07.567861",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 12
}
],
"position": "7",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 7
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2552] (大部品)ナニワの食料生産農地 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/03(Sun) 01:16:13

*部品構造

-大部品: ナニワの食料生産農地 RD:36 評価値:8
--大部品: 乾燥地での農業 RD:16 評価値:6
---大部品: 乾燥地での耕作 RD:2 評価値:2
----部品: 耕作の歴史
----部品: 機械の導入や点滴灌漑
---大部品: 肥料 RD:2 評価値:2
----部品: 肥料の始まり
----部品: 化学肥料と使い分け
---大部品: 種をまく RD:3 評価値:3
----部品: 種まきと保管
----部品: 品種改良
----部品: 間引く
---大部品: 灌漑 RD:2 評価値:2
----部品: 治水と灌漑
----部品: 水をはじく砂の層を作る
---大部品: 日差しや温度の調整 RD:2 評価値:2
----部品: 日光が強すぎる時の対策
----部品: ビニールハウス
---大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
----部品: 害虫の駆除
----部品: 害獣避け
---大部品: 収穫 RD:3 評価値:3
----部品: 収穫の道具の変化
----部品: 二毛作と混合農業
----部品: 保存と冷蔵技術の発達
--大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
---部品: 園芸用
--大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:19 評価値:7
---部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
---部品: 怪獣さん達の足場
---部品: 新嘗祭
---部品: 漁業、畜産との連合
---大部品: 主な農産物 RD:15 評価値:6
----部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
----部品: ナスとトマト
----部品: 怪獣さんも好きなニンジン
----部品: 豆類あれこれ
----大部品: ナツメヤシ RD:11 評価値:6
-----部品: 概要
-----部品: 特徴
-----部品: 樹液
-----部品: 葉
-----部品: 収穫量
-----部品: 種
-----部品: ナツメヤシの流用実績
-----大部品: デーツ(果実) RD:4 評価値:3
------部品: 見た目
------部品: 栄養
------部品: 味
------部品: 食べ方



*部品定義

**部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。
またシロアリの塚近くは土が肥え、良い作物が取れるとされ、シロアリに塚を作ってもらおうと収穫後の作物の茎や実の殻などを砂地に撒いて水分の蒸発を抑えた。
木の道具を作り、金物に磨きをかけ、家畜の力を借り土は深く掘られるようになって、やわらかく耕され、水路が作られた。

**部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

**部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

**部品: 化学肥料と使い分け
工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。
だが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。
ゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。

**部品: 種まきと保管
元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。
ネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

**部品: 品種改良
ただ、種をまくだけではなく一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
乾燥や温度・塩に負けずに育つ、環境に適したものを選んでいった。
そこから、実や種をたくさんつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

**部品: 間引く
生った実それぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
摘んだ実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

**部品: 治水と灌漑
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。
水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

**部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

**部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、収穫の終わった植物の茎や葉などで大地を覆い、水分の蒸発を防いだりした。

**部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

**部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけずに捕まえて殺すか等を行う。
虫が避ける草や野菜を一緒に育てることで、害虫が近寄らないようにした。

**部品: 害獣避け
鳥や害獣避けには大きな音や白い布やビニール製の吹流し、鉄線で囲ったり、罠での追放・警戒を行うようにしている。
また、場合によっては罠等をしかけ捕まえたりすることもある。

**部品: 収穫の道具の変化
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

**部品: 二毛作と混合農業
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。
だが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

**部品: 保存と冷蔵技術の発達
収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。
あるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。
冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。

**部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

**部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
元々砂漠が多いナニワアームズではオアシス周辺で農作物を育てていた。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な散水や緑化は控えられている。

**部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏んだり掘り返したりして耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

**部品: 新嘗祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

**部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。

**部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
乾燥にも強い小麦や、雑穀を栽培している。
一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや包み揚の生地、焼き菓子、粥などに使われる。

**部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。少ない水で育てるので、甘く実る。

**部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

**部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。

**部品: 概要
非常に古くから栽培されている。雌雄異株。樹の寿命は80〜100年ほど。乾燥地帯でも育ち、実、葉、幹など、ほとんどのものが利用可能である。

**部品: 特徴
乾燥、暑さ、砂、塩などに対する耐性があり、栽培温度は2℃以上〜と夜間や冬場の寒さにもよく耐える。大きく葉を広げるので日を遮り、水分の蒸発を防ぎ、この木陰で他の作物を作ることができる。

**部品: 樹液
糖分を多く含み、煮詰めて砂糖を作るところや、発酵させてお酒にするところもある。そのまま飲むこともあるようだ。

**部品: 葉
幹の先に群がって付く羽状をしている。長さは2〜3mになり、この葉で籠や帽子を編んだり、敷物や家の屋根に使用することもある。

**部品: 収穫量
苗を植えてから収穫ができるようになるまでは5〜10年ほどかかるが、状態が良ければ1本のナツメヤシからおよそ1万5千個、重さにして約150kgのデーツが収穫される。

**部品: 種
1つの実の中には2cmほどの薄い種が1つ入っており、そのまま家畜の飼料としたり、油を搾って石鹸などに加工することもある。

**部品: ナツメヤシの流用実績
このナツメヤシは
メー・メーメー@宰相府藩国さまの 「ヤシの果樹園」に流用されました。ご利用ありがとうございます。

**部品: 見た目
4〜5cm前後の大きさの、赤〜黄色をした楕円形の果実。収穫時には、この果実が房になって下がり、鈴なりに実る。

**部品: 栄養
非常に栄養価が高く、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維、ビタミンCを豊富に含む。ブドウ糖と果糖が主成分。吸収効率の良いエネルギー源。

**部品: 味
ねっとりした食感と強い甘味が特徴で有名だが、熟度に応じてさっぱりしていたり、カリカリしていたり、渋みがあったり、色々な味と食感がある。

**部品: 食べ方
保存食としてよく使用されるドライフルーツの他、生食、ゼリー、ジャム、ジュース、焼き菓子、シロップやピューレにして甘味料として使用することもある。



*提出書式

大部品: ナニワの食料生産農地 RD:36 評価値:8
-大部品: 乾燥地での農業 RD:16 評価値:6
--大部品: 乾燥地での耕作 RD:2 評価値:2
---部品: 耕作の歴史
---部品: 機械の導入や点滴灌漑
--大部品: 肥料 RD:2 評価値:2
---部品: 肥料の始まり
---部品: 化学肥料と使い分け
--大部品: 種をまく RD:3 評価値:3
---部品: 種まきと保管
---部品: 品種改良
---部品: 間引く
--大部品: 灌漑 RD:2 評価値:2
---部品: 治水と灌漑
---部品: 水をはじく砂の層を作る
--大部品: 日差しや温度の調整 RD:2 評価値:2
---部品: 日光が強すぎる時の対策
---部品: ビニールハウス
--大部品: 害獣・虫の駆除 RD:2 評価値:2
---部品: 害虫の駆除
---部品: 害獣避け
--大部品: 収穫 RD:3 評価値:3
---部品: 収穫の道具の変化
---部品: 二毛作と混合農業
---部品: 保存と冷蔵技術の発達
-大部品: 観賞用の作物 RD:1 評価値:1
--部品: 園芸用
-大部品: ナニワアームズならではの食料生産 RD:19 評価値:7
--部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
--部品: 怪獣さん達の足場
--部品: 新嘗祭
--部品: 漁業、畜産との連合
--大部品: 主な農産物 RD:15 評価値:6
---部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
---部品: ナスとトマト
---部品: 怪獣さんも好きなニンジン
---部品: 豆類あれこれ
---大部品: ナツメヤシ RD:11 評価値:6
----部品: 概要
----部品: 特徴
----部品: 樹液
----部品: 葉
----部品: 収穫量
----部品: 種
----部品: ナツメヤシの流用実績
----大部品: デーツ(果実) RD:4 評価値:3
-----部品: 見た目
-----部品: 栄養
-----部品: 味
-----部品: 食べ方


部品: 耕作の歴史
始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。
またシロアリの塚近くは土が肥え、良い作物が取れるとされ、シロアリに塚を作ってもらおうと収穫後の作物の茎や実の殻などを砂地に撒いて水分の蒸発を抑えた。
木の道具を作り、金物に磨きをかけ、家畜の力を借り土は深く掘られるようになって、やわらかく耕され、水路が作られた。

部品: 機械の導入や点滴灌漑
その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。
これは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。

部品: 肥料の始まり
はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。
そこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。

部品: 化学肥料と使い分け
工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。
だが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。
ゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。

部品: 種まきと保管
元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。
ネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。

部品: 品種改良
ただ、種をまくだけではなく一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。
乾燥や温度・塩に負けずに育つ、環境に適したものを選んでいった。
そこから、実や種をたくさんつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。

部品: 間引く
生った実それぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。
摘んだ実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。

部品: 治水と灌漑
農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。
水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。

部品: 水をはじく砂の層を作る
特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。
これにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。
層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。

部品: 日光が強すぎる時の対策
日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。
また、収穫の終わった植物の茎や葉などで大地を覆い、水分の蒸発を防いだりした。

部品: ビニールハウス
元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。
またソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。

部品: 害虫の駆除
農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。
いかにまくか、また手間をかけずに捕まえて殺すか等を行う。
虫が避ける草や野菜を一緒に育てることで、害虫が近寄らないようにした。

部品: 害獣避け
鳥や害獣避けには大きな音や白い布やビニール製の吹流し、鉄線で囲ったり、罠での追放・警戒を行うようにしている。
また、場合によっては罠等をしかけ捕まえたりすることもある。

部品: 収穫の道具の変化
効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。
その後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。

部品: 二毛作と混合農業
豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。
だが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。

部品: 保存と冷蔵技術の発達
収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。
あるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。
冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。

部品: 園芸用
一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。

部品: 砂漠の緑化と環境保護のバランス
元々砂漠が多いナニワアームズではオアシス周辺で農作物を育てていた。
試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な散水や緑化は控えられている。

部品: 怪獣さん達の足場
ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏んだり掘り返したりして耕されたところとなっている。
また、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。

部品: 新嘗祭
新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。
炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。

部品: 漁業、畜産との連合
食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。
食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。

部品: 小さいが乾燥に強い麦と雑穀
乾燥にも強い小麦や、雑穀を栽培している。
一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや包み揚の生地、焼き菓子、粥などに使われる。

部品: ナスとトマト
ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。
焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。少ない水で育てるので、甘く実る。

部品: 怪獣さんも好きなニンジン
あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。
甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。

部品: 豆類あれこれ
いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。
茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。

部品: 概要
非常に古くから栽培されている。雌雄異株。樹の寿命は80〜100年ほど。乾燥地帯でも育ち、実、葉、幹など、ほとんどのものが利用可能である。

部品: 特徴
乾燥、暑さ、砂、塩などに対する耐性があり、栽培温度は2℃以上〜と夜間や冬場の寒さにもよく耐える。大きく葉を広げるので日を遮り、水分の蒸発を防ぎ、この木陰で他の作物を作ることができる。

部品: 樹液
糖分を多く含み、煮詰めて砂糖を作るところや、発酵させてお酒にするところもある。そのまま飲むこともあるようだ。

部品: 葉
幹の先に群がって付く羽状をしている。長さは2〜3mになり、この葉で籠や帽子を編んだり、敷物や家の屋根に使用することもある。

部品: 収穫量
苗を植えてから収穫ができるようになるまでは5〜10年ほどかかるが、状態が良ければ1本のナツメヤシからおよそ1万5千個、重さにして約150kgのデーツが収穫される。

部品: 種
1つの実の中には2cmほどの薄い種が1つ入っており、そのまま家畜の飼料としたり、油を搾って石鹸などに加工することもある。

部品: ナツメヤシの流用実績
このナツメヤシは
メー・メーメー@宰相府藩国さまの 「ヤシの果樹園」に流用されました。ご利用ありがとうございます。

部品: 見た目
4〜5cm前後の大きさの、赤〜黄色をした楕円形の果実。収穫時には、この果実が房になって下がり、鈴なりに実る。

部品: 栄養
非常に栄養価が高く、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維、ビタミンCを豊富に含む。ブドウ糖と果糖が主成分。吸収効率の良いエネルギー源。

部品: 味
ねっとりした食感と強い甘味が特徴で有名だが、熟度に応じてさっぱりしていたり、カリカリしていたり、渋みがあったり、色々な味と食感がある。

部品: 食べ方
保存食としてよく使用されるドライフルーツの他、生食、ゼリー、ジャム、ジュース、焼き菓子、シロップやピューレにして甘味料として使用することもある。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 143593,
"title": "ナニワの食料生産農地",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.722756",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.722756",
"children":
[
{ "id": 143580,
"title": "乾燥地での農業",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.551496",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.551496",
"children":
[
{ "id": 143559,
"title": "乾燥地での耕作",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.478538",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.478538",
"children":
[
{ "id": 143557,
"title": "耕作の歴史",
"description": "始めは砂土を人力で耕す事から始まった。オアシス近くの土を木片や手で堀り馴らしていき、穴が開いて湿った処に種を植えていた。\nまたシロアリの塚近くは土が肥え、良い作物が取れるとされ、シロアリに塚を作ってもらおうと収穫後の作物の茎や実の殻などを砂地に撒いて水分の蒸発を抑えた。\n木の道具を作り、金物に磨きをかけ、家畜の力を借り土は深く掘られるようになって、やわらかく耕され、水路が作られた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.46213",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.46213",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 3
},

{ "id": 143558,
"title": "機械の導入や点滴灌漑",
"description": "その後、人力ではなく機械で耕し収穫する事が出来るようになり、1滴づつゆっくりと節約しながら水を与えていった。\nこれは病気や塩の害を防ぐと共に、土の中の酸素を押し流さないため根の活動が活発になる利点があった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.473499",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.473499",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 4
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 2
},

{ "id": 143562,
"title": "肥料",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.629267",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.629267",
"children":
[
{ "id": 143560,
"title": "肥料の始まり",
"description": "はじめは土を起こしていただけでは養分が足りない事にきづく。\nそこで野菜の屑や人や動物の糞を発酵させたものをまいたところ、より強く美味しい食料がなる事が分かった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.623853",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.623853",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 6
},

{ "id": 143561,
"title": "化学肥料と使い分け",
"description": "工場で肥料を作る事を始め、薬品や無機化合物で作られる化学肥料もできた。\nだが肥料を与えすぎてもいけないのが分かり、化学肥料だけでは土地に弊害が出る事などで、適量を学んでいった。\nゆっくりと効果のある土地に溶けやすい有機肥料との配合肥料なども使い分けるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.626013",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.626013",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 7
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 5
},

{ "id": 143566,
"title": "種をまく",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.747733",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.747733",
"children":
[
{ "id": 143563,
"title": "種まきと保管",
"description": "元々自然環境に生えていた物をそのまま食べていたが、種を蒔いて育て増やし、種を保管するようになった。\nネズミ等が種を食べに来るので、保管には暗く、静かで高く、涼しいところが選ばれるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.740633",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.740633",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 9
},

{ "id": 143564,
"title": "品種改良",
"description": "ただ、種をまくだけではなく一つの種で多くの実が取れないか、良い味のものができないか品種改良がおこなわれた。\n乾燥や温度・塩に負けずに育つ、環境に適したものを選んでいった。\nそこから、実や種をたくさんつけるだけでなく、暑さ・寒さ、害虫にも強いものが作られるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.74231",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.74231",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 10
},

{ "id": 143565,
"title": "間引く",
"description": "生った実それぞれにちゃんと栄養がいきわたる様に、育ちが悪い実を早めに切り落とし集中して実に栄養を与えるようにする。\n摘んだ実は加工して食べたり、肥料にしたり、家畜のエサにしたりした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.744071",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.744071",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 11
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 8
},

{ "id": 143569,
"title": "灌漑",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.961718",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.961718",
"children":
[
{ "id": 143567,
"title": "治水と灌漑",
"description": "農地に外部から人工的に水を入れる事により土地を潤すように作り、農産を作るだけでなく、乾燥地帯や乾期の土壌で緑化する際などに利用されるようになった。\n水源確保のため井戸を深く掘ったり、水源から目的地までの用水路の建設などの農地整備が相互関連しながら行われてきた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.955232",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.955232",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 13
},

{ "id": 143568,
"title": "水をはじく砂の層を作る",
"description": "特殊なコーティングをした水を弾く性質の砂を、農地の下に敷き詰め層を作った。\nこれにより少ない雨水や点滴灌漑した水も回収することができるようになり、再利用することができるようになった。\n層は砂であるため、植物の根の呼吸も妨げず、ビニールシートを敷くよりも効果が高かった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:09.958937",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:09.958937",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 14
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 12
},

{ "id": 143572,
"title": "日差しや温度の調整",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.089842",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.089842",
"children":
[
{ "id": 143570,
"title": "日光が強すぎる時の対策",
"description": "日光が当たりすぎ乾燥する時は日除け布を張ったり、ナツメヤシなどを育て、その木陰で作物を育てた。\nまた、収穫の終わった植物の茎や葉などで大地を覆い、水分の蒸発を防いだりした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.084096",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.084096",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 16
},

{ "id": 143571,
"title": "ビニールハウス",
"description": "元々は日除け布などで簡易的に覆っていたが、ビニールハウスを作ることで、水分の蒸発を抑えることができるようになった。\nまたソーラーパネルでの発電や、パイプに入れた油で水を熱しタービンを回す発電方法で冷却したり、ハウス内の温度管理が出来るようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.086031",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.086031",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 17
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 15
},

{ "id": 143575,
"title": "害獣・虫の駆除",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.207619",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.207619",
"children":
[
{ "id": 143573,
"title": "害虫の駆除",
"description": "農薬をまき、害虫を殺す方法があるが、あまりにもまきすぎた場合作物にも問題が出てきてしまう。\nいかにまくか、また手間をかけずに捕まえて殺すか等を行う。\n虫が避ける草や野菜を一緒に育てることで、害虫が近寄らないようにした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.202122",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.202122",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 19
},

{ "id": 143574,
"title": "害獣避け",
"description": "鳥や害獣避けには大きな音や白い布やビニール製の吹流し、鉄線で囲ったり、罠での追放・警戒を行うようにしている。\nまた、場合によっては罠等をしかけ捕まえたりすることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.204142",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.204142",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 20
}
],
"position": "6",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 18
},

{ "id": 143579,
"title": "収穫",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.346637",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.346637",
"children":
[
{ "id": 143576,
"title": "収穫の道具の変化",
"description": "効率よく収穫を行うために木の櫛のようなものから銅器、鉄器等を使い効率よく収穫ができるようになってきた。\nその後、機械等を使いオートメーションかつ実にほどんど傷がつかないように収穫がされ運ばれるようになってきた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.339765",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.339765",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 22
},

{ "id": 143577,
"title": "二毛作と混合農業",
"description": "豆を植え、収穫後に麦などを植える。それぞれ季節に合った別の食物を植える事により、収穫を良くするようになった。\nだが二毛作を続けると土地が痩せてしまうため、食用穀物、肥料用穀物、家畜を育てる事による混合農業を行い、連作被害を防いだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.341778",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.341778",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 23
},

{ "id": 143578,
"title": "保存と冷蔵技術の発達",
"description": "収穫した後の農作物を保存するため、涼しく害獣等に食べられないところ、直射日光が当たらない地下の洞窟などに保管するようになった。\nあるいは、干したり、煮たり、発酵させたりして保存することを覚えた。\n冷蔵技術が発達するようになると冷蔵もしくは冷凍等で保存をし、他の地方や遠くまで運べるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:10.343206",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:10.343206",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 24
}
],
"position": "7",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 21
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},

{ "id": 143582,
"title": "観賞用の作物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.040135",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.040135",
"children":
[
{ "id": 143581,
"title": "園芸用",
"description": "一部商品については食用のものもあるが、花が美しいとか、根が綺麗などと芸術性を求める声もあり、園芸用商品としてそれを副産物的に販売する事もあった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.036524",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.036524",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 26
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 25
},

{ "id": 143592,
"title": "ナニワアームズならではの食料生産",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.387594",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.387594",
"children":
[
{ "id": 143583,
"title": "砂漠の緑化と環境保護のバランス",
"description": "元々砂漠が多いナニワアームズではオアシス周辺で農作物を育てていた。\n試験的に海岸の近くでは海水の真水化なども行われるようになったが、砂漠の生態系破壊や塩害をなるべく起こさないよう、大規模な散水や緑化は控えられている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.129818",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.129818",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 28
},

{ "id": 143584,
"title": "怪獣さん達の足場",
"description": "ナニワアームズで怪獣さんたちの足場と言われているところは、怪獣さんたちが踏んだり掘り返したりして耕されたところとなっている。\nまた、怪獣さんの糞も発酵肥料として使われ、土を肥やしてくれた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.13286",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.13286",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 29
},

{ "id": 143585,
"title": "新嘗祭",
"description": "新たな食糧が出来た時、豊作の感謝と祈りを込め、王猫タイガさんや蛇神のおっちゃんに初めてのごはんを食べてもらう。\n炊いた麦や米にトマト等で味付けしたシンプルなごはんで、味の感想によって今年の出来や食ブームを占う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.135725",
"updated_at": "2017-11-20 17:02:18.718031",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 30
},

{ "id": 143586,
"title": "漁業、畜産との連合",
"description": "食物を作るためには陸だけではなく、漁業や畜産とも互いに協力し、コラボしたり、効率的なサイクルが組めるよう試行錯誤している。\n食料生産事業者は藩国にて税の軽減などがおこなわれるが、勉強会や学校等で農業や畜産についてを学び、互いに交友を持つことが推奨されている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.137567",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.137567",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 31
},

{ "id": 143591,
"title": "主な農産物",
"description": "ナニワ,生産,食糧,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.149118",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.149118",
"children":
[
{ "id": 143587,
"title": "小さいが乾燥に強い麦と雑穀",
"description": "乾燥にも強い小麦や、雑穀を栽培している。\n一つ一つの区画は小さく背も低めだが、たくさん育てており、ナニワ人も大好きなパンや包み揚の生地、焼き菓子、粥などに使われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.139447",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.139447",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 33
},

{ "id": 143588,
"title": "ナスとトマト",
"description": "ナニワでもメジャーな野菜である、ナスやトマトもよく栽培されている。\n焼いてサラダで食べたり、ご飯に一緒に炊き込んだり、チーズなどと一緒に包み揚げの具にもなる。少ない水で育てるので、甘く実る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.140947",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.140947",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 34
},

{ "id": 143589,
"title": "怪獣さんも好きなニンジン",
"description": "あまり大きくは育たないが、土をなるべく柔らかく耕し育てる。葉の部分も、サラダに薬味のように使ったり、スープにしたり、油で揚げたりして食べる。\n甘いニンジンはラクダや怪獣さんも大好きで、掘り返されないよう柵や鉄線で囲って栽培していることも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.142511",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.142511",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 35
},

{ "id": 143590,
"title": "豆類あれこれ",
"description": "いんげん豆をはじめとして、ひよこ豆などの豆類は、クセもなく食べやすく、乾燥させれば長期保存もできるので、よく使用される。\n茹でた豆をマッシュして作る一口サイズのコロッケは、人気の定番メニューだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 04:41:11.143895",
"updated_at": "2017-11-20 04:41:11.143895",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 36
},

{ "id": 112995,
"title": "ナツメヤシ",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.772176",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.772176",
"children":
[
{ "id": 112989,
"title": "概要",
"description": "非常に古くから栽培されている。雌雄異株。樹の寿命は80〜100年ほど。乾燥地帯でも育ち、実、葉、幹など、ほとんどのものが利用可能である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.698352",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.698352",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 38
},

{ "id": 112990,
"title": "特徴",
"description": "乾燥、暑さ、砂、塩などに対する耐性があり、栽培温度は2℃以上〜と夜間や冬場の寒さにもよく耐える。大きく葉を広げるので日を遮り、水分の蒸発を防ぎ、この木陰で他の作物を作ることができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.705524",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.705524",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 39
},

{ "id": 112991,
"title": "樹液",
"description": "糖分を多く含み、煮詰めて砂糖を作るところや、発酵させてお酒にするところもある。そのまま飲むこともあるようだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.709252",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.709252",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 40
},

{ "id": 112992,
"title": "葉",
"description": "幹の先に群がって付く羽状をしている。長さは2〜3mになり、この葉で籠や帽子を編んだり、敷物や家の屋根に使用することもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.712449",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.712449",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 41
},

{ "id": 112993,
"title": "収穫量",
"description": "苗を植えてから収穫ができるようになるまでは5〜10年ほどかかるが、状態が良ければ1本のナツメヤシからおよそ1万5千個、重さにして約150kgのデーツが収穫される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.715801",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.715801",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 42
},

{ "id": 112994,
"title": "種",
"description": "1つの実の中には2cmほどの薄い種が1つ入っており、そのまま家畜の飼料としたり、油を搾って石鹸などに加工することもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-02 14:27:06.719505",
"updated_at": "2017-10-02 14:27:06.719505",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 43
},

{ "id": 121331,
"title": "ナツメヤシの流用実績",
"description": "このナツメヤシは\nメー・メーメー@宰相府藩国さまの 「ヤシの果樹園」に流用されました。ご利用ありがとうございます。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-10 02:47:21.976511",
"updated_at": "2017-10-10 02:47:21.976511",
"children": [],
"position": "7",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 44
},

{ "id": 29471,
"title": "デーツ(果実)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-22 02:22:28.417535",
"updated_at": "2017-08-22 02:22:28.417535",
"children":
[
{ "id": 29472,
"title": "見た目",
"description": "4〜5cm前後の大きさの、赤〜黄色をした楕円形の果実。収穫時には、この果実が房になって下がり、鈴なりに実る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-22 02:22:28.421826",
"updated_at": "2017-08-22 02:22:28.421826",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 46
},

{ "id": 29473,
"title": "栄養",
"description": "非常に栄養価が高く、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維、ビタミンCを豊富に含む。ブドウ糖と果糖が主成分。吸収効率の良いエネルギー源。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-22 02:22:28.485556",
"updated_at": "2017-08-22 02:22:28.485556",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 47
},

{ "id": 29474,
"title": "味",
"description": "ねっとりした食感と強い甘味が特徴で有名だが、熟度に応じてさっぱりしていたり、カリカリしていたり、渋みがあったり、色々な味と食感がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-22 02:22:28.5305",
"updated_at": "2017-08-22 02:22:28.5305",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 48
},

{ "id": 29475,
"title": "食べ方",
"description": "保存食としてよく使用されるドライフルーツの他、生食、ゼリー、ジャム、ジュース、焼き菓子、シロップやピューレにして甘味料として使用することもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-22 02:22:28.574176",
"updated_at": "2017-08-22 02:22:28.574176",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 49
}
],
"position": "8",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 45
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 37
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 32
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 27
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2553] (大部品)ナニワでの畜産 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/03(Sun) 01:18:03

*部品構造

-大部品: ナニワでの畜産 RD:16 評価値:6
--大部品: 畜産について RD:4 評価値:3
---部品: 畜産とは
---部品: 乾燥地帯での牧畜
---大部品: 畜産の衛生 RD:2 評価値:2
----部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
----部品: 衛生上の注意
--大部品: 農業との協力 RD:1 評価値:1
---部品: 牧草の栽培
--大部品: 牧畜動物の主な種類 RD:11 評価値:6
---部品: 牛
---部品: 鶏
---部品: 羊
---部品: 山羊
---部品: ミツバチ
---大部品: ラクダ RD:6 評価値:4
----部品: ヒトコブラクダについて
----部品: 背中にコブのある見た目
----部品: 生態と寿命
----部品: 人や荷物を運んで移動する
----部品: ラクダの乳の利用
----部品: 乗用として



*部品定義

**部品: 畜産とは
鶏や牛や馬など、家畜となる有用動物を繁殖、飼育・肥育し、乳製品や肉、卵、皮革、毛など畜産物を得て生活に役立てる産業のこと。
放牧するものを牧畜とも呼ぶ。

**部品: 乾燥地帯での牧畜
遊牧などを行うので、気候の変動や、餌となる植物が少なくなった場合に全滅のリスクを分散するため、ラクダや羊・山羊・牛など複数の種類を一緒に飼うことが多い。

**部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
畜産を営む際や一定数以上の家畜を飼育する場合、公衆衛生を害することの無いよう藩国へ届出をし、
糞尿などを産廃として処理するため清掃事業と回収契約をする必要がある。
生産者救済協同組合も衛生についてや書類の書き方などの相談や指導をしている。

**部品: 衛生上の注意
生き物を扱うため、病気にかからないように予防したり、また病気の家畜から人や猫・怪獣へ感染させないために行うべきこと、
衛生的な加工や販売方法について、などの広報や勉強会が、藩国や生産者救済協同組合などで定期的に行われている。

**部品: 牧草の栽培
連作被害を防ぐための混合農業と共に行われることが多い。
高温下でよく育ち、動物や植物に寄生する線虫を避けるとされるギニアグラスや、マメ科で栄養価の高いムラサキウマゴヤシなどが栽培される。

**部品: 牛
牛を飼育し、交配させて増やし肉や革として売ったり、乳を搾乳し牛乳や乳製品を売ったりする。
農耕のための労働力や、牛脂、丈夫な革、糞は肥料や燃料にと利用の幅が広いが、暑さに弱く、乾燥地帯では増やすことが難しい。

**部品: 鶏
主に卵を取るためと、肉を取るために育てられる。
卵や肉を販売するためだけではなく、自宅で食べるための卵や肉を手に入れるために数羽で飼育されることも多い。
一部鑑賞・ペット用、また羽や革を取るために飼育・販売されるところもある。

**部品: 羊
主に羊毛や羊肉、革を目当てに飼育する。
乳は搾乳量が少なく、寿命も10年前後のため、短期的に肉を目的とした家畜として飼うことが多い。

**部品: 山羊
毛・乳・山羊肉、革を利用する。
繁殖力も強く粗食や乾燥した環境にもよく耐えるが反面、硬い葉、木の芽や皮まで食べることで植物を絶やしてしまう原因ともなるので増やし過ぎには注意する。

**部品: ミツバチ
ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実に収穫するための方法と、蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。
貴重な天然の甘味である。

**部品: ヒトコブラクダについて
砂地での移動や荷物の運搬、騎乗、酪農、食用などで大変役に立つ使役動物であり「砂漠の舟」と呼ばれることもある。
身体の血液中に水分を蓄えることができ、体温調節などをして、しばらくなら飲食せずとも動くことができる。
乾燥地帯に適応しており、湿潤環境では病気にかかりやすくなることもある。

**部品: 背中にコブのある見た目
体長は3m、体重300〜600kg前後、長い首と背に盛り上がった一つのコブを持ち、茶色〜黒、白などの体毛をしている。
砂地を歩くのに適した形状の足と蹄をしている。また砂を防ぐため、まつ毛が長く、鼻の穴を塞ぐことができる。
個体にもよるが、どことなくのんびりとした顔つきをしている。

**部品: 生態と寿命
雄1頭と複数の雌、その子たちの2〜20頭の家族単位の群れで生活や飼育することが多い。
妊娠期間は15ヶ月程で、授乳期間も約13ヶ月程と長く乳量も一日5L以上、抗菌作用もあり腐りにくいため乳が大変有用な食料となっている。
繁殖が遅く増やすのは難しいが、寿命も30〜50年程度あるため、家畜の中でも貯蓄型の資産として扱われることが多い。

**部品: 人や荷物を運んで移動する
100Kg程までの荷物であれば、日に30kmくらいは運ぶことができると云う。
人を乗せたまま長時間移動したり、歩きで時速13km〜、走れば時速40〜60km程度のスピードが出せるようだ。
ただし乗り心地は大きく左右に揺れるため、ある程度の慣れが必要だろう。

**部品: ラクダの乳の利用
脂肪分が少ないため味は淡白だが栄養は豊富で、抗菌作用のため比較的腐敗しにくい。
そのまま飲むほか、発酵させてヨーグルトやチーズ、バターなどに加工したり、料理や菓子に使ったりと用途は広い。
ラクダの肉も食用にはなるが、餌がある限りは群れを維持し乳を利用するのが一般的だ。

**部品: 乗用として
訓練により鞍を付けることに慣れたラクダは、砂漠での移動や輸送キャラバンにも使われる。
その中でも足が速い個体は、軍などで騎兵用の騎乗ラクダとして特に訓練されることもある。
砂漠地帯でも砂丘を越えられ、長時間移動でき、水場を覚えているため、車両よりも便利な場合があるのだ。



*提出書式

大部品: ナニワでの畜産 RD:16 評価値:6
-大部品: 畜産について RD:4 評価値:3
--部品: 畜産とは
--部品: 乾燥地帯での牧畜
--大部品: 畜産の衛生 RD:2 評価値:2
---部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
---部品: 衛生上の注意
-大部品: 農業との協力 RD:1 評価値:1
--部品: 牧草の栽培
-大部品: 牧畜動物の主な種類 RD:11 評価値:6
--部品: 牛
--部品: 鶏
--部品: 羊
--部品: 山羊
--部品: ミツバチ
--大部品: ラクダ RD:6 評価値:4
---部品: ヒトコブラクダについて
---部品: 背中にコブのある見た目
---部品: 生態と寿命
---部品: 人や荷物を運んで移動する
---部品: ラクダの乳の利用
---部品: 乗用として


部品: 畜産とは
鶏や牛や馬など、家畜となる有用動物を繁殖、飼育・肥育し、乳製品や肉、卵、皮革、毛など畜産物を得て生活に役立てる産業のこと。
放牧するものを牧畜とも呼ぶ。

部品: 乾燥地帯での牧畜
遊牧などを行うので、気候の変動や、餌となる植物が少なくなった場合に全滅のリスクを分散するため、ラクダや羊・山羊・牛など複数の種類を一緒に飼うことが多い。

部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
畜産を営む際や一定数以上の家畜を飼育する場合、公衆衛生を害することの無いよう藩国へ届出をし、
糞尿などを産廃として処理するため清掃事業と回収契約をする必要がある。
生産者救済協同組合も衛生についてや書類の書き方などの相談や指導をしている。

部品: 衛生上の注意
生き物を扱うため、病気にかからないように予防したり、また病気の家畜から人や猫・怪獣へ感染させないために行うべきこと、
衛生的な加工や販売方法について、などの広報や勉強会が、藩国や生産者救済協同組合などで定期的に行われている。

部品: 牧草の栽培
連作被害を防ぐための混合農業と共に行われることが多い。
高温下でよく育ち、動物や植物に寄生する線虫を避けるとされるギニアグラスや、マメ科で栄養価の高いムラサキウマゴヤシなどが栽培される。

部品: 牛
牛を飼育し、交配させて増やし肉や革として売ったり、乳を搾乳し牛乳や乳製品を売ったりする。
農耕のための労働力や、牛脂、丈夫な革、糞は肥料や燃料にと利用の幅が広いが、暑さに弱く、乾燥地帯では増やすことが難しい。

部品: 鶏
主に卵を取るためと、肉を取るために育てられる。
卵や肉を販売するためだけではなく、自宅で食べるための卵や肉を手に入れるために数羽で飼育されることも多い。
一部鑑賞・ペット用、また羽や革を取るために飼育・販売されるところもある。

部品: 羊
主に羊毛や羊肉、革を目当てに飼育する。
乳は搾乳量が少なく、寿命も10年前後のため、短期的に肉を目的とした家畜として飼うことが多い。

部品: 山羊
毛・乳・山羊肉、革を利用する。
繁殖力も強く粗食や乾燥した環境にもよく耐えるが反面、硬い葉、木の芽や皮まで食べることで植物を絶やしてしまう原因ともなるので増やし過ぎには注意する。

部品: ミツバチ
ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実に収穫するための方法と、蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。
貴重な天然の甘味である。

部品: ヒトコブラクダについて
砂地での移動や荷物の運搬、騎乗、酪農、食用などで大変役に立つ使役動物であり「砂漠の舟」と呼ばれることもある。
身体の血液中に水分を蓄えることができ、体温調節などをして、しばらくなら飲食せずとも動くことができる。
乾燥地帯に適応しており、湿潤環境では病気にかかりやすくなることもある。

部品: 背中にコブのある見た目
体長は3m、体重300〜600kg前後、長い首と背に盛り上がった一つのコブを持ち、茶色〜黒、白などの体毛をしている。
砂地を歩くのに適した形状の足と蹄をしている。また砂を防ぐため、まつ毛が長く、鼻の穴を塞ぐことができる。
個体にもよるが、どことなくのんびりとした顔つきをしている。

部品: 生態と寿命
雄1頭と複数の雌、その子たちの2〜20頭の家族単位の群れで生活や飼育することが多い。
妊娠期間は15ヶ月程で、授乳期間も約13ヶ月程と長く乳量も一日5L以上、抗菌作用もあり腐りにくいため乳が大変有用な食料となっている。
繁殖が遅く増やすのは難しいが、寿命も30〜50年程度あるため、家畜の中でも貯蓄型の資産として扱われることが多い。

部品: 人や荷物を運んで移動する
100Kg程までの荷物であれば、日に30kmくらいは運ぶことができると云う。
人を乗せたまま長時間移動したり、歩きで時速13km〜、走れば時速40〜60km程度のスピードが出せるようだ。
ただし乗り心地は大きく左右に揺れるため、ある程度の慣れが必要だろう。

部品: ラクダの乳の利用
脂肪分が少ないため味は淡白だが栄養は豊富で、抗菌作用のため比較的腐敗しにくい。
そのまま飲むほか、発酵させてヨーグルトやチーズ、バターなどに加工したり、料理や菓子に使ったりと用途は広い。
ラクダの肉も食用にはなるが、餌がある限りは群れを維持し乳を利用するのが一般的だ。

部品: 乗用として
訓練により鞍を付けることに慣れたラクダは、砂漠での移動や輸送キャラバンにも使われる。
その中でも足が速い個体は、軍などで騎兵用の騎乗ラクダとして特に訓練されることもある。
砂漠地帯でも砂丘を越えられ、長時間移動でき、水場を覚えているため、車両よりも便利な場合があるのだ。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 141892,
"title": "ナニワでの畜産",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-17 16:25:21.816505",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:21.816505",
"children":
[
{ "id": 141877,
"title": "畜産について",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.346897",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.346897",
"children":
[
{ "id": 141873,
"title": "畜産とは",
"description": "鶏や牛や馬など、家畜となる有用動物を繁殖、飼育・肥育し、乳製品や肉、卵、皮革、毛など畜産物を得て生活に役立てる産業のこと。\n放牧するものを牧畜とも呼ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:14.948572",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:14.948572",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 2
},

{ "id": 141878,
"title": "乾燥地帯での牧畜",
"description": "遊牧などを行うので、気候の変動や、餌となる植物が少なくなった場合に全滅のリスクを分散するため、ラクダや羊・山羊・牛など複数の種類を一緒に飼うことが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.642997",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.642997",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 3
},

{ "id": 141876,
"title": "畜産の衛生",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-17 16:25:15.050579",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:15.050579",
"children":
[
{ "id": 141874,
"title": "藩国への届出と清掃事業との契約",
"description": "畜産を営む際や一定数以上の家畜を飼育する場合、公衆衛生を害することの無いよう藩国へ届出をし、\n糞尿などを産廃として処理するため清掃事業と回収契約をする必要がある。\n生産者救済協同組合も衛生についてや書類の書き方などの相談や指導をしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:15.010155",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:15.010155",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 5
},

{ "id": 141875,
"title": "衛生上の注意",
"description": "生き物を扱うため、病気にかからないように予防したり、また病気の家畜から人や猫・怪獣へ感染させないために行うべきこと、\n衛生的な加工や販売方法について、などの広報や勉強会が、藩国や生産者救済協同組合などで定期的に行われている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:15.022656",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:15.022656",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 6
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 4
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},

{ "id": 143639,
"title": "農業との協力",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 06:11:53.201809",
"updated_at": "2017-11-20 06:11:53.201809",
"children":
[
{ "id": 143638,
"title": "牧草の栽培",
"description": "連作被害を防ぐための混合農業と共に行われることが多い。\n高温下でよく育ち、動物や植物に寄生する線虫を避けるとされるギニアグラスや、マメ科で栄養価の高いムラサキウマゴヤシなどが栽培される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:11:53.196731",
"updated_at": "2017-11-20 06:11:53.196731",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 8
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 7
},

{ "id": 141891,
"title": "牧畜動物の主な種類",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-17 16:25:18.90181",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:18.90181",
"children":
[
{ "id": 141879,
"title": "牛",
"description": "牛を飼育し、交配させて増やし肉や革として売ったり、乳を搾乳し牛乳や乳製品を売ったりする。\n農耕のための労働力や、牛脂、丈夫な革、糞は肥料や燃料にと利用の幅が広いが、暑さに弱く、乾燥地帯では増やすことが難しい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.649875",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.649875",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 10
},

{ "id": 141880,
"title": "鶏",
"description": "主に卵を取るためと、肉を取るために育てられる。\n卵や肉を販売するためだけではなく、自宅で食べるための卵や肉を手に入れるために数羽で飼育されることも多い。\n一部鑑賞・ペット用、また羽や革を取るために飼育・販売されるところもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.656845",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.656845",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 11
},

{ "id": 141881,
"title": "羊",
"description": "主に羊毛や羊肉、革を目当てに飼育する。\n乳は搾乳量が少なく、寿命も10年前後のため、短期的に肉を目的とした家畜として飼うことが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.666333",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.666333",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 12
},

{ "id": 141882,
"title": "山羊",
"description": "毛・乳・山羊肉、革を利用する。\n繁殖力も強く粗食や乾燥した環境にもよく耐えるが反面、硬い葉、木の芽や皮まで食べることで植物を絶やしてしまう原因ともなるので増やし過ぎには注意する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.672248",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.672248",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 13
},

{ "id": 141883,
"title": "ミツバチ",
"description": "ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実に収穫するための方法と、蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。\n貴重な天然の甘味である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.678075",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.678075",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 14
},

{ "id": 141890,
"title": "ラクダ",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.755773",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.755773",
"children":
[
{ "id": 141884,
"title": "ヒトコブラクダについて",
"description": "砂地での移動や荷物の運搬、騎乗、酪農、食用などで大変役に立つ使役動物であり「砂漠の舟」と呼ばれることもある。\n身体の血液中に水分を蓄えることができ、体温調節などをして、しばらくなら飲食せずとも動くことができる。\n乾燥地帯に適応しており、湿潤環境では病気にかかりやすくなることもある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.68418",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.68418",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 16
},

{ "id": 141885,
"title": "背中にコブのある見た目",
"description": "体長は3m、体重300〜600kg前後、長い首と背に盛り上がった一つのコブを持ち、茶色〜黒、白などの体毛をしている。\n砂地を歩くのに適した形状の足と蹄をしている。また砂を防ぐため、まつ毛が長く、鼻の穴を塞ぐことができる。\n個体にもよるが、どことなくのんびりとした顔つきをしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.688081",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.688081",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 17
},

{ "id": 141886,
"title": "生態と寿命",
"description": "雄1頭と複数の雌、その子たちの2〜20頭の家族単位の群れで生活や飼育することが多い。\n妊娠期間は15ヶ月程で、授乳期間も約13ヶ月程と長く乳量も一日5L以上、抗菌作用もあり腐りにくいため乳が大変有用な食料となっている。\n繁殖が遅く増やすのは難しいが、寿命も30〜50年程度あるため、家畜の中でも貯蓄型の資産として扱われることが多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.704379",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.704379",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 18
},

{ "id": 141887,
"title": "人や荷物を運んで移動する",
"description": "100Kg程までの荷物であれば、日に30kmくらいは運ぶことができると云う。\n人を乗せたまま長時間移動したり、歩きで時速13km〜、走れば時速40〜60km程度のスピードが出せるようだ。\nただし乗り心地は大きく左右に揺れるため、ある程度の慣れが必要だろう。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.714812",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.714812",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 19
},

{ "id": 141888,
"title": "ラクダの乳の利用",
"description": "脂肪分が少ないため味は淡白だが栄養は豊富で、抗菌作用のため比較的腐敗しにくい。\nそのまま飲むほか、発酵させてヨーグルトやチーズ、バターなどに加工したり、料理や菓子に使ったりと用途は広い。\nラクダの肉も食用にはなるが、餌がある限りは群れを維持し乳を利用するのが一般的だ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.722069",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.722069",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 20
},

{ "id": 141889,
"title": "乗用として",
"description": "訓練により鞍を付けることに慣れたラクダは、砂漠での移動や輸送キャラバンにも使われる。\nその中でも足が速い個体は、軍などで騎兵用の騎乗ラクダとして特に訓練されることもある。\n砂漠地帯でも砂丘を越えられ、長時間移動でき、水場を覚えているため、車両よりも便利な場合があるのだ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-17 16:25:16.729026",
"updated_at": "2017-11-17 16:25:16.729026",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 21
}
],
"position": "6",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 15
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 9
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2554] (大部品)ナニワの漁業 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/03(Sun) 01:19:25

*部品構造

-大部品: ナニワの漁業 RD:12 評価値:6
--大部品: 漁業の歴史 RD:2 評価値:2
---部品: 漁業の始まり
---部品: 漁船の進化
--大部品: 漁業の種類 RD:3 評価値:3
---部品: 沖合と沿岸
---部品: 内水面
---部品: 養殖と海における栽培
--大部品: 漁法 RD:2 評価値:2
---部品: 釣って捕る
---部品: 網を使う漁
--大部品: 漁についての問題の防止 RD:5 評価値:4
---部品: 乱獲の防止
---部品: 密漁防止
---部品: 外来種防止
---部品: 協同組合への参入
---部品: 連絡手段



*部品定義

**部品: 漁業の始まり
海からは新鮮な魚や貝、海草が手に入った。海の近くに住む人々はそれらを集めて料理して食べ、もしくは売り、日々の暮らしとしていた。
手づかみから、木の棒に針を付けたり、鉄の矢じりを付けたりしたり、集団で浜で網を持って牽いたりした。
また、船などで海に出る者も現れた。

**部品: 漁船の進化
石油やガソリン等が精製され、船舶もまたエンジン等が付き始めると、より沖合に出ることができた。
自分たちが食べる分だけではなく、商売にできる程にとる事が出来るようになった。

**部品: 沖合と沿岸
国の沖合で取る漁は、底引き網漁や一本釣り等多種多様な漁を行う。場所によっては魚だけでなく、イカやタコ、カニ等の漁も行っている。
沿岸で行う漁は沖合に比べ小規模で行われ、漁船もまたエンジンがついてない無動力船等で行う漁が多く、漁師も家族で行う事もある。

**部品: 内水面
川や沼、池など淡水における漁の事を内水面と呼ぶ。
ウナギや鮭、淡水に棲むカニ等を取る。主に釣り竿や投網での漁や罠をしかけての漁が多い。


**部品: 養殖と海における栽培
養殖は、育てた魚や貝を食品として行う漁業のこと。海水や淡水関わらずに養殖を行う。ただ取るだけでなく環境保全の意味も含めて行う事もある。
稚魚や稚貝を人工的に孵化させ、ある程度まで水槽や生け簀等で育てた後、海や川などに放流を行い増やそうとする漁のことは、栽培とも云う。
また食べるためではなく、真珠や金魚等、観賞用の魚や水生生物を養殖や保護などを行って育てる事もある。

**部品: 釣って捕る
釣り針にエサを付け、釣り糸を垂らし魚を釣り上げる方法。
始めは釣り針も骨などで作られていたが、ルアー等が作られ、魚にあった糸や針、エサも分別化された。

**部品: 網を使う漁
投げ網を行ったり、船が魚の群れを囲むように網を投じて捕まえる漁の事。大量の魚を捕まえる事ができ、時々目的にしていない魚も釣り上げる事がある。
捕る魚の種類や生態により、1本の幹縄に多数の枝縄をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけ漁を行う「はえ縄漁」も行われることがある。

**部品: 乱獲の防止
あまりにも取りすぎると種そのものの絶滅に繋がる恐れがあるため、漁の取れ高を制限したり、また漁の季節を決めたり、稚魚は取らないようにと規制が決められている。

**部品: 密漁防止
価値が高いものなどに関しては密漁が行われるケースもあるので漁を許可制にしたり、誤って入って漁を行わない様に行政や協同組合が管理や指導等を行っている。

**部品: 外来種防止
外の種が入る事により、弱い種が食べられて絶滅に繋がる恐れもあるので、外来種を放したり、飼う事等を禁止、管理や対策などを行っている。

**部品: 協同組合への参入
漁業を行うにあたり、ナニワの生産者救済協同組合の正組合員となることが推奨されている。
乱獲や外来種の繁殖を防ぐための指導や制限なども守らねばならないが、消耗品や燃料の共同購入、販売ルートの確保、道具の貸出や共用、養殖する手順の勉強会など利点も多い。

**部品: 連絡手段
船同士が連絡を取る際、無線やライトを信号代わりにし、連携を行って合わせて漁を行う事もある。
特に網等やそれぞれの場所を通達する際に連絡する。  



*提出書式

大部品: ナニワの漁業 RD:12 評価値:6
-大部品: 漁業の歴史 RD:2 評価値:2
--部品: 漁業の始まり
--部品: 漁船の進化
-大部品: 漁業の種類 RD:3 評価値:3
--部品: 沖合と沿岸
--部品: 内水面
--部品: 養殖と海における栽培
-大部品: 漁法 RD:2 評価値:2
--部品: 釣って捕る
--部品: 網を使う漁
-大部品: 漁についての問題の防止 RD:5 評価値:4
--部品: 乱獲の防止
--部品: 密漁防止
--部品: 外来種防止
--部品: 協同組合への参入
--部品: 連絡手段


部品: 漁業の始まり
海からは新鮮な魚や貝、海草が手に入った。海の近くに住む人々はそれらを集めて料理して食べ、もしくは売り、日々の暮らしとしていた。
手づかみから、木の棒に針を付けたり、鉄の矢じりを付けたりしたり、集団で浜で網を持って牽いたりした。
また、船などで海に出る者も現れた。

部品: 漁船の進化
石油やガソリン等が精製され、船舶もまたエンジン等が付き始めると、より沖合に出ることができた。
自分たちが食べる分だけではなく、商売にできる程にとる事が出来るようになった。

部品: 沖合と沿岸
国の沖合で取る漁は、底引き網漁や一本釣り等多種多様な漁を行う。場所によっては魚だけでなく、イカやタコ、カニ等の漁も行っている。
沿岸で行う漁は沖合に比べ小規模で行われ、漁船もまたエンジンがついてない無動力船等で行う漁が多く、漁師も家族で行う事もある。

部品: 内水面
川や沼、池など淡水における漁の事を内水面と呼ぶ。
ウナギや鮭、淡水に棲むカニ等を取る。主に釣り竿や投網での漁や罠をしかけての漁が多い。


部品: 養殖と海における栽培
養殖は、育てた魚や貝を食品として行う漁業のこと。海水や淡水関わらずに養殖を行う。ただ取るだけでなく環境保全の意味も含めて行う事もある。
稚魚や稚貝を人工的に孵化させ、ある程度まで水槽や生け簀等で育てた後、海や川などに放流を行い増やそうとする漁のことは、栽培とも云う。
また食べるためではなく、真珠や金魚等、観賞用の魚や水生生物を養殖や保護などを行って育てる事もある。

部品: 釣って捕る
釣り針にエサを付け、釣り糸を垂らし魚を釣り上げる方法。
始めは釣り針も骨などで作られていたが、ルアー等が作られ、魚にあった糸や針、エサも分別化された。

部品: 網を使う漁
投げ網を行ったり、船が魚の群れを囲むように網を投じて捕まえる漁の事。大量の魚を捕まえる事ができ、時々目的にしていない魚も釣り上げる事がある。
捕る魚の種類や生態により、1本の幹縄に多数の枝縄をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけ漁を行う「はえ縄漁」も行われることがある。

部品: 乱獲の防止
あまりにも取りすぎると種そのものの絶滅に繋がる恐れがあるため、漁の取れ高を制限したり、また漁の季節を決めたり、稚魚は取らないようにと規制が決められている。

部品: 密漁防止
価値が高いものなどに関しては密漁が行われるケースもあるので漁を許可制にしたり、誤って入って漁を行わない様に行政や協同組合が管理や指導等を行っている。

部品: 外来種防止
外の種が入る事により、弱い種が食べられて絶滅に繋がる恐れもあるので、外来種を放したり、飼う事等を禁止、管理や対策などを行っている。

部品: 協同組合への参入
漁業を行うにあたり、ナニワの生産者救済協同組合の正組合員となることが推奨されている。
乱獲や外来種の繁殖を防ぐための指導や制限なども守らねばならないが、消耗品や燃料の共同購入、販売ルートの確保、道具の貸出や共用、養殖する手順の勉強会など利点も多い。

部品: 連絡手段
船同士が連絡を取る際、無線やライトを信号代わりにし、連携を行って合わせて漁を行う事もある。
特に網等やそれぞれの場所を通達する際に連絡する。  




*インポート用定義データ


[
{ "id": 143656,
"title": "ナニワの漁業",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.545976",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.545976",
"children":
[
{ "id": 143642,
"title": "漁業の歴史",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.811683",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.811683",
"children":
[
{ "id": 143640,
"title": "漁業の始まり",
"description": "海からは新鮮な魚や貝、海草が手に入った。海の近くに住む人々はそれらを集めて料理して食べ、もしくは売り、日々の暮らしとしていた。\n手づかみから、木の棒に針を付けたり、鉄の矢じりを付けたりしたり、集団で浜で網を持って牽いたりした。\nまた、船などで海に出る者も現れた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.795165",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.795165",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 2
},

{ "id": 143641,
"title": "漁船の進化",
"description": "石油やガソリン等が精製され、船舶もまたエンジン等が付き始めると、より沖合に出ることができた。\n自分たちが食べる分だけではなく、商売にできる程にとる事が出来るようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.807212",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.807212",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 3
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 1
},

{ "id": 143646,
"title": "漁業の種類",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.961161",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.961161",
"children":
[
{ "id": 143643,
"title": "沖合と沿岸",
"description": "国の沖合で取る漁は、底引き網漁や一本釣り等多種多様な漁を行う。場所によっては魚だけでなく、イカやタコ、カニ等の漁も行っている。\n沿岸で行う漁は沖合に比べ小規模で行われ、漁船もまたエンジンがついてない無動力船等で行う漁が多く、漁師も家族で行う事もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.95077",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.95077",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 5
},

{ "id": 143644,
"title": "内水面",
"description": "川や沼、池など淡水における漁の事を内水面と呼ぶ。\nウナギや鮭、淡水に棲むカニ等を取る。主に釣り竿や投網での漁や罠をしかけての漁が多い。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.95391",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.95391",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 6
},

{ "id": 143645,
"title": "養殖と海における栽培",
"description": "養殖は、育てた魚や貝を食品として行う漁業のこと。海水や淡水関わらずに養殖を行う。ただ取るだけでなく環境保全の意味も含めて行う事もある。\n稚魚や稚貝を人工的に孵化させ、ある程度まで水槽や生け簀等で育てた後、海や川などに放流を行い増やそうとする漁のことは、栽培とも云う。 \nまた食べるためではなく、真珠や金魚等、観賞用の魚や水生生物を養殖や保護などを行って育てる事もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:22.956069",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:22.956069",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 7
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 4
},

{ "id": 143649,
"title": "漁法",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.136836",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.136836",
"children":
[
{ "id": 143647,
"title": "釣って捕る",
"description": "釣り針にエサを付け、釣り糸を垂らし魚を釣り上げる方法。\n始めは釣り針も骨などで作られていたが、ルアー等が作られ、魚にあった糸や針、エサも分別化された。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.13267",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.13267",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 9
},

{ "id": 143648,
"title": "網を使う漁",
"description": "投げ網を行ったり、船が魚の群れを囲むように網を投じて捕まえる漁の事。大量の魚を捕まえる事ができ、時々目的にしていない魚も釣り上げる事がある。\n捕る魚の種類や生態により、1本の幹縄に多数の枝縄をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけ漁を行う「はえ縄漁」も行われることがある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.134071",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.134071",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 10
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 8
},

{ "id": 143655,
"title": "漁についての問題の防止",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.259453",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.259453",
"children":
[
{ "id": 143650,
"title": "乱獲の防止",
"description": "あまりにも取りすぎると種そのものの絶滅に繋がる恐れがあるため、漁の取れ高を制限したり、また漁の季節を決めたり、稚魚は取らないようにと規制が決められている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.247669",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.247669",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 12
},

{ "id": 143651,
"title": "密漁防止",
"description": "価値が高いものなどに関しては密漁が行われるケースもあるので漁を許可制にしたり、誤って入って漁を行わない様に行政や協同組合が管理や指導等を行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.249477",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.249477",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 13
},

{ "id": 143652,
"title": "外来種防止",
"description": "外の種が入る事により、弱い種が食べられて絶滅に繋がる恐れもあるので、外来種を放したり、飼う事等を禁止、管理や対策などを行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.251226",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.251226",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 14
},

{ "id": 143653,
"title": "協同組合への参入",
"description": "漁業を行うにあたり、ナニワの生産者救済協同組合の正組合員となることが推奨されている。\n乱獲や外来種の繁殖を防ぐための指導や制限なども守らねばならないが、消耗品や燃料の共同購入、販売ルートの確保、道具の貸出や共用、養殖する手順の勉強会など利点も多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.252917",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.252917",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 15
},

{ "id": 143654,
"title": "連絡手段",
"description": "船同士が連絡を取る際、無線やライトを信号代わりにし、連携を行って合わせて漁を行う事もある。\n特に網等やそれぞれの場所を通達する際に連絡する。  ",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-11-20 06:18:23.254424",
"updated_at": "2017-11-20 06:18:23.254424",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"localID": 16
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 11
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 747,
"name": "乃亜・クラウ・オコーネル"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2555] (大部品)騎士と所在地 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/03(Sun) 01:29:29

*部品構造

-大部品: 生産者救済協同組合(ナニワ版) RD:3 評価値:3
--大部品: ナニワでの特徴 RD:3 評価値:3
---部品: 大きくないが幅広い結びつき
---大部品: 所在地はパランド RD:1 評価値:1
----部品: 本部所在地と直営販売店
---大部品: 代表総代の騎士 RD:1 評価値:1
----部品: (T22)ダーフィ



*部品定義

**部品: 大きくないが幅広い結びつき
ナニワアームズでは西国で食糧生産にはあまり向いていないため、
けして大規模な協同組合ではないが、農業・畜産・漁業・養殖、その他の中小の手工業者など幅広い生産事業者たちが組合員となっている。

**部品: 本部所在地と直営販売店
本部事務所はナニワアームズ商藩国のフォルーハ地方、地方綿花の一大生産地であるパランドにある。
大小の規模の差はあるが各地方にも支部を置いている。
また生産品を販売するため、大きな街には大きめの直営店を複数、人の少ない地方でも販売所を設けたり、移動販売なども行っている。

**部品: (T22)ダーフィ
ダーフィ・タアームが代表総代として騎士と任命されている。
教え上手、聴き上手な年配の女性で、暖かな笑顔で相槌を打ちながら、親身に相談にのり的確なアドバイスができる賢明な人である。
ナニワの生産者救済協同組合、略して「ナニワ生協」の正組合員から、総代の一人として選挙で選ばれた。



*提出書式

大部品: 生産者救済協同組合(ナニワ版) RD:3 評価値:3
-大部品: ナニワでの特徴 RD:3 評価値:3
--部品: 大きくないが幅広い結びつき
--大部品: 所在地はパランド RD:1 評価値:1
---部品: 本部所在地と直営販売店
--大部品: 代表総代の騎士 RD:1 評価値:1
---部品: (T22)ダーフィ


部品: 大きくないが幅広い結びつき
ナニワアームズでは西国で食糧生産にはあまり向いていないため、
けして大規模な協同組合ではないが、農業・畜産・漁業・養殖、その他の中小の手工業者など幅広い生産事業者たちが組合員となっている。

部品: 本部所在地と直営販売店
本部事務所はナニワアームズ商藩国のフォルーハ地方、地方綿花の一大生産地であるパランドにある。
大小の規模の差はあるが各地方にも支部を置いている。
また生産品を販売するため、大きな街には大きめの直営店を複数、人の少ない地方でも販売所を設けたり、移動販売なども行っている。

部品: (T22)ダーフィ
ダーフィ・タアームが代表総代として騎士と任命されている。
教え上手、聴き上手な年配の女性で、暖かな笑顔で相槌を打ちながら、親身に相談にのり的確なアドバイスができる賢明な人である。
ナニワの生産者救済協同組合、略して「ナニワ生協」の正組合員から、総代の一人として選挙で選ばれた。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "生産者救済協同組合(ナニワ版)",
"part_type": "group",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"children":
[
{ "title": "ナニワでの特徴",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "大きくないが幅広い結びつき",
"description": "ナニワアームズでは西国で食糧生産にはあまり向いていないため、\nけして大規模な協同組合ではないが、農業・畜産・漁業・養殖、その他の中小の手工業者など幅広い生産事業者たちが組合員となっている。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "所在地はパランド",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "本部所在地と直営販売店",
"description": "本部事務所はナニワアームズ商藩国のフォルーハ地方、地方綿花の一大生産地であるパランドにある。\n大小の規模の差はあるが各地方にも支部を置いている。\nまた生産品を販売するため、大きな街には大きめの直営店を複数、人の少ない地方でも販売所を設けたり、移動販売なども行っている。 ",
"part_type": "part",
"localID": 4,
"expanded": true
}
],
"localID": 3,
"expanded": true
},

{ "title": "代表総代の騎士",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "(T22)ダーフィ",
"description": "ダーフィ・タアームが代表総代として騎士と任命されている。\n教え上手、聴き上手な年配の女性で、暖かな笑顔で相槌を打ちながら、親身に相談にのり的確なアドバイスができる賢明な人である。\nナニワの生産者救済協同組合、略して「ナニワ生協」の正組合員から、総代の一人として選挙で選ばれた。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"localID": 5,
"expanded": true
}
],
"localID": 1,
"expanded": true
}
],
"localID": 0,
"expanded": true
}
]


  [No.2493] ナニワでの畜産 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/17(Fri) 17:21:17

一旦、出来上がり。 もうちょっと修正いるかな・・


*部品構造

-大部品: ナニワでの畜産 RD:17 評価値:7
--大部品: 畜産について RD:5 評価値:4
---部品: 畜産とは
---部品: 品種改良
---部品: 畜産のコンクール
---大部品: 畜産の衛生 RD:2 評価値:2
----部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
----部品: 衛生上の注意
--部品: 乾燥地帯での牧畜
--大部品: 牧畜動物の主な種類 RD:11 評価値:6
---部品: 牛
---部品: 鶏
---部品: 羊
---部品: 山羊
---部品: ミツバチ
---大部品: ラクダ RD:6 評価値:4
----部品: ヒトコブラクダについて
----部品: 背中にコブのある見た目
----部品: 生態と寿命
----部品: 人や荷物を運んで移動する
----部品: ラクダの乳の利用
----部品: 乗用として



*部品定義

**部品: 畜産とは
鶏や牛や馬など、家畜となる有用動物を繁殖、飼育・肥育し、乳製品や肉、卵、皮革、毛など畜産物を得て生活に役立てる産業のこと。
放牧するものを牧畜とも呼ぶ。

**部品: 品種改良
よく肉が取れるように、また乳が出るように等と歴史を重ね、品種を改良し、それぞれの目的に合った種類を確定していった。

**部品: 畜産のコンクール
畜産を奨励するために数年に一度コンクールを行い、それぞれの動物の毛並み、肉付き、品種改良の良さ等を発表しあう。

**部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
畜産を営む際や一定数以上の家畜を飼育する場合、公衆衛生を害することの無いよう藩国へ届出をし、
糞尿などを産廃として処理するため清掃事業と回収契約をする必要がある。
生産者救済協同組合も衛生についてや書類の書き方などの相談や指導をしている。

**部品: 衛生上の注意
生き物を扱うため、病気にかからないように予防したり、また病気の家畜から人や猫・怪獣へ感染させないために行うべきこと、
衛生的な加工や販売方法について、などの広報や勉強会が、藩国や生産者救済協同組合などで定期的に行われている。

**部品: 乾燥地帯での牧畜
遊牧などを行うので、気候の変動や、餌となる植物が少なくなった場合に全滅のリスクを分散するため、ラクダや羊・山羊・牛など複数の種類を一緒に飼うことが多い。

**部品: 牛
牛を飼育し、交配させて増やし肉や革として売ったり、乳を搾乳し牛乳や乳製品を売ったりする。
農耕のための労働力や、牛脂、丈夫な革、糞は肥料や燃料にと利用の幅が広いが、暑さに弱く、乾燥地帯では増やすことが難しい。

**部品: 鶏
主に卵を取るためと、肉を取るために育てられる。
卵や肉を販売するためだけではなく、自宅で食べるための卵や肉を手に入れるために数羽で飼育されることも多い。
一部鑑賞・ペット用、また羽や革を取るために飼育・販売されるところもある。

**部品: 羊
主に羊毛や羊肉、革を目当てに飼育する。
乳は搾乳量が少なく、寿命も10年前後のため、短期的に肉を目的とした家畜として飼うことが多い。

**部品: 山羊
毛・乳・山羊肉、革を利用する。
繁殖力も強く粗食や乾燥した環境にもよく耐えるが反面、硬い葉、木の芽や皮まで食べることで植物を絶やしてしまう原因ともなるので増やし過ぎには注意する。

**部品: ミツバチ
ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実にとるための方法と蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。

**部品: ヒトコブラクダについて
砂漠や半砂漠地帯などに生息する、四つ足の家畜化された哺乳類の動物。草食で反芻する。
身体の血液中に水分を蓄えることができ、体温調節などをして、しばらくなら飲食せずとも動くことができる。
砂地での移動や荷物の運搬、騎乗、酪農、食用などで大変役に立つ使役動物であり「砂漠の舟」と呼ばれることもある。
乾燥地帯に適応しており、湿潤環境では病気にかかりやすくなることもある。

**部品: 背中にコブのある見た目
体長は3m、体重300〜600kg前後、長い首と背に盛り上がった一つのコブを持ち、茶色〜黒、白などの体毛をしている。
砂地を歩くのに適した形状の足と蹄をしている。また砂を防ぐため、まつ毛が長く、鼻の穴を塞ぐことができる。
個体にもよるが、どことなくのんびりとした顔つきをしている。

**部品: 生態と寿命
雄1頭と複数の雌、その子たちの2〜20頭の家族単位の群れで生活や飼育することが多い。
妊娠期間は15ヶ月程で1〜2頭の子を産む。
授乳期間も約13ヶ月程と長く乳量も一日5L以上、抗菌作用もあり腐りにくいため乳が大変有用な食料となっている。
繁殖が遅く増やすのは難しいが、寿命も30〜50年程度あるため、家畜の中でも貯蓄型の資産として扱われることが多い。

**部品: 人や荷物を運んで移動する
100Kg程までの荷物であれば、日に30kmくらいは運ぶことができると云う。
人を乗せたまま長時間移動したり、歩きで時速13km〜、走れば時速40〜60km程度のスピードが出せるようだ。
ただし乗り心地は大きく左右に揺れるため、ある程度の慣れが必要だろう。

**部品: ラクダの乳の利用
脂肪分が少なめのため味は薄いが栄養は豊富で、抗菌作用のため比較的腐敗しにくい。
そのまま飲むほか、発酵させてヨーグルトやチーズ、バターなどに加工したり、料理や菓子に使ったりと用途は広い。
ラクダの肉も食用にはなるが、餌がある限りは群れを維持し乳を利用するのが一般的だ。
糞は乾燥させると焚き火などの燃料にもなる。

**部品: 乗用として
訓練により鞍を付けることに慣れたラクダは、砂漠での移動や輸送キャラバンにも使われる。
その中でも足が速い個体は、軍などで騎兵用の騎乗ラクダとして特に訓練されることもある。
砂漠地帯でも砂丘を越えられ、長時間移動でき、水場を覚えているため、車両よりも便利な場合があるのだ。



*提出書式

大部品: ナニワでの畜産 RD:17 評価値:7
-大部品: 畜産について RD:5 評価値:4
--部品: 畜産とは
--部品: 品種改良
--部品: 畜産のコンクール
--大部品: 畜産の衛生 RD:2 評価値:2
---部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
---部品: 衛生上の注意
-部品: 乾燥地帯での牧畜
-大部品: 牧畜動物の主な種類 RD:11 評価値:6
--部品: 牛
--部品: 鶏
--部品: 羊
--部品: 山羊
--部品: ミツバチ
--大部品: ラクダ RD:6 評価値:4
---部品: ヒトコブラクダについて
---部品: 背中にコブのある見た目
---部品: 生態と寿命
---部品: 人や荷物を運んで移動する
---部品: ラクダの乳の利用
---部品: 乗用として


部品: 畜産とは
鶏や牛や馬など、家畜となる有用動物を繁殖、飼育・肥育し、乳製品や肉、卵、皮革、毛など畜産物を得て生活に役立てる産業のこと。
放牧するものを牧畜とも呼ぶ。

部品: 品種改良
よく肉が取れるように、また乳が出るように等と歴史を重ね、品種を改良し、それぞれの目的に合った種類を確定していった。

部品: 畜産のコンクール
畜産を奨励するために数年に一度コンクールを行い、それぞれの動物の毛並み、肉付き、品種改良の良さ等を発表しあう。

部品: 藩国への届出と清掃事業との契約
畜産を営む際や一定数以上の家畜を飼育する場合、公衆衛生を害することの無いよう藩国へ届出をし、
糞尿などを産廃として処理するため清掃事業と回収契約をする必要がある。
生産者救済協同組合も衛生についてや書類の書き方などの相談や指導をしている。

部品: 衛生上の注意
生き物を扱うため、病気にかからないように予防したり、また病気の家畜から人や猫・怪獣へ感染させないために行うべきこと、
衛生的な加工や販売方法について、などの広報や勉強会が、藩国や生産者救済協同組合などで定期的に行われている。

部品: 乾燥地帯での牧畜
遊牧などを行うので、気候の変動や、餌となる植物が少なくなった場合に全滅のリスクを分散するため、ラクダや羊・山羊・牛など複数の種類を一緒に飼うことが多い。

部品: 牛
牛を飼育し、交配させて増やし肉や革として売ったり、乳を搾乳し牛乳や乳製品を売ったりする。
農耕のための労働力や、牛脂、丈夫な革、糞は肥料や燃料にと利用の幅が広いが、暑さに弱く、乾燥地帯では増やすことが難しい。

部品: 鶏
主に卵を取るためと、肉を取るために育てられる。
卵や肉を販売するためだけではなく、自宅で食べるための卵や肉を手に入れるために数羽で飼育されることも多い。
一部鑑賞・ペット用、また羽や革を取るために飼育・販売されるところもある。

部品: 羊
主に羊毛や羊肉、革を目当てに飼育する。
乳は搾乳量が少なく、寿命も10年前後のため、短期的に肉を目的とした家畜として飼うことが多い。

部品: 山羊
毛・乳・山羊肉、革を利用する。
繁殖力も強く粗食や乾燥した環境にもよく耐えるが反面、硬い葉、木の芽や皮まで食べることで植物を絶やしてしまう原因ともなるので増やし過ぎには注意する。

部品: ミツバチ
ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実にとるための方法と蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。

部品: ヒトコブラクダについて
砂漠や半砂漠地帯などに生息する、四つ足の家畜化された哺乳類の動物。草食で反芻する。
身体の血液中に水分を蓄えることができ、体温調節などをして、しばらくなら飲食せずとも動くことができる。
砂地での移動や荷物の運搬、騎乗、酪農、食用などで大変役に立つ使役動物であり「砂漠の舟」と呼ばれることもある。
乾燥地帯に適応しており、湿潤環境では病気にかかりやすくなることもある。

部品: 背中にコブのある見た目
体長は3m、体重300〜600kg前後、長い首と背に盛り上がった一つのコブを持ち、茶色〜黒、白などの体毛をしている。
砂地を歩くのに適した形状の足と蹄をしている。また砂を防ぐため、まつ毛が長く、鼻の穴を塞ぐことができる。
個体にもよるが、どことなくのんびりとした顔つきをしている。

部品: 生態と寿命
雄1頭と複数の雌、その子たちの2〜20頭の家族単位の群れで生活や飼育することが多い。
妊娠期間は15ヶ月程で1〜2頭の子を産む。
授乳期間も約13ヶ月程と長く乳量も一日5L以上、抗菌作用もあり腐りにくいため乳が大変有用な食料となっている。
繁殖が遅く増やすのは難しいが、寿命も30〜50年程度あるため、家畜の中でも貯蓄型の資産として扱われることが多い。

部品: 人や荷物を運んで移動する
100Kg程までの荷物であれば、日に30kmくらいは運ぶことができると云う。
人を乗せたまま長時間移動したり、歩きで時速13km〜、走れば時速40〜60km程度のスピードが出せるようだ。
ただし乗り心地は大きく左右に揺れるため、ある程度の慣れが必要だろう。

部品: ラクダの乳の利用
脂肪分が少なめのため味は薄いが栄養は豊富で、抗菌作用のため比較的腐敗しにくい。
そのまま飲むほか、発酵させてヨーグルトやチーズ、バターなどに加工したり、料理や菓子に使ったりと用途は広い。
ラクダの肉も食用にはなるが、餌がある限りは群れを維持し乳を利用するのが一般的だ。
糞は乾燥させると焚き火などの燃料にもなる。

部品: 乗用として
訓練により鞍を付けることに慣れたラクダは、砂漠での移動や輸送キャラバンにも使われる。
その中でも足が速い個体は、軍などで騎兵用の騎乗ラクダとして特に訓練されることもある。
砂漠地帯でも砂丘を越えられ、長時間移動でき、水場を覚えているため、車両よりも便利な場合があるのだ。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワでの畜産",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "畜産について",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "畜産とは",
"description": "鶏や牛や馬など、家畜となる有用動物を繁殖、飼育・肥育し、乳製品や肉、卵、皮革、毛など畜産物を得て生活に役立てる産業のこと。\n放牧するものを牧畜とも呼ぶ。",
"part_type": "part",
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "品種改良",
"description": "よく肉が取れるように、また乳が出るように等と歴史を重ね、品種を改良し、それぞれの目的に合った種類を確定していった。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "畜産のコンクール",
"description": "畜産を奨励するために数年に一度コンクールを行い、それぞれの動物の毛並み、肉付き、品種改良の良さ等を発表しあう。",
"part_type": "part",
"localID": 4,
"expanded": true
},

{ "title": "畜産の衛生",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "藩国への届出と清掃事業との契約",
"description": "畜産を営む際や一定数以上の家畜を飼育する場合、公衆衛生を害することの無いよう藩国へ届出をし、\n糞尿などを産廃として処理するため清掃事業と回収契約をする必要がある。\n生産者救済協同組合も衛生についてや書類の書き方などの相談や指導をしている。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "衛生上の注意",
"description": "生き物を扱うため、病気にかからないように予防したり、また病気の家畜から人や猫・怪獣へ感染させないために行うべきこと、\n衛生的な加工や販売方法について、などの広報や勉強会が、藩国や生産者救済協同組合などで定期的に行われている。",
"part_type": "part",
"localID": 7
}
],
"localID": 5,
"expanded": false
}
],
"localID": 1,
"expanded": true
},

{ "title": "乾燥地帯での牧畜",
"description": "遊牧などを行うので、気候の変動や、餌となる植物が少なくなった場合に全滅のリスクを分散するため、ラクダや羊・山羊・牛など複数の種類を一緒に飼うことが多い。",
"part_type": "part",
"localID": 8,
"expanded": true
},

{ "title": "牧畜動物の主な種類",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "牛",
"description": "牛を飼育し、交配させて増やし肉や革として売ったり、乳を搾乳し牛乳や乳製品を売ったりする。\n農耕のための労働力や、牛脂、丈夫な革、糞は肥料や燃料にと利用の幅が広いが、暑さに弱く、乾燥地帯では増やすことが難しい。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "鶏",
"description": "主に卵を取るためと、肉を取るために育てられる。\n卵や肉を販売するためだけではなく、自宅で食べるための卵や肉を手に入れるために数羽で飼育されることも多い。\n一部鑑賞・ペット用、また羽や革を取るために飼育・販売されるところもある。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},

{ "title": "羊",
"description": "主に羊毛や羊肉、革を目当てに飼育する。\n乳は搾乳量が少なく、寿命も10年前後のため、短期的に肉を目的とした家畜として飼うことが多い。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "山羊",
"description": "毛・乳・山羊肉、革を利用する。\n繁殖力も強く粗食や乾燥した環境にもよく耐えるが反面、硬い葉、木の芽や皮まで食べることで植物を絶やしてしまう原因ともなるので増やし過ぎには注意する。",
"part_type": "part",
"localID": 13
},

{ "title": "ミツバチ",
"description": "ミツバチを育て、花粉を受粉させ、農作物を確実にとるための方法と蜂が生み出す蜜を取るための採蜜がある。",
"part_type": "part",
"localID": 14
},

{ "title": "ラクダ",
"description": "ナニワ,食糧,生産,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ヒトコブラクダについて",
"description": "砂漠や半砂漠地帯などに生息する、四つ足の家畜化された哺乳類の動物。草食で反芻する。\n身体の血液中に水分を蓄えることができ、体温調節などをして、しばらくなら飲食せずとも動くことができる。\n砂地での移動や荷物の運搬、騎乗、酪農、食用などで大変役に立つ使役動物であり「砂漠の舟」と呼ばれることもある。\n乾燥地帯に適応しており、湿潤環境では病気にかかりやすくなることもある。",
"part_type": "part",
"localID": 16
},

{ "title": "背中にコブのある見た目",
"description": "体長は3m、体重300〜600kg前後、長い首と背に盛り上がった一つのコブを持ち、茶色〜黒、白などの体毛をしている。\n砂地を歩くのに適した形状の足と蹄をしている。また砂を防ぐため、まつ毛が長く、鼻の穴を塞ぐことができる。\n個体にもよるが、どことなくのんびりとした顔つきをしている。",
"part_type": "part",
"localID": 17
},

{ "title": "生態と寿命",
"description": "雄1頭と複数の雌、その子たちの2〜20頭の家族単位の群れで生活や飼育することが多い。\n妊娠期間は15ヶ月程で1〜2頭の子を産む。\n授乳期間も約13ヶ月程と長く乳量も一日5L以上、抗菌作用もあり腐りにくいため乳が大変有用な食料となっている。\n繁殖が遅く増やすのは難しいが、寿命も30〜50年程度あるため、家畜の中でも貯蓄型の資産として扱われることが多い。",
"part_type": "part",
"localID": 18
},

{ "title": "人や荷物を運んで移動する",
"description": "100Kg程までの荷物であれば、日に30kmくらいは運ぶことができると云う。\n人を乗せたまま長時間移動したり、歩きで時速13km〜、走れば時速40〜60km程度のスピードが出せるようだ。\nただし乗り心地は大きく左右に揺れるため、ある程度の慣れが必要だろう。",
"part_type": "part",
"localID": 19
},

{ "title": "ラクダの乳の利用",
"description": "脂肪分が少なめのため味は薄いが栄養は豊富で、抗菌作用のため比較的腐敗しにくい。\nそのまま飲むほか、発酵させてヨーグルトやチーズ、バターなどに加工したり、料理や菓子に使ったりと用途は広い。\nラクダの肉も食用にはなるが、餌がある限りは群れを維持し乳を利用するのが一般的だ。\n糞は乾燥させると焚き火などの燃料にもなる。",
"part_type": "part",
"localID": 20
},

{ "title": "乗用として",
"description": "訓練により鞍を付けることに慣れたラクダは、砂漠での移動や輸送キャラバンにも使われる。\nその中でも足が速い個体は、軍などで騎兵用の騎乗ラクダとして特に訓練されることもある。\n砂漠地帯でも砂丘を越えられ、長時間移動でき、水場を覚えているため、車両よりも便利な場合があるのだ。",
"part_type": "part",
"localID": 21
}
],
"localID": 15,
"expanded": true
}
],
"localID": 9,
"expanded": true,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
}
]


  [No.2497] ナニワの漁業 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/19(Sun) 11:52:48

漁業もできました。 こちらで如何でしょうか。
農業ちょっと手直ししてナニワ共済に1こにしないとね。


*部品構造

-大部品: ナニワの漁業 RD:12 評価値:6
--大部品: 漁業の歴史 RD:2 評価値:2
---部品: 漁業の始まり
---部品: 漁船の進化
--大部品: 漁業の種類 RD:3 評価値:3
---部品: 沖合と沿岸
---部品: 内水面
---部品: 養殖と海における栽培
--大部品: 漁法 RD:2 評価値:2
---部品: 釣って捕る
---部品: 網を使う漁
--大部品: 漁についての問題の防止 RD:5 評価値:4
---部品: 乱獲の防止
---部品: 密漁防止
---部品: 外来種防止
---部品: 協同組合への参入
---部品: 連絡手段



*部品定義

**部品: 漁業の始まり
海からは新鮮な魚や貝、海草が手に入った。海の近くに住む人々はそれらを集めて料理して食べ、もしくは売り、日々の暮らしとしていた。
手づかみから、木の棒に針を付けたり、鉄の矢じりを付けたりしたり、集団で浜で網を持って牽いたりした。
また、船などで海に出る者も現れた。

**部品: 漁船の進化
石油やガソリン等が精製され、船舶もまたエンジン等が付き始めると、より沖合に出ることができた。
自分たちが食べる分だけではなく、商売にできる程にとる事が出来るようになった。

**部品: 沖合と沿岸
国の沖合で取る漁は、底引き網漁や一本釣り等多種多様な漁を行う。場所によっては魚だけでなく、イカやタコ、カニ等の漁も行っている。
沿岸で行う漁は沖合に比べ小規模で行われ、漁船もまたエンジンがついてない無動力船等で行う漁が多く、漁師も家族で行う事もある。

**部品: 内水面
川や沼、池など淡水における漁の事を内水面と呼ぶ。
ウナギや鮭、淡水に棲むカニ等を取る。主に釣り竿や投網での漁や罠をしかけての漁が多い。


**部品: 養殖と海における栽培
養殖は、育てた魚や貝を食品として行う漁業のこと。海水や淡水関わらずに養殖を行う。ただ取るだけでなく環境保全の意味も含めて行う事もある。
稚魚や稚貝を人工的に孵化させ、ある程度まで水槽や生け簀等で育てた後、海や川などに放流を行い増やそうとする漁のことは、栽培とも云う。
また食べるためではなく、真珠や金魚等、観賞用の魚や水生生物を養殖や保護などを行って育てる事もある。

**部品: 釣って捕る
釣り針にエサを付け、釣り糸を垂らし魚を釣り上げる方法。
始めは釣り針も骨などで作られていたが、ルアー等が作られ、魚にあった糸や針、エサも分別化された。

**部品: 網を使う漁
投げ網を行ったり、船が魚の群れを囲むように網を投じて捕まえる漁の事。大量の魚を捕まえる事ができ、時々目的にしていない魚も釣り上げる事がある。
捕る魚の種類や生態により、1本の幹縄に多数の枝縄をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけ漁を行う「はえ縄漁」も行われることがある。

**部品: 乱獲の防止
あまりにも取りすぎると種そのものの絶滅に繋がる恐れがあるため、漁の取れ高を制限したり、また漁の季節を決めたり、稚魚は取らないようにと規制が決められている。

**部品: 密漁防止
価値が高いものなどに関しては密漁が行われるケースもあるので漁を許可制にしたり、誤って入って漁を行わない様に行政や協同組合が管理や指導等を行っている。

**部品: 外来種防止
外の種が入る事により、弱い種が食べられて絶滅に繋がる恐れもあるので、外来種を放したり、飼う事等を禁止、管理や対策などを行っている。

**部品: 協同組合への参入
漁業を行うにあたり、ナニワの生産者救済協同組合の正組合員となることが推奨されている。
乱獲や外来種の繁殖を防ぐための指導や制限なども守らねばならないが、消耗品や燃料の共同購入、道具の貸出や共用、養殖する手順の勉強会など利点も多い。

**部品: 連絡手段
船同士が連絡を取る際、無線やライトを信号代わりにし、連携を行って合わせて漁を行う事もある。
特に網等やそれぞれの場所を通達する際に連絡する。  



*提出書式

大部品: ナニワの漁業 RD:12 評価値:6
-大部品: 漁業の歴史 RD:2 評価値:2
--部品: 漁業の始まり
--部品: 漁船の進化
-大部品: 漁業の種類 RD:3 評価値:3
--部品: 沖合と沿岸
--部品: 内水面
--部品: 養殖と海における栽培
-大部品: 漁法 RD:2 評価値:2
--部品: 釣って捕る
--部品: 網を使う漁
-大部品: 漁についての問題の防止 RD:5 評価値:4
--部品: 乱獲の防止
--部品: 密漁防止
--部品: 外来種防止
--部品: 協同組合への参入
--部品: 連絡手段


部品: 漁業の始まり
海からは新鮮な魚や貝、海草が手に入った。海の近くに住む人々はそれらを集めて料理して食べ、もしくは売り、日々の暮らしとしていた。
手づかみから、木の棒に針を付けたり、鉄の矢じりを付けたりしたり、集団で浜で網を持って牽いたりした。
また、船などで海に出る者も現れた。

部品: 漁船の進化
石油やガソリン等が精製され、船舶もまたエンジン等が付き始めると、より沖合に出ることができた。
自分たちが食べる分だけではなく、商売にできる程にとる事が出来るようになった。

部品: 沖合と沿岸
国の沖合で取る漁は、底引き網漁や一本釣り等多種多様な漁を行う。場所によっては魚だけでなく、イカやタコ、カニ等の漁も行っている。
沿岸で行う漁は沖合に比べ小規模で行われ、漁船もまたエンジンがついてない無動力船等で行う漁が多く、漁師も家族で行う事もある。

部品: 内水面
川や沼、池など淡水における漁の事を内水面と呼ぶ。
ウナギや鮭、淡水に棲むカニ等を取る。主に釣り竿や投網での漁や罠をしかけての漁が多い。


部品: 養殖と海における栽培
養殖は、育てた魚や貝を食品として行う漁業のこと。海水や淡水関わらずに養殖を行う。ただ取るだけでなく環境保全の意味も含めて行う事もある。
稚魚や稚貝を人工的に孵化させ、ある程度まで水槽や生け簀等で育てた後、海や川などに放流を行い増やそうとする漁のことは、栽培とも云う。
また食べるためではなく、真珠や金魚等、観賞用の魚や水生生物を養殖や保護などを行って育てる事もある。

部品: 釣って捕る
釣り針にエサを付け、釣り糸を垂らし魚を釣り上げる方法。
始めは釣り針も骨などで作られていたが、ルアー等が作られ、魚にあった糸や針、エサも分別化された。

部品: 網を使う漁
投げ網を行ったり、船が魚の群れを囲むように網を投じて捕まえる漁の事。大量の魚を捕まえる事ができ、時々目的にしていない魚も釣り上げる事がある。
捕る魚の種類や生態により、1本の幹縄に多数の枝縄をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけ漁を行う「はえ縄漁」も行われることがある。

部品: 乱獲の防止
あまりにも取りすぎると種そのものの絶滅に繋がる恐れがあるため、漁の取れ高を制限したり、また漁の季節を決めたり、稚魚は取らないようにと規制が決められている。

部品: 密漁防止
価値が高いものなどに関しては密漁が行われるケースもあるので漁を許可制にしたり、誤って入って漁を行わない様に行政や協同組合が管理や指導等を行っている。

部品: 外来種防止
外の種が入る事により、弱い種が食べられて絶滅に繋がる恐れもあるので、外来種を放したり、飼う事等を禁止、管理や対策などを行っている。

部品: 協同組合への参入
漁業を行うにあたり、ナニワの生産者救済協同組合の正組合員となることが推奨されている。
乱獲や外来種の繁殖を防ぐための指導や制限なども守らねばならないが、消耗品や燃料の共同購入、道具の貸出や共用、養殖する手順の勉強会など利点も多い。

部品: 連絡手段
船同士が連絡を取る際、無線やライトを信号代わりにし、連携を行って合わせて漁を行う事もある。
特に網等やそれぞれの場所を通達する際に連絡する。  




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワの漁業",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "漁業の歴史",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "漁業の始まり",
"description": "海からは新鮮な魚や貝、海草が手に入った。海の近くに住む人々はそれらを集めて料理して食べ、もしくは売り、日々の暮らしとしていた。\n手づかみから、木の棒に針を付けたり、鉄の矢じりを付けたりしたり、集団で浜で網を持って牽いたりした。\nまた、船などで海に出る者も現れた。",
"part_type": "part",
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "漁船の進化",
"description": "石油やガソリン等が精製され、船舶もまたエンジン等が付き始めると、より沖合に出ることができた。\n自分たちが食べる分だけではなく、商売にできる程にとる事が出来るようになった。",
"part_type": "part",
"localID": 3,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 1,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
},

{ "title": "漁業の種類",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "沖合と沿岸",
"description": "国の沖合で取る漁は、底引き網漁や一本釣り等多種多様な漁を行う。場所によっては魚だけでなく、イカやタコ、カニ等の漁も行っている。\n沿岸で行う漁は沖合に比べ小規模で行われ、漁船もまたエンジンがついてない無動力船等で行う漁が多く、漁師も家族で行う事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 5,
"expanded": true
},

{ "title": "内水面",
"description": "川や沼、池など淡水における漁の事を内水面と呼ぶ。\nウナギや鮭、淡水に棲むカニ等を取る。主に釣り竿や投網での漁や罠をしかけての漁が多い。\n",
"part_type": "part",
"localID": 6,
"expanded": true
},

{ "title": "養殖と海における栽培",
"description": "養殖は、育てた魚や貝を食品として行う漁業のこと。海水や淡水関わらずに養殖を行う。ただ取るだけでなく環境保全の意味も含めて行う事もある。\n稚魚や稚貝を人工的に孵化させ、ある程度まで水槽や生け簀等で育てた後、海や川などに放流を行い増やそうとする漁のことは、栽培とも云う。 \nまた食べるためではなく、真珠や金魚等、観賞用の魚や水生生物を養殖や保護などを行って育てる事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 7,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 4,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
},

{ "title": "漁法",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "釣って捕る",
"description": "釣り針にエサを付け、釣り糸を垂らし魚を釣り上げる方法。\n始めは釣り針も骨などで作られていたが、ルアー等が作られ、魚にあった糸や針、エサも分別化された。",
"part_type": "part",
"localID": 9,
"expanded": true
},

{ "title": "網を使う漁",
"description": "投げ網を行ったり、船が魚の群れを囲むように網を投じて捕まえる漁の事。大量の魚を捕まえる事ができ、時々目的にしていない魚も釣り上げる事がある。\n捕る魚の種類や生態により、1本の幹縄に多数の枝縄をつけ、枝縄の先端に釣り針をつけ漁を行う「はえ縄漁」も行われることがある。",
"part_type": "part",
"localID": 10,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 8,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
},

{ "title": "漁についての問題の防止",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "乱獲の防止",
"description": "あまりにも取りすぎると種そのものの絶滅に繋がる恐れがあるため、漁の取れ高を制限したり、また漁の季節を決めたり、稚魚は取らないようにと規制が決められている。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "密漁防止",
"description": "価値が高いものなどに関しては密漁が行われるケースもあるので漁を許可制にしたり、誤って入って漁を行わない様に行政や協同組合が管理や指導等を行っている。",
"part_type": "part",
"localID": 13,
"expanded": true
},

{ "title": "外来種防止",
"description": "外の種が入る事により、弱い種が食べられて絶滅に繋がる恐れもあるので、外来種を放したり、飼う事等を禁止、管理や対策などを行っている。",
"part_type": "part",
"localID": 14,
"expanded": true
},

{ "title": "協同組合への参入",
"description": "漁業を行うにあたり、ナニワの生産者救済協同組合の正組合員となることが推奨されている。\n乱獲や外来種の繁殖を防ぐための指導や制限なども守らねばならないが、消耗品や燃料の共同購入、道具の貸出や共用、養殖する手順の勉強会など利点も多い。",
"part_type": "part",
"localID": 15
},

{ "title": "連絡手段",
"description": "船同士が連絡を取る際、無線やライトを信号代わりにし、連携を行って合わせて漁を行う事もある。\n特に網等やそれぞれの場所を通達する際に連絡する。  ",
"part_type": "part",
"localID": 16,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 11,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ,食糧,生産,"
}
]


  [No.2285] 燃料生産地(ガス)たたき台 投稿者:オグナ  投稿日:2017/09/28(Thu) 18:26:41

ざっとではありますが、ガスのを作ってみました。また、これに色々足してみてくださーい。

燃料生産地(ガス)
天然ガス:各炭素化合物や窒素、メタン他ヘリウム等が混ざっているもの。揮発性が高く常温では急速に蒸発しやすく、大気中に拡散しやすい。

採ガス井:天然ガス等を掘る井戸。圧力での爆発を防ぐため、他の燃料に比べ耐圧が高く設定されている。これは、天然ガスの存在する地層が油田に比べて深く、また、液体と気体では地下の高圧力環境から地上にまで持ち上げられた時の圧力が大きく異なるためでもある。
生産工程
 分離:採ガス井で地表へと取り出されたものにはガス・油・水などが混ざっているため分離機で分離を行いガスと原油に分離し、さらにもう一度別の分離機にかけ油分を分離する。分離したものは化学原料や環境汚染分を除いて地下に圧入する。

 脱湿処理:ガスに薬品を接触させ、残った湿気分を取り除き、さらに純度を増す。残った湿度は環境汚染分するものを除き廃棄するようにする。

 不純物除去:水素や硫黄、水銀等の不純物を除去する。それぞれ、アミン溶液や活性炭等を使い、化学反応を起こし除去を行う。ここによって配管が詰まったり、腐食する事が起こるので念入りに除去を行い、公害等を起こさないようにもする。ヘリウムガスはこの時に取り除き、別の場所へと送る。

 冷凍:流通させる場合には-162℃以下に冷却して液化してから製品として出荷する。パイプラインによる出荷では、気体のままで製品とされる。

地下貯蔵:地上で大量に貯蔵するには極低温状態とする他にはあまり良い方法が無く、施設や冷却の維持などにコストがかかる。このため、一度地上に取り出した天然ガスを別の地下ガス層へと再び圧入する事で地下に貯蔵する方法を採用している。地下貯蔵に使用されるガス層にはその上部がキャップロックと呼ばれる浸透性の無い緻密な地層で覆われていなければならない。冬季の需要期に備えて、夏季に貯蔵しておいたり、パイプラインの事故に備えるなどがその目的である。

液化天然ガス
 主体:主成分であるメタンの他にもエタン、プロパン、ブタンなどのガスが含まれているが、液化の過程でこれらのガスも同時に液化されるために、元となる天然ガスの産地によってこれら炭化水素の構成比に違いがある。液化の初期段階過程では、水和物を作ってパイプを閉塞させる炭酸ガスや、プラントを腐蝕する硫黄酸化物などの不純物が除去されるため、人体にとって無害となる。

 液化:液化の際は気体のものを冷凍化させ、さらに各ガスや窒素などとの化学反応を冷媒に分離させるようにしている。その上で、液化プラントに送る。

 施設:一般的なガス田の液化施設は、多くの生産地に近接した場所に設置されるが、海上ガス田の場合には浮体構造の洋上液化設備や積み出し用保管設備等が設置される場合がある。


  [No.2286] 【作成お願い】 ホープ 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/09/28(Thu) 23:19:17

設定国民さん用の パイロット職です。評価値5〜6くらいが良さそうかな?(あまり高いと、暴動が起こった際に困るので)

作業してくださる方は、こちらの記事に返信お願いしますー

資料:
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/94.html
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/101.html
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/102.html

入れて欲しい設定:
パイロット、コパイ、オペレートができる。男性用の職業。

入れて可かどうか、相談が必要そうな設定:
「エステル、スイトピー、エノラを守る場合、強化新型ホープの戦闘力は評価+3される。 」


  [No.2310] ホープ。 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/03(Tue) 22:26:36

ホープ仮づくりしてみました。確認お願いします。

*部品構造

-大部品: ホープ RD:9 評価値:5
--部品: 名前の由来
--大部品: ホープ概要 RD:6 評価値:4
---部品: エースパイロット
---部品: 諦めぬ心
---部品: 心身
---部品: コパイロットの相性
---部品: 軍服
---部品: ホープのプライベート
--部品: 乗艦の技術
--部品: 男の仕事



*部品定義

**部品: 名前の由来
どこからか響きがいいとか、そういったもの、或いは昔より希望を呼ぶもの。絶望の天敵とも言われている。それからこの名前がついたという。

**部品: エースパイロット
ただのパイロットの上をいくエースパイロット。それはそれぞれの特性・才能を努力で磨き上げ、さらに自分の適性をつかみ取り、自分が出来る事をつかみ取った者達である。

**部品: 諦めぬ心
必要なのはただ、諦めぬ心、絶望に一点の穴を開け、やらねばならぬという強き意思。この空を、人の心を覆うほの暗いなにもかもを叩き潰すその為に戦う覚悟である。

**部品: 心身
健康たる心身と共に、作戦を自分で理解し、自分の能力を最大限に生かして戦い、また、他の戦友たちには自分なりのやり方で激励を行い、奮闘させる。

**部品: コパイロットの相性
ホープは猫士とのやり取りが多い。それはコパイである猫士とのやりとりが何を機動する際も必要であり、そのシンクロの際にも心通わす優しき心持つ者である。

**部品: 軍服
昔より伝わる青の服。特に華美なものは無く、略帽とイエロージャンパー、スラックス、襟に少々の勲章があるだけである。

**部品: ホープのプライベート
ホープであるという事を持っていれば特に締めは無いが、人に尊敬されるものとなれと人間教育もされ、それに見合った服装と食事、住まいがある。もっとも、人間なんだから憂さ晴らしに飲みに行ったりする事もあり、恋人や猫と遊ぶ事もある。

**部品: 乗艦の技術
戦闘機や偵察に使うもの、戦艦までも含め、操艦の技術に使われるので、製作の際にテストパイロットとしても仕事がある。

**部品: 男の仕事
ホープに選ばれたものは全て男性である。これは西国人の女性中心の家系がそれとも言われているし、また、女性は子供を作り母となるため男が守らねばならぬというプライドのようなものから選ばれているとも言われている。



*提出書式

大部品: ホープ RD:9 評価値:5
-部品: 名前の由来
-大部品: ホープ概要 RD:6 評価値:4
--部品: エースパイロット
--部品: 諦めぬ心
--部品: 心身
--部品: コパイロットの相性
--部品: 軍服
--部品: ホープのプライベート
-部品: 乗艦の技術
-部品: 男の仕事


部品: 名前の由来
どこからか響きがいいとか、そういったもの、或いは昔より希望を呼ぶもの。絶望の天敵とも言われている。それからこの名前がついたという。

部品: エースパイロット
ただのパイロットの上をいくエースパイロット。それはそれぞれの特性・才能を努力で磨き上げ、さらに自分の適性をつかみ取り、自分が出来る事をつかみ取った者達である。

部品: 諦めぬ心
必要なのはただ、諦めぬ心、絶望に一点の穴を開け、やらねばならぬという強き意思。この空を、人の心を覆うほの暗いなにもかもを叩き潰すその為に戦う覚悟である。

部品: 心身
健康たる心身と共に、作戦を自分で理解し、自分の能力を最大限に生かして戦い、また、他の戦友たちには自分なりのやり方で激励を行い、奮闘させる。

部品: コパイロットの相性
ホープは猫士とのやり取りが多い。それはコパイである猫士とのやりとりが何を機動する際も必要であり、そのシンクロの際にも心通わす優しき心持つ者である。

部品: 軍服
昔より伝わる青の服。特に華美なものは無く、略帽とイエロージャンパー、スラックス、襟に少々の勲章があるだけである。

部品: ホープのプライベート
ホープであるという事を持っていれば特に締めは無いが、人に尊敬されるものとなれと人間教育もされ、それに見合った服装と食事、住まいがある。もっとも、人間なんだから憂さ晴らしに飲みに行ったりする事もあり、恋人や猫と遊ぶ事もある。

部品: 乗艦の技術
戦闘機や偵察に使うもの、戦艦までも含め、操艦の技術に使われるので、製作の際にテストパイロットとしても仕事がある。

部品: 男の仕事
ホープに選ばれたものは全て男性である。これは西国人の女性中心の家系がそれとも言われているし、また、女性は子供を作り母となるため男が守らねばならぬというプライドのようなものから選ばれているとも言われている。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ホープ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "名前の由来",
"description": "どこからか響きがいいとか、そういったもの、或いは昔より希望を呼ぶもの。絶望の天敵とも言われている。それからこの名前がついたという。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "ホープ概要",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "エースパイロット",
"description": "ただのパイロットの上をいくエースパイロット。それはそれぞれの特性・才能を努力で磨き上げ、さらに自分の適性をつかみ取り、自分が出来る事をつかみ取った者達である。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "諦めぬ心",
"description": "必要なのはただ、諦めぬ心、絶望に一点の穴を開け、やらねばならぬという強き意思。この空を、人の心を覆うほの暗いなにもかもを叩き潰すその為に戦う覚悟である。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "心身",
"description": "健康たる心身と共に、作戦を自分で理解し、自分の能力を最大限に生かして戦い、また、他の戦友たちには自分なりのやり方で激励を行い、奮闘させる。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "コパイロットの相性",
"description": "ホープは猫士とのやり取りが多い。それはコパイである猫士とのやりとりが何を機動する際も必要であり、そのシンクロの際にも心通わす優しき心持つ者である。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "軍服",
"description": "昔より伝わる青の服。特に華美なものは無く、略帽とイエロージャンパー、スラックス、襟に少々の勲章があるだけである。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "ホープのプライベート",
"description": "ホープであるという事を持っていれば特に締めは無いが、人に尊敬されるものとなれと人間教育もされ、それに見合った服装と食事、住まいがある。もっとも、人間なんだから憂さ晴らしに飲みに行ったりする事もあり、恋人や猫と遊ぶ事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "乗艦の技術",
"description": "戦闘機や偵察に使うもの、戦艦までも含め、操艦の技術に使われるので、製作の際にテストパイロットとしても仕事がある。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "男の仕事",
"description": "ホープに選ばれたものは全て男性である。これは西国人の女性中心の家系がそれとも言われているし、また、女性は子供を作り母となるため男が守らねばならぬというプライドのようなものから選ばれているとも言われている。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2287] 【作成お願い】 怪獣さんのトイレ 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/09/28(Thu) 23:30:32

怪獣さん用のトイレです。 なくて困ってそう;;ごめんよー
作業してくださる方はこの記事に返信してください。

評価値少なくて大丈夫です。ナニワのあちこちに設置したいです。

資料:
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/539.html
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/633.html


怪獣さんのフンは、(たぶん清掃業者が)集めて家の壁の建材になったり、肥料にしたりしてます。
こちら設定に入れてくださると助かります。


  [No.2290] 怪獣さんのトイレ作成。 投稿者:オグナ  投稿日:2017/09/29(Fri) 18:19:39

怪獣さんのトイレ作ってみましたので確認お願いします。

*部品構造

-大部品: 怪獣さんトイレ RD:9 評価値:5
--部品: トイレ問題
--大部品: 設置 RD:4 評価値:3
---部品: 広さ
---部品: 直下式
---部品: 便槽
---部品: 衛生面、清掃など
--大部品: 糞尿の利用 RD:4 評価値:3
---部品: 回収
---部品: 発酵
---部品: 再利用
---部品: 資料



*部品定義

**部品: トイレ問題
怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。

**部品: 広さ
通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。

**部品: 直下式
そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。

**部品: 便槽
中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。

**部品: 衛生面、清掃など
蛆等を殺すために殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお臭いについては人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって殺虫・消臭・清掃がされる。

**部品: 回収
糞尿は再利用のため、国が指定の業者がバキュームカーで回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。

**部品: 発酵
回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。

**部品: 再利用
発酵した糞尿は土壁や農業の肥料として使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。

**部品: 資料
怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。



*提出書式

大部品: 怪獣さんトイレ RD:9 評価値:5
-部品: トイレ問題
-大部品: 設置 RD:4 評価値:3
--部品: 広さ
--部品: 直下式
--部品: 便槽
--部品: 衛生面、清掃など
-大部品: 糞尿の利用 RD:4 評価値:3
--部品: 回収
--部品: 発酵
--部品: 再利用
--部品: 資料


部品: トイレ問題
怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。

部品: 広さ
通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。

部品: 直下式
そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。

部品: 便槽
中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。

部品: 衛生面、清掃など
蛆等を殺すために殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお臭いについては人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって殺虫・消臭・清掃がされる。

部品: 回収
糞尿は再利用のため、国が指定の業者がバキュームカーで回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。

部品: 発酵
回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。

部品: 再利用
発酵した糞尿は土壁や農業の肥料として使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。

部品: 資料
怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "怪獣さんトイレ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "トイレ問題",
"description": "怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "設置",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "広さ",
"description": "通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "直下式",
"description": "そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "便槽",
"description": "中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "衛生面、清掃など",
"description": "蛆等を殺すために殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお臭いについては人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって殺虫・消臭・清掃がされる。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "糞尿の利用",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "回収",
"description": "糞尿は再利用のため、国が指定の業者がバキュームカーで回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "発酵",
"description": "回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "再利用",
"description": "発酵した糞尿は土壁や農業の肥料として使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "資料",
"description": "怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。",
"part_type": "part",
"localID": 11
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2300] Re: 怪獣さんのトイレ作成(Ver1.02) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 21:32:38

若干訂正したものです。

*部品構造

-大部品: 怪獣さんトイレ RD:10 評価値:5
--部品: トイレ問題
--大部品: 設置 RD:4 評価値:3
---部品: 広さ
---部品: 直下式
---部品: 便槽
---部品: 衛生面、清掃など
--大部品: 糞尿の利用 RD:4 評価値:3
---部品: 回収
---部品: 発酵
---部品: 再利用
---部品: 資料
--部品: トイレ使いカード



*部品定義

**部品: トイレ問題
怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。

**部品: 広さ
通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。

**部品: 直下式
そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。

**部品: 便槽
中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。

**部品: 衛生面、清掃など
蛆等を殺すために殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお、乾燥地域であるナニワではすぐに便は乾燥して、匂いも吹き飛ぶが念のため、人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって殺虫・消臭・清掃がされる。

**部品: 回収
糞尿は再利用のため、国が指定の業者がバキュームカーで回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。

**部品: 発酵
回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。

**部品: 再利用
発酵した糞尿は土壁や農業の肥料として使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。

**部品: 資料
怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。

**部品: トイレ使いカード
怪獣さんたちにこのトイレを気持ちよく、かつ定期的に使っていただくために、怪獣さんにカードを持たせて各自トイレを使うように指示や教育を行っている。一日一回トイレを使った怪獣さんの持つカードにスタンプをおし、たまったポイントでおやつやおしゃれが出来るものを用意させてもらう。



*提出書式

大部品: 怪獣さんトイレ RD:10 評価値:5
-部品: トイレ問題
-大部品: 設置 RD:4 評価値:3
--部品: 広さ
--部品: 直下式
--部品: 便槽
--部品: 衛生面、清掃など
-大部品: 糞尿の利用 RD:4 評価値:3
--部品: 回収
--部品: 発酵
--部品: 再利用
--部品: 資料
-部品: トイレ使いカード


部品: トイレ問題
怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。

部品: 広さ
通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。

部品: 直下式
そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。

部品: 便槽
中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。

部品: 衛生面、清掃など
蛆等を殺すために殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお、乾燥地域であるナニワではすぐに便は乾燥して、匂いも吹き飛ぶが念のため、人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって殺虫・消臭・清掃がされる。

部品: 回収
糞尿は再利用のため、国が指定の業者がバキュームカーで回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。

部品: 発酵
回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。

部品: 再利用
発酵した糞尿は土壁や農業の肥料として使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。

部品: 資料
怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。

部品: トイレ使いカード
怪獣さんたちにこのトイレを気持ちよく、かつ定期的に使っていただくために、怪獣さんにカードを持たせて各自トイレを使うように指示や教育を行っている。一日一回トイレを使った怪獣さんの持つカードにスタンプをおし、たまったポイントでおやつやおしゃれが出来るものを用意させてもらう。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "怪獣さんトイレ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "トイレ問題",
"description": "怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "設置",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "広さ",
"description": "通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "直下式",
"description": "そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "便槽",
"description": "中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "衛生面、清掃など",
"description": "蛆等を殺すために殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお、乾燥地域であるナニワではすぐに便は乾燥して、匂いも吹き飛ぶが念のため、人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって殺虫・消臭・清掃がされる。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "糞尿の利用",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "回収",
"description": "糞尿は再利用のため、国が指定の業者がバキュームカーで回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "発酵",
"description": "回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "再利用",
"description": "発酵した糞尿は土壁や農業の肥料として使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "資料",
"description": "怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。",
"part_type": "part",
"localID": 11
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
},

{ "title": "トイレ使いカード",
"description": "怪獣さんたちにこのトイレを気持ちよく、かつ定期的に使っていただくために、怪獣さんにカードを持たせて各自トイレを使うように指示や教育を行っている。一日一回トイレを使った怪獣さんの持つカードにスタンプをおし、たまったポイントでおやつやおしゃれが出来るものを用意させてもらう。",
"part_type": "part",
"localID": 12
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2337] 怪獣用トイレ 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/10/09(Mon) 03:05:23

少し手直しさせて頂きました。こんな感じで如何でしょうか?
大丈夫そうでしたら、登録お願いしたいと思います。


*部品構造

-大部品: 怪獣用トイレ RD:8 評価値:5
--部品: トイレ問題
--部品: 広さ
--部品: 衛生面、清掃など
--部品: 主な設置場所
--大部品: 糞尿の利用 RD:4 評価値:3
---部品: 回収
---部品: 再利用
---部品: 資料
---部品: スタンプカード



*部品定義

**部品: トイレ問題
怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。

**部品: 広さ
通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。

**部品: 衛生面、清掃など
便槽の中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。蛆等がわかないよう殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお、乾燥地域であるナニワではすぐに便は乾燥して、匂いも吹き飛ぶが念のため、都市部・居住区などでは人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって回収・清掃がされる。

**部品: 主な設置場所
基本的に怪獣さんが暮らす場所のそばに作られ、村の共同トイレとして設置されたり、怪獣さんを雇っている家や会社などの土地に設置されることも多い。
都市部では公共施設の近くにはたいてい設置されている。

**部品: 回収
糞尿は再利用のため、清掃事業者が回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。

**部品: 再利用
回収した糞尿は土壁の建材や燃料、農業の肥料などとして使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。発酵させて作った肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。また乾燥させた糞は手近な燃料ともなるため、地方によっては清掃事業者が回収する前に近隣の住民に持ち帰られている場合もある。

**部品: 資料
怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。

**部品: スタンプカード
怪獣さんたちにこのトイレを気持ちよく、かつ定期的に使ってもらうために、政府と清掃事業でポイントカードを配布している。トイレを使用すると怪獣さんの持つカードにスタンプをおし、ポイントが貯まれば、おやつやおしゃれ用品との交換をする。



*提出書式

大部品: 怪獣用トイレ RD:8 評価値:5
-部品: トイレ問題
-部品: 広さ
-部品: 衛生面、清掃など
-部品: 主な設置場所
-大部品: 糞尿の利用 RD:4 評価値:3
--部品: 回収
--部品: 再利用
--部品: 資料
--部品: スタンプカード


部品: トイレ問題
怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。

部品: 広さ
通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。

部品: 衛生面、清掃など
便槽の中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。蛆等がわかないよう殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお、乾燥地域であるナニワではすぐに便は乾燥して、匂いも吹き飛ぶが念のため、都市部・居住区などでは人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって回収・清掃がされる。

部品: 主な設置場所
基本的に怪獣さんが暮らす場所のそばに作られ、村の共同トイレとして設置されたり、怪獣さんを雇っている家や会社などの土地に設置されることも多い。
都市部では公共施設の近くにはたいてい設置されている。

部品: 回収
糞尿は再利用のため、清掃事業者が回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。

部品: 再利用
回収した糞尿は土壁の建材や燃料、農業の肥料などとして使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。発酵させて作った肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。また乾燥させた糞は手近な燃料ともなるため、地方によっては清掃事業者が回収する前に近隣の住民に持ち帰られている場合もある。

部品: 資料
怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。

部品: スタンプカード
怪獣さんたちにこのトイレを気持ちよく、かつ定期的に使ってもらうために、政府と清掃事業でポイントカードを配布している。トイレを使用すると怪獣さんの持つカードにスタンプをおし、ポイントが貯まれば、おやつやおしゃれ用品との交換をする。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "怪獣用トイレ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "トイレ問題",
"part_type": "part",
"description": "怪獣さんと共生する事で一つの問題があった。糞尿関係である。どこかしこですると問題が匂いや量で問題が発生するのでどこかでトイレを作ってもらう必要があった。",
"localID": 1
},

{ "title": "広さ",
"part_type": "part",
"description": "通常の人間の大きさだと足りず、かといってただ、大きな穴を掘るだけでは怪獣さんも困る。そこで、大きな穴を掘り、それにさらに二重にくりぬいた穴を掘る事により、怪獣さんが誤って入らぬように、また、糞尿が集中するように作られた。そのまま力むと出せれるようにトイレは直下式となっている。底は塩化ビニール等で工事がされており、また、後に業者が回収できるように穴があいている。",
"localID": 2,
"expanded": true
},

{ "title": "衛生面、清掃など",
"part_type": "part",
"description": "便槽の中に糞尿が入る様になっているが、便槽にはモルタルやコンクリート、底の塩化ビニール等で層を作り、腐敗などによる病原菌等が死滅するように作られている。蛆等がわかないよう殺虫剤や消臭剤がまかれるようになっている。なお、乾燥地域であるナニワではすぐに便は乾燥して、匂いも吹き飛ぶが念のため、都市部・居住区などでは人間が不快に感じないよう隔離されており、業者によって回収・清掃がされる。",
"localID": 3,
"expanded": true
},

{ "title": "主な設置場所",
"description": "基本的に怪獣さんが暮らす場所のそばに作られ、村の共同トイレとして設置されたり、怪獣さんを雇っている家や会社などの土地に設置されることも多い。\n都市部では公共施設の近くにはたいてい設置されている。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "糞尿の利用",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "回収",
"part_type": "part",
"description": "糞尿は再利用のため、清掃事業者が回収を行う。回収スケジュールは怪獣さんの生活サイクル、そして一回の回収量等も考えられ、定期的に行われる。回収された糞尿は収集場所へ回収され、衛生面に重要なチェックをした上で収集し、発酵させる。また、ここで働く人も病気等にならないよう仕事に入る際、帰り際は洗浄を行う。",
"localID": 5,
"expanded": true
},

{ "title": "再利用",
"part_type": "part",
"description": "回収した糞尿は土壁の建材や燃料、農業の肥料などとして使われる。土壁は害獣・虫よけ、強度増加。発酵させて作った肥料は各作物の栄養として効果があるとされる。また乾燥させた糞は手近な燃料ともなるため、地方によっては清掃事業者が回収する前に近隣の住民に持ち帰られている場合もある。",
"localID": 6
},

{ "title": "資料",
"part_type": "part",
"description": "怪獣さんの健康面を見るためにも糞尿は使われており、定期的に科学施設等でのチェックも行われる。その上で、地方ごとの怪獣さんの健康面なども見る。",
"localID": 7
},

{ "title": "スタンプカード",
"part_type": "part",
"description": "怪獣さんたちにこのトイレを気持ちよく、かつ定期的に使ってもらうために、政府と清掃事業でポイントカードを配布している。トイレを使用すると怪獣さんの持つカードにスタンプをおし、ポイントが貯まれば、おやつやおしゃれ用品との交換をする。",
"localID": 8
}
],
"expanded": true,
"localID": 4
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2288] 【作成願い】 ナニワ猫 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/09/28(Thu) 23:46:48

ナニワの猫士さんです。 評価値4〜6くらいか、あるいは4くらいでも良いのかなあ?

資料:
http://arktos.noor.jp/idress/neko/
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/498.html

コパイロットできると良いです。猫士専用着用アイドレスです。
王猫さまを守ります。可愛いとなお良いです。


  [No.2297] ナニワ猫。 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 18:11:44

ナニワ猫の作成をしてみました。かわいいというより凛々しい感じになってしまった感ありますがご確認くださいー。

*部品構造

-大部品: ナニワ猫 RD:8 評価値:5
--部品: ナニワ猫とは
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:1
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 職業 RD:3 評価値:2
---部品: 消防士
---部品: コパイロット
---部品: 王猫の守り
--部品: 衣食住
--部品: 猛猫魂



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方をここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。

**部品: 消防士
猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火よりも、予防や防災に役に立っている。

**部品: コパイロット
人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと政治を象徴する王猫タイガさんを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいってもタイガさんの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

**部品: 衣食住
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。



*提出書式

大部品: ナニワ猫 RD:8 評価値:5
-部品: ナニワ猫とは
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:1
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 職業 RD:3 評価値:2
--部品: 消防士
--部品: コパイロット
--部品: 王猫の守り
-部品: 衣食住
-部品: 猛猫魂


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方をここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。

部品: 消防士
猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火よりも、予防や防災に役に立っている。

部品: コパイロット
人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと政治を象徴する王猫タイガさんを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいってもタイガさんの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

部品: 衣食住
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。




*インポート用定義データ


[
{ "title": " ナニワ猫",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "猫士訓練",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方をここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。",
"part_type": "part",
"localID": 4
}
],
"localID": 2,
"expanded": false
},

{ "title": "職業",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "消防士",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火よりも、予防や防災に役に立っている。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "コパイロット",
"description": "人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと政治を象徴する王猫タイガさんを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいってもタイガさんの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 5,
"expanded": false
},

{ "title": "衣食住",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2299] Re: ナニワ猫(Ver1.01) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 21:25:58

修正版です、ご確認くださいませー。

*部品構造

-大部品: ナニワ猫 RD:8 評価値:5
--部品: ナニワ猫とは
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:1
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 主な配属先 RD:3 評価値:2
---部品: 消防士
---部品: コパイロット
---部品: 王猫の守り
--部品: 衣食住
--部品: 猛猫魂



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方をここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。

**部品: 消防士
猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火よりも、予防や防災に役に立っている。

**部品: コパイロット
人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと政治を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

**部品: 衣食住
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。



*提出書式

大部品: ナニワ猫 RD:8 評価値:5
-部品: ナニワ猫とは
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:1
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 主な配属先 RD:3 評価値:2
--部品: 消防士
--部品: コパイロット
--部品: 王猫の守り
-部品: 衣食住
-部品: 猛猫魂


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方をここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。

部品: 消防士
猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火よりも、予防や防災に役に立っている。

部品: コパイロット
人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと政治を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

部品: 衣食住
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。




*インポート用定義データ


[
{ "title": " ナニワ猫",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。",
"part_type": "part",
"localID": 1},


{ "title": "猫士訓練",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方をここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"localID": 3},


{ "title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。",
"part_type": "part",
"localID": 4}
],

"localID": 2,
"expanded": false},


{ "title": "主な配属先",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "消防士",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火よりも、予防や防災に役に立っている。",
"part_type": "part",
"localID": 6},


{ "title": "コパイロット",
"description": "人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 7},


{ "title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと政治を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。",
"part_type": "part",
"localID": 8}
],

"localID": 5,
"expanded": false},


{ "title": "衣食住",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。",
"part_type": "part",
"localID": 9},


{ "title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。",
"part_type": "part",
"localID": 10}
],

"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""}
]


  [No.2341] ナニワ猫 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/10/09(Mon) 17:51:08

作成と修正ありがとうございます!
少し可能行為増やして、着用制限付けてみました。(これで猫妖精着せなくても、ナニワ猫+職業で 行け・・るかな??)
どうでしょうか。   問題なければ、オグナさん登録お願いしますー



*部品構造

-大部品: ナニワ猫 RD:10 評価値:5
--部品: ナニワ猫とは
--部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:1
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 主な可能行為と配属先 RD:4 評価値:3
---部品: コパイロットとオペレート
---部品: 白兵戦闘
---部品: 消防士の適正
---部品: 王猫の守り
--部品: 衣食住とプライベート
--部品: 猛猫魂



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワアームズの民の友として同じ道を歩んできた。

**部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。

**部品: コパイロットとオペレート
人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。
また機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。

**部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

**部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火はもちろん、予防や防災にはさらに役に立っている。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと政治を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

**部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。



*提出書式

大部品: ナニワ猫 RD:10 評価値:5
-部品: ナニワ猫とは
-部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:1
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 主な可能行為と配属先 RD:4 評価値:3
--部品: コパイロットとオペレート
--部品: 白兵戦闘
--部品: 消防士の適正
--部品: 王猫の守り
-部品: 衣食住とプライベート
-部品: 猛猫魂


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワアームズの民の友として同じ道を歩んできた。

部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。

部品: コパイロットとオペレート
人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。
また機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。

部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火はもちろん、予防や防災にはさらに役に立っている。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと政治を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワ猫",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。人の友たる猫にさらに二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士がさらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったもの。\n虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワアームズの民の友として同じ道を歩んできた。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "ナニワ猫の着用制限と特徴",
"description": "このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。\nまたナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "猫士訓練",
"description": "ナニワ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫は猫士の中でもさらに選ばれた猫である。生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。",
"part_type": "part",
"localID": 5
}
],
"localID": 3,
"expanded": true
},

{ "title": "主な可能行為と配属先",
"description": "ナニワ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "コパイロットとオペレート",
"description": "人とのシンクロ、さらに危険予知能力等が生かされ、パイロットの手助けを行う。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。\nまた機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "白兵戦闘",
"description": "しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。\n元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "消防士の適正",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、火災発生の避難及び、予防策を提案する事ができる。消火はもちろん、予防や防災にはさらに役に立っている。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと政治を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"localID": 6,
"expanded": true
},

{ "title": "衣食住とプライベート",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。\n勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},

{ "title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って教える事なく脈々と受け継がれたもの。",
"part_type": "part",
"localID": 12
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ"
}
]


  [No.2541] ナニワ猫(T22改訂) 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/11/30(Thu) 16:36:40

ナニワ猫(改)です。 こんな感じで如何でしょうか? 使えますかね?
設定に入っていなかった、要点の「にやり」を加えてみました・・が、もっと良さそうかな入れ方あったら案ください!



*部品構造

-大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
--部品: ナニワ猫とは
--部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
---大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
----部品: コ・パイロットができる
---大部品: オペレート RD:1 評価値:1
----部品: オペレートができる
---大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
----部品: 白兵戦闘
----部品: 王猫の守り
---大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
----部品: 消防士の適正
--大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
---部品: 衣食住とプライベート
---部品: 猛猫魂
---部品: にやり?



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

**部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫を名乗れるのは猫士の中でもさらに選ばれた猫である。
生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

**部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。


**部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

**部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

**部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは苦手なので、車両や機器、人との連携が重要である。

**部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。

**部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。



*提出書式

大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
-部品: ナニワ猫とは
-部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
--大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
---部品: コ・パイロットができる
--大部品: オペレート RD:1 評価値:1
---部品: オペレートができる
--大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
---部品: 白兵戦闘
---部品: 王猫の守り
--大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
---部品: 消防士の適正
-大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
--部品: 衣食住とプライベート
--部品: 猛猫魂
--部品: にやり?


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫を名乗れるのは猫士の中でもさらに選ばれた猫である。
生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。


部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。

部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは苦手なので、車両や機器、人との連携が重要である。

部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。

部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 119691,
"title": "ナニワ猫(T22改訂)",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.709841",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.709841",
"children":
[
{ "id": 119678,
"title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。\n人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくようになったすごい猫。\n虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.711842",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.711842",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 1
},

{ "id": 119679,
"title": "ナニワ猫の着用制限と特徴",
"description": "このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。\nまたナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.746382",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.746382",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 2
},

{ "id": 119682,
"title": "猫士訓練",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.784781",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.784781",
"children":
[
{ "id": 119680,
"title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。\n色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.758315",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.758315",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 4
},

{ "id": 119681,
"title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫を名乗れるのは猫士の中でもさらに選ばれた猫である。\n生まれではなく、己の特性、技術、才能、鍛錬を重ね、猫でありながら猫を超えたものがこれになると言われている。\nほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.767883",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.767883",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 5
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": false,
"localID": 3
},

{ "id": 119688,
"title": "主な可能行為と配属先",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.324767",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.324767",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロット",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロットができる",
"description": "パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。\n火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。\n",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
},

{ "title": "オペレート",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119684,
"title": "オペレートができる",
"description": "機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。\n時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.262177",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.262177",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 10,
"expanded": true
}
],
"localID": 9,
"expanded": true
},

{ "title": "白兵戦",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119685,
"title": "白兵戦闘",
"description": "しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。\n元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.27033",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.27033",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 12
},

{ "id": 119687,
"title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまを守るのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。\nが、緊急時にはさっと規律正しく動くようになっている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.296363",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.296363",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 13
}
],
"localID": 11,
"expanded": true
},

{ "title": "消防士として",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "消防士の適正",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。\n消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。\nしかし、大きなものや重いものを運んだりするのは苦手なので、車両や機器、人との連携が重要である。",
"part_type": "part",
"localID": 15
}
],
"localID": 14,
"expanded": true
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 6
},

{ "title": "ナニワ猫の日常",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119689,
"title": "衣食住とプライベート",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。\n住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。\n勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.673268",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.673268",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 17
},

{ "id": 119690,
"title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。\n魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.685539",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.685539",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 18
},

{ "title": "にやり?",
"description": "ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。\nどうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。\n何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。",
"part_type": "part",
"localID": 19
}
],
"localID": 16,
"expanded": true
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2544] (修1)ナニワ猫(T22改訂) 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/01(Fri) 23:59:25

少数精鋭の説明が ちょっと路線が変わってしまいました。


*部品構造

-大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
--部品: ナニワ猫とは
--部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
---大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
----部品: コ・パイロットができる
---大部品: オペレート RD:1 評価値:1
----部品: オペレートができる
---大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
----部品: 白兵戦闘
----部品: 王猫の守り
---大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
----部品: 消防士の適正
--大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
---部品: 衣食住とプライベート
---部品: 猛猫魂
---部品: にやり?



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくように頑張ってるすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

**部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。
だが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

**部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。


**部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

**部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。

**部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。

**部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。

**部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。



*提出書式

大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
-部品: ナニワ猫とは
-部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
--大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
---部品: コ・パイロットができる
--大部品: オペレート RD:1 評価値:1
---部品: オペレートができる
--大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
---部品: 白兵戦闘
---部品: 王猫の守り
--大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
---部品: 消防士の適正
-大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
--部品: 衣食住とプライベート
--部品: 猛猫魂
--部品: にやり?


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくように頑張ってるすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。
だが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。


部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。

部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。

部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。

部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 119691,
"title": "ナニワ猫(T22改訂)",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.709841",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.709841",
"children":
[
{ "id": 119678,
"title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。\n人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上をいくように頑張ってるすごい猫。\n虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.711842",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.711842",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 1
},

{ "id": 119679,
"title": "ナニワ猫の着用制限と特徴",
"description": "このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。おおよそ30年ほどの寿命を持ち、世代交代する。\nまたナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.746382",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.746382",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 2
},

{ "id": 119682,
"title": "猫士訓練",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.784781",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.784781",
"children":
[
{ "id": 119680,
"title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。\n色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.758315",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.758315",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 4
},

{ "id": 119681,
"title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。\nだが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。\nほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.767883",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.767883",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 5
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 3
},

{ "id": 119688,
"title": "主な可能行為と配属先",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.324767",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.324767",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロット",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロットができる",
"description": "パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。\n火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。\n",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
},

{ "title": "オペレート",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119684,
"title": "オペレートができる",
"description": "機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。\n時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.262177",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.262177",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 10,
"expanded": true
}
],
"localID": 9,
"expanded": true
},

{ "title": "白兵戦",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119685,
"title": "白兵戦闘",
"description": "しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。\n元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.27033",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.27033",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 12
},

{ "id": 119687,
"title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。\nが、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.296363",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.296363",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 13
}
],
"localID": 11,
"expanded": true
},

{ "title": "消防士として",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "消防士の適正",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。\n消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。\nしかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。",
"part_type": "part",
"localID": 15
}
],
"localID": 14,
"expanded": true
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 6
},

{ "title": "ナニワ猫の日常",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119689,
"title": "衣食住とプライベート",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。\n住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。\n勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.673268",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.673268",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 17
},

{ "id": 119690,
"title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。\n魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.685539",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.685539",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 18
},

{ "title": "にやり?",
"description": "ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。\nどうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。\n何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。",
"part_type": "part",
"localID": 19
}
],
"localID": 16,
"expanded": true
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2545] (修2)ナニワ猫(T22改訂) 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/02(Sat) 00:10:47


*部品構造

-大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
--部品: ナニワ猫とは
--部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
---大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
----部品: コ・パイロットができる
---大部品: オペレート RD:1 評価値:1
----部品: オペレートができる
---大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
----部品: 白兵戦闘
----部品: 王猫の守り
---大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
----部品: 消防士の適正
--大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
---部品: 衣食住とプライベート
---部品: 猛猫魂
---部品: にやり?



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上を目指して頑張ってるすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

**部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。
ナニワ猫の寿命はおおよそ30年ほどで、その中で親から子へ世代交代する。 
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。
だが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

**部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。


**部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

**部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。

**部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。

**部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。

**部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。



*提出書式

大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
-部品: ナニワ猫とは
-部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
--大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
---部品: コ・パイロットができる
--大部品: オペレート RD:1 評価値:1
---部品: オペレートができる
--大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
---部品: 白兵戦闘
---部品: 王猫の守り
--大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
---部品: 消防士の適正
-大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
--部品: 衣食住とプライベート
--部品: 猛猫魂
--部品: にやり?


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上を目指して頑張ってるすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。
ナニワ猫の寿命はおおよそ30年ほどで、その中で親から子へ世代交代する。 
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。
だが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。


部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。

部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。

部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。

部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。




*インポート用定義データ


[
{ "id": 119691,
"title": "ナニワ猫(T22改訂)",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.709841",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.709841",
"children":
[
{ "id": 119678,
"title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。\n人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上を目指して頑張ってるすごい猫。\n虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.711842",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.711842",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 1
},

{ "id": 119679,
"title": "ナニワ猫の着用制限と特徴",
"description": "このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。\nナニワ猫の寿命はおおよそ30年ほどで、その中で親から子へ世代交代する。 \nまたナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.746382",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.746382",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 2
},

{ "id": 119682,
"title": "猫士訓練",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.784781",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.784781",
"children":
[
{ "id": 119680,
"title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。\n色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.758315",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.758315",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 4
},

{ "id": 119681,
"title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。\nだが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。\nほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:44.767883",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:44.767883",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 5
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 3
},

{ "id": 119688,
"title": "主な可能行為と配属先",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.324767",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.324767",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロット",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロットができる",
"description": "パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。\n火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。\n",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
},

{ "title": "オペレート",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119684,
"title": "オペレートができる",
"description": "機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。\n時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.262177",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.262177",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 10,
"expanded": true
}
],
"localID": 9,
"expanded": true
},

{ "title": "白兵戦",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119685,
"title": "白兵戦闘",
"description": "しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。\n元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.27033",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.27033",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 12
},

{ "id": 119687,
"title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。\nが、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.296363",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.296363",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 13
}
],
"localID": 11,
"expanded": true
},

{ "title": "消防士として",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "消防士の適正",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。\n消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。\nしかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。",
"part_type": "part",
"localID": 15
}
],
"localID": 14,
"expanded": true
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 6
},

{ "title": "ナニワ猫の日常",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 119689,
"title": "衣食住とプライベート",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。\n住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。\n勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.673268",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.673268",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 17
},

{ "id": 119690,
"title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。\n魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-10-09 14:51:45.685539",
"updated_at": "2017-10-09 14:51:45.685539",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"localID": 18
},

{ "title": "にやり?",
"description": "ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。\nどうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。\n何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。",
"part_type": "part",
"localID": 19
}
],
"localID": 16,
"expanded": true
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1942,
"name": "オグナ・N・ヒムカイ"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2546] (修3)弱点入り 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/12/02(Sat) 01:04:11

*部品構造

-大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
--部品: ナニワ猫とは
--部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
--大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
---部品: 猫士訓練学校
---部品: 少数精鋭
--大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
---大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
----部品: コ・パイロットができる
---大部品: オペレート RD:1 評価値:1
----部品: オペレートができる
---大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
----部品: 白兵戦闘
----部品: 王猫の守り
---大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
----部品: 消防士の適正
--大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
---部品: 衣食住とプライベート
---部品: 猛猫魂
---部品: にやり?



*部品定義

**部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上を目指して頑張ってるすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

**部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。
ナニワ猫の寿命はおおよそ30年ほどで、その中で親から子へ世代交代する。 
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

**部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

**部品: 少数精鋭
ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。
だが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

**部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。

**部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

**部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

**部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。

**部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。

**部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

**部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。
野球中継のある日は、何かと理由をつけテレビから離れたがらない猫が多い。

**部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。



*提出書式

大部品: ナニワ猫(T22改訂) RD:12 評価値:6
-部品: ナニワ猫とは
-部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
-大部品: 猫士訓練 RD:2 評価値:2
--部品: 猫士訓練学校
--部品: 少数精鋭
-大部品: 主な可能行為と配属先 RD:5 評価値:4
--大部品: コ・パイロット RD:1 評価値:1
---部品: コ・パイロットができる
--大部品: オペレート RD:1 評価値:1
---部品: オペレートができる
--大部品: 白兵戦 RD:2 評価値:2
---部品: 白兵戦闘
---部品: 王猫の守り
--大部品: 消防士として RD:1 評価値:1
---部品: 消防士の適正
-大部品: ナニワ猫の日常 RD:3 評価値:3
--部品: 衣食住とプライベート
--部品: 猛猫魂
--部品: にやり?


部品: ナニワ猫とは
ナニワアームズ商藩国独自の猫士。
人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上を目指して頑張ってるすごい猫。
虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。

部品: ナニワ猫の着用制限と特徴
このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。
ナニワ猫の寿命はおおよそ30年ほどで、その中で親から子へ世代交代する。 
またナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。

部品: 猫士訓練学校
猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。
色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。

部品: 少数精鋭
ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。
だが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。
ほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。

部品: コ・パイロットができる
パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。
火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。

部品: オペレートができる
機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。
時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。

部品: 白兵戦闘
しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。
元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。

部品: 王猫の守り
ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。
が、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。

部品: 消防士の適正
猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。
消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。
しかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。

部品: 衣食住とプライベート
猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。
住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。
勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。

部品: 猛猫魂
ナニワに住む猫の精神。
魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。
野球中継のある日は、何かと理由をつけテレビから離れたがらない猫が多い。

部品: にやり?
ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。
どうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。
何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワ猫(T22改訂)",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワ猫とは",
"description": "ナニワアームズ商藩国独自の猫士。\n人の友たる猫から二足歩行が可能だったり、喋ったりできる猫士となり、さらに色んな訓練とか経験を積んで、その上を目指して頑張ってるすごい猫。\n虎縞模様に黒一色、灰色、三毛猫風等の様々な毛色を持ち、キャラバン隊で旅をしていた古くから、ナニワの人の友として同じ道を歩んできた。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "ナニワ猫の着用制限と特徴",
"description": "このアイドレスは、猫や猫士、猫妖精など猫系の種族のみが着用し使用することができる。\nナニワ猫の寿命はおおよそ30年ほどで、その中で親から子へ世代交代する。 \nまたナニワ猫は同胞・仲間意識が強く、懐いた相手には甘えん坊の傾向がある。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "猫士訓練",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "猫士訓練学校",
"description": "猫士からさらに上をいくために登竜門となるこの訓練学校に通う。\n色んな職業訓練や知識の習得、道具の使い方、藩国の猫士らしくあるための教養、各種族とのコミュニケーションの取り方などをここで学ぶ。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "少数精鋭",
"description": "ナニワ猫は数を頼りにできるほどは多くはないし、生まれつきにすごく優秀だったりするわけでもない。\nだが己の特性を生かし、技術をみがき、鍛錬を重ね、日々努力したりお休みしたり甘えてやる気を回復したりして、猫でありながら猫を超えられるよう、地道に頑張れるすごい猫なのだ。\nほとんどがナニワの政庁や軍などに所属し、藩国の運営をサポートすることになる。",
"part_type": "part",
"localID": 5
}
],
"localID": 3,
"expanded": true
},

{ "title": "主な可能行為と配属先",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロット",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "コ・パイロットができる",
"description": "パイロットの様子から今すべきことを読み取り、さらに危険予知能力等が生かされ、操縦の補佐と手助けを行う。\n火器の制御や通信、索敵や機体状況の報告とフォローなど、やるべきことは多い。どんなとこでも生きていける強さと複雑な作業を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
},

{ "title": "オペレート",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "オペレートができる",
"description": "機器の情報を読み取る感覚にも優れ、オペレーターとして目まぐるしく変化する情報の整理と伝達を適切に行うことができる。\n時々は、にゃんと鳴いて場を和ませたり励ましたりすることも忘れない。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"localID": 9,
"expanded": true
},

{ "title": "白兵戦",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "白兵戦闘",
"description": "しなやかで機敏な動きと俊敏力を活かした鋭い攻撃、相手を翻弄する身軽なフットワークを駆使し無手でも戦闘することができる。\n元々は夜行性のため夜目も利き、夜間戦闘もすることができるが、持久力には欠けるので長時間追いかけ回すような戦闘にはあまり向かない。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "王猫の守り",
"description": "ナニワの癒しと藩国を象徴する王猫さまをお守りするのがナニワ猫の勤めでもある。とはいっても王猫さまの周りにごろごろしている感は否めない。\nが、緊急時にはさっと規律正しく動けるように訓練している。",
"part_type": "part",
"localID": 13
}
],
"localID": 11,
"expanded": true
},

{ "title": "消防士として",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "消防士の適正",
"description": "猫特有の危険察知能力が生かされ、人と違う猫の目線からも、防火策や危険箇所の指摘、避難の経路を提案する事ができる。\n消火はもちろんだが、予防や防災にはさらに役に立っている。\nしかし、大きなものや重いものを運んだりするのは無理なので、車両や機器、人との連携が重要である。",
"part_type": "part",
"localID": 15
}
],
"localID": 14,
"expanded": true
}
],
"localID": 6,
"expanded": true
},

{ "title": "ナニワ猫の日常",
"description": "ナニワ,猫士,",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "衣食住とプライベート",
"description": "猫士のサイズ、また各職業に合わせて衣装が作られるがそれは仕事の時のみ。\n住む場所は猫らしく、小さなとこに住んでおり、食べるものも特に魚とキャットフードまっしぐらである。\n勤務中はビシッと勤勉なナニワ猫たちも、休日は思うまま猫のように振る舞い、昼寝をしたり人に甘えたりしたりしている。",
"part_type": "part",
"localID": 17
},

{ "title": "猛猫魂",
"description": "ナニワに住む猫の精神。\n魚は新鮮なものを食べる。恩義は必ず返す。祭りは派手に参加する等、猫の精神とか生きざまとか色々長年に渡って脈々と受け継がれたもの。\n野球中継のある日は、何かと理由をつけテレビから離れたがらない猫が多い。",
"part_type": "part",
"localID": 18
},

{ "title": "にやり?",
"description": "ナニワ猫は時々、何もないところをじーっと見ていたり、にやりと笑っているように?見える時がある。\nどうしたの?と聞いても大抵は、意識していなかったとか知らんふりで照れ隠しされてしまうことが多い。\n何故かはよく分かっていないが、彼らにはきっと必要だったり重要なことなのだろう。",
"part_type": "part",
"localID": 19
}
],
"localID": 16,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ,猫士,"
}
]


  [No.2289] 【準備しとく?】 07 ジャバニーズ 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/09/28(Thu) 23:51:59

宇宙用 I=D・高機動兵器の開発です。 使わないかもしれないし、(燃料高くて)使えないかもしれません。 準備だけしとく感じでしょうか。優先度は今のところあまり高くないです。

資料:
http://www.eonet.ne.jp/~kasalelia/idress/Javanese/index.html
https://www22.atwiki.jp/naniwaarms/pages/344.html

宇宙機です。早いです。パイロットコパイいないと動かせません。


  [No.2291] T21騎士 更新用 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/09/30(Sat) 22:31:44

#冒険の書のURL貼れないので、アドレスありません。ごめんなさいー

ナニワの清掃事業
物流センター(ナニワ版)
アルサラ飛行場
航空機工場

こちらの施設の、T21騎士を更新しなければなりません。
設定など募集いたします。 よろしくお願いしますー


  [No.2338] 清掃事業 騎士 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/10/09(Mon) 10:50:09

> ナニワの清掃事業


(T21)トゥルバ
ファルザームの娘であるトゥルバ・ファルザームが後継者となり、騎士の任命を受け代表責任者となった。
父の代から親交のある親しい怪獣の友達がおり、怪獣用トイレの普及とより使いやすいものへの改良を手がけている。
人あたりも良くにこやかな人物だが、一本気で芯の通った気の強い一面もある。


  [No.2348] アルサラ飛行場騎士(T21) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/10(Tue) 12:35:51

飛行場の騎士です。

テツ・三浦
前任マイクの次男坊。気配り、目配りが利き、周りを使う事にたけている。父に目がそっくり、童顔を隠すため口ひげを蓄えている。普段はぼーっとしているように見えるが観察はしており、よく色んなところが見えている。


  [No.2354] 「ラジオ局」の騎士 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/10/10(Tue) 17:31:09

ラジオ局の騎士にいかがでしょうかー


ナジュド・ナスィーム・山崎

フォルーハ地方出身の、大らかで朗らかな人物。
子供の頃ラジオで放送された緊急警報により家族が無事に避難でき、その後流れてきた曲に慰められた経験から、音楽や正確な情報の大切さを理解している。
自らの身体を楽器としてリズムを奏でるボディー・パーカッションの腕前もなかなかのもの。


  [No.2292] お香(Ver1.02) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 00:16:51

お香を乃亜さんのアドバイスを受けて校正かけたものです。

大部品: お香 RD:9 評価値:5
-大部品: お香の歴史 RD:2 評価値:1
--部品: お香の概念
--部品: お香の目的
-大部品: 香の種類 RD:4 評価値:3
--部品: 線
--部品: 抹
--部品: 練
--部品: 水
-大部品: 違反行為の防止 RD:3 評価値:2
--部品: 乱獲の予防
--部品: 偽物がはびこらないようなための予防
--部品: 麻薬効果


部品: お香の概念
本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。

部品: お香の目的
ナニワ北部は香木の産地であり、酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。また、気持ちが落ち着く事もあるので、精神の不浄を払うとされていた。


部品: 線
好まれる香りを出す材料を細かくして練り合わせ細い棒状や渦巻き状に成型して乾燥させた香。一般的には、皮を粉末にしたものに、白檀や伽羅といった香木の粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させた匂い線香や杉の葉を粉砕機や水車を用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させた杉線香がある。他にも渦巻き線香や平線香、竹ひご線香等がある

部品: 抹
粉末状の香。かつては、沈香やセンダンなどが用いられたが、現在は主にシキミの樹皮と葉を乾燥して、粉末にしたものが用いられる。

部品: 練
粉末状の香木やスパイス、ハーブなどを蜂蜜やアラビアゴム等で練って固形状にしたもの。直接火を付けるのではなく、熱した香用の炭や熱灰の上で間接的に熱を加える。

部品: 水
状や固体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液で、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種である。主に水や植物性の香り、動物性生殖腺分泌物等から素材となっている。

部品: 乱獲の予防
動物の内臓や木の乱獲等の可能性があるため、保護をし、あまり取られないように猟友会等で保護を、国で乱獲しないよう監視をしている。

部品: 偽物がはびこらないようなための予防
価値が分からない人へ偽物を売らないようにするために、セミナーをしたりまた、密輸等がはやらないために許可制の販売になっている。

部品: 麻薬効果
商品によっては麻薬効果があり、商品によっては麻薬効果があり、トリップする可能性があるのでそれらを止めるため、ナニワへの持ち込みや販売は禁止されている。


[
{ "title": "お香",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "お香の歴史",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "お香の概念",
"description": "本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。",
"part_type": "part"},


{ "title": "お香の目的",
"description": "ナニワ北部は香木の産地であり、酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。また、気持ちが落ち着く事もあるので、精神の不浄を払うとされていた。\n",
"part_type": "part"}],


"expanded": false},


{ "title": "香の種類",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "線",
"description": "好まれる香りを出す材料を細かくして練り合わせ細い棒状や渦巻き状に成型して乾燥させた香。一般的には、皮を粉末にしたものに、白檀や伽羅といった香木の粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させた匂い線香や杉の葉を粉砕機や水車を用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させた杉線香がある。他にも渦巻き線香や平線香、竹ひご線香等がある",
"part_type": "part"},


{ "title": "抹",
"description": "粉末状の香。かつては、沈香やセンダンなどが用いられたが、現在は主にシキミの樹皮と葉を乾燥して、粉末にしたものが用いられる。",
"part_type": "part"},


{ "title": "練",
"description": "粉末状の香木やスパイス、ハーブなどを蜂蜜やアラビアゴム等で練って固形状にしたもの。直接火を付けるのではなく、熱した香用の炭や熱灰の上で間接的に熱を加える。",
"part_type": "part"},


{ "title": "水",
"description": "状や固体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液で、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種である。主に水や植物性の香り、動物性生殖腺分泌物等から素材となっている。",
"part_type": "part"}],


"expanded": false},


{ "title": "違反行為の防止",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "乱獲の予防",
"description": "動物の内臓や木の乱獲等の可能性があるため、保護をし、あまり取られないように猟友会等で保護を、国で乱獲しないよう監視をしている。",
"part_type": "part"},


{ "title": "偽物がはびこらないようなための予防",
"description": "価値が分からない人へ偽物を売らないようにするために、セミナーをしたりまた、密輸等がはやらないために許可制の販売になっている。",
"part_type": "part"},


{ "title": "麻薬効果",
"description": "商品によっては麻薬効果があり、トリップする可能性があるのでそれらを止めるため、ナニワへの持ち込みや販売は禁止されている",
"part_type": "part"}],


"expanded": false}],


"expanded": true}]


  [No.2301] Re: お香(Ver1.03) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 21:59:59

再再校正

*部品構造

-大部品: お香 RD:10 評価値:5
--大部品: お香の歴史 RD:2 評価値:1
---部品: お香の概念
---部品: お香の目的
--大部品: 香の種類 RD:4 評価値:3
---部品: 線
---部品: 抹
---部品: 練
---部品: 水
--大部品: 違反行為の防止 RD:4 評価値:3
---部品: 乱獲の予防
---部品: 偽物がはびこらないようなための予防
---部品: 販売は許可制
---部品: 焚き方の指導



*部品定義

**部品: お香の概念
本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。

**部品: お香の目的
ナニワ北部は香木の産地であり、酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。また、気持ちが落ち着く事もあるので、精神の不浄を払うとされていた。


**部品: 線
好まれる香りを出す材料を細かくして練り合わせ細い棒状や渦巻き状に成型して乾燥させた香。一般的には、皮を粉末にしたものに、白檀や伽羅といった香木の粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させた匂い線香や杉の葉を粉砕機や水車を用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させた杉線香がある。他にも渦巻き線香や平線香、竹ひご線香等がある

**部品: 抹
粉末状の香。かつては、沈香やセンダンなどが用いられたが、現在は主にシキミの樹皮と葉を乾燥して、粉末にしたものが用いられる。

**部品: 練
粉末状の香木やスパイス、ハーブなどを蜂蜜やアラビアゴム等で練って固形状にしたもの。直接火を付けるのではなく、熱した香用の炭や熱灰の上で間接的に熱を加える。

**部品: 水
状や固体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液で、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種である。主に水や植物性の香り、動物性生殖腺分泌物等から素材となっている。

**部品: 乱獲の予防
動物の内臓や木の乱獲等の可能性があるため、保護をし、あまり取られないように猟友会等で保護を、国で乱獲しないよう監視をしている。

**部品: 偽物がはびこらないようなための予防
価値が分からない人へ偽物を売らないようにするために、セミナーをしたりまた、密輸等がはやらないために許可制の販売になっている。

**部品: 販売は許可制
種類によっては人体に害のある成分を含むものもあるため、そういった成分の含まれるものは取り扱いが禁止されており、取扱店には定期的に監査が入る。

**部品: 焚き方の指導
高濃度の煙を吸い込まないよう使い方の説明は購入時にしっかり行われ、また説明書も製品に同封が義務付けられている。
特に猫士との相性が悪いものお香も多いため販売時の指導も徹底される。



*提出書式

大部品: お香 RD:10 評価値:5
-大部品: お香の歴史 RD:2 評価値:1
--部品: お香の概念
--部品: お香の目的
-大部品: 香の種類 RD:4 評価値:3
--部品: 線
--部品: 抹
--部品: 練
--部品: 水
-大部品: 違反行為の防止 RD:4 評価値:3
--部品: 乱獲の予防
--部品: 偽物がはびこらないようなための予防
--部品: 販売は許可制
--部品: 焚き方の指導


部品: お香の概念
本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。

部品: お香の目的
ナニワ北部は香木の産地であり、酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。また、気持ちが落ち着く事もあるので、精神の不浄を払うとされていた。


部品: 線
好まれる香りを出す材料を細かくして練り合わせ細い棒状や渦巻き状に成型して乾燥させた香。一般的には、皮を粉末にしたものに、白檀や伽羅といった香木の粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させた匂い線香や杉の葉を粉砕機や水車を用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させた杉線香がある。他にも渦巻き線香や平線香、竹ひご線香等がある

部品: 抹
粉末状の香。かつては、沈香やセンダンなどが用いられたが、現在は主にシキミの樹皮と葉を乾燥して、粉末にしたものが用いられる。

部品: 練
粉末状の香木やスパイス、ハーブなどを蜂蜜やアラビアゴム等で練って固形状にしたもの。直接火を付けるのではなく、熱した香用の炭や熱灰の上で間接的に熱を加える。

部品: 水
状や固体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液で、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種である。主に水や植物性の香り、動物性生殖腺分泌物等から素材となっている。

部品: 乱獲の予防
動物の内臓や木の乱獲等の可能性があるため、保護をし、あまり取られないように猟友会等で保護を、国で乱獲しないよう監視をしている。

部品: 偽物がはびこらないようなための予防
価値が分からない人へ偽物を売らないようにするために、セミナーをしたりまた、密輸等がはやらないために許可制の販売になっている。

部品: 販売は許可制
種類によっては人体に害のある成分を含むものもあるため、そういった成分の含まれるものは取り扱いが禁止されており、取扱店には定期的に監査が入る。

部品: 焚き方の指導
高濃度の煙を吸い込まないよう使い方の説明は購入時にしっかり行われ、また説明書も製品に同封が義務付けられている。
特に猫士との相性が悪いものお香も多いため販売時の指導も徹底される。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "お香",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "お香の歴史",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "お香の概念",
"description": "本来、伽羅、沈香、白檀などの天然香木の香りをさす。そこから線香、焼香、抹香、塗香等の香り、またこれらの総称として用いられる。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "お香の目的",
"description": "ナニワ北部は香木の産地であり、酷暑の気候による悪臭を防ぐために、香は重要な役割を果たしている。また、気持ちが落ち着く事もあるので、精神の不浄を払うとされていた。\n",
"part_type": "part",
"localID": 3
}
],
"expanded": true,
"localID": 1
},

{ "title": "香の種類",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "線",
"description": "好まれる香りを出す材料を細かくして練り合わせ細い棒状や渦巻き状に成型して乾燥させた香。一般的には、皮を粉末にしたものに、白檀や伽羅といった香木の粉末や他の香料、炭の粉末、その他の材料を加えて練り、線状に成型・乾燥させた匂い線香や杉の葉を粉砕機や水車を用いて粉末にしたものに湯とノリを加えて練り、線状に成型・乾燥させた杉線香がある。他にも渦巻き線香や平線香、竹ひご線香等がある",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "抹",
"description": "粉末状の香。かつては、沈香やセンダンなどが用いられたが、現在は主にシキミの樹皮と葉を乾燥して、粉末にしたものが用いられる。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "練",
"description": "粉末状の香木やスパイス、ハーブなどを蜂蜜やアラビアゴム等で練って固形状にしたもの。直接火を付けるのではなく、熱した香用の炭や熱灰の上で間接的に熱を加える。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "水",
"description": "状や固体の香料をアルコール(酒精)で溶解した溶液で、体や衣服に付け、香りを楽しむための化粧品の一種である。主に水や植物性の香り、動物性生殖腺分泌物等から素材となっている。",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"expanded": true,
"localID": 4
},

{ "title": "違反行為の防止",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "乱獲の予防",
"description": "動物の内臓や木の乱獲等の可能性があるため、保護をし、あまり取られないように猟友会等で保護を、国で乱獲しないよう監視をしている。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "偽物がはびこらないようなための予防",
"description": "価値が分からない人へ偽物を売らないようにするために、セミナーをしたりまた、密輸等がはやらないために許可制の販売になっている。",
"part_type": "part",
"localID": 11
},

{ "title": "販売は許可制",
"description": "種類によっては人体に害のある成分を含むものもあるため、そういった成分の含まれるものは取り扱いが禁止されており、取扱店には定期的に監査が入る。",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "焚き方の指導",
"description": "高濃度の煙を吸い込まないよう使い方の説明は購入時にしっかり行われ、また説明書も製品に同封が義務付けられている。\n特に猫士との相性が悪いものお香も多いため販売時の指導も徹底される。",
"part_type": "part",
"localID": 13
}
],
"expanded": true,
"localID": 9
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2298] 漁協 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/01(Sun) 19:24:39

農業があるなら漁協もあっていいかなあと思い作ってみました。

*部品構造

-大部品: 漁協 RD:8 評価値:5
--部品: 漁協概念
--部品: 入るためには
--大部品: 漁協の運営 RD:6 評価値:4
---部品: 操業指導
---部品: 販売事業
---部品: 購買
---部品: 信用・共済
---部品: 発展のためのイベント開催
---部品: 水産保護管理



*部品定義

**部品: 漁協概念
漁業協同組合の略。漁師等によって組み合わされた非営利の相互扶助組織であり、社会地位発展のため、水産業生産力アップのため作られたもの。

**部品: 入るためには
特に漁師であれば問題はなく、簡単な審査を受け問題が無ければ入会できる。ただし、問題が発生すると追放もあり、また議決権に関しては一人一票とされている。

**部品: 操業指導
漁師になるために各自の指導関連を行う。水産学校等のあっせんや技術指導、流通の道筋をここで教える事となる。

**部品: 販売事業
漁師が取ってきた水産物を購入し、販売を行う。利益は運営や各漁師へと還元され商品は各商店等で販売を行っている。

**部品: 購買
漁師に必要な網や釣り竿、また燃料や養殖エサ、生活必需品等を提供し、漁師の生活に根付いたものを販売し助ける。

**部品: 信用・共済
投資や預金等に使う銀行事業や生命・健康などを含めた各保険等に入会する共済事業を行い、各漁師に対して資金面での助けを行う。

**部品: 発展のためのイベント開催
水産学校や各漁協等で行われ、魚の料理教室や、釣りの仕方、漁協がどう動いているかの説明会や各浜辺の環境保護のイベント等を行う。

**部品: 水産保護管理
水産を守るためにプランクトンのエサとなる上流からの水質保護の森林を植えたり、乱獲の監視や養殖管理、水産物の科学的研究等を行っている。



*提出書式

大部品: 漁協 RD:8 評価値:5
-部品: 漁協概念
-部品: 入るためには
-大部品: 漁協の運営 RD:6 評価値:4
--部品: 操業指導
--部品: 販売事業
--部品: 購買
--部品: 信用・共済
--部品: 発展のためのイベント開催
--部品: 水産保護管理


部品: 漁協概念
漁業協同組合の略。漁師等によって組み合わされた非営利の相互扶助組織であり、社会地位発展のため、水産業生産力アップのため作られたもの。

部品: 入るためには
特に漁師であれば問題はなく、簡単な審査を受け問題が無ければ入会できる。ただし、問題が発生すると追放もあり、また議決権に関しては一人一票とされている。

部品: 操業指導
漁師になるために各自の指導関連を行う。水産学校等のあっせんや技術指導、流通の道筋をここで教える事となる。

部品: 販売事業
漁師が取ってきた水産物を購入し、販売を行う。利益は運営や各漁師へと還元され商品は各商店等で販売を行っている。

部品: 購買
漁師に必要な網や釣り竿、また燃料や養殖エサ、生活必需品等を提供し、漁師の生活に根付いたものを販売し助ける。

部品: 信用・共済
投資や預金等に使う銀行事業や生命・健康などを含めた各保険等に入会する共済事業を行い、各漁師に対して資金面での助けを行う。

部品: 発展のためのイベント開催
水産学校や各漁協等で行われ、魚の料理教室や、釣りの仕方、漁協がどう動いているかの説明会や各浜辺の環境保護のイベント等を行う。

部品: 水産保護管理
水産を守るためにプランクトンのエサとなる上流からの水質保護の森林を植えたり、乱獲の監視や養殖管理、水産物の科学的研究等を行っている。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "漁協",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "漁協概念",
"description": "漁業協同組合の略。漁師等によって組み合わされた非営利の相互扶助組織であり、社会地位発展のため、水産業生産力アップのため作られたもの。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "入るためには",
"description": "特に漁師であれば問題はなく、簡単な審査を受け問題が無ければ入会できる。ただし、問題が発生すると追放もあり、また議決権に関しては一人一票とされている。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "漁協の運営",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "操業指導",
"description": "漁師になるために各自の指導関連を行う。水産学校等のあっせんや技術指導、流通の道筋をここで教える事となる。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "販売事業",
"description": "漁師が取ってきた水産物を購入し、販売を行う。利益は運営や各漁師へと還元され商品は各商店等で販売を行っている。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "購買",
"description": "漁師に必要な網や釣り竿、また燃料や養殖エサ、生活必需品等を提供し、漁師の生活に根付いたものを販売し助ける。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "信用・共済",
"description": "投資や預金等に使う銀行事業や生命・健康などを含めた各保険等に入会する共済事業を行い、各漁師に対して資金面での助けを行う。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "発展のためのイベント開催",
"description": "水産学校や各漁協等で行われ、魚の料理教室や、釣りの仕方、漁協がどう動いているかの説明会や各浜辺の環境保護のイベント等を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "水産保護管理",
"description": "水産を守るためにプランクトンのエサとなる上流からの水質保護の森林を植えたり、乱獲の監視や養殖管理、水産物の科学的研究等を行っている。",
"part_type": "part",
"localID": 9
}
],
"localID": 3,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2302] 軽歩兵(T21) 投稿者:暮里あづま  投稿日:2017/10/01(Sun) 22:53:20


[
{ "id": 49984,
"title": "軽歩兵(T21)",
"description": "ナニワ",
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:33.595911",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:33.595911",
"children":
[
{ "id": 49985,
"title": "軽歩兵の概要",
"description": "軽歩兵とは前線での偵察任務やFO(前進観測員であるForward Observerの略)、ロードランナーとしての役割を期待されて設けられたナニワアームズ商藩国の兵科である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:33.647939",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:33.647939",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 1
},

{ "id": 49988,
"title": "軽歩兵の着任者の経歴",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:33.785262",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:33.785262",
"children":
[
{ "id": 49989,
"title": "豊富な実戦経験",
"description": "偵察の国であるナニワアームズにおいて、軽歩兵は選りすぐりの精鋭が選抜されており、全員、偵察兵や特殊部隊員として優れた成績や成果を出したベテラン揃いである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:33.79221",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:33.79221",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 3
},

{ "id": 49990,
"title": "選抜学科試験",
"description": "砲兵や航空機との共同任務が多く、実戦経験だけでなく専門知識も要求される為、学科試験もパスしなければ実戦には参加できない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:33.863687",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:33.863687",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 4
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 2
},

{ "id": 50016,
"title": "鍛え抜かれた肉体",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.268641",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.268641",
"children":
[
{ "id": 16002,
"title": "長距離走の訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:24.802479",
"updated_at": "2017-08-26 17:11:34.674764",
"children":
[
{ "id": 16003,
"title": "筋力トレーニング",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:24.813844",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:24.813844",
"children":
[
{ "id": 16004,
"title": "筋トレの重要性",
"description": "ランナーに太い筋肉は必要ないと考えられがちだが、長時間良いフォームを保つためには筋力トレーニングが必要不可欠である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:24.815772",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:24.815772",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 8
},

{ "id": 16005,
"title": "怪我の予防",
"description": "走るのに適切な姿勢を保つ他、継続的に筋力トレーニングを行うことで基礎体力がつき、怪我の予防にもつながる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:24.933997",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:24.933997",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 9
},

{ "id": 16006,
"title": "フロントランジ",
"description": "太腿、ハムストリングス、大殿筋を中心に鍛える。この際上体をまっすぐ保つことで、全身の筋力を強化できる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:24.964219",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:24.964219",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 10
},

{ "id": 16007,
"title": "腹筋・背筋",
"description": "ゆっくりと行うことで体幹の筋肉が鍛えられ、適切な姿勢を保つことができるようになる。大きく息を吸って吐きながら行うこと。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:24.984452",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:24.984452",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 11
},

{ "id": 16008,
"title": " 腕立て伏せ",
"description": "腕をしっかりと振るために腕・肩の筋力を鍛える。きつくて続かない女性などは最初は膝をついた上状態で行っても良い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.005644",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.005644",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 12
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 7
},

{ "id": 16009,
"title": "トレーニング前の準備",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.046874",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.046874",
"children":
[
{ "id": 16010,
"title": "準備運動の効果と重要性",
"description": "怪我を防ぐ、体をあたためる等の効果がある。トレーニングの効果にも差が出るため丁寧に行うこと。全身の筋肉を気持ちいいくらいの強度でよく伸ばし、ほぐす。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.048707",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.048707",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 14
},

{ "id": 16011,
"title": "良好なコンディションを保つ",
"description": "疲労を溜めないことがランナーには重要である。すなわち、睡眠時間を十分に取りトレーニング後は整理体操等をかかさず行うこと。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.069205",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.069205",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 15
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 13
},

{ "id": 16012,
"title": "トレーニング方法",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.096456",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.096456",
"children":
[
{ "id": 16013,
"title": "インターバル走",
"description": "数本の疾走区間の間に小休憩を挟む練習方。非常に効果が高いが疲労もたまるため、終わったらしっかりと休憩をとること。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.097681",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.097681",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 17
},

{ "id": 16014,
"title": "レペティション",
"description": "インターバル走より1本1本の強度を高め、休憩を長くとるトレーニング。効果としてはインターバルと同じ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.114446",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.114446",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 18
},

{ "id": 16015,
"title": "ペース走",
"description": "一定のペースで走るトレーニング。トラックなど決まった距離を延々同じペースで刻むことで適切なペースを体に教え込む。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.128486",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.128486",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 19
},

{ "id": 16016,
"title": " ジョグ",
"description": "一キロ5分以上のペースでゆっくりと長い距離を走りこむ。もっとも手軽で一般的な練習方法。毎日継続するのが大事。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.153313",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.153313",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 20
},

{ "id": 16017,
"title": "ビルドアップ走",
"description": "最初はゆっくり、徐々にペースをあげていき、ラストでラップを刻みゴールするという練習方法。疲労の溜まり方もマイルドで効果が高い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.170369",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.170369",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 21
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 16
},

{ "id": 16018,
"title": "フォーム",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.203613",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.203613",
"children":
[
{ "id": 16019,
"title": "正しいフォームの重要性について",
"description": "長距離を走る際正しいフォームを保つことはスピードを上げるだけでなく怪我の予防にも繋がり、疲労度にも大きく影響する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.204764",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.204764",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 23
},

{ "id": 16020,
"title": " 正しい姿勢を保つ練習",
"description": "走る際は真上から頭を吊られているような感覚で少し顎を引き、背筋を伸ばし、腹筋にやや力をこめるイメージで。視線はまっすぐ前へ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.227612",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.227612",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 24
},

{ "id": 16021,
"title": " 足の出し方",
"description": "走る際の足は一本の線の上を走るような感覚でまっすぐ前に出す。普段から線の上を走って感覚を掴むと良い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.256624",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.256624",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 25
},

{ "id": 16022,
"title": "使う筋肉",
"description": "小さい筋肉(足首、すねなど)を酷使すると故障の元になる。太腿や尻などのなるべく大きな筋肉を使い、体幹を意識して体を動かすこと。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.276015",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.276015",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 26
},

{ "id": 16023,
"title": "腕の振り方",
"description": "小指と薬指を軽く握り、真後ろに引く。腕をしっかりと振ることで余計なエネルギーの流出を抑えることができる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.289389",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.289389",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 27
},

{ "id": 16024,
"title": "呼吸の仕方",
"description": "ペースによって呼吸を変える。スローペースで走る時には4回吸って4回吐く。ミドルペースの際には基本の2回吸って2回吐く。更にスピードを上げる場合は2回吸って1回吐くと良い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.306842",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.306842",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 28
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 22
},

{ "id": 16025,
"title": "走る際気を付けること",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.338743",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.338743",
"children":
[
{ "id": 16026,
"title": "ペース配分",
"description": "走る距離によってペース配分を考えながら走る。長距離を走る場合は10キロ過ぎあたりで気持ち良くなってペースがあがりがちだがぐっと堪えること。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.339733",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.339733",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 30
},

{ "id": 16027,
"title": "ランナーズハイ",
"description": "走ることによって脳内物質が出てテンションがあがり、疲労を感じにくくなる。しかし疲労は確実に蓄積するため、惑わされず冷静さとペースを保つことが必要となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.352356",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.352356",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 31
},

{ "id": 16028,
"title": "クールダウン",
"description": "長距離を走った後は筋肉がダメージを受けているため、ゆっくりと整理体操や軽いジョギングをして筋肉をほぐすこと。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.368675",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.368675",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 32
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 29
},

{ "id": 16029,
"title": "道具",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.399186",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.399186",
"children":
[
{ "id": 16030,
"title": "靴",
"description": "基本的に紐靴。履き比べて自分の足に合ったものを選ぶこと。また、長距離を走る前に履きならしておくのが望ましい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.400619",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.400619",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 34
},

{ "id": 16031,
"title": "帽子",
"description": "つばの広いキャップが良い。風で飛ばないようなサイズのものを選ぶこと。太陽光をさえぎる他、汗が目に入るのを防ぐ。小雨の際にも役に立つ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.413831",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.413831",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 35
},

{ "id": 16032,
"title": " ワセリン",
"description": "服と肌が触れる部分などに塗ることで長距離走った際の擦れを予防できる。下着と肌の境目あたりにも塗っておくと良い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.427983",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.427983",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 36
},

{ "id": 16033,
"title": "動きやすい服",
"description": "気温に適したもの、また、肌に擦れても痛くない素材を選ぶこと。また、男性は下半身にスパッツ状のものをちゃくようすると息子が擦れにくい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.445217",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.445217",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 37
},

{ "id": 16034,
"title": "女性用",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.466616",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.466616",
"children":
[
{ "id": 16035,
"title": " スポーツブラ",
"description": "女性は必須。ワイヤー入りの下着で長距離を走るのは厳禁である。すこしきつめのものを選ぶと胸の形が崩れにくい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.468022",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.468022",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 39
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 38
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 33
},

{ "id": 16036,
"title": "食事",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.548836",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.548836",
"children":
[
{ "id": 16037,
"title": "走る前の食事",
"description": "穀物など炭水化物をしっかりととること。極端に炭水化物の量を増やして準備することをカーボローディングと言う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.552949",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.552949",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 41
},

{ "id": 16038,
"title": "水分の取り方",
"description": "水分は少量をこまめに摂取することで脱水を防ぐことができる。汗で失われるナトリウムを補充できるものが良い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.580063",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.580063",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 42
},

{ "id": 16039,
"title": "エイド",
"description": "30キロ以上の長距離を走ると体内の糖が不足しエネルギー不足に陥るため、水分と同じようにラムネやブドウ糖を途中でかじると良い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-21 14:16:25.609781",
"updated_at": "2017-08-21 14:16:25.609781",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 43
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 40
},

{ "id": 66258,
"title": "流用実績部品(長距離走の訓練)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-24 15:38:01.606855",
"updated_at": "2017-08-24 15:38:01.606855",
"children":
[
{ "id": 66259,
"title": "流用実績(長距離走の訓練)",
"description": "\n長距離走の訓練は八猫キルケ@暁の円卓が作成した部品です。\n流用いただいた方\n\n玄霧(低物理版) \nttps://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/133.html \n尋軌さん \nttps://twitter.com/hirokikudou/status/898948566122496002 \n谷坂さん \nttps://twitter.com/tanizaka/status/898927308492242944 \n蒼燐(PC) \nttps://twitter.com/so_rin/status/898918332694319104 \nttps://www24.atwiki.jp/riwamahi/pages/799.html \nシュワ(演習課題用) \nttps://www37.atwiki.jp/lathyrus_odoratus/pages/178.html \n羽黒(評価11) \nttps://www65.atwiki.jp/sougohankoku/pages/109.html \n鈴藤(ver1) \nttps://twitter.com/suzuhuji/status/898887132273496066 \nttp://www4.rocketbbs.com/741/bbs.cgi?id=raiilu&mode=res&no=8081 \n高渡さん \nttps://www29.atwiki.jp/feg2/pages/639.html \n黒霧さん \nttps://twitter.com/kuromu_mk/status/898585273537142785 \n来須・A・鷹臣 \nttps://twitter.com/motorrad14/status/898586158732419072 \nttps://www65.atwiki.jp/motorrad/pages/12.html \nFO(ロードランナー)(ナニワアームズ) \nttps://twitter.com/_azuma_/status/896612159815204864 \nttp://arktos.noor.jp/naniwa/wforum.cgi?no=2164&reno=1948&oya=1948&mode=msgview \nFEGダガーマン \nttp://tkt.lix.jp/wforum/wforum.cgi?mode=find&list=tree&word=%92%B7%8B%97%97%A3&cond=AND&view=10 \n猫野和錆 \nttps://twitter.com/neko_wasa/status/899161741640192000 \nFROG緊急時対応スタッフ \nttps://www14.atwiki.jp/idressngo/?page=%20FROG%E7%B7%8A%E6%80%A5%E6%99%82%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%83%95 \n高梨ひひひ \nttps://www29.atwiki.jp/feg2/pages/647.html \n銀 倖斗 \nttps://www24.atwiki.jp/riwamahi/pages/819.html \n哀川・A・セコイア \nttps://www65.atwiki.jp/sougohankoku/pages/160.html \n佐藤ぶそあ(玄霧藩国のPC) \nttps://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/76.html \n里樹澪 \nttps://www14.atwiki.jp/stlakus/pages/28.html#id_b34ec448 \n双海環 \nttps://www65.atwiki.jp/futamisagyou/?page=%E5%8F%8C%E6%B5%B7%E3%80%80%E7%92%B0%EF%BC%88T20%EF%BC%89 \n結城由羅 \nttp://cwtg.jp/bbs3/wforum.cgi?no=10878&reno=10825&oya=10825&mode=msgview \nエドさん \nttps://twitter.com/edo_tiyo/status/901061483810795520 \n小島遊 \nttps://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/147.html \n矢神サク \nttps://www65.atwiki.jp/sac39/pages/19.html \n橙にして鈍色のカレン \nttp://www4.rocketbbs.com/741/bbs.cgi?id=raiilu&mode=res&no=8195 \n凍矢 \nttps://www6.atwiki.jp/aonoaohito/pages/108.html",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-24 15:38:01.617543",
"updated_at": "2017-08-26 15:07:59.427483",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"localID": 45
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 44
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 1969,
"name": "八猫 キルケ"
},
"expanded": true,
"localID": 6
},

{ "id": 50018,
"title": "トレーニング時の熱中症対策",
"description": "トレーニング時にはターバンや帽子等で頭への直射日光を防ぐ。また細目に水分を摂取する事で熱中症対策を行った。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.275405",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.275405",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 46
},

{ "id": 50020,
"title": "バランスの良い食生活",
"description": "病院の医師や管理栄養士の協力の元、藩国軍の食堂では栄養バランスに考慮したメニューが安価で提供され、兵士達の間では好評を得ている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.341837",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.341837",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 47
},

{ "id": 50022,
"title": "スポーツ科学的アプローチ",
"description": "スポーツ、中でも陸上競技においては走る事は基本中の基本であり、最も研究が進んでいる分野であると言える。\nそこで走行フォームや効率の良い筋力トレーニング、高地トレーニング等を取り入れると共に病院の医師の監修の元に過度な負荷による四肢の故障などが起こらない様に配慮した訓練プログラムが作成された。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.41128",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.41128",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 48
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 5
},

{ "id": 50034,
"title": "歩兵",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.119866",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.119866",
"children":
[
{ "id": 50036,
"title": "軍隊における歩兵の役割",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.162941",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.162941",
"children":
[
{ "id": 50037,
"title": "歩兵に期待される役割",
"description": "歩兵は個々の火力は低いものの、その動員し易さや柔軟性の高さから通常戦闘だけでなく、\n治安維持や災害救助、復興支援など様々な場面で動員された。\nその結果、ニューワールドの数多くの動乱では多様な役割を果たして存在感を示し続けた。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.185866",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.185866",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 51
},

{ "id": 50040,
"title": "治安維持",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.256152",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.256152",
"children":
[
{ "id": 50041,
"title": "治安維持とは",
"description": "情勢不安やテロリズム等により、国内での犯罪や暴動が発生する事を未然に防ぐ為に\n不殺で対象を制圧できる歩兵にとって重要な役割の1つである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.268652",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.268652",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 53
},

{ "id": 50044,
"title": "警備、巡回",
"description": "重要施設への不審者の潜入を防いだり、往来で犯罪行為やテロに及ぶ事を未然に防ぐ為に警備や巡回は重要である。\nどうしても平時は単調な任務になりやすい為、担当者には使命感や集中力、忍耐力が要求される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.48219",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.48219",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 54
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 52
},

{ "id": 50048,
"title": "対テロリスト戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.714249",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.714249",
"children":
[
{ "id": 50049,
"title": "対テロリスト戦とは",
"description": "過去の事例を振り返っても、市街地等で暗躍するテロリストへの対応に\n歩兵部隊が要求される事が多く、テロリスト達の工作への対処に奔走した。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.716079",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.716079",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 56
},

{ "id": 50050,
"title": "爆発物処理",
"description": "ニューワールドにおけるテロとの戦いでは度々テロリストが爆発物を設置してテロに及ぶ事が多かった。\nその為、爆発物の処理が要求される事も多かった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.741572",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.741572",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 57
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 55
},

{ "id": 50051,
"title": "人命救助",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.794413",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.794413",
"children":
[
{ "id": 50052,
"title": "人命救助とは",
"description": "自然災害や人災などの様々な理由により発生した災害に巻き込まれた民間人を\n2次災害を起こす事無く救助する際に弛まぬ鍛錬による優れた基礎体力と\n明確な指揮系統と団体行動に慣れている事は役に立つ。\nまた全員が応急処置の心得を持つ点でも災害時の初動の活動で救える命も多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.796329",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.796329",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 59
},

{ "id": 50053,
"title": "応急処置",
"description": "戦場では当然負傷する機会も多く、応急処置が出来るかどうかは生死を分ける事もある重要なスキルである。\nまた人命救助の際にも救助して直ぐに応急処置を行う事で本格的な治療を受けるまでの繋ぎとする事で大きく生存率を向上させる事が出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.828069",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.828069",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 60
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 58
},

{ "id": 50054,
"title": "市街地戦闘",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.962073",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.962073",
"children":
[
{ "id": 50055,
"title": "市街地戦闘とは",
"description": "不幸にも人々の生活の基盤である市街地での戦闘が発生する事もある。\nその際、戦車やI=Dと言った兵器での戦闘では生活基盤への被害も無視できないものになりかねず、\nまた入り組んだ地形から思うように部隊が展開できない事も多い。\n一方で歩兵はサイズの関係から閉所や屋内の戦闘にも対応でき、施設への損壊も極力抑える事が出来る。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.966682",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.966682",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 62
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 61
},

{ "id": 50056,
"title": "閉所、屋内戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.11218",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.11218",
"children":
[
{ "id": 50057,
"title": "閉所、屋内戦とは",
"description": "屋内での戦闘では死角が多く、\n不意打ちを受けやすい為、仲間と連携してお互いの死角をカバーしながらクリアリングする事で\n潜伏している敵を炙り出す事が重要となる。\nまた近接距離で交戦に入る事も多く、ナイフや軍隊格闘術を用いたCQC(近接格闘)が役に立つ事も多い。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.11732",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.11732",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 64
},

{ "id": 50058,
"title": "クリアリングとカバーリング",
"description": "市街地や屋内での作戦行動では入り組んだ地形から死角が多く発生しやすく、\nどこに敵が潜んでいるか分からない。\nそこで怪しい場所に敵が潜んでいないか確認する作業の事をクリアリングと言い、\n1人ではどうしても生じる死角を他のメンバーがフォローする事でカバーリングを行う事も重要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.150739",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.150739",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 65
},

{ "id": 50059,
"title": "近接格闘",
"description": "主にナイフや軍隊格闘術を用いた近接戦闘技術であり、CQC(Close Quarters Combat)とも呼ばれる。\n市街地や屋内等の入り組んだ地形での不意の遭遇戦や迂闊に発砲すると味方へ跳弾する恐れがある閉所での戦いで活躍する技術である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.182286",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.182286",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 66
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 63
},

{ "id": 50060,
"title": "歩兵による塹壕戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.240503",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.240503",
"children":
[
{ "id": 50061,
"title": "歩兵による塹壕戦とは",
"description": "塹壕を掘ったり、土嚢を積んだり、柵を張り巡らす事で容易に敵勢力が突破できない防衛線を構築し、\n拠点防衛や主力部隊が到着するまで遅延行動を行う。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.242689",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.242689",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 68
},

{ "id": 50062,
"title": "戦場での塹壕構築",
"description": "敵の銃撃や砲撃から身を守る為に自身が身を潜めれる溝をスコップで掘り、\n相手陣地側には相手の動きを妨害する為に鉄条網を張り巡らせたり、土嚢を積み上げる。\n歩兵にとって重要な仕事の1つである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.271157",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.271157",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 69
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 67
},

{ "id": 50063,
"title": "復興支援",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.345558",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.345558",
"children":
[
{ "id": 50064,
"title": "復興支援とは",
"description": "度々、様々な厄災に見舞われたニューワールドでは、生き残った国民達の為に少しでも早く生活基盤を復旧させる事は\n国民の生死に直結する重要な任務であった。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.35089",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.35089",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 71
},

{ "id": 50065,
"title": "土木作業",
"description": "塹壕作成等から更に一歩進めて、ニューワールドにおける歩兵には人命救助や復興支援の為に\n土木工事を行える事も求められるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.397936",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.397936",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 72
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 70
},

{ "id": 50066,
"title": "不殺制圧",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.479098",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.479098",
"children":
[
{ "id": 50067,
"title": "不殺制圧とは",
"description": "ゴム弾や鳥もち、放水ホース等の非殺傷兵器や白兵戦闘で暴徒などを殺害せずに鎮圧する。\nある意味、高過ぎない火力だからこそ可能な任務であり、実際に幾つかの事件の被害拡大を食い止める事に一役買っていた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.482261",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.482261",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 74
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 73
},

{ "id": 50068,
"title": "空挺降下",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.602943",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.602943",
"children":
[
{ "id": 50069,
"title": "空挺降下とは",
"description": "徒歩の為に移動速度がどうしても遅い歩兵を遠隔地まで迅速に展開させる為の方法の1つが\n航空機やヘリによる兵の輸送と空挺降下による地上への歩兵の迅速な展開である。\n当然、パラシュート操作をはじめとした高所から安全に落下する為の訓練が必要であり、\nこれらの訓練を必須としている藩国も多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.612419",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.612419",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 76
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 75
},

{ "id": 50070,
"title": "避難誘導",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.704575",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.704575",
"children":
[
{ "id": 50071,
"title": "避難誘導とは",
"description": "災害発生時には民間人を避難場所までスムーズに誘導する避難誘導は民間人の被害を出さない為の重要な任務である。\n避難経路の安全確保やどうしても遅れがちな負傷者や子供、老人などのフォロー、\n混雑を発生させないように交通整理を行う等、必要とされる作業は多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.707816",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.707816",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 78
},

{ "id": 50072,
"title": "役割分担",
"description": "大勢の民間人の避難誘導では対象となる人数が多くなる事から一人で全てを賄う事は不可能である。\nその為、避難誘導を担当する部隊間での役割分担がスムーズな避難誘導には欠かせない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.742415",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.742415",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 79
},

{ "id": 50073,
"title": "避難訓練の実施",
"description": "定期的に自藩国の様々なシチュエーションでの避難誘導を実施し、注意するポイントや役割分担等の確認、各員の連携の強化を図る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.774254",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.774254",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 80
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 77
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 50
},

{ "id": 50074,
"title": "歩兵としての事前準備",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.945649",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.945649",
"children":
[
{ "id": 50075,
"title": "装備品の点検チェック",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.949554",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.949554",
"children":
[
{ "id": 50076,
"title": "万全な装備状態の維持",
"description": "自分に支給された武器、特に銃火器の整備状況は自身の生死を賭けた戦いでの生命線となる。\nその為、歩兵は銃火器の分解整備は訓練で叩き込まれており、作戦には必ず万全の整備状況で挑むよう心掛けてる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.954963",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.954963",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 83
},

{ "id": 50077,
"title": "銃火器の分解整備",
"description": "歩兵における基本スキルの1つであり、銃火器を扱うのであれば、どの国の軍隊でも必須技能と言える。\n銃器をパーツ毎に分解し、汚れを落としたり、劣化している箇所が無いか等の点検を行い、再び組み立てて動作確認を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.996482",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.996482",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 84
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 82
},

{ "id": 50078,
"title": "ブリーフィング",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.084349",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.084349",
"children":
[
{ "id": 50079,
"title": "指揮系統の確認",
"description": "戦場における軍隊では指揮系統の明確化は様々な兵科に分かれた複数の部隊を有機的に連携させる上で重要である。\n指揮系統が統一されずに幾つもの命令が飛び交う事態は避ける必要があり、有事の際の指揮系統をしっかりと確認する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.086652",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.086652",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 86
},

{ "id": 50080,
"title": "作戦目的の優先順位",
"description": "作戦行動中は常時、司令部と連絡が取れるとは限らない。また作戦の目的や目標が複数ある事も少ない。\nその為、事前に作戦目的の優先順位を明確にしておく事で部隊内の認識を統一すると共に非常時に孤立した際にも各隊が現場の判断でぶれずに行動できる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.12585",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.12585",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 87
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 85
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 81
},

{ "id": 50081,
"title": "仲間との連携",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.230185",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.230185",
"children":
[
{ "id": 50082,
"title": "ハンドサイン",
"description": "意思伝達が可能な距離は短いものの、道具が不要であり、目立ちにくい事から隠密行動時には意外と重宝された。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.233254",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.233254",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 89
},

{ "id": 50083,
"title": "集団戦における連携の重要性",
"description": "数の利を活かした集団戦が主体となる歩兵にとって部隊内の連携と部隊間の連携は共に最も重要な要素と言える。\n特に近年は様々な兵科の部隊が連携して作戦行動を実施する事で戦力を効果的に運用する為、重要性は増すばかりである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.266085",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.266085",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 90
},

{ "id": 50084,
"title": "基本教練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.303146",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.303146",
"children":
[
{ "id": 50085,
"title": "基本教練の意義",
"description": "基本的には個人と部隊を訓練して諸制式に習熟させることであり、また部隊としての規律、団結を強化して作戦行動の基礎を作ることを目指している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.306141",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.306141",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 92
},

{ "id": 50086,
"title": "基本姿勢",
"description": "気を付けに始まる不動の姿勢と呼ばれる基本姿勢から始まり、右向け右、左向け左、回れ右、敬礼、休め等、統一された動作を身に着ける。\nこれが出来なければ、何も始まらない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.335999",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.335999",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 93
},

{ "id": 50087,
"title": "執銃時の動作",
"description": "小銃を装備した状態での基本動作の訓練。\n基本動作の控え銃から始まり、下げ銃、担え銃、捧げ銃などの動作を身に着ける。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.368619",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.368619",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 94
},

{ "id": 50088,
"title": "礼式",
"description": "特に敬礼の動作について取り仕切る物。\n敬礼は相手への敬意を示す物であり、非常に重要な姿勢である。\n挙手の敬礼や捧げ銃の敬礼など、装備、状況や国、軍によっても異なる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.400365",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.400365",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 95
},

{ "id": 50089,
"title": "整列",
"description": "基準を定めた上で部隊を縦隊、もしくは横隊に並べること。\n部隊教練の基礎であり、整列時の位置、間隔も厳しくチェックされる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.43574",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.43574",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 96
},

{ "id": 50090,
"title": "行進間動作",
"description": "整列した状態からの前進を基本とした部隊教練。\n歩幅や腕の動作、部隊の整列なども規定され、その上で各種号令に伴う動作を寸分乃狂いなく行えるようにならなくてはならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.481411",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.481411",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 97
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 91
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 88
},

{ "id": 50091,
"title": "格闘術訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.611784",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.611784",
"children":
[
{ "id": 50092,
"title": "格闘術の訓練概要",
"description": "軍人が使用する格闘技であり、敵の速やかな無力化を目的としている。\n軍人になる者が格闘技の経験があるとは限らない為、未経験者でも短期間で習得できる技術となっている。\nもちろん、訓練は防具や寸止めなど、安全性を確保して行われる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.615542",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.615542",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 99
},

{ "id": 50093,
"title": "人体の急所についての知識",
"description": "速やかに相手を無力化するために、人体の急所に対する攻撃が基本となる。\n顔面の感覚器や中枢神経や内臓の集中する胴体、骨格の関節等に加え、窒息や出血等の有効な使用が主となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.650253",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.650253",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 100
},

{ "id": 50094,
"title": " 徒手格闘",
"description": "武器を持たない無手の状況での技術。\nパンチやキックなどの打撃技、敵への反撃を含む受け技、組み付いての締め技や投げ技、基本の技を身に着ける。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.680833",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.680833",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 101
},

{ "id": 50095,
"title": "ナイフ術",
"description": "刺突や切断、柄を用いた打撃や圧迫など、ナイフを使用した格闘術を身に着ける。\n多目的に利用できるナイフは基本装備に含まれることも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.709833",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.709833",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 102
},

{ "id": 50096,
"title": "銃剣の使い方",
"description": "銃剣と呼ばれる、小銃の先に取り付ける刃物を用いた格闘術。\n刺突、切りつけ、銃床を用いた打撃のほかに、銃全体を利用した打撃など応用技も多い。\n銃剣を使用時には出来るだけ銃身に負担をかけない使用を求められるが、多少なりとも銃身にダメージを負う事が多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.7422",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.7422",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 103
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 98
},

{ "id": 50097,
"title": "銃撃戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.823898",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.823898",
"children":
[
{ "id": 50098,
"title": "歩兵にとっての射撃",
"description": "アサルトライフルをメイン武器とする歩兵における最も基本的な攻撃手段である。\n火線を集中させる事で相手の進軍を阻み、阻止線を張る事は重要な作戦行動である。\n射撃訓練はもとより、常に万全な状態で射撃が行えるように銃の分解整備の練習も基本科目である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.826903",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.826903",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 105
},

{ "id": 50099,
"title": "射撃の訓練",
"description": "主に拳銃、自動小銃、軽機関銃など個人で携行可能な小火器を用いた射撃を行う為の訓練。\n使用火器の違いや、標的との距離、気象、地形、弾種等を考慮して照準を統制する技術も含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.869263",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.869263",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 106
},

{ "id": 50100,
"title": "射撃姿勢",
"description": "射撃を行う際の基本となる姿勢。\n立ったままの射撃「立射」と伏せた状態での射撃「伏射」に大別され、さらに細かく分類される。\n基本的かつ重要な技術であり、これが身について居なければ狙ったところに当てるのは難しい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.899174",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.899174",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 107
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 104
},

{ "id": 106444,
"title": "歩兵の流用実績",
"description": "このアイドレスはナニワアームズ商藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 以下の方より流用申請をいただいています。 \n・玄霧弦耶様【玄霧火焔】",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-13 14:58:12.049078",
"updated_at": "2017-09-13 14:58:12.049078",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 108
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 49
},

{ "id": 50030,
"title": "偵察兵(ナニワ版)",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.978749",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.978749",
"children":
[
{ "id": 49993,
"title": "偵察兵としての低物理域対応訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.231705",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.231705",
"children":
[
{ "id": 49994,
"title": "狼煙",
"description": "居場所が暴露されてしまう点と伝達できる情報量に限りがあるという欠点はあるが、低物理域では数少ない長距離間の情報伝達手段であり、非常事態の伝達には特に有効。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.236763",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.236763",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 111
},

{ "id": 49996,
"title": "サバイバル技術",
"description": "道具を持たない状態で自然の中に放り出されても、即席で狩猟道具を作成したり、狩りを行う等の大自然の中で生き抜く為の技術と知識。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.30587",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.30587",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 112
},

{ "id": 49998,
"title": "音を使った情報伝達",
"description": "角笛や法螺貝等の楽器を鳴らす事で音による情報伝達を行う。相手にも音そのものは聞こえてしまうという欠点はあるが、予め符丁を決めておく事で伝達内容の隠蔽は可能。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.370257",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.370257",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 113
},

{ "id": 50000,
"title": "訓練内容の詳細",
"description": "オーマの絶技による物理域シフトや低物理域での作戦活動など、過去の戦訓から低物理域での活動を視野に入れた訓練が行われた。主に古くから伝わる生活の知恵や道具を活用する事で多少の効率は悪くとも最低限の活動を可能とする。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.421551",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.421551",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 114
},

{ "id": 50002,
"title": "特殊部隊員仕込みの近接格闘訓練",
"description": "低物理域での戦闘を想定したナイフコンバットや軍隊格闘術を駆使するCQC(Close Quarters Combat 近接格闘)の訓練では治安維持活動等にも参加したベテランの特殊部隊員からなる教導隊がそのノウハウを伝授した。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.487245",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.487245",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 115
},

{ "id": 50004,
"title": "手旗信号",
"description": "旗を用いて遠方に情報を伝える。\nモールス符号などを活用する事で詳細な情報伝達が可能である。\nまた視覚を使った情報伝達なので双眼鏡や望遠鏡等の遠くを見る為の道具と併用する事で\n距離を延ばすことも可能。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.551324",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.551324",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 116
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 110
},

{ "id": 50101,
"title": "偵察",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.013672",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.013672",
"children":
[
{ "id": 50102,
"title": "偵察とは",
"description": "偵察とは軍隊の本隊から先行し、作戦対象の情報収集を行い、本隊にその結果を報告する事である。\n収集する情報としては敵軍の状況や作戦エリアの地形情報、味方部隊が砲撃や爆撃を行った際の攻撃の成果等がある。\nまた潜んでいる敵軍を発見する際にも偵察が行われる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.015134",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.015134",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 118
},

{ "id": 50103,
"title": "偵察を行う意義",
"description": "例えば軍隊を1人の人間に見立てた場合、\n偵察部隊は目であり、偵察とは対象を見据え、よく観察する事と言える。\n偵察を行わないという事は喧嘩相手の目の前で目を閉じて喧嘩に挑むようなものである。\n相手をしっかりと見据え、相手がどんな方法で何を狙った行動を取ろうとしているかを把握する事が重要である。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.067206",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.067206",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 119
},

{ "id": 50104,
"title": "偵察任務での手法",
"description": "大きく分けると3つの手法が考えられる。\n1つは歩兵を用いて、相手に気付かれないように徒歩で接近し、潜みながら相手の情報を取得する。\nもう1つは航空機を用いて上空から地形情報や敵軍の場所、展開具合等を調べる方法。\nそして最後はある程度の武力を用いて敵軍を強襲し、その反応から情報を収集する威力偵察である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.127661",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.127661",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 120
},

{ "id": 50105,
"title": "収集すべき情報",
"description": "主に敵軍を対象とした偵察で重要とされる情報は\n規模、行動、位置、部隊、時間、装備の5つと言われており、\n報告の際にはこれらを簡潔に伝える事が重要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.166144",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.166144",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 121
},

{ "id": 50106,
"title": "偵察兵として要求される能力",
"description": "要求される能力や技術としては\nまず優れた視力、任務先の地形情報を地図から読み取る知識と想像力、少しでも多くの情報を得る為の観察力。\n次に徒歩での活動がメインとなる為、持久力や頑健な足腰。\nそして相手に気取られずに行動する為の隠蔽や暗号の技術等が考えられる。\nまた偵察対象に関する知識も有用である。\n例えば同じ野営地の様子を目にしても軍事知識の有無によって見えてくるものが変わってくる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.19895",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.19895",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 122
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 117
},

{ "id": 50107,
"title": "偵察の国ナニワアームズ",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.301453",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.301453",
"children":
[
{ "id": 50108,
"title": "ナニワアームズにおける偵察兵",
"description": "アイドレス初期において藩王が偵察で活躍した事を発端として、\nナニワアームズでは偵察兵が軍隊における花形職となったのである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.303838",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.303838",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 124
},

{ "id": 50109,
"title": "無線技術と暗号技術",
"description": "無線機は本部隊との連絡を取る手段であり、偵察とは切り離せない重要な機器であるが、\n基本的に敵軍にも傍受される懸念がある。\nその為、報告内容が漏洩しないように暗号化する為の技術は重要であり、\n機械に強いナニワアームズでも当然ながら重視され、偵察技術と共に磨き上げられてきた技術である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.331633",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.331633",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 125
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 123
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 109
},

{ "id": 50025,
"title": "特殊部隊員",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.616395",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.616395",
"children":
[
{ "id": 50026,
"title": "特殊部隊員の意義",
"description": "その柔軟さから様々な任務に動員される歩兵の中でも特に対テロ作戦や人質救出作戦などの困難な任務に挑む為に特化された兵科である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.628993",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.628993",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 127
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 126
},

{ "id": 50147,
"title": "FO",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.741336",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.741336",
"children":
[
{ "id": 50148,
"title": "FOってどんな職業なのか",
"description": "正式名称は前進観測員(Forward Observer)といい、前線に出て遠方への攻撃(砲兵やI=Dによる砲撃や航空機の爆撃)を効果的にする為の各種情報を取得して本隊に伝える役割を担っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.744921",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.744921",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 129
},

{ "id": 50149,
"title": "着弾観測",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.768628",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.768628",
"children":
[
{ "id": 50150,
"title": "着弾観測とは",
"description": "大砲を用いた超遠距離攻撃を行った際に\n砲弾が目標地点からどのぐらいの位置に着弾したか、\nまたその際の効果を観測して砲兵部隊に報告する。\nこれにより次の砲撃の精度を高める事が出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.770508",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.770508",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 131
},

{ "id": 50151,
"title": "空間認識能力",
"description": "着弾観測の際には着弾地点が地図上の目標地点からどのぐらいズレたかを\n素早く正確に把握する事が重要である。\nその為、地図から地形を読み取り、実際の風景と照らし合わせる能力は重要である。\nそこでナニワアームズでは偵察訓練では地形をスケッチする時間を設けて、\n素早く的確なスケッチを行う訓練と共に空間認識能力を鍛えるカリキュラムを採用している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.791318",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.791318",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 132
},

{ "id": 50152,
"title": "暗算",
"description": "レティクルによる目標までの距離や大きさの算出に暗算が出来るとスムーズに任務をこなす事が出来る。\n商隊を発祥とするナニワアームズ商藩国では暗算の重要性は認識されており、一般教養レベルで可能である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.818358",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.818358",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 133
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 130
},

{ "id": 50153,
"title": "他兵科との連携訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.89835",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.89835",
"children":
[
{ "id": 50154,
"title": "砲兵との連携",
"description": "目標地点の情報の適切な伝達及び、砲撃の結果の報告の訓練を行うと共に砲兵と連携した軍事行動を取る際の注意点の確認や問題点の洗い出し、対策の検討を行った。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.901395",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.901395",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 135
},

{ "id": 50155,
"title": "航空機による爆撃の支援",
"description": "航空機からも分かる爆撃地点の指定方法や連携の取り方などの確認を実地訓練で行った。また航空機と陸戦兵器との違いを確認し、適切な対処方法を打ち合わせした。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:42.937496",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:42.937496",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 136
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 134
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 128
},

{ "id": 50007,
"title": "情報伝達手段",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.876044",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.876044",
"children":
[
{ "id": 50008,
"title": "偵察任務での無線技術の活用",
"description": "軍事行動中に複数の部隊が別々に分かれて行動する際に連絡する為に良く活用される方法。\n電波を用いて情報の送受信を行う無線機やトランシーバーを各部隊が所持して連絡を取り合う。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.886248",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.886248",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 138
},

{ "id": 50010,
"title": "暗号技術",
"description": "無線による通信は常に通信傍受による情報漏洩のリスクが伴う。その為、情報漏洩を防ぐ為の暗号技術は無線と不可分なものであり、偵察の国であるナニワアームズでは長年、磨き上がられてきた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.992322",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.992322",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 139
},

{ "id": 50011,
"title": "無線通信の欠点",
"description": "無線による情報伝達は離れた部隊間でのやり取りに便利だが、\n電波を飛ばすという手法である為、受信相手を選ぶ事が出来ない。\nその為、無線通信の内容を敵に傍受されたり、発信源を特定される事で位置がばれる危険性もある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.063707",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.063707",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 140
},

{ "id": 50013,
"title": "作戦活動中に行う無線封鎖の意義",
"description": "無線通信の欠点を考慮し、秘密裡に行う作戦行動中は無線封鎖を行い、\n無線による通信を制限して隠密性を高める事がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.130649",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.130649",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 141
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 137
},

{ "id": 50110,
"title": "行軍訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.360469",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.360469",
"children":
[
{ "id": 50111,
"title": "悪天候時の訓練",
"description": "作戦は常に晴天の状況で行われるわけではない。\n天候の急変や、あえて悪天候時を選んで行動することも考えられる。\n悪天候下でも問題なく移動できるよう、荒天時にも訓練を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.363297",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.363297",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 143
},

{ "id": 50112,
"title": "悪路対応訓練",
"description": "常に舗装された道路がある状況で作戦を行っている訳ではない。\nすでに舗装も崩れたような状況や、足元の悪い所を迅速に移動することも必要となる。\nそのような状況でも、安定して移動できる用に訓練を行っている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.397686",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.397686",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 144
},

{ "id": 50113,
"title": "山岳行軍トレーニング",
"description": "徒歩で複雑な地形を走破するための訓練。\n起伏に富み障害物の多い道なき道も走破し移動できる必要がある。\nまた山岳の訓練は強い足腰を効果もある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.422805",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.422805",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 145
},

{ "id": 50114,
"title": "完全装備での実施",
"description": "実際の作戦時を想定し、完全装備で訓練は行われる。\n完全装備時の重量は内容にもよるが非常に重く、その状態で十分なパフォーマンスが発揮できねばならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.449077",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.449077",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 146
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 142
},

{ "id": 50156,
"title": "隠蔽技術",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.092546",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.092546",
"children":
[
{ "id": 50157,
"title": "隠蔽技術とは",
"description": "偵察を行う際に相手に気取られない様に行動する為に様々な工夫を行う必要がある。\nナニワアームズではこれらの技術を磨く為に実地訓練は偵察側、警戒側に分かれて交互に役割を入れ替えて行われる。\nこれにより各々の立場での見方や考え方を育てると同時に互いに切磋琢磨して日夜技術を磨いている。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.09464",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.09464",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 148
},

{ "id": 50158,
"title": "偽装の訓練",
"description": "歩兵が身を隠す、あるいは歩兵以外の兵器等を敵の目から隠す為の技術の訓練。\n銃などを用いた敵の先制攻撃から身を守る上での、数少ない手段の一つであり生存性に大きく影響する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.118179",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.118179",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 149
},

{ "id": 50159,
"title": "迷彩を施す",
"description": "迷彩服の着用など、視認性を下げる為の技術。\n装備や人間の肌など光沢のある物は塗料や、現地では泥などを用いて光沢を隠したりする。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.154071",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.154071",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 150
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 147
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 0
}]


  [No.2346] 軽歩兵の改善案 投稿者:蘭堂 風光@ナニワアームズ商藩国  投稿日:2017/10/10(Tue) 04:46:36

何とか偵察系の部品だけでもまとめる案を考えてみました。

大部品の情報伝達手段、隠蔽技術、偵察、偵察の国ナニワアームズを
ナニワ式偵察技術としてまとめ直したイメージです。
※汎用的に使える部品は偵察技術、ナニワ独自は偵察の国ナニワアームズにまとめています。

◆編集イメージ
大部品:情報伝達手段、隠蔽技術を削除
大部品:行軍訓練は大部品: 偵察の国ナニワアームズ→大部品: 鍛え抜かれた肉体に移動させると良いと思います。
大部品: 偵察兵(ナニワ版)の配下の大部品を全部削除し、歩兵とナニワ式偵察技術を追加する。
#もう少し軽歩兵全体を編集したモデルを用意したかったけど、大部品単位のJSONでの挿入が出来なくなっていたので断念。

#ちなみに下手に登録して誰も編集出来なくなると困るのでナニワ式偵察技術は文殊に登録していません。
大部品: 技術習得の為の訓練
大部品: 訓練に適した多彩なフィールド
#樹海は霊峰の麓に富士山と似た樹海があるイメージです。
大部品: 偵察兵の運用ノウハウ
の辺りに数個部品を追加すれば評価値9になるはず。

/*/

*部品構造

-大部品: ナニワ式偵察技術 RD:35 評価値:8
--大部品: 偵察技術 RD:24 評価値:7
---部品: 偵察とは
---部品: 収集すべき情報
---部品: 偵察部隊の位置付け
---部品: 偵察を行う意義
---部品: 偵察情報の要点
---大部品: 偵察任務での手法 RD:3 評価値:2
----部品: 隠密偵察
----部品: 航空偵察
----部品: 威力偵察
---大部品: 偵察兵として要求される能力や技術 RD:11 評価値:5
----部品: 偵察兵向きな素質
----部品: 偵察に有用な技術
----大部品: 軍事知識 RD:1 評価値:0
-----部品: 軍事知識の有用性
----大部品: 情報伝達手段 RD:4 評価値:3
-----部品: 偵察任務での無線技術の活用
-----部品: 暗号技術
-----部品: 無線通信の欠点
-----部品: 作戦活動中に行う無線封鎖の意義
----大部品: 隠蔽技術 RD:4 評価値:3
-----部品: 隠蔽技術とは
-----部品: 偽装の訓練
-----部品: 迷彩を施す
-----部品: 隠蔽と偵察
---大部品: 技術習得の為の訓練 RD:5 評価値:3
----部品: 技術習得に必要な準備
----部品: 偵察装備の習熟訓練
----部品: 暗号解析のトレーニング
----部品: 隠密訓練
----部品: 地図の読み方
--大部品: 偵察の国ナニワアームズ RD:11 評価値:5
---部品: ナニワアームズにおける偵察兵
---部品: 無線技術と暗号技術
---大部品: 訓練に適した多彩なフィールド RD:3 評価値:2
----部品: ナニワアームズの多彩な自然
----部品: 地下
----部品: 山岳地帯
---部品: 花形職の強み
---部品: 優れた素質を持つ人材の採用
---部品: 偵察装備の研究開発
---大部品: 藩国軍の偵察特訓メニュー RD:2 評価値:1
----部品: 偵察特訓とは
----部品: ナニワでの隠蔽技術訓練
---大部品: 偵察兵の運用ノウハウ RD:1 評価値:0
----部品: 豊富な運用実績



*部品定義

**部品: 偵察とは
偵察とは軍隊の本隊から先行し、作戦対象の情報収集を行い、本隊にその結果を報告する事である。
また潜んでいる敵軍を発見する際にも偵察が行われる。


**部品: 収集すべき情報
収集する情報としては敵軍の状況や作戦エリアの地形情報、味方部隊が砲撃や爆撃を行った際の攻撃の成果等がある。

**部品: 偵察部隊の位置付け
例えば軍隊を1人の人間に見立てた場合、偵察部隊は目であり、偵察とは対象を見据え、よく観察する事と言える。

**部品: 偵察を行う意義
偵察を行わないという事は喧嘩相手の目の前で目を閉じて喧嘩に挑むようなものである。
相手をしっかりと見据え、相手がどんな方法で何を狙った行動を取ろうとしているかを把握する事が重要である。


**部品: 偵察情報の要点
主に敵軍を対象とした偵察で重要とされる情報は
規模、行動、位置、部隊、時間、装備の5つと言われており、
報告の際にはこれらを簡潔に伝える事が重要である。

**部品: 隠密偵察
歩兵を用いた徒歩での静粛性や隠れやすさを活かし、相手に気付かれないように接近し、潜みながら相手の情報を取得する手法。

**部品: 航空偵察
航空機を用いて上空から地形情報や敵軍の場所、展開具合等を調べる方法。近年では航空機ドローンを用いた偵察手法も検討されている。

**部品: 威力偵察
強行偵察とも呼ばれる手法で、小規模な部隊によって敵軍を強襲する事によって、それに対応する敵軍の動きや戦力から情報を収集する。退路の確保や引き時の見極めが重要となる。

**部品: 偵察兵向きな素質
優れた視力、徒歩での活動がメインとなる為、持久力や頑健な足腰。少しでも多くの情報を得る為の観察力。これらはある程度は訓練で鍛える事が可能だが、これらに長けた者はより偵察兵としての適性があると言える。



**部品: 偵察に有用な技術
任務先の地形情報を地図から読み取る技術、相手に気取られずに行動する為の隠蔽や暗号の技術、通信手段を確保する為の無線技術等が挙げられる。

**部品: 軍事知識の有用性
基本的に偵察は軍事行動を行う際に必要となる情報を収集する行為である。
その為、相手の軍事行動の意図や装備の特徴、地形探査なら部隊の展開のしやすさや戦いやすさ等のように
軍事知識を持っている方がより効率良く、精度の高い情報を収集できる。


**部品: 偵察任務での無線技術の活用
軍事行動中に複数の部隊が別々に分かれて行動する際に連絡する為に良く活用される方法。
電波を用いて情報の送受信を行う無線機やトランシーバーを各部隊が所持して連絡を取り合う。


**部品: 暗号技術
無線による通信は常に通信傍受による情報漏洩のリスクが伴う。その為、情報漏洩を防ぐ為の暗号技術は無線と不可分なものであり、偵察の際に必要となる技術と言える。

**部品: 無線通信の欠点
無線による情報伝達は離れた部隊間でのやり取りに便利だが、
電波を飛ばすという手法である為、受信相手を選ぶ事が出来ない。
その為、無線通信の内容を敵に傍受されたり、発信源を特定される事で位置がばれる危険性もある。


**部品: 作戦活動中に行う無線封鎖の意義
無線通信の欠点を考慮し、秘密裡に行う作戦行動中は無線封鎖を行い、
無線による通信を制限して隠密性を高める事がある。

**部品: 隠蔽技術とは
偵察を行う際に相手に気取られない様に行動する為に様々な工夫を行う必要がある。これらのノウハウを積み上げ、実戦を通して磨き上げてきた技術を隠蔽技術と呼ぶ。

**部品: 偽装の訓練
歩兵が身を隠す、あるいは歩兵以外の兵器等を敵の目から隠す為の技術の訓練。
銃などを用いた敵の先制攻撃から身を守る上での、数少ない手段の一つであり生存性に大きく影響する。

**部品: 迷彩を施す
迷彩服の着用など、視認性を下げる為の技術。
装備や人間の肌など光沢のある物は塗料や、現地では泥などを用いて光沢を隠したりする。

**部品: 隠蔽と偵察
最も基本的な偵察手法である隠密偵察を行う際には如何にして相手に気取られないかという事が重要になる。その為、隠蔽技術は必須と言って良い技術である。

**部品: 技術習得に必要な準備
偵察技術を習得するには正規軍に所属し、専任の指導教官の元で部隊単位での2,3年間の訓練を経る事で基礎的な技術を習得する事が可能である。逆に独学でこれを習得するには環境、ノウハウ等を様々な点を準備する必要があり、極めて困難である。

**部品: 偵察装備の習熟訓練
双眼鏡、暗視スコープ、赤外線スコープ、無線機等をはじめとする偵察用装備品の仕組みや使い方、整備方法等を学び、実地訓練で実際に使用する事で各種装備の扱いに慣れる。


**部品: 暗号解析のトレーニング
暗号の仕組みを学び、実際に暗号解析のトレーニングを行う事で暗号についての理解を深め、TPOに合わせて暗号技術を活用する術を学ぶ。


**部品: 隠密訓練
隠蔽に使える地形の把握、行軍の痕跡の消し方、物音を立てない為の工夫(装備品の固定の仕方など)、隠密行動時の注意点等を実地訓練を通して指導教官から伝授される。


**部品: 地図の読み方
地図の種類や表記法、特徴を学び、地図から必要な地形情報を読み取る術を学ぶ。また同時に偵察時に収集した地形情報を地図に追記する方法等も学ぶ。


**部品: ナニワアームズにおける偵察兵
アイドレス初期において藩王が偵察で活躍した事を発端として、
ナニワアームズでは偵察兵が軍隊における花形職となったのである。


**部品: 無線技術と暗号技術
無線機は本部隊との連絡を取る手段であり、偵察とは切り離せない重要な機器であるが、
基本的に敵軍にも傍受される懸念がある。
その為、報告内容が漏洩しないように暗号化する為の技術は重要であり、
機械に強いナニワアームズでも当然ながら重視され、偵察技術と共に磨き上げられてきた技術である。

**部品: ナニワアームズの多彩な自然
ナニワアームズ商藩国と言えば砂漠の印象が強いが、実際には荒野、オアシス、河川、山岳、霊峰フィルズ山の麓に広がる樹海、地下と様々な自然環境が存在しており、様々な環境下での実地訓練が可能である。

**部品: 地下
地下の未開発エリアの探索には藩国軍、特に偵察兵や軽歩兵が主体となったチームで行われる。
閉所や暗所でのクリアリングや互いのカバーリング、不測の事態への対処などの訓練に最適である。
なお他のフィールドよりも危険度が高い為、ベテラン偵察兵が同伴し、万全なバックアップ体制で実施される。


**部品: 山岳地帯
フォルーハには霊峰フィルズ山をはじめとした山岳地帯が広がっており、
山あり谷ありの激しい高低差がある地形や足場の悪い山道などの山岳特有の地形での偵察訓練が行える。


**部品: 花形職の強み
スポーツでも有力な選手が登場すると人気が高まり、数年間に渡り優秀な人材が集まりやすくなる。
それと同様にナニワアームズでは藩王という最も有名人が偵察で活躍した事で注目度は跳ね上がり、
偵察兵に優秀な人材が集まりやすくなっている。


**部品: 優れた素質を持つ人材の採用
視力、空間把握能力、観察力、健脚、持久力、忍耐力等の偵察任務で要求される能力に優れた人材が選りすぐられて採用される。


**部品: 偵察装備の研究開発
偵察用I=Dであるバーミーズを開発するぐらい、ナニワアームズでは偵察関連の装備や兵器の研究開発が活発に行われており、優れた機械工学の技術と持ち前の器用さを活かし、様々な偵察機器が日夜開発されている。


**部品: 偵察特訓とは
ナニワアームズ藩国軍では有志を募って偵察特訓を定期的に実施している。
これは偵察兵の採用に漏れてしまった者でも優秀な成績を示せば採用されるチャンスの場である。
また同時に意欲が高いものが自身の偵察スキルを向上させる為の訓練でもあり、当然ながら偵察兵なら大抵のものは参加している。





**部品: ナニワでの隠蔽技術訓練
ナニワアームズでは隠蔽技術を磨く為に実地訓練は偵察側、警戒側に分かれて交互に役割を入れ替えて行われる。これにより各々の立場での見方や考え方を育てると同時に互いに切磋琢磨して日夜技術を磨いている。

**部品: 豊富な運用実績
最初期から現在に至るまでナニワアームズ藩国軍では常に偵察兵が現役であり、歩兵部隊の主軸である。
この長年の偵察兵の運用実績やノウハウが藩国軍で蓄えられている。




*提出書式

大部品: ナニワ式偵察技術 RD:35 評価値:8
-大部品: 偵察技術 RD:24 評価値:7
--部品: 偵察とは
--部品: 収集すべき情報
--部品: 偵察部隊の位置付け
--部品: 偵察を行う意義
--部品: 偵察情報の要点
--大部品: 偵察任務での手法 RD:3 評価値:2
---部品: 隠密偵察
---部品: 航空偵察
---部品: 威力偵察
--大部品: 偵察兵として要求される能力や技術 RD:11 評価値:5
---部品: 偵察兵向きな素質
---部品: 偵察に有用な技術
---大部品: 軍事知識 RD:1 評価値:0
----部品: 軍事知識の有用性
---大部品: 情報伝達手段 RD:4 評価値:3
----部品: 偵察任務での無線技術の活用
----部品: 暗号技術
----部品: 無線通信の欠点
----部品: 作戦活動中に行う無線封鎖の意義
---大部品: 隠蔽技術 RD:4 評価値:3
----部品: 隠蔽技術とは
----部品: 偽装の訓練
----部品: 迷彩を施す
----部品: 隠蔽と偵察
--大部品: 技術習得の為の訓練 RD:5 評価値:3
---部品: 技術習得に必要な準備
---部品: 偵察装備の習熟訓練
---部品: 暗号解析のトレーニング
---部品: 隠密訓練
---部品: 地図の読み方
-大部品: 偵察の国ナニワアームズ RD:11 評価値:5
--部品: ナニワアームズにおける偵察兵
--部品: 無線技術と暗号技術
--大部品: 訓練に適した多彩なフィールド RD:3 評価値:2
---部品: ナニワアームズの多彩な自然
---部品: 地下
---部品: 山岳地帯
--部品: 花形職の強み
--部品: 優れた素質を持つ人材の採用
--部品: 偵察装備の研究開発
--大部品: 藩国軍の偵察特訓メニュー RD:2 評価値:1
---部品: 偵察特訓とは
---部品: ナニワでの隠蔽技術訓練
--大部品: 偵察兵の運用ノウハウ RD:1 評価値:0
---部品: 豊富な運用実績


部品: 偵察とは
偵察とは軍隊の本隊から先行し、作戦対象の情報収集を行い、本隊にその結果を報告する事である。
また潜んでいる敵軍を発見する際にも偵察が行われる。


部品: 収集すべき情報
収集する情報としては敵軍の状況や作戦エリアの地形情報、味方部隊が砲撃や爆撃を行った際の攻撃の成果等がある。

部品: 偵察部隊の位置付け
例えば軍隊を1人の人間に見立てた場合、偵察部隊は目であり、偵察とは対象を見据え、よく観察する事と言える。

部品: 偵察を行う意義
偵察を行わないという事は喧嘩相手の目の前で目を閉じて喧嘩に挑むようなものである。
相手をしっかりと見据え、相手がどんな方法で何を狙った行動を取ろうとしているかを把握する事が重要である。


部品: 偵察情報の要点
主に敵軍を対象とした偵察で重要とされる情報は
規模、行動、位置、部隊、時間、装備の5つと言われており、
報告の際にはこれらを簡潔に伝える事が重要である。

部品: 隠密偵察
歩兵を用いた徒歩での静粛性や隠れやすさを活かし、相手に気付かれないように接近し、潜みながら相手の情報を取得する手法。

部品: 航空偵察
航空機を用いて上空から地形情報や敵軍の場所、展開具合等を調べる方法。近年では航空機ドローンを用いた偵察手法も検討されている。

部品: 威力偵察
強行偵察とも呼ばれる手法で、小規模な部隊によって敵軍を強襲する事によって、それに対応する敵軍の動きや戦力から情報を収集する。退路の確保や引き時の見極めが重要となる。

部品: 偵察兵向きな素質
優れた視力、徒歩での活動がメインとなる為、持久力や頑健な足腰。少しでも多くの情報を得る為の観察力。これらはある程度は訓練で鍛える事が可能だが、これらに長けた者はより偵察兵としての適性があると言える。



部品: 偵察に有用な技術
任務先の地形情報を地図から読み取る技術、相手に気取られずに行動する為の隠蔽や暗号の技術、通信手段を確保する為の無線技術等が挙げられる。

部品: 軍事知識の有用性
基本的に偵察は軍事行動を行う際に必要となる情報を収集する行為である。
その為、相手の軍事行動の意図や装備の特徴、地形探査なら部隊の展開のしやすさや戦いやすさ等のように
軍事知識を持っている方がより効率良く、精度の高い情報を収集できる。


部品: 偵察任務での無線技術の活用
軍事行動中に複数の部隊が別々に分かれて行動する際に連絡する為に良く活用される方法。
電波を用いて情報の送受信を行う無線機やトランシーバーを各部隊が所持して連絡を取り合う。


部品: 暗号技術
無線による通信は常に通信傍受による情報漏洩のリスクが伴う。その為、情報漏洩を防ぐ為の暗号技術は無線と不可分なものであり、偵察の際に必要となる技術と言える。

部品: 無線通信の欠点
無線による情報伝達は離れた部隊間でのやり取りに便利だが、
電波を飛ばすという手法である為、受信相手を選ぶ事が出来ない。
その為、無線通信の内容を敵に傍受されたり、発信源を特定される事で位置がばれる危険性もある。


部品: 作戦活動中に行う無線封鎖の意義
無線通信の欠点を考慮し、秘密裡に行う作戦行動中は無線封鎖を行い、
無線による通信を制限して隠密性を高める事がある。

部品: 隠蔽技術とは
偵察を行う際に相手に気取られない様に行動する為に様々な工夫を行う必要がある。これらのノウハウを積み上げ、実戦を通して磨き上げてきた技術を隠蔽技術と呼ぶ。

部品: 偽装の訓練
歩兵が身を隠す、あるいは歩兵以外の兵器等を敵の目から隠す為の技術の訓練。
銃などを用いた敵の先制攻撃から身を守る上での、数少ない手段の一つであり生存性に大きく影響する。

部品: 迷彩を施す
迷彩服の着用など、視認性を下げる為の技術。
装備や人間の肌など光沢のある物は塗料や、現地では泥などを用いて光沢を隠したりする。

部品: 隠蔽と偵察
最も基本的な偵察手法である隠密偵察を行う際には如何にして相手に気取られないかという事が重要になる。その為、隠蔽技術は必須と言って良い技術である。

部品: 技術習得に必要な準備
偵察技術を習得するには正規軍に所属し、専任の指導教官の元で部隊単位での2,3年間の訓練を経る事で基礎的な技術を習得する事が可能である。逆に独学でこれを習得するには環境、ノウハウ等を様々な点を準備する必要があり、極めて困難である。

部品: 偵察装備の習熟訓練
双眼鏡、暗視スコープ、赤外線スコープ、無線機等をはじめとする偵察用装備品の仕組みや使い方、整備方法等を学び、実地訓練で実際に使用する事で各種装備の扱いに慣れる。


部品: 暗号解析のトレーニング
暗号の仕組みを学び、実際に暗号解析のトレーニングを行う事で暗号についての理解を深め、TPOに合わせて暗号技術を活用する術を学ぶ。


部品: 隠密訓練
隠蔽に使える地形の把握、行軍の痕跡の消し方、物音を立てない為の工夫(装備品の固定の仕方など)、隠密行動時の注意点等を実地訓練を通して指導教官から伝授される。


部品: 地図の読み方
地図の種類や表記法、特徴を学び、地図から必要な地形情報を読み取る術を学ぶ。また同時に偵察時に収集した地形情報を地図に追記する方法等も学ぶ。


部品: ナニワアームズにおける偵察兵
アイドレス初期において藩王が偵察で活躍した事を発端として、
ナニワアームズでは偵察兵が軍隊における花形職となったのである。


部品: 無線技術と暗号技術
無線機は本部隊との連絡を取る手段であり、偵察とは切り離せない重要な機器であるが、
基本的に敵軍にも傍受される懸念がある。
その為、報告内容が漏洩しないように暗号化する為の技術は重要であり、
機械に強いナニワアームズでも当然ながら重視され、偵察技術と共に磨き上げられてきた技術である。

部品: ナニワアームズの多彩な自然
ナニワアームズ商藩国と言えば砂漠の印象が強いが、実際には荒野、オアシス、河川、山岳、霊峰フィルズ山の麓に広がる樹海、地下と様々な自然環境が存在しており、様々な環境下での実地訓練が可能である。

部品: 地下
地下の未開発エリアの探索には藩国軍、特に偵察兵や軽歩兵が主体となったチームで行われる。
閉所や暗所でのクリアリングや互いのカバーリング、不測の事態への対処などの訓練に最適である。
なお他のフィールドよりも危険度が高い為、ベテラン偵察兵が同伴し、万全なバックアップ体制で実施される。


部品: 山岳地帯
フォルーハには霊峰フィルズ山をはじめとした山岳地帯が広がっており、
山あり谷ありの激しい高低差がある地形や足場の悪い山道などの山岳特有の地形での偵察訓練が行える。


部品: 花形職の強み
スポーツでも有力な選手が登場すると人気が高まり、数年間に渡り優秀な人材が集まりやすくなる。
それと同様にナニワアームズでは藩王という最も有名人が偵察で活躍した事で注目度は跳ね上がり、
偵察兵に優秀な人材が集まりやすくなっている。


部品: 優れた素質を持つ人材の採用
視力、空間把握能力、観察力、健脚、持久力、忍耐力等の偵察任務で要求される能力に優れた人材が選りすぐられて採用される。


部品: 偵察装備の研究開発
偵察用I=Dであるバーミーズを開発するぐらい、ナニワアームズでは偵察関連の装備や兵器の研究開発が活発に行われており、優れた機械工学の技術と持ち前の器用さを活かし、様々な偵察機器が日夜開発されている。


部品: 偵察特訓とは
ナニワアームズ藩国軍では有志を募って偵察特訓を定期的に実施している。
これは偵察兵の採用に漏れてしまった者でも優秀な成績を示せば採用されるチャンスの場である。
また同時に意欲が高いものが自身の偵察スキルを向上させる為の訓練でもあり、当然ながら偵察兵なら大抵のものは参加している。





部品: ナニワでの隠蔽技術訓練
ナニワアームズでは隠蔽技術を磨く為に実地訓練は偵察側、警戒側に分かれて交互に役割を入れ替えて行われる。これにより各々の立場での見方や考え方を育てると同時に互いに切磋琢磨して日夜技術を磨いている。

部品: 豊富な運用実績
最初期から現在に至るまでナニワアームズ藩国軍では常に偵察兵が現役であり、歩兵部隊の主軸である。
この長年の偵察兵の運用実績やノウハウが藩国軍で蓄えられている。





*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワ式偵察技術",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "id": 50101,
"title": "偵察技術",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.013672",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.013672",
"children":
[
{ "id": 50102,
"title": "偵察とは",
"description": "偵察とは軍隊の本隊から先行し、作戦対象の情報収集を行い、本隊にその結果を報告する事である。\nまた潜んでいる敵軍を発見する際にも偵察が行われる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.015134",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.015134",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 2
},

{ "title": "収集すべき情報",
"description": "収集する情報としては敵軍の状況や作戦エリアの地形情報、味方部隊が砲撃や爆撃を行った際の攻撃の成果等がある。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "偵察部隊の位置付け",
"description": "例えば軍隊を1人の人間に見立てた場合、偵察部隊は目であり、偵察とは対象を見据え、よく観察する事と言える。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "偵察を行う意義",
"description": "偵察を行わないという事は喧嘩相手の目の前で目を閉じて喧嘩に挑むようなものである。\n相手をしっかりと見据え、相手がどんな方法で何を狙った行動を取ろうとしているかを把握する事が重要である。\n",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "id": 50105,
"title": "偵察情報の要点",
"description": "主に敵軍を対象とした偵察で重要とされる情報は\n規模、行動、位置、部隊、時間、装備の5つと言われており、\n報告の際にはこれらを簡潔に伝える事が重要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.166144",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.166144",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 6
},

{ "title": "偵察任務での手法",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "隠密偵察",
"description": "歩兵を用いた徒歩での静粛性や隠れやすさを活かし、相手に気付かれないように接近し、潜みながら相手の情報を取得する手法。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "航空偵察",
"description": "航空機を用いて上空から地形情報や敵軍の場所、展開具合等を調べる方法。近年では航空機ドローンを用いた偵察手法も検討されている。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "威力偵察",
"description": "強行偵察とも呼ばれる手法で、小規模な部隊によって敵軍を強襲する事によって、それに対応する敵軍の動きや戦力から情報を収集する。退路の確保や引き時の見極めが重要となる。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"localID": 7,
"expanded": false
},

{ "title": "偵察兵として要求される能力や技術",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "偵察兵向きな素質",
"description": "優れた視力、徒歩での活動がメインとなる為、持久力や頑健な足腰。少しでも多くの情報を得る為の観察力。これらはある程度は訓練で鍛える事が可能だが、これらに長けた者はより偵察兵としての適性があると言える。\n\n",
"part_type": "part",
"localID": 12
},

{ "title": "偵察に有用な技術",
"description": "任務先の地形情報を地図から読み取る技術、相手に気取られずに行動する為の隠蔽や暗号の技術、通信手段を確保する為の無線技術等が挙げられる。",
"part_type": "part",
"localID": 13
},

{ "title": "軍事知識",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "軍事知識の有用性",
"description": "基本的に偵察は軍事行動を行う際に必要となる情報を収集する行為である。\nその為、相手の軍事行動の意図や装備の特徴、地形探査なら部隊の展開のしやすさや戦いやすさ等のように\n軍事知識を持っている方がより効率良く、精度の高い情報を収集できる。\n",
"part_type": "part",
"localID": 15
}
],
"localID": 14,
"expanded": true
},

{ "id": 50007,
"title": "情報伝達手段",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.876044",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.876044",
"children":
[
{ "id": 50008,
"title": "偵察任務での無線技術の活用",
"description": "軍事行動中に複数の部隊が別々に分かれて行動する際に連絡する為に良く活用される方法。\n電波を用いて情報の送受信を行う無線機やトランシーバーを各部隊が所持して連絡を取り合う。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.886248",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.886248",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 17
},

{ "id": 50010,
"title": "暗号技術",
"description": "無線による通信は常に通信傍受による情報漏洩のリスクが伴う。その為、情報漏洩を防ぐ為の暗号技術は無線と不可分なものであり、偵察の際に必要となる技術と言える。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:34.992322",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:34.992322",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 18
},

{ "id": 50011,
"title": "無線通信の欠点",
"description": "無線による情報伝達は離れた部隊間でのやり取りに便利だが、\n電波を飛ばすという手法である為、受信相手を選ぶ事が出来ない。\nその為、無線通信の内容を敵に傍受されたり、発信源を特定される事で位置がばれる危険性もある。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.063707",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.063707",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 19
},

{ "id": 50013,
"title": "作戦活動中に行う無線封鎖の意義",
"description": "無線通信の欠点を考慮し、秘密裡に行う作戦行動中は無線封鎖を行い、\n無線による通信を制限して隠密性を高める事がある。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:35.130649",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:35.130649",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 20
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 16
},

{ "id": 50156,
"title": "隠蔽技術",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.092546",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.092546",
"children":
[
{ "id": 50157,
"title": "隠蔽技術とは",
"description": "偵察を行う際に相手に気取られない様に行動する為に様々な工夫を行う必要がある。これらのノウハウを積み上げ、実戦を通して磨き上げてきた技術を隠蔽技術と呼ぶ。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.09464",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.09464",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 22
},

{ "id": 50158,
"title": "偽装の訓練",
"description": "歩兵が身を隠す、あるいは歩兵以外の兵器等を敵の目から隠す為の技術の訓練。\n銃などを用いた敵の先制攻撃から身を守る上での、数少ない手段の一つであり生存性に大きく影響する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.118179",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.118179",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 23
},

{ "id": 50159,
"title": "迷彩を施す",
"description": "迷彩服の着用など、視認性を下げる為の技術。\n装備や人間の肌など光沢のある物は塗料や、現地では泥などを用いて光沢を隠したりする。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:43.154071",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:43.154071",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 24
},

{ "title": "隠蔽と偵察",
"description": "最も基本的な偵察手法である隠密偵察を行う際には如何にして相手に気取られないかという事が重要になる。その為、隠蔽技術は必須と言って良い技術である。",
"part_type": "part",
"localID": 25
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 21
}
],
"localID": 11,
"expanded": false
},

{ "title": "技術習得の為の訓練",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "技術習得に必要な準備",
"description": "偵察技術を習得するには正規軍に所属し、専任の指導教官の元で部隊単位での2,3年間の訓練を経る事で基礎的な技術を習得する事が可能である。逆に独学でこれを習得するには環境、ノウハウ等を様々な点を準備する必要があり、極めて困難である。",
"part_type": "part",
"localID": 27
},

{ "title": "偵察装備の習熟訓練",
"description": "双眼鏡、暗視スコープ、赤外線スコープ、無線機等をはじめとする偵察用装備品の仕組みや使い方、整備方法等を学び、実地訓練で実際に使用する事で各種装備の扱いに慣れる。\n",
"part_type": "part",
"localID": 28
},

{ "title": "暗号解析のトレーニング",
"description": "暗号の仕組みを学び、実際に暗号解析のトレーニングを行う事で暗号についての理解を深め、TPOに合わせて暗号技術を活用する術を学ぶ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 29
},

{ "title": "隠密訓練",
"description": "隠蔽に使える地形の把握、行軍の痕跡の消し方、物音を立てない為の工夫(装備品の固定の仕方など)、隠密行動時の注意点等を実地訓練を通して指導教官から伝授される。\n",
"part_type": "part",
"localID": 30
},

{ "title": "地図の読み方",
"description": "地図の種類や表記法、特徴を学び、地図から必要な地形情報を読み取る術を学ぶ。また同時に偵察時に収集した地形情報を地図に追記する方法等も学ぶ。\n",
"part_type": "part",
"localID": 31
}
],
"localID": 26,
"expanded": true
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 1
},

{ "id": 50107,
"title": "偵察の国ナニワアームズ",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.301453",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.301453",
"children":
[
{ "id": 50108,
"title": "ナニワアームズにおける偵察兵",
"description": "アイドレス初期において藩王が偵察で活躍した事を発端として、\nナニワアームズでは偵察兵が軍隊における花形職となったのである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.303838",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.303838",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 33
},

{ "id": 50109,
"title": "無線技術と暗号技術",
"description": "無線機は本部隊との連絡を取る手段であり、偵察とは切り離せない重要な機器であるが、\n基本的に敵軍にも傍受される懸念がある。\nその為、報告内容が漏洩しないように暗号化する為の技術は重要であり、\n機械に強いナニワアームズでも当然ながら重視され、偵察技術と共に磨き上げられてきた技術である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:41.331633",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:41.331633",
"children": [],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 34
},

{ "title": "訓練に適した多彩なフィールド",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワアームズの多彩な自然",
"description": "ナニワアームズ商藩国と言えば砂漠の印象が強いが、実際には荒野、オアシス、河川、山岳、霊峰フィルズ山の麓に広がる樹海、地下と様々な自然環境が存在しており、様々な環境下での実地訓練が可能である。",
"part_type": "part",
"localID": 36
},

{ "title": "地下",
"description": "地下の未開発エリアの探索には藩国軍、特に偵察兵や軽歩兵が主体となったチームで行われる。\n閉所や暗所でのクリアリングや互いのカバーリング、不測の事態への対処などの訓練に最適である。\nなお他のフィールドよりも危険度が高い為、ベテラン偵察兵が同伴し、万全なバックアップ体制で実施される。\n",
"part_type": "part",
"localID": 37
},

{ "title": "山岳地帯",
"description": "フォルーハには霊峰フィルズ山をはじめとした山岳地帯が広がっており、\n山あり谷ありの激しい高低差がある地形や足場の悪い山道などの山岳特有の地形での偵察訓練が行える。\n",
"part_type": "part",
"localID": 38
}
],
"localID": 35,
"expanded": true
},

{ "title": "花形職の強み",
"description": "スポーツでも有力な選手が登場すると人気が高まり、数年間に渡り優秀な人材が集まりやすくなる。\nそれと同様にナニワアームズでは藩王という最も有名人が偵察で活躍した事で注目度は跳ね上がり、\n偵察兵に優秀な人材が集まりやすくなっている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 39
},

{ "title": "優れた素質を持つ人材の採用",
"description": "視力、空間把握能力、観察力、健脚、持久力、忍耐力等の偵察任務で要求される能力に優れた人材が選りすぐられて採用される。\n",
"part_type": "part",
"localID": 40
},

{ "title": "偵察装備の研究開発",
"description": "偵察用I=Dであるバーミーズを開発するぐらい、ナニワアームズでは偵察関連の装備や兵器の研究開発が活発に行われており、優れた機械工学の技術と持ち前の器用さを活かし、様々な偵察機器が日夜開発されている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 41
},

{ "title": "藩国軍の偵察特訓メニュー",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "偵察特訓とは",
"description": "ナニワアームズ藩国軍では有志を募って偵察特訓を定期的に実施している。\nこれは偵察兵の採用に漏れてしまった者でも優秀な成績を示せば採用されるチャンスの場である。\nまた同時に意欲が高いものが自身の偵察スキルを向上させる為の訓練でもあり、当然ながら偵察兵なら大抵のものは参加している。\n\n\n\n",
"part_type": "part",
"localID": 43
},

{ "title": "ナニワでの隠蔽技術訓練",
"description": "ナニワアームズでは隠蔽技術を磨く為に実地訓練は偵察側、警戒側に分かれて交互に役割を入れ替えて行われる。これにより各々の立場での見方や考え方を育てると同時に互いに切磋琢磨して日夜技術を磨いている。",
"part_type": "part",
"localID": 44
}
],
"localID": 42,
"expanded": false
},

{ "title": "偵察兵の運用ノウハウ",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "豊富な運用実績",
"description": "最初期から現在に至るまでナニワアームズ藩国軍では常に偵察兵が現役であり、歩兵部隊の主軸である。\nこの長年の偵察兵の運用実績やノウハウが藩国軍で蓄えられている。\n",
"part_type": "part",
"localID": 46
}
],
"localID": 45,
"expanded": true
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 32
}
],
"localID": 0,
"expanded": true
}
]


  [No.2311] めも 投稿者:暮里あづま  投稿日:2017/10/03(Tue) 23:31:27

*部品構造

-大部品: 暮里藍実(T22) RD:50 評価値:9
--大部品: 暮里愛実として RD:4 評価値:3
---部品: 外見
---部品: 胸につけた青いペンダント
---部品: 決戦存在
---部品: 絢爛舞踏章
--大部品: 大阪万博として RD:5 評価値:4
---部品: 大阪万博なる人物
---部品: 人となり
---部品: 頂点の力”魔”
---部品: 愛の戦士
---部品: 脚技主体の攻撃
--大部品: ニューワールドとナニワとの関わり RD:0 評価値:0
--大部品: 守上藤丸改め暮里あづまとの関わり RD:0 評価値:0
--大部品: 歩兵 RD:41 評価値:9
---大部品: 軍隊における歩兵の役割 RD:20 評価値:7
----部品: 歩兵に期待される役割
----大部品: 治安維持 RD:2 評価値:2
-----部品: 治安維持とは
-----部品: 警備、巡回
----大部品: 対テロリスト戦 RD:2 評価値:2
-----部品: 対テロリスト戦とは
-----部品: 爆発物処理
----大部品: 人命救助 RD:2 評価値:2
-----部品: 人命救助とは
-----部品: 応急処置
----大部品: 市街地戦闘 RD:1 評価値:1
-----部品: 市街地戦闘とは
----大部品: 閉所、屋内戦 RD:3 評価値:3
-----部品: 閉所、屋内戦とは
-----部品: クリアリングとカバーリング
-----部品: 近接格闘
----大部品: 歩兵による塹壕戦 RD:2 評価値:2
-----部品: 歩兵による塹壕戦とは
-----部品: 戦場での塹壕構築
----大部品: 復興支援 RD:2 評価値:2
-----部品: 復興支援とは
-----部品: 土木作業
----大部品: 不殺制圧 RD:1 評価値:1
-----部品: 不殺制圧とは
----大部品: 空挺降下 RD:1 評価値:1
-----部品: 空挺降下とは
----大部品: 避難誘導 RD:3 評価値:3
-----部品: 避難誘導とは
-----部品: 役割分担
-----部品: 避難訓練の実施
---大部品: 歩兵としての事前準備 RD:4 評価値:3
----大部品: 装備品の点検チェック RD:2 評価値:2
-----部品: 万全な装備状態の維持
-----部品: 銃火器の分解整備
----大部品: ブリーフィング RD:2 評価値:2
-----部品: 指揮系統の確認
-----部品: 作戦目的の優先順位
---大部品: 仲間との連携 RD:8 評価値:5
----部品: ハンドサイン
----部品: 集団戦における連携の重要性
----大部品: 基本教練 RD:6 評価値:4
-----部品: 基本教練の意義
-----部品: 基本姿勢
-----部品: 執銃時の動作
-----部品: 礼式
-----部品: 整列
-----部品: 行進間動作
---大部品: 格闘術訓練 RD:5 評価値:4
----部品: 格闘術の訓練概要
----部品: 人体の急所についての知識
----部品: 徒手格闘
----部品: ナイフ術
----部品: 銃剣の使い方
---大部品: 銃撃戦 RD:3 評価値:3
----部品: 歩兵にとっての射撃
----部品: 射撃の訓練
----部品: 射撃姿勢
---部品: 歩兵の流用実績



*部品定義

**部品: 外見
身長は高く、軽薄そうにも悲しそうにも見える笑みをはりつかせた、少年と青年の狭間の男。
身体は良く鍛えられ、ラフに着た服と腰に下げた軍刀が、良く似合う。

**部品: 胸につけた青いペンダント
「ガンプ・オーマの決意だよ。委員長。もしこの世界に触れることも傷つくこともない部外者の俺が、
俺がこの世界にいることの意味があるとしたら、それはデッドエンドと戦うことにある」

**部品: 決戦存在
いくつもの世界を渡りながら、デッドエンドと戦ってきたという人類の規格外。
彼の目は、時々ひどく冷たくなる。そんなときにはいつも、常人では理解できない危機の兆候が見えている。

**部品: 絢爛舞踏章
豪華絢爛たる舞踏の勲章。剣を手に踊る人形。黒と赤のそれが、金に輝く。
「なんでもかんでも、派手がいい。騒がしいのは、全部俺が引き受けよう」

**部品: 大阪万博なる人物
長身で美形、黙って立っているだけで女性も呆然とする色気の持ち主。
黙っていれば、友誼に厚いいい男。
・・・なのだが、悪い癖があってすぐ誰かをからかって遊ぶ。
からかう際には下ネタが多く、エロリストの名を欲しいままにしている。もっともこの称号を欲しがっているのは本人だけである。

**部品: 人となり
踊り子を母に持ち、その踊り子愛して妻に据えた大馬鹿貴族のじいさん息子である、そしてそれを誇りに思っている。
どんな騒ぎの中でも戦いの中でも、それが一番大事であるかのようにやさしく微笑むことが出来る。

**部品: 頂点の力”魔”
片方だけの白い手袋。聖なるもの。昔の誰かの優しさ。
誰かとまた逢うただそれだけのために、0から分離して作られたプラスとマイナスの力。
だが、万能ではなく常にプラスとマイナスの対で存在しなければならず、対となる使い手がいなければ使用することは出来ない力。

**部品: 愛の戦士
アイミ・クレサト。四天の一つ、太陽の昇る方角を司る愛の戦士。
「愛こそすべての頂点なのさ。だから俺は”超絶無敵”。」


**部品: 脚技主体の攻撃
「この手では誰も傷つけない」と母親に誓っている。
その為腕を振るうことはなく、脚で攻撃を受け、脚で敵を打ち倒し、脚で前進する。

**部品: 歩兵に期待される役割
歩兵は個々の火力は低いものの、その動員し易さや柔軟性の高さから通常戦闘だけでなく、
治安維持や災害救助、復興支援など様々な場面で動員された。
その結果、ニューワールドの数多くの動乱では多様な役割を果たして存在感を示し続けた。


**部品: 治安維持とは
情勢不安やテロリズム等により、国内での犯罪や暴動が発生する事を未然に防ぐ為に
不殺で対象を制圧できる歩兵にとって重要な役割の1つである。


**部品: 警備、巡回
重要施設への不審者の潜入を防いだり、往来で犯罪行為やテロに及ぶ事を未然に防ぐ為に警備や巡回は重要である。
どうしても平時は単調な任務になりやすい為、担当者には使命感や集中力、忍耐力が要求される。

**部品: 対テロリスト戦とは
過去の事例を振り返っても、市街地等で暗躍するテロリストへの対応に
歩兵部隊が要求される事が多く、テロリスト達の工作への対処に奔走した。


**部品: 爆発物処理
ニューワールドにおけるテロとの戦いでは度々テロリストが爆発物を設置してテロに及ぶ事が多かった。
その為、爆発物の処理が要求される事も多かった。

**部品: 人命救助とは
自然災害や人災などの様々な理由により発生した災害に巻き込まれた民間人を
2次災害を起こす事無く救助する際に弛まぬ鍛錬による優れた基礎体力と
明確な指揮系統と団体行動に慣れている事は役に立つ。
また全員が応急処置の心得を持つ点でも災害時の初動の活動で救える命も多い。

**部品: 応急処置
戦場では当然負傷する機会も多く、応急処置が出来るかどうかは生死を分ける事もある重要なスキルである。
また人命救助の際にも救助して直ぐに応急処置を行う事で本格的な治療を受けるまでの繋ぎとする事で大きく生存率を向上させる事が出来る。

**部品: 市街地戦闘とは
不幸にも人々の生活の基盤である市街地での戦闘が発生する事もある。
その際、戦車やI=Dと言った兵器での戦闘では生活基盤への被害も無視できないものになりかねず、
また入り組んだ地形から思うように部隊が展開できない事も多い。
一方で歩兵はサイズの関係から閉所や屋内の戦闘にも対応でき、施設への損壊も極力抑える事が出来る。


**部品: 閉所、屋内戦とは
屋内での戦闘では死角が多く、
不意打ちを受けやすい為、仲間と連携してお互いの死角をカバーしながらクリアリングする事で
潜伏している敵を炙り出す事が重要となる。
また近接距離で交戦に入る事も多く、ナイフや軍隊格闘術を用いたCQC(近接格闘)が役に立つ事も多い。


**部品: クリアリングとカバーリング
市街地や屋内での作戦行動では入り組んだ地形から死角が多く発生しやすく、
どこに敵が潜んでいるか分からない。
そこで怪しい場所に敵が潜んでいないか確認する作業の事をクリアリングと言い、
1人ではどうしても生じる死角を他のメンバーがフォローする事でカバーリングを行う事も重要である。

**部品: 近接格闘
主にナイフや軍隊格闘術を用いた近接戦闘技術であり、CQC(Close Quarters Combat)とも呼ばれる。
市街地や屋内等の入り組んだ地形での不意の遭遇戦や迂闊に発砲すると味方へ跳弾する恐れがある閉所での戦いで活躍する技術である。

**部品: 歩兵による塹壕戦とは
塹壕を掘ったり、土嚢を積んだり、柵を張り巡らす事で容易に敵勢力が突破できない防衛線を構築し、
拠点防衛や主力部隊が到着するまで遅延行動を行う。


**部品: 戦場での塹壕構築
敵の銃撃や砲撃から身を守る為に自身が身を潜めれる溝をスコップで掘り、
相手陣地側には相手の動きを妨害する為に鉄条網を張り巡らせたり、土嚢を積み上げる。
歩兵にとって重要な仕事の1つである。

**部品: 復興支援とは
度々、様々な厄災に見舞われたニューワールドでは、生き残った国民達の為に少しでも早く生活基盤を復旧させる事は
国民の生死に直結する重要な任務であった。


**部品: 土木作業
塹壕作成等から更に一歩進めて、ニューワールドにおける歩兵には人命救助や復興支援の為に
土木工事を行える事も求められるようになった。

**部品: 不殺制圧とは
ゴム弾や鳥もち、放水ホース等の非殺傷兵器や白兵戦闘で暴徒などを殺害せずに鎮圧する。
ある意味、高過ぎない火力だからこそ可能な任務であり、実際に幾つかの事件の被害拡大を食い止める事に一役買っていた。

**部品: 空挺降下とは
徒歩の為に移動速度がどうしても遅い歩兵を遠隔地まで迅速に展開させる為の方法の1つが
航空機やヘリによる兵の輸送と空挺降下による地上への歩兵の迅速な展開である。
当然、パラシュート操作をはじめとした高所から安全に落下する為の訓練が必要であり、
これらの訓練を必須としている藩国も多い。

**部品: 避難誘導とは
災害発生時には民間人を避難場所までスムーズに誘導する避難誘導は民間人の被害を出さない為の重要な任務である。
避難経路の安全確保やどうしても遅れがちな負傷者や子供、老人などのフォロー、
混雑を発生させないように交通整理を行う等、必要とされる作業は多い。

**部品: 役割分担
大勢の民間人の避難誘導では対象となる人数が多くなる事から一人で全てを賄う事は不可能である。
その為、避難誘導を担当する部隊間での役割分担がスムーズな避難誘導には欠かせない。

**部品: 避難訓練の実施
定期的に自藩国の様々なシチュエーションでの避難誘導を実施し、注意するポイントや役割分担等の確認、各員の連携の強化を図る。

**部品: 万全な装備状態の維持
自分に支給された武器、特に銃火器の整備状況は自身の生死を賭けた戦いでの生命線となる。
その為、歩兵は銃火器の分解整備は訓練で叩き込まれており、作戦には必ず万全の整備状況で挑むよう心掛けてる。


**部品: 銃火器の分解整備
歩兵における基本スキルの1つであり、銃火器を扱うのであれば、どの国の軍隊でも必須技能と言える。
銃器をパーツ毎に分解し、汚れを落としたり、劣化している箇所が無いか等の点検を行い、再び組み立てて動作確認を行う。

**部品: 指揮系統の確認
戦場における軍隊では指揮系統の明確化は様々な兵科に分かれた複数の部隊を有機的に連携させる上で重要である。
指揮系統が統一されずに幾つもの命令が飛び交う事態は避ける必要があり、有事の際の指揮系統をしっかりと確認する。

**部品: 作戦目的の優先順位
作戦行動中は常時、司令部と連絡が取れるとは限らない。また作戦の目的や目標が複数ある事も少ない。
その為、事前に作戦目的の優先順位を明確にしておく事で部隊内の認識を統一すると共に非常時に孤立した際にも各隊が現場の判断でぶれずに行動できる。

**部品: ハンドサイン
意思伝達が可能な距離は短いものの、道具が不要であり、目立ちにくい事から隠密行動時には意外と重宝された。

**部品: 集団戦における連携の重要性
数の利を活かした集団戦が主体となる歩兵にとって部隊内の連携と部隊間の連携は共に最も重要な要素と言える。
特に近年は様々な兵科の部隊が連携して作戦行動を実施する事で戦力を効果的に運用する為、重要性は増すばかりである。

**部品: 基本教練の意義
基本的には個人と部隊を訓練して諸制式に習熟させることであり、また部隊としての規律、団結を強化して作戦行動の基礎を作ることを目指している。

**部品: 基本姿勢
気を付けに始まる不動の姿勢と呼ばれる基本姿勢から始まり、右向け右、左向け左、回れ右、敬礼、休め等、統一された動作を身に着ける。
これが出来なければ、何も始まらない。

**部品: 執銃時の動作
小銃を装備した状態での基本動作の訓練。
基本動作の控え銃から始まり、下げ銃、担え銃、捧げ銃などの動作を身に着ける。

**部品: 礼式
特に敬礼の動作について取り仕切る物。
敬礼は相手への敬意を示す物であり、非常に重要な姿勢である。
挙手の敬礼や捧げ銃の敬礼など、装備、状況や国、軍によっても異なる。

**部品: 整列
基準を定めた上で部隊を縦隊、もしくは横隊に並べること。
部隊教練の基礎であり、整列時の位置、間隔も厳しくチェックされる。

**部品: 行進間動作
整列した状態からの前進を基本とした部隊教練。
歩幅や腕の動作、部隊の整列なども規定され、その上で各種号令に伴う動作を寸分乃狂いなく行えるようにならなくてはならない。

**部品: 格闘術の訓練概要
軍人が使用する格闘技であり、敵の速やかな無力化を目的としている。
軍人になる者が格闘技の経験があるとは限らない為、未経験者でも短期間で習得できる技術となっている。
もちろん、訓練は防具や寸止めなど、安全性を確保して行われる。


**部品: 人体の急所についての知識
速やかに相手を無力化するために、人体の急所に対する攻撃が基本となる。
顔面の感覚器や中枢神経や内臓の集中する胴体、骨格の関節等に加え、窒息や出血等の有効な使用が主となる。

**部品: 徒手格闘
武器を持たない無手の状況での技術。
パンチやキックなどの打撃技、敵への反撃を含む受け技、組み付いての締め技や投げ技、基本の技を身に着ける。

**部品: ナイフ術
刺突や切断、柄を用いた打撃や圧迫など、ナイフを使用した格闘術を身に着ける。
多目的に利用できるナイフは基本装備に含まれることも多い。

**部品: 銃剣の使い方
銃剣と呼ばれる、小銃の先に取り付ける刃物を用いた格闘術。
刺突、切りつけ、銃床を用いた打撃のほかに、銃全体を利用した打撃など応用技も多い。
銃剣を使用時には出来るだけ銃身に負担をかけない使用を求められるが、多少なりとも銃身にダメージを負う事が多い。

**部品: 歩兵にとっての射撃
アサルトライフルをメイン武器とする歩兵における最も基本的な攻撃手段である。
火線を集中させる事で相手の進軍を阻み、阻止線を張る事は重要な作戦行動である。
射撃訓練はもとより、常に万全な状態で射撃が行えるように銃の分解整備の練習も基本科目である。

**部品: 射撃の訓練
主に拳銃、自動小銃、軽機関銃など個人で携行可能な小火器を用いた射撃を行う為の訓練。
使用火器の違いや、標的との距離、気象、地形、弾種等を考慮して照準を統制する技術も含まれる。

**部品: 射撃姿勢
射撃を行う際の基本となる姿勢。
立ったままの射撃「立射」と伏せた状態での射撃「伏射」に大別され、さらに細かく分類される。
基本的かつ重要な技術であり、これが身について居なければ狙ったところに当てるのは難しい。

**部品: 歩兵の流用実績
このアイドレスはナニワアームズ商藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 以下の方より流用申請をいただいています。
・玄霧弦耶様【玄霧火焔】



*提出書式

大部品: 暮里藍実(T22) RD:50 評価値:9
-大部品: 暮里愛実として RD:4 評価値:3
--部品: 外見
--部品: 胸につけた青いペンダント
--部品: 決戦存在
--部品: 絢爛舞踏章
-大部品: 大阪万博として RD:5 評価値:4
--部品: 大阪万博なる人物
--部品: 人となり
--部品: 頂点の力”魔”
--部品: 愛の戦士
--部品: 脚技主体の攻撃
-大部品: ニューワールドとナニワとの関わり RD:0 評価値:0
-大部品: 守上藤丸改め暮里あづまとの関わり RD:0 評価値:0
-大部品: 歩兵 RD:41 評価値:9
--大部品: 軍隊における歩兵の役割 RD:20 評価値:7
---部品: 歩兵に期待される役割
---大部品: 治安維持 RD:2 評価値:2
----部品: 治安維持とは
----部品: 警備、巡回
---大部品: 対テロリスト戦 RD:2 評価値:2
----部品: 対テロリスト戦とは
----部品: 爆発物処理
---大部品: 人命救助 RD:2 評価値:2
----部品: 人命救助とは
----部品: 応急処置
---大部品: 市街地戦闘 RD:1 評価値:1
----部品: 市街地戦闘とは
---大部品: 閉所、屋内戦 RD:3 評価値:3
----部品: 閉所、屋内戦とは
----部品: クリアリングとカバーリング
----部品: 近接格闘
---大部品: 歩兵による塹壕戦 RD:2 評価値:2
----部品: 歩兵による塹壕戦とは
----部品: 戦場での塹壕構築
---大部品: 復興支援 RD:2 評価値:2
----部品: 復興支援とは
----部品: 土木作業
---大部品: 不殺制圧 RD:1 評価値:1
----部品: 不殺制圧とは
---大部品: 空挺降下 RD:1 評価値:1
----部品: 空挺降下とは
---大部品: 避難誘導 RD:3 評価値:3
----部品: 避難誘導とは
----部品: 役割分担
----部品: 避難訓練の実施
--大部品: 歩兵としての事前準備 RD:4 評価値:3
---大部品: 装備品の点検チェック RD:2 評価値:2
----部品: 万全な装備状態の維持
----部品: 銃火器の分解整備
---大部品: ブリーフィング RD:2 評価値:2
----部品: 指揮系統の確認
----部品: 作戦目的の優先順位
--大部品: 仲間との連携 RD:8 評価値:5
---部品: ハンドサイン
---部品: 集団戦における連携の重要性
---大部品: 基本教練 RD:6 評価値:4
----部品: 基本教練の意義
----部品: 基本姿勢
----部品: 執銃時の動作
----部品: 礼式
----部品: 整列
----部品: 行進間動作
--大部品: 格闘術訓練 RD:5 評価値:4
---部品: 格闘術の訓練概要
---部品: 人体の急所についての知識
---部品: 徒手格闘
---部品: ナイフ術
---部品: 銃剣の使い方
--大部品: 銃撃戦 RD:3 評価値:3
---部品: 歩兵にとっての射撃
---部品: 射撃の訓練
---部品: 射撃姿勢
--部品: 歩兵の流用実績


部品: 外見
身長は高く、軽薄そうにも悲しそうにも見える笑みをはりつかせた、少年と青年の狭間の男。
身体は良く鍛えられ、ラフに着た服と腰に下げた軍刀が、良く似合う。

部品: 胸につけた青いペンダント
「ガンプ・オーマの決意だよ。委員長。もしこの世界に触れることも傷つくこともない部外者の俺が、
俺がこの世界にいることの意味があるとしたら、それはデッドエンドと戦うことにある」

部品: 決戦存在
いくつもの世界を渡りながら、デッドエンドと戦ってきたという人類の規格外。
彼の目は、時々ひどく冷たくなる。そんなときにはいつも、常人では理解できない危機の兆候が見えている。

部品: 絢爛舞踏章
豪華絢爛たる舞踏の勲章。剣を手に踊る人形。黒と赤のそれが、金に輝く。
「なんでもかんでも、派手がいい。騒がしいのは、全部俺が引き受けよう」

部品: 大阪万博なる人物
長身で美形、黙って立っているだけで女性も呆然とする色気の持ち主。
黙っていれば、友誼に厚いいい男。
・・・なのだが、悪い癖があってすぐ誰かをからかって遊ぶ。
からかう際には下ネタが多く、エロリストの名を欲しいままにしている。もっともこの称号を欲しがっているのは本人だけである。

部品: 人となり
踊り子を母に持ち、その踊り子愛して妻に据えた大馬鹿貴族のじいさん息子である、そしてそれを誇りに思っている。
どんな騒ぎの中でも戦いの中でも、それが一番大事であるかのようにやさしく微笑むことが出来る。

部品: 頂点の力”魔”
片方だけの白い手袋。聖なるもの。昔の誰かの優しさ。
誰かとまた逢うただそれだけのために、0から分離して作られたプラスとマイナスの力。
だが、万能ではなく常にプラスとマイナスの対で存在しなければならず、対となる使い手がいなければ使用することは出来ない力。

部品: 愛の戦士
アイミ・クレサト。四天の一つ、太陽の昇る方角を司る愛の戦士。
「愛こそすべての頂点なのさ。だから俺は”超絶無敵”。」


部品: 脚技主体の攻撃
「この手では誰も傷つけない」と母親に誓っている。
その為腕を振るうことはなく、脚で攻撃を受け、脚で敵を打ち倒し、脚で前進する。

部品: 歩兵に期待される役割
歩兵は個々の火力は低いものの、その動員し易さや柔軟性の高さから通常戦闘だけでなく、
治安維持や災害救助、復興支援など様々な場面で動員された。
その結果、ニューワールドの数多くの動乱では多様な役割を果たして存在感を示し続けた。


部品: 治安維持とは
情勢不安やテロリズム等により、国内での犯罪や暴動が発生する事を未然に防ぐ為に
不殺で対象を制圧できる歩兵にとって重要な役割の1つである。


部品: 警備、巡回
重要施設への不審者の潜入を防いだり、往来で犯罪行為やテロに及ぶ事を未然に防ぐ為に警備や巡回は重要である。
どうしても平時は単調な任務になりやすい為、担当者には使命感や集中力、忍耐力が要求される。

部品: 対テロリスト戦とは
過去の事例を振り返っても、市街地等で暗躍するテロリストへの対応に
歩兵部隊が要求される事が多く、テロリスト達の工作への対処に奔走した。


部品: 爆発物処理
ニューワールドにおけるテロとの戦いでは度々テロリストが爆発物を設置してテロに及ぶ事が多かった。
その為、爆発物の処理が要求される事も多かった。

部品: 人命救助とは
自然災害や人災などの様々な理由により発生した災害に巻き込まれた民間人を
2次災害を起こす事無く救助する際に弛まぬ鍛錬による優れた基礎体力と
明確な指揮系統と団体行動に慣れている事は役に立つ。
また全員が応急処置の心得を持つ点でも災害時の初動の活動で救える命も多い。

部品: 応急処置
戦場では当然負傷する機会も多く、応急処置が出来るかどうかは生死を分ける事もある重要なスキルである。
また人命救助の際にも救助して直ぐに応急処置を行う事で本格的な治療を受けるまでの繋ぎとする事で大きく生存率を向上させる事が出来る。

部品: 市街地戦闘とは
不幸にも人々の生活の基盤である市街地での戦闘が発生する事もある。
その際、戦車やI=Dと言った兵器での戦闘では生活基盤への被害も無視できないものになりかねず、
また入り組んだ地形から思うように部隊が展開できない事も多い。
一方で歩兵はサイズの関係から閉所や屋内の戦闘にも対応でき、施設への損壊も極力抑える事が出来る。


部品: 閉所、屋内戦とは
屋内での戦闘では死角が多く、
不意打ちを受けやすい為、仲間と連携してお互いの死角をカバーしながらクリアリングする事で
潜伏している敵を炙り出す事が重要となる。
また近接距離で交戦に入る事も多く、ナイフや軍隊格闘術を用いたCQC(近接格闘)が役に立つ事も多い。


部品: クリアリングとカバーリング
市街地や屋内での作戦行動では入り組んだ地形から死角が多く発生しやすく、
どこに敵が潜んでいるか分からない。
そこで怪しい場所に敵が潜んでいないか確認する作業の事をクリアリングと言い、
1人ではどうしても生じる死角を他のメンバーがフォローする事でカバーリングを行う事も重要である。

部品: 近接格闘
主にナイフや軍隊格闘術を用いた近接戦闘技術であり、CQC(Close Quarters Combat)とも呼ばれる。
市街地や屋内等の入り組んだ地形での不意の遭遇戦や迂闊に発砲すると味方へ跳弾する恐れがある閉所での戦いで活躍する技術である。

部品: 歩兵による塹壕戦とは
塹壕を掘ったり、土嚢を積んだり、柵を張り巡らす事で容易に敵勢力が突破できない防衛線を構築し、
拠点防衛や主力部隊が到着するまで遅延行動を行う。


部品: 戦場での塹壕構築
敵の銃撃や砲撃から身を守る為に自身が身を潜めれる溝をスコップで掘り、
相手陣地側には相手の動きを妨害する為に鉄条網を張り巡らせたり、土嚢を積み上げる。
歩兵にとって重要な仕事の1つである。

部品: 復興支援とは
度々、様々な厄災に見舞われたニューワールドでは、生き残った国民達の為に少しでも早く生活基盤を復旧させる事は
国民の生死に直結する重要な任務であった。


部品: 土木作業
塹壕作成等から更に一歩進めて、ニューワールドにおける歩兵には人命救助や復興支援の為に
土木工事を行える事も求められるようになった。

部品: 不殺制圧とは
ゴム弾や鳥もち、放水ホース等の非殺傷兵器や白兵戦闘で暴徒などを殺害せずに鎮圧する。
ある意味、高過ぎない火力だからこそ可能な任務であり、実際に幾つかの事件の被害拡大を食い止める事に一役買っていた。

部品: 空挺降下とは
徒歩の為に移動速度がどうしても遅い歩兵を遠隔地まで迅速に展開させる為の方法の1つが
航空機やヘリによる兵の輸送と空挺降下による地上への歩兵の迅速な展開である。
当然、パラシュート操作をはじめとした高所から安全に落下する為の訓練が必要であり、
これらの訓練を必須としている藩国も多い。

部品: 避難誘導とは
災害発生時には民間人を避難場所までスムーズに誘導する避難誘導は民間人の被害を出さない為の重要な任務である。
避難経路の安全確保やどうしても遅れがちな負傷者や子供、老人などのフォロー、
混雑を発生させないように交通整理を行う等、必要とされる作業は多い。

部品: 役割分担
大勢の民間人の避難誘導では対象となる人数が多くなる事から一人で全てを賄う事は不可能である。
その為、避難誘導を担当する部隊間での役割分担がスムーズな避難誘導には欠かせない。

部品: 避難訓練の実施
定期的に自藩国の様々なシチュエーションでの避難誘導を実施し、注意するポイントや役割分担等の確認、各員の連携の強化を図る。

部品: 万全な装備状態の維持
自分に支給された武器、特に銃火器の整備状況は自身の生死を賭けた戦いでの生命線となる。
その為、歩兵は銃火器の分解整備は訓練で叩き込まれており、作戦には必ず万全の整備状況で挑むよう心掛けてる。


部品: 銃火器の分解整備
歩兵における基本スキルの1つであり、銃火器を扱うのであれば、どの国の軍隊でも必須技能と言える。
銃器をパーツ毎に分解し、汚れを落としたり、劣化している箇所が無いか等の点検を行い、再び組み立てて動作確認を行う。

部品: 指揮系統の確認
戦場における軍隊では指揮系統の明確化は様々な兵科に分かれた複数の部隊を有機的に連携させる上で重要である。
指揮系統が統一されずに幾つもの命令が飛び交う事態は避ける必要があり、有事の際の指揮系統をしっかりと確認する。

部品: 作戦目的の優先順位
作戦行動中は常時、司令部と連絡が取れるとは限らない。また作戦の目的や目標が複数ある事も少ない。
その為、事前に作戦目的の優先順位を明確にしておく事で部隊内の認識を統一すると共に非常時に孤立した際にも各隊が現場の判断でぶれずに行動できる。

部品: ハンドサイン
意思伝達が可能な距離は短いものの、道具が不要であり、目立ちにくい事から隠密行動時には意外と重宝された。

部品: 集団戦における連携の重要性
数の利を活かした集団戦が主体となる歩兵にとって部隊内の連携と部隊間の連携は共に最も重要な要素と言える。
特に近年は様々な兵科の部隊が連携して作戦行動を実施する事で戦力を効果的に運用する為、重要性は増すばかりである。

部品: 基本教練の意義
基本的には個人と部隊を訓練して諸制式に習熟させることであり、また部隊としての規律、団結を強化して作戦行動の基礎を作ることを目指している。

部品: 基本姿勢
気を付けに始まる不動の姿勢と呼ばれる基本姿勢から始まり、右向け右、左向け左、回れ右、敬礼、休め等、統一された動作を身に着ける。
これが出来なければ、何も始まらない。

部品: 執銃時の動作
小銃を装備した状態での基本動作の訓練。
基本動作の控え銃から始まり、下げ銃、担え銃、捧げ銃などの動作を身に着ける。

部品: 礼式
特に敬礼の動作について取り仕切る物。
敬礼は相手への敬意を示す物であり、非常に重要な姿勢である。
挙手の敬礼や捧げ銃の敬礼など、装備、状況や国、軍によっても異なる。

部品: 整列
基準を定めた上で部隊を縦隊、もしくは横隊に並べること。
部隊教練の基礎であり、整列時の位置、間隔も厳しくチェックされる。

部品: 行進間動作
整列した状態からの前進を基本とした部隊教練。
歩幅や腕の動作、部隊の整列なども規定され、その上で各種号令に伴う動作を寸分乃狂いなく行えるようにならなくてはならない。

部品: 格闘術の訓練概要
軍人が使用する格闘技であり、敵の速やかな無力化を目的としている。
軍人になる者が格闘技の経験があるとは限らない為、未経験者でも短期間で習得できる技術となっている。
もちろん、訓練は防具や寸止めなど、安全性を確保して行われる。


部品: 人体の急所についての知識
速やかに相手を無力化するために、人体の急所に対する攻撃が基本となる。
顔面の感覚器や中枢神経や内臓の集中する胴体、骨格の関節等に加え、窒息や出血等の有効な使用が主となる。

部品: 徒手格闘
武器を持たない無手の状況での技術。
パンチやキックなどの打撃技、敵への反撃を含む受け技、組み付いての締め技や投げ技、基本の技を身に着ける。

部品: ナイフ術
刺突や切断、柄を用いた打撃や圧迫など、ナイフを使用した格闘術を身に着ける。
多目的に利用できるナイフは基本装備に含まれることも多い。

部品: 銃剣の使い方
銃剣と呼ばれる、小銃の先に取り付ける刃物を用いた格闘術。
刺突、切りつけ、銃床を用いた打撃のほかに、銃全体を利用した打撃など応用技も多い。
銃剣を使用時には出来るだけ銃身に負担をかけない使用を求められるが、多少なりとも銃身にダメージを負う事が多い。

部品: 歩兵にとっての射撃
アサルトライフルをメイン武器とする歩兵における最も基本的な攻撃手段である。
火線を集中させる事で相手の進軍を阻み、阻止線を張る事は重要な作戦行動である。
射撃訓練はもとより、常に万全な状態で射撃が行えるように銃の分解整備の練習も基本科目である。

部品: 射撃の訓練
主に拳銃、自動小銃、軽機関銃など個人で携行可能な小火器を用いた射撃を行う為の訓練。
使用火器の違いや、標的との距離、気象、地形、弾種等を考慮して照準を統制する技術も含まれる。

部品: 射撃姿勢
射撃を行う際の基本となる姿勢。
立ったままの射撃「立射」と伏せた状態での射撃「伏射」に大別され、さらに細かく分類される。
基本的かつ重要な技術であり、これが身について居なければ狙ったところに当てるのは難しい。

部品: 歩兵の流用実績
このアイドレスはナニワアームズ商藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 以下の方より流用申請をいただいています。
・玄霧弦耶様【玄霧火焔】




*インポート用定義データ


[
{ "title": "暮里藍実(T22)",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "暮里愛実として",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "外見",
"description": "身長は高く、軽薄そうにも悲しそうにも見える笑みをはりつかせた、少年と青年の狭間の男。\n身体は良く鍛えられ、ラフに着た服と腰に下げた軍刀が、良く似合う。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "胸につけた青いペンダント",
"description": "「ガンプ・オーマの決意だよ。委員長。もしこの世界に触れることも傷つくこともない部外者の俺が、\n俺がこの世界にいることの意味があるとしたら、それはデッドエンドと戦うことにある」",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "決戦存在",
"description": "いくつもの世界を渡りながら、デッドエンドと戦ってきたという人類の規格外。\n彼の目は、時々ひどく冷たくなる。そんなときにはいつも、常人では理解できない危機の兆候が見えている。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "絢爛舞踏章",
"description": "豪華絢爛たる舞踏の勲章。剣を手に踊る人形。黒と赤のそれが、金に輝く。\n「なんでもかんでも、派手がいい。騒がしいのは、全部俺が引き受けよう」",
"part_type": "part",
"localID": 5
}
],
"localID": 1,
"expanded": false
},

{ "title": "大阪万博として",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "大阪万博なる人物",
"description": "長身で美形、黙って立っているだけで女性も呆然とする色気の持ち主。\n黙っていれば、友誼に厚いいい男。\n・・・なのだが、悪い癖があってすぐ誰かをからかって遊ぶ。\nからかう際には下ネタが多く、エロリストの名を欲しいままにしている。もっともこの称号を欲しがっているのは本人だけである。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "人となり",
"description": "踊り子を母に持ち、その踊り子愛して妻に据えた大馬鹿貴族のじいさん息子である、そしてそれを誇りに思っている。\nどんな騒ぎの中でも戦いの中でも、それが一番大事であるかのようにやさしく微笑むことが出来る。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "頂点の力”魔”",
"description": "片方だけの白い手袋。聖なるもの。昔の誰かの優しさ。\n誰かとまた逢うただそれだけのために、0から分離して作られたプラスとマイナスの力。\nだが、万能ではなく常にプラスとマイナスの対で存在しなければならず、対となる使い手がいなければ使用することは出来ない力。",
"part_type": "part",
"localID": 9
},

{ "title": "愛の戦士",
"description": "アイミ・クレサト。四天の一つ、太陽の昇る方角を司る愛の戦士。\n「愛こそすべての頂点なのさ。だから俺は”超絶無敵”。」\n",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "脚技主体の攻撃",
"description": "「この手では誰も傷つけない」と母親に誓っている。\nその為腕を振るうことはなく、脚で攻撃を受け、脚で敵を打ち倒し、脚で前進する。",
"part_type": "part",
"localID": 11
}
],
"localID": 6,
"expanded": false
},

{ "title": "ニューワールドとナニワとの関わり",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [],
"localID": 72,
"expanded": true
},

{ "title": "守上藤丸改め暮里あづまとの関わり",
"description": "",
"part_type": "group",
"children": [],
"localID": 73
},

{ "id": 50034,
"title": "歩兵",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.119866",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.119866",
"children":
[
{ "id": 50036,
"title": "軍隊における歩兵の役割",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.162941",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.162941",
"children":
[
{ "id": 50037,
"title": "歩兵に期待される役割",
"description": "歩兵は個々の火力は低いものの、その動員し易さや柔軟性の高さから通常戦闘だけでなく、\n治安維持や災害救助、復興支援など様々な場面で動員された。\nその結果、ニューワールドの数多くの動乱では多様な役割を果たして存在感を示し続けた。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.185866",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.185866",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 14
},

{ "id": 50040,
"title": "治安維持",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.256152",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.256152",
"children":
[
{ "id": 50041,
"title": "治安維持とは",
"description": "情勢不安やテロリズム等により、国内での犯罪や暴動が発生する事を未然に防ぐ為に\n不殺で対象を制圧できる歩兵にとって重要な役割の1つである。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.268652",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.268652",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 16
},

{ "id": 50044,
"title": "警備、巡回",
"description": "重要施設への不審者の潜入を防いだり、往来で犯罪行為やテロに及ぶ事を未然に防ぐ為に警備や巡回は重要である。\nどうしても平時は単調な任務になりやすい為、担当者には使命感や集中力、忍耐力が要求される。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:36.48219",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:36.48219",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 17
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 15
},

{ "id": 50048,
"title": "対テロリスト戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.714249",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.714249",
"children":
[
{ "id": 50049,
"title": "対テロリスト戦とは",
"description": "過去の事例を振り返っても、市街地等で暗躍するテロリストへの対応に\n歩兵部隊が要求される事が多く、テロリスト達の工作への対処に奔走した。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.716079",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.716079",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 19
},

{ "id": 50050,
"title": "爆発物処理",
"description": "ニューワールドにおけるテロとの戦いでは度々テロリストが爆発物を設置してテロに及ぶ事が多かった。\nその為、爆発物の処理が要求される事も多かった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.741572",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.741572",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 20
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 18
},

{ "id": 50051,
"title": "人命救助",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.794413",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.794413",
"children":
[
{ "id": 50052,
"title": "人命救助とは",
"description": "自然災害や人災などの様々な理由により発生した災害に巻き込まれた民間人を\n2次災害を起こす事無く救助する際に弛まぬ鍛錬による優れた基礎体力と\n明確な指揮系統と団体行動に慣れている事は役に立つ。\nまた全員が応急処置の心得を持つ点でも災害時の初動の活動で救える命も多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.796329",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.796329",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 22
},

{ "id": 50053,
"title": "応急処置",
"description": "戦場では当然負傷する機会も多く、応急処置が出来るかどうかは生死を分ける事もある重要なスキルである。\nまた人命救助の際にも救助して直ぐに応急処置を行う事で本格的な治療を受けるまでの繋ぎとする事で大きく生存率を向上させる事が出来る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.828069",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.828069",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 23
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 21
},

{ "id": 50054,
"title": "市街地戦闘",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.962073",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.962073",
"children":
[
{ "id": 50055,
"title": "市街地戦闘とは",
"description": "不幸にも人々の生活の基盤である市街地での戦闘が発生する事もある。\nその際、戦車やI=Dと言った兵器での戦闘では生活基盤への被害も無視できないものになりかねず、\nまた入り組んだ地形から思うように部隊が展開できない事も多い。\n一方で歩兵はサイズの関係から閉所や屋内の戦闘にも対応でき、施設への損壊も極力抑える事が出来る。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:38.966682",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:38.966682",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 25
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 24
},

{ "id": 50056,
"title": "閉所、屋内戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.11218",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.11218",
"children":
[
{ "id": 50057,
"title": "閉所、屋内戦とは",
"description": "屋内での戦闘では死角が多く、\n不意打ちを受けやすい為、仲間と連携してお互いの死角をカバーしながらクリアリングする事で\n潜伏している敵を炙り出す事が重要となる。\nまた近接距離で交戦に入る事も多く、ナイフや軍隊格闘術を用いたCQC(近接格闘)が役に立つ事も多い。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.11732",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.11732",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 27
},

{ "id": 50058,
"title": "クリアリングとカバーリング",
"description": "市街地や屋内での作戦行動では入り組んだ地形から死角が多く発生しやすく、\nどこに敵が潜んでいるか分からない。\nそこで怪しい場所に敵が潜んでいないか確認する作業の事をクリアリングと言い、\n1人ではどうしても生じる死角を他のメンバーがフォローする事でカバーリングを行う事も重要である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.150739",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.150739",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 28
},

{ "id": 50059,
"title": "近接格闘",
"description": "主にナイフや軍隊格闘術を用いた近接戦闘技術であり、CQC(Close Quarters Combat)とも呼ばれる。\n市街地や屋内等の入り組んだ地形での不意の遭遇戦や迂闊に発砲すると味方へ跳弾する恐れがある閉所での戦いで活躍する技術である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.182286",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.182286",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 29
}
],
"position": "6",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 26
},

{ "id": 50060,
"title": "歩兵による塹壕戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.240503",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.240503",
"children":
[
{ "id": 50061,
"title": "歩兵による塹壕戦とは",
"description": "塹壕を掘ったり、土嚢を積んだり、柵を張り巡らす事で容易に敵勢力が突破できない防衛線を構築し、\n拠点防衛や主力部隊が到着するまで遅延行動を行う。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.242689",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.242689",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 31
},

{ "id": 50062,
"title": "戦場での塹壕構築",
"description": "敵の銃撃や砲撃から身を守る為に自身が身を潜めれる溝をスコップで掘り、\n相手陣地側には相手の動きを妨害する為に鉄条網を張り巡らせたり、土嚢を積み上げる。\n歩兵にとって重要な仕事の1つである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.271157",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.271157",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 32
}
],
"position": "7",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 30
},

{ "id": 50063,
"title": "復興支援",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.345558",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.345558",
"children":
[
{ "id": 50064,
"title": "復興支援とは",
"description": "度々、様々な厄災に見舞われたニューワールドでは、生き残った国民達の為に少しでも早く生活基盤を復旧させる事は\n国民の生死に直結する重要な任務であった。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.35089",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.35089",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 34
},

{ "id": 50065,
"title": "土木作業",
"description": "塹壕作成等から更に一歩進めて、ニューワールドにおける歩兵には人命救助や復興支援の為に\n土木工事を行える事も求められるようになった。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.397936",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.397936",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 35
}
],
"position": "8",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 33
},

{ "id": 50066,
"title": "不殺制圧",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.479098",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.479098",
"children":
[
{ "id": 50067,
"title": "不殺制圧とは",
"description": "ゴム弾や鳥もち、放水ホース等の非殺傷兵器や白兵戦闘で暴徒などを殺害せずに鎮圧する。\nある意味、高過ぎない火力だからこそ可能な任務であり、実際に幾つかの事件の被害拡大を食い止める事に一役買っていた。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.482261",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.482261",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 37
}
],
"position": "9",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 36
},

{ "id": 50068,
"title": "空挺降下",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.602943",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.602943",
"children":
[
{ "id": 50069,
"title": "空挺降下とは",
"description": "徒歩の為に移動速度がどうしても遅い歩兵を遠隔地まで迅速に展開させる為の方法の1つが\n航空機やヘリによる兵の輸送と空挺降下による地上への歩兵の迅速な展開である。\n当然、パラシュート操作をはじめとした高所から安全に落下する為の訓練が必要であり、\nこれらの訓練を必須としている藩国も多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.612419",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.612419",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 39
}
],
"position": "10",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 38
},

{ "id": 50070,
"title": "避難誘導",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.704575",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.704575",
"children":
[
{ "id": 50071,
"title": "避難誘導とは",
"description": "災害発生時には民間人を避難場所までスムーズに誘導する避難誘導は民間人の被害を出さない為の重要な任務である。\n避難経路の安全確保やどうしても遅れがちな負傷者や子供、老人などのフォロー、\n混雑を発生させないように交通整理を行う等、必要とされる作業は多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.707816",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.707816",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 41
},

{ "id": 50072,
"title": "役割分担",
"description": "大勢の民間人の避難誘導では対象となる人数が多くなる事から一人で全てを賄う事は不可能である。\nその為、避難誘導を担当する部隊間での役割分担がスムーズな避難誘導には欠かせない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.742415",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.742415",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 42
},

{ "id": 50073,
"title": "避難訓練の実施",
"description": "定期的に自藩国の様々なシチュエーションでの避難誘導を実施し、注意するポイントや役割分担等の確認、各員の連携の強化を図る。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.774254",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.774254",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 43
}
],
"position": "11",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 40
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 13
},

{ "id": 50074,
"title": "歩兵としての事前準備",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.945649",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.945649",
"children":
[
{ "id": 50075,
"title": "装備品の点検チェック",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.949554",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.949554",
"children":
[
{ "id": 50076,
"title": "万全な装備状態の維持",
"description": "自分に支給された武器、特に銃火器の整備状況は自身の生死を賭けた戦いでの生命線となる。\nその為、歩兵は銃火器の分解整備は訓練で叩き込まれており、作戦には必ず万全の整備状況で挑むよう心掛けてる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.954963",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.954963",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 46
},

{ "id": 50077,
"title": "銃火器の分解整備",
"description": "歩兵における基本スキルの1つであり、銃火器を扱うのであれば、どの国の軍隊でも必須技能と言える。\n銃器をパーツ毎に分解し、汚れを落としたり、劣化している箇所が無いか等の点検を行い、再び組み立てて動作確認を行う。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:39.996482",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:39.996482",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 47
}
],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 45
},

{ "id": 50078,
"title": "ブリーフィング",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.084349",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.084349",
"children":
[
{ "id": 50079,
"title": "指揮系統の確認",
"description": "戦場における軍隊では指揮系統の明確化は様々な兵科に分かれた複数の部隊を有機的に連携させる上で重要である。\n指揮系統が統一されずに幾つもの命令が飛び交う事態は避ける必要があり、有事の際の指揮系統をしっかりと確認する。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.086652",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.086652",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 49
},

{ "id": 50080,
"title": "作戦目的の優先順位",
"description": "作戦行動中は常時、司令部と連絡が取れるとは限らない。また作戦の目的や目標が複数ある事も少ない。\nその為、事前に作戦目的の優先順位を明確にしておく事で部隊内の認識を統一すると共に非常時に孤立した際にも各隊が現場の判断でぶれずに行動できる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.12585",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.12585",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 50
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 48
}
],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 44
},

{ "id": 50081,
"title": "仲間との連携",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.230185",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.230185",
"children":
[
{ "id": 50082,
"title": "ハンドサイン",
"description": "意思伝達が可能な距離は短いものの、道具が不要であり、目立ちにくい事から隠密行動時には意外と重宝された。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.233254",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.233254",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 52
},

{ "id": 50083,
"title": "集団戦における連携の重要性",
"description": "数の利を活かした集団戦が主体となる歩兵にとって部隊内の連携と部隊間の連携は共に最も重要な要素と言える。\n特に近年は様々な兵科の部隊が連携して作戦行動を実施する事で戦力を効果的に運用する為、重要性は増すばかりである。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.266085",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.266085",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 53
},

{ "id": 50084,
"title": "基本教練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.303146",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.303146",
"children":
[
{ "id": 50085,
"title": "基本教練の意義",
"description": "基本的には個人と部隊を訓練して諸制式に習熟させることであり、また部隊としての規律、団結を強化して作戦行動の基礎を作ることを目指している。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.306141",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.306141",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 55
},

{ "id": 50086,
"title": "基本姿勢",
"description": "気を付けに始まる不動の姿勢と呼ばれる基本姿勢から始まり、右向け右、左向け左、回れ右、敬礼、休め等、統一された動作を身に着ける。\nこれが出来なければ、何も始まらない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.335999",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.335999",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 56
},

{ "id": 50087,
"title": "執銃時の動作",
"description": "小銃を装備した状態での基本動作の訓練。\n基本動作の控え銃から始まり、下げ銃、担え銃、捧げ銃などの動作を身に着ける。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.368619",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.368619",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 57
},

{ "id": 50088,
"title": "礼式",
"description": "特に敬礼の動作について取り仕切る物。\n敬礼は相手への敬意を示す物であり、非常に重要な姿勢である。\n挙手の敬礼や捧げ銃の敬礼など、装備、状況や国、軍によっても異なる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.400365",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.400365",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 58
},

{ "id": 50089,
"title": "整列",
"description": "基準を定めた上で部隊を縦隊、もしくは横隊に並べること。\n部隊教練の基礎であり、整列時の位置、間隔も厳しくチェックされる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.43574",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.43574",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 59
},

{ "id": 50090,
"title": "行進間動作",
"description": "整列した状態からの前進を基本とした部隊教練。\n歩幅や腕の動作、部隊の整列なども規定され、その上で各種号令に伴う動作を寸分乃狂いなく行えるようにならなくてはならない。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.481411",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.481411",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 60
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 54
}
],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 51
},

{ "id": 50091,
"title": "格闘術訓練",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.611784",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.611784",
"children":
[
{ "id": 50092,
"title": "格闘術の訓練概要",
"description": "軍人が使用する格闘技であり、敵の速やかな無力化を目的としている。\n軍人になる者が格闘技の経験があるとは限らない為、未経験者でも短期間で習得できる技術となっている。\nもちろん、訓練は防具や寸止めなど、安全性を確保して行われる。\n",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.615542",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.615542",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 62
},

{ "id": 50093,
"title": "人体の急所についての知識",
"description": "速やかに相手を無力化するために、人体の急所に対する攻撃が基本となる。\n顔面の感覚器や中枢神経や内臓の集中する胴体、骨格の関節等に加え、窒息や出血等の有効な使用が主となる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.650253",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.650253",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 63
},

{ "id": 50094,
"title": " 徒手格闘",
"description": "武器を持たない無手の状況での技術。\nパンチやキックなどの打撃技、敵への反撃を含む受け技、組み付いての締め技や投げ技、基本の技を身に着ける。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.680833",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.680833",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 64
},

{ "id": 50095,
"title": "ナイフ術",
"description": "刺突や切断、柄を用いた打撃や圧迫など、ナイフを使用した格闘術を身に着ける。\n多目的に利用できるナイフは基本装備に含まれることも多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.709833",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.709833",
"children": [],
"position": "4",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 65
},

{ "id": 50096,
"title": "銃剣の使い方",
"description": "銃剣と呼ばれる、小銃の先に取り付ける刃物を用いた格闘術。\n刺突、切りつけ、銃床を用いた打撃のほかに、銃全体を利用した打撃など応用技も多い。\n銃剣を使用時には出来るだけ銃身に負担をかけない使用を求められるが、多少なりとも銃身にダメージを負う事が多い。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.7422",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.7422",
"children": [],
"position": "5",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 66
}
],
"position": "4",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 61
},

{ "id": 50097,
"title": "銃撃戦",
"description": null,
"part_type": "group",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.823898",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.823898",
"children":
[
{ "id": 50098,
"title": "歩兵にとっての射撃",
"description": "アサルトライフルをメイン武器とする歩兵における最も基本的な攻撃手段である。\n火線を集中させる事で相手の進軍を阻み、阻止線を張る事は重要な作戦行動である。\n射撃訓練はもとより、常に万全な状態で射撃が行えるように銃の分解整備の練習も基本科目である。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.826903",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.826903",
"children": [],
"position": "1",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 68
},

{ "id": 50099,
"title": "射撃の訓練",
"description": "主に拳銃、自動小銃、軽機関銃など個人で携行可能な小火器を用いた射撃を行う為の訓練。\n使用火器の違いや、標的との距離、気象、地形、弾種等を考慮して照準を統制する技術も含まれる。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.869263",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.869263",
"children": [],
"position": "2",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 69
},

{ "id": 50100,
"title": "射撃姿勢",
"description": "射撃を行う際の基本となる姿勢。\n立ったままの射撃「立射」と伏せた状態での射撃「伏射」に大別され、さらに細かく分類される。\n基本的かつ重要な技術であり、これが身について居なければ狙ったところに当てるのは難しい。",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-08-23 14:21:40.899174",
"updated_at": "2017-08-23 14:21:40.899174",
"children": [],
"position": "3",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 70
}
],
"position": "5",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": true,
"localID": 67
},

{ "id": 106444,
"title": "歩兵の流用実績",
"description": "このアイドレスはナニワアームズ商藩国によって製作された流用可能アイドレスです。 以下の方より流用申請をいただいています。 \n・玄霧弦耶様【玄霧火焔】",
"part_type": "part",
"created_at": "2017-09-13 14:58:12.049078",
"updated_at": "2017-09-13 14:58:12.049078",
"children": [],
"position": "6",
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"localID": 71
}
],
"position": null,
"character":
{ "id": 755,
"name": "暮里あづま"
},
"expanded": false,
"localID": 12
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2312] 兵器工場部品(車) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/04(Wed) 18:11:12

車製作のための部品を置いておきます。既に作っているものにこれを引っ付ければいいかと思います。
参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=4eiD-LDZELw
https://www.youtube.com/watch?v=gkvx5SWD9ks



*部品構造

-大部品: 車の製造 RD:7 評価値:4
--部品: プレス加工
--部品: 部品構築
--部品: エンジン対応
--部品: ライトチェック
--部品: 人力チェック
--部品: 部品プール
--部品: カスタマイズ



*部品定義

**部品: プレス加工
特殊な素材等を入れたさびにくくて軽く、強いパネル鉄板のロール状にしたものを金型に入れ、プレスをかけ部品を作る。

**部品: 部品構築
プレスしたものをフロア・ドア等をロボットで組み立てを行い、車の外装を作るその後、三段階に分けて塗装を行い、色を塗る。

**部品: エンジン対応
人の手でエンジン等を組み立てていたものをライン作業でコンビ対応で行い、動力等を外装に合わせて組み立てる。

**部品: ライトチェック
組み立てのゆるみが無いかライトセンサーを当ててチェックを行い光の反射角等で緩みなどがないかチェックを行う。

**部品: 人力チェック
最後にブレーキオイル等を注入し、テストドライバーによるテストドライブを行い、間違いがないかチェックを行う。

**部品: 部品プール
余っている場合等は工場内で部品をプールし、いつでも使えるようにため込んでおく。その際も劣化が起こってないか部品のチェックはかかさない。

**部品: カスタマイズ
軍などで商品を扱う場合は防弾ガラス・バンパー等、硬い素材や銃を置ける場所を作る等カスタマイズを行う。その場合、通常で作る車と別のラインで行い、一部の工場員だけがエンジン等をクリーンルームで組み立てを行いネームプレート等を刻む。



*提出書式

大部品: 車の製造 RD:7 評価値:4
-部品: プレス加工
-部品: 部品構築
-部品: エンジン対応
-部品: ライトチェック
-部品: 人力チェック
-部品: 部品プール
-部品: カスタマイズ


部品: プレス加工
特殊な素材等を入れたさびにくくて軽く、強いパネル鉄板のロール状にしたものを金型に入れ、プレスをかけ部品を作る。

部品: 部品構築
プレスしたものをフロア・ドア等をロボットで組み立てを行い、車の外装を作るその後、三段階に分けて塗装を行い、色を塗る。

部品: エンジン対応
人の手でエンジン等を組み立てていたものをライン作業でコンビ対応で行い、動力等を外装に合わせて組み立てる。

部品: ライトチェック
組み立てのゆるみが無いかライトセンサーを当ててチェックを行い光の反射角等で緩みなどがないかチェックを行う。

部品: 人力チェック
最後にブレーキオイル等を注入し、テストドライバーによるテストドライブを行い、間違いがないかチェックを行う。

部品: 部品プール
余っている場合等は工場内で部品をプールし、いつでも使えるようにため込んでおく。その際も劣化が起こってないか部品のチェックはかかさない。

部品: カスタマイズ
軍などで商品を扱う場合は防弾ガラス・バンパー等、硬い素材や銃を置ける場所を作る等カスタマイズを行う。その場合、通常で作る車と別のラインで行い、一部の工場員だけがエンジン等をクリーンルームで組み立てを行いネームプレート等を刻む。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "車の製造",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "プレス加工",
"description": "特殊な素材等を入れたさびにくくて軽く、強いパネル鉄板のロール状にしたものを金型に入れ、プレスをかけ部品を作る。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "部品構築",
"description": "プレスしたものをフロア・ドア等をロボットで組み立てを行い、車の外装を作るその後、三段階に分けて塗装を行い、色を塗る。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "エンジン対応",
"description": "人の手でエンジン等を組み立てていたものをライン作業でコンビ対応で行い、動力等を外装に合わせて組み立てる。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "ライトチェック",
"description": "組み立てのゆるみが無いかライトセンサーを当ててチェックを行い光の反射角等で緩みなどがないかチェックを行う。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "人力チェック",
"description": "最後にブレーキオイル等を注入し、テストドライバーによるテストドライブを行い、間違いがないかチェックを行う。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "部品プール",
"description": "余っている場合等は工場内で部品をプールし、いつでも使えるようにため込んでおく。その際も劣化が起こってないか部品のチェックはかかさない。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "カスタマイズ",
"description": "軍などで商品を扱う場合は防弾ガラス・バンパー等、硬い素材や銃を置ける場所を作る等カスタマイズを行う。その場合、通常で作る車と別のラインで行い、一部の工場員だけがエンジン等をクリーンルームで組み立てを行いネームプレート等を刻む。",
"part_type": "part",
"localID": 7
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2314] 兵器工場部品(砲兵装備案) 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/05(Thu) 17:17:48

砲兵の装備案です。ご確認ください。


大砲
 砲身製作:鉄等の素材から、金型へ移して溶接等を行い、砲身を作り、取り付ける。素材は丈夫で、熱の伝導があまりなくかつ中はらせん状にくりぬかれており、発射で弾丸が飛ぶようになっている。

 弾薬製作:弾や火薬等の弾薬は別途事故が無いように別のところで作られ安全かつ機密なところで作られる。弾はそれぞれの砲身に合わせたもので作られ、火薬もその量に合わせたもので作られる。

 試射:同じ材料で作られたものをテストで発射し、製造通りになっているか、試射で遠すぎず、近すぎず飛んでいるかの確認の上、テストに通ったものを出すようにする。

防具
 素材からの製作:素材は防弾にすぐれ、軽く動きやすいものを選んで製作する。その上で防弾チョッキやヘルメット、服装等を各作戦に合うようにコーディネートする。

 防具チェック:防具等はテスト用に作ったものに発砲等を行い、素材がテスト通りに作られているかのチェックを行う。その上でライン製作に乗せる。

医療品
 パック詰め込み:薬品、非常食等ファーストエイドに揃っているものをキットとして詰め込み、一つのもので一週間過ごせるように作られている。

 欠品チェック:中のパックの品が欠品等が無いようにチェックを行い、抜けがないように人が確認を行う。その際の不良品は一度外され、再度始めから入れる。

 衛生面での注意:薬品、非常食等は衛生面で細菌が入らないよう詰める人間も入る際に消毒を行い、また帰る際も行う。その上で、クリーン室等で作業を行う。


  [No.2313] プロレス 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/04(Wed) 20:04:35

趣味100%で作ったアイドレスです。娯楽としてどうかなと思いましたのでまた、ご覧ください。
参考動画(ギャグ試合)https://www.youtube.com/watch?v=DUoQVBzeZXc
(同じ選手によるシリアス試合)https://www.youtube.com/watch?v=26RqHFLfHUY


*部品構造

-大部品: プロレス RD:8 評価値:5
--部品: プロレスとは
--部品: プロレスラー
--大部品: 興行 RD:3 評価値:2
---部品: 興行形態
---部品: リング
---部品: 営業
--大部品: 試合 RD:2 評価値:1
---部品: 進行形式
---部品: 試合形態
--部品: ナニワアームズのプロレス



*部品定義

**部品: プロレスとは
リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツ、もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のこと。

**部品: プロレスラー
試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う。なお、場所によっては凶器をまったく使わないものや逆にロープが有刺鉄線等危険なものまである。

**部品: 興行形態
主に国内を巡り、エンターテイメントとして球場、体育館、イベントホール、屋外などを試合会場として、そこへリングや周辺器材(フェンス、椅子等)を設置して有料で試合を観戦させる「興行」が主な事業である。会場の規模と観客数は団体や興行規模により様々であり、数万人を動員することもあれば、数十人程度の観客を相手に興行こともある。

**部品: リング
真四角のリングにスプリングをはめ込んだマットリングを作り、ロープを張り、場外に簡易マットをしく事でリングを作り、そこで試合を行う。

**部品: 営業
基本は団体の営業がスポンサー等にチケットを売り、興行を行うが時には選手自らがチケットをスポーツショップ等に販売する事もある。

**部品: 進行形式
選手入場(テーマ曲が流されて会場によってはライトアップなどの演出が取られる)→選手名、身長や体重などの紹介→試合開始→試合終了→選手退場の流れとなっている。

**部品: 試合形態
何分1ラウンドと決められており、マットに両肩をつけて押す等をして3カウントを取るか、マット上で関節技を決め、ギブアップさせるか、相手が気絶した際にノックアウトを取るか、場外で一定カウントまでに戻ってこない場合、場外負けとなるかである。

**部品: ナニワアームズのプロレス
主にナニワアームズでは子供も安心して見られるように「凶器禁止」「いいもんとわるいもんの対決(ベビーフェイスとヒール抗争)」「流血等は即ノックアウト」「前座ではコミカルな試合もあり」と興行で行われ、購買での選手との写真撮影やサイン会、時には町おこし、子供向けのイベントでも呼ばれている。



*提出書式

大部品: プロレス RD:8 評価値:5
-部品: プロレスとは
-部品: プロレスラー
-大部品: 興行 RD:3 評価値:2
--部品: 興行形態
--部品: リング
--部品: 営業
-大部品: 試合 RD:2 評価値:1
--部品: 進行形式
--部品: 試合形態
-部品: ナニワアームズのプロレス


部品: プロレスとは
リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツ、もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のこと。

部品: プロレスラー
試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う。なお、場所によっては凶器をまったく使わないものや逆にロープが有刺鉄線等危険なものまである。

部品: 興行形態
主に国内を巡り、エンターテイメントとして球場、体育館、イベントホール、屋外などを試合会場として、そこへリングや周辺器材(フェンス、椅子等)を設置して有料で試合を観戦させる「興行」が主な事業である。会場の規模と観客数は団体や興行規模により様々であり、数万人を動員することもあれば、数十人程度の観客を相手に興行こともある。

部品: リング
真四角のリングにスプリングをはめ込んだマットリングを作り、ロープを張り、場外に簡易マットをしく事でリングを作り、そこで試合を行う。

部品: 営業
基本は団体の営業がスポンサー等にチケットを売り、興行を行うが時には選手自らがチケットをスポーツショップ等に販売する事もある。

部品: 進行形式
選手入場(テーマ曲が流されて会場によってはライトアップなどの演出が取られる)→選手名、身長や体重などの紹介→試合開始→試合終了→選手退場の流れとなっている。

部品: 試合形態
何分1ラウンドと決められており、マットに両肩をつけて押す等をして3カウントを取るか、マット上で関節技を決め、ギブアップさせるか、相手が気絶した際にノックアウトを取るか、場外で一定カウントまでに戻ってこない場合、場外負けとなるかである。

部品: ナニワアームズのプロレス
主にナニワアームズでは子供も安心して見られるように「凶器禁止」「いいもんとわるいもんの対決(ベビーフェイスとヒール抗争)」「流血等は即ノックアウト」「前座ではコミカルな試合もあり」と興行で行われ、購買での選手との写真撮影やサイン会、時には町おこし、子供向けのイベントでも呼ばれている。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "プロレス",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "プロレスとは",
"description": "リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツ、もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のこと。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "プロレスラー",
"description": "試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う。なお、場所によっては凶器をまったく使わないものや逆にロープが有刺鉄線等危険なものまである。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "興行",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "興行形態",
"description": "主に国内を巡り、エンターテイメントとして球場、体育館、イベントホール、屋外などを試合会場として、そこへリングや周辺器材(フェンス、椅子等)を設置して有料で試合を観戦させる「興行」が主な事業である。会場の規模と観客数は団体や興行規模により様々であり、数万人を動員することもあれば、数十人程度の観客を相手に興行こともある。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "リング",
"description": "真四角のリングにスプリングをはめ込んだマットリングを作り、ロープを張り、場外に簡易マットをしく事でリングを作り、そこで試合を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "営業",
"description": "基本は団体の営業がスポンサー等にチケットを売り、興行を行うが時には選手自らがチケットをスポーツショップ等に販売する事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"localID": 3,
"expanded": true
},

{ "title": "試合",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "進行形式",
"description": "選手入場(テーマ曲が流されて会場によってはライトアップなどの演出が取られる)→選手名、身長や体重などの紹介→試合開始→試合終了→選手退場の流れとなっている。",
"part_type": "part",
"localID": 8
},

{ "title": "試合形態",
"description": "何分1ラウンドと決められており、マットに両肩をつけて押す等をして3カウントを取るか、マット上で関節技を決め、ギブアップさせるか、相手が気絶した際にノックアウトを取るか、場外で一定カウントまでに戻ってこない場合、場外負けとなるかである。",
"part_type": "part",
"localID": 9
}
],
"localID": 7,
"expanded": true
},

{ "title": "ナニワアームズのプロレス",
"description": "主にナニワアームズでは子供も安心して見られるように「凶器禁止」「いいもんとわるいもんの対決(ベビーフェイスとヒール抗争)」「流血等は即ノックアウト」「前座ではコミカルな試合もあり」と興行で行われ、購買での選手との写真撮影やサイン会、時には町おこし、子供向けのイベントでも呼ばれている。",
"part_type": "part",
"localID": 10
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2323] ナニワのプロレス 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/10/08(Sun) 00:12:30

順番修正



*部品構造

-大部品: ナニワのプロレス RD:8 評価値:5
--部品: ナニワアームズのプロレス
--大部品: プロレス RD:7 評価値:4
---部品: プロレスとは
---部品: プロレスラー
---大部品: 興行 RD:3 評価値:2
----部品: 興行形態
----部品: リング
----部品: 営業
---大部品: 試合 RD:2 評価値:1
----部品: 進行形式
----部品: 試合形態



*部品定義

**部品: ナニワアームズのプロレス
主にナニワアームズでは子供も安心して見られるように「凶器禁止」「いいもんとわるいもんの対決(ベビーフェイスとヒール抗争)」「流血等は即ノックアウト」「前座ではコミカルな試合もあり」と興行で行われ、購買での選手との写真撮影やサイン会、時には町おこし、子供向けのイベントでも呼ばれている。

**部品: プロレスとは
リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツ、もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のこと。

**部品: プロレスラー
試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う。なお、場所によっては凶器をまったく使わないものや逆にロープが有刺鉄線等危険なものまである。

**部品: 興行形態
主に国内を巡り、エンターテイメントとして球場、体育館、イベントホール、屋外などを試合会場として、そこへリングや周辺器材(フェンス、椅子等)を設置して有料で試合を観戦させる「興行」が主な事業である。会場の規模と観客数は団体や興行規模により様々であり、数万人を動員することもあれば、数十人程度の観客を相手に興行こともある。

**部品: リング
真四角のリングにスプリングをはめ込んだマットリングを作り、ロープを張り、場外に簡易マットをしく事でリングを作り、そこで試合を行う。

**部品: 営業
基本は団体の営業がスポンサー等にチケットを売り、興行を行うが時には選手自らがチケットをスポーツショップ等に販売する事もある。

**部品: 進行形式
選手入場(テーマ曲が流されて会場によってはライトアップなどの演出が取られる)→選手名、身長や体重などの紹介→試合開始→試合終了→選手退場の流れとなっている。

**部品: 試合形態
何分1ラウンドと決められており、マットに両肩をつけて押す等をして3カウントを取るか、マット上で関節技を決め、ギブアップさせるか、相手が気絶した際にノックアウトを取るか、場外で一定カウントまでに戻ってこない場合、場外負けとなるかである。



*提出書式

大部品: ナニワのプロレス RD:8 評価値:5
-部品: ナニワアームズのプロレス
-大部品: プロレス RD:7 評価値:4
--部品: プロレスとは
--部品: プロレスラー
--大部品: 興行 RD:3 評価値:2
---部品: 興行形態
---部品: リング
---部品: 営業
--大部品: 試合 RD:2 評価値:1
---部品: 進行形式
---部品: 試合形態


部品: ナニワアームズのプロレス
主にナニワアームズでは子供も安心して見られるように「凶器禁止」「いいもんとわるいもんの対決(ベビーフェイスとヒール抗争)」「流血等は即ノックアウト」「前座ではコミカルな試合もあり」と興行で行われ、購買での選手との写真撮影やサイン会、時には町おこし、子供向けのイベントでも呼ばれている。

部品: プロレスとは
リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツ、もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のこと。

部品: プロレスラー
試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う。なお、場所によっては凶器をまったく使わないものや逆にロープが有刺鉄線等危険なものまである。

部品: 興行形態
主に国内を巡り、エンターテイメントとして球場、体育館、イベントホール、屋外などを試合会場として、そこへリングや周辺器材(フェンス、椅子等)を設置して有料で試合を観戦させる「興行」が主な事業である。会場の規模と観客数は団体や興行規模により様々であり、数万人を動員することもあれば、数十人程度の観客を相手に興行こともある。

部品: リング
真四角のリングにスプリングをはめ込んだマットリングを作り、ロープを張り、場外に簡易マットをしく事でリングを作り、そこで試合を行う。

部品: 営業
基本は団体の営業がスポンサー等にチケットを売り、興行を行うが時には選手自らがチケットをスポーツショップ等に販売する事もある。

部品: 進行形式
選手入場(テーマ曲が流されて会場によってはライトアップなどの演出が取られる)→選手名、身長や体重などの紹介→試合開始→試合終了→選手退場の流れとなっている。

部品: 試合形態
何分1ラウンドと決められており、マットに両肩をつけて押す等をして3カウントを取るか、マット上で関節技を決め、ギブアップさせるか、相手が気絶した際にノックアウトを取るか、場外で一定カウントまでに戻ってこない場合、場外負けとなるかである。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "ナニワのプロレス",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワアームズのプロレス",
"description": "主にナニワアームズでは子供も安心して見られるように「凶器禁止」「いいもんとわるいもんの対決(ベビーフェイスとヒール抗争)」「流血等は即ノックアウト」「前座ではコミカルな試合もあり」と興行で行われ、購買での選手との写真撮影やサイン会、時には町おこし、子供向けのイベントでも呼ばれている。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "プロレス",
"description": "ナニワ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "プロレスとは",
"description": "リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツ、もしくは、その試合を複数展開することにより開催される興行のこと。",
"part_type": "part",
"localID": 3,
"expanded": true
},

{ "title": "プロレスラー",
"description": "試合は打撃、投げ技、関節技、時には凶器などを用いて行われて試合において闘う。なお、場所によっては凶器をまったく使わないものや逆にロープが有刺鉄線等危険なものまである。",
"part_type": "part",
"localID": 4,
"expanded": true
},

{ "title": "興行",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "興行形態",
"description": "主に国内を巡り、エンターテイメントとして球場、体育館、イベントホール、屋外などを試合会場として、そこへリングや周辺器材(フェンス、椅子等)を設置して有料で試合を観戦させる「興行」が主な事業である。会場の規模と観客数は団体や興行規模により様々であり、数万人を動員することもあれば、数十人程度の観客を相手に興行こともある。",
"part_type": "part",
"localID": 6
},

{ "title": "リング",
"description": "真四角のリングにスプリングをはめ込んだマットリングを作り、ロープを張り、場外に簡易マットをしく事でリングを作り、そこで試合を行う。",
"part_type": "part",
"localID": 7
},

{ "title": "営業",
"description": "基本は団体の営業がスポンサー等にチケットを売り、興行を行うが時には選手自らがチケットをスポーツショップ等に販売する事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 8
}
],
"localID": 5,
"expanded": true
},

{ "title": "試合",
"description": "",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "進行形式",
"description": "選手入場(テーマ曲が流されて会場によってはライトアップなどの演出が取られる)→選手名、身長や体重などの紹介→試合開始→試合終了→選手退場の流れとなっている。",
"part_type": "part",
"localID": 10
},

{ "title": "試合形態",
"description": "何分1ラウンドと決められており、マットに両肩をつけて押す等をして3カウントを取るか、マット上で関節技を決め、ギブアップさせるか、相手が気絶した際にノックアウトを取るか、場外で一定カウントまでに戻ってこない場合、場外負けとなるかである。",
"part_type": "part",
"localID": 11
}
],
"localID": 9,
"expanded": true
}
],
"localID": 2,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": "ナニワ"
}
]


  [No.2315] 野球 投稿者:オグナ  投稿日:2017/10/05(Thu) 17:49:32

既に野球場があるので大丈夫だと思いますが、野球のルールとかスポーツとしてのアイドレス案を作っておきます。

*部品構造

-大部品: 野球 RD:6 評価値:4
--部品: 野球とは
--部品: 試合形式
--部品: チーム編成
--部品: 試合道具
--部品: グラウンド
--部品: どこでも出来るスポーツ



*部品定義

**部品: 野球とは
2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う競技。大会やリーグによって、予め定めた以上の一方的展開になった場合や気象条件等により途中で試合を打ち切るコールドゲームの規定等細かな違いがあるが、各試合ごとにそれぞれに合うものを作られている。

**部品: 試合形式
攻撃側は、相手チームの投手が投げたボールを打って、一塁・二塁・三塁・本塁をまわることで得点を得る。守備側は相手チームの走者が本塁に到達しないように走者をアウトにする。相手チームの選手を3人アウトにできれば、攻撃に移ることができる。攻撃と守備の一巡はイニングと呼ばれる。一試合は9イニングからなり、得点の合計が多いチームが勝者となる。両者の得点が等しい場合は、延長戦を行う、引き分けとするなどルール体系によって対応が分かれる。

**部品: チーム編成
1チームは選手9人(指名打者制を採る場合は10人)と監督、コーチなどで編成される。試合にはそれ以外にも控え選手がおり、ルールごとによって試合出場ができる人数が違う。しかし、一度交代した選手はその試合中は再び試合に出ることはできない。ただし、交代せずに守備位置を変えることは可能である。なお、アマチュアや子供の遊び等ではこれに関しない。

**部品: 試合道具
プロにいたるまでは硬球で木製のバット等が使われるが、アマチュア等では、軟球や金属バット、プラスチックバット等を使う場合がある。また、キャッチャー等はプロテクターやレガース等を付ける。ユニフォームはそれぞれ統一されたものを使い背番号を付ける。ボールがぶつかった際のため、メットをかぶり、シャツ・ストッキング・ベルトは同色のものをそろえる。

**部品: グラウンド
各規格にそってダイヤモンドと言われる正方形のものを作りファウルラインから扇状の外野のゾーンを作る。また、バックスクリーン等には照明を付け、ナイターに備える事もある。

**部品: どこでも出来るスポーツ
空き地さえあればルールさえ守ればある程度のものが出来るため、環境に合わせてそれぞれの道具を用いて作られる。



*提出書式

大部品: 野球 RD:6 評価値:4
-部品: 野球とは
-部品: 試合形式
-部品: チーム編成
-部品: 試合道具
-部品: グラウンド
-部品: どこでも出来るスポーツ


部品: 野球とは
2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う競技。大会やリーグによって、予め定めた以上の一方的展開になった場合や気象条件等により途中で試合を打ち切るコールドゲームの規定等細かな違いがあるが、各試合ごとにそれぞれに合うものを作られている。

部品: 試合形式
攻撃側は、相手チームの投手が投げたボールを打って、一塁・二塁・三塁・本塁をまわることで得点を得る。守備側は相手チームの走者が本塁に到達しないように走者をアウトにする。相手チームの選手を3人アウトにできれば、攻撃に移ることができる。攻撃と守備の一巡はイニングと呼ばれる。一試合は9イニングからなり、得点の合計が多いチームが勝者となる。両者の得点が等しい場合は、延長戦を行う、引き分けとするなどルール体系によって対応が分かれる。

部品: チーム編成
1チームは選手9人(指名打者制を採る場合は10人)と監督、コーチなどで編成される。試合にはそれ以外にも控え選手がおり、ルールごとによって試合出場ができる人数が違う。しかし、一度交代した選手はその試合中は再び試合に出ることはできない。ただし、交代せずに守備位置を変えることは可能である。なお、アマチュアや子供の遊び等ではこれに関しない。

部品: 試合道具
プロにいたるまでは硬球で木製のバット等が使われるが、アマチュア等では、軟球や金属バット、プラスチックバット等を使う場合がある。また、キャッチャー等はプロテクターやレガース等を付ける。ユニフォームはそれぞれ統一されたものを使い背番号を付ける。ボールがぶつかった際のため、メットをかぶり、シャツ・ストッキング・ベルトは同色のものをそろえる。

部品: グラウンド
各規格にそってダイヤモンドと言われる正方形のものを作りファウルラインから扇状の外野のゾーンを作る。また、バックスクリーン等には照明を付け、ナイターに備える事もある。

部品: どこでも出来るスポーツ
空き地さえあればルールさえ守ればある程度のものが出来るため、環境に合わせてそれぞれの道具を用いて作られる。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "野球",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "野球とは",
"description": "2つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う競技。大会やリーグによって、予め定めた以上の一方的展開になった場合や気象条件等により途中で試合を打ち切るコールドゲームの規定等細かな違いがあるが、各試合ごとにそれぞれに合うものを作られている。",
"part_type": "part",
"localID": 1
},

{ "title": "試合形式",
"description": "攻撃側は、相手チームの投手が投げたボールを打って、一塁・二塁・三塁・本塁をまわることで得点を得る。守備側は相手チームの走者が本塁に到達しないように走者をアウトにする。相手チームの選手を3人アウトにできれば、攻撃に移ることができる。攻撃と守備の一巡はイニングと呼ばれる。一試合は9イニングからなり、得点の合計が多いチームが勝者となる。両者の得点が等しい場合は、延長戦を行う、引き分けとするなどルール体系によって対応が分かれる。",
"part_type": "part",
"localID": 2
},

{ "title": "チーム編成",
"description": "1チームは選手9人(指名打者制を採る場合は10人)と監督、コーチなどで編成される。試合にはそれ以外にも控え選手がおり、ルールごとによって試合出場ができる人数が違う。しかし、一度交代した選手はその試合中は再び試合に出ることはできない。ただし、交代せずに守備位置を変えることは可能である。なお、アマチュアや子供の遊び等ではこれに関しない。",
"part_type": "part",
"localID": 3
},

{ "title": "試合道具",
"description": "プロにいたるまでは硬球で木製のバット等が使われるが、アマチュア等では、軟球や金属バット、プラスチックバット等を使う場合がある。また、キャッチャー等はプロテクターやレガース等を付ける。ユニフォームはそれぞれ統一されたものを使い背番号を付ける。ボールがぶつかった際のため、メットをかぶり、シャツ・ストッキング・ベルトは同色のものをそろえる。",
"part_type": "part",
"localID": 4
},

{ "title": "グラウンド",
"description": "各規格にそってダイヤモンドと言われる正方形のものを作りファウルラインから扇状の外野のゾーンを作る。また、バックスクリーン等には照明を付け、ナイターに備える事もある。",
"part_type": "part",
"localID": 5
},

{ "title": "どこでも出来るスポーツ",
"description": "空き地さえあればルールさえ守ればある程度のものが出来るため、環境に合わせてそれぞれの道具を用いて作られる。",
"part_type": "part",
"localID": 6
}
],
"expanded": true,
"localID": 0,
"description": ""
}
]


  [No.2316] カスタマイズして登録した方がいいのかな?流用部品 投稿者:暮里あづま  投稿日:2017/10/05(Thu) 22:46:25

akiharu国 風色鉛筆さん
 倉庫 

akiharu国 忌闇装介さん
 避難用シェルター 

玄霧藩国 真澄さん
 図書館 
 図書館は玄霧藩国の真澄さん作のものと、土場藩国の黒霧さん作のものの2つあります。


無名騎士藩国 神楽坂さん
 I=D用白兵戦装備 ttps://www7.atwiki.jp/genz/pages/623.html



無名騎士藩国 神楽坂さん
 I=D用砲戦装備  

鍋の国 若宮 とよたろう
 情報コンプライアンス 
 RD:15 評価値:6 情報保護への取り組みの一環として、情報保護の政令とセットでご利用くださいませ


リワマヒ国 Doraさん
 大規模灌漑用水路の敷設 ttp://eastnw.x0.to/bbs2/wforum.cgi?no=10793&reno=10791&oya=10784&mode=msgview


FEG 久珂あゆみさん
 防犯カメラと街灯による防犯体制 ttps://www29.atwiki.jp/feg2/pages/605.html


FEG FEG
 テロ対策 ttps://www29.atwiki.jp/feg2/sp/pages/601.html


無名騎士藩国 Drache
 ラジオ局(共用) ttp://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=78290


玄霧藩国 玄霧弦耶さん
 食糧倉庫 ttps://www65.atwiki.jp/kurogiri_all/pages/110.html


akiharu国 風色鉛筆さん
 喫茶店 ttp://www.evernote.com/l/AfZvjJhzbWVDS6T2JRYoma998RPWPfZRYWU/


無名騎士藩国 神楽坂
 通信・電話会社 ttps://www7.atwiki.jp/genz/pages/648.html


紅葉国 神室
 大気汚染防止法(制度) ttps://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/air_pol_control


無名騎士藩国 無名騎士藩国
 鉄道事業(共有版) ttps://www7.atwiki.jp/genz/pages/694.html


鍋の国 銀内 ユウ
 発電による燃料採掘施設 ttps://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/716.html
 燃料生産施設としての発電所です。


紅葉国 神室
 ショッピングセンター ttps://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/setumon199_212/shopcenter


レンジャー連邦 遠邦なる
 移動遊園地 ttp://0ranger.webspace.ne.jp/bbs/0ranger_tree_p_66.html


紅葉国 神室
 家電量販店(中・高物理域) ttps://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/setumon199_212/kaden


鍋の国 銀内 ユウ
 労働災害事故防止計画 ttps://www33.atwiki.jp/ryuunabe/pages/4940.html


紅葉国 神室
 共和国聯合憲章 ttps://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/rengokensyo_ver4


紅葉国 神室
 藩国安全保障特別法 ttps://sites.google.com/a/sevenspirals.net/koyo/idress-work/t20_freeidress/anzensp


akiharu国 阪明日見
 公衆浴場 ttps://www65.atwiki.jp/sakabooks/pages/42.html


紅葉国 神室
 屋外陸上競技場 ttp://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=30814


無名騎士藩国 藤原うずら
 無線通信技術 ttp://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=75611


無名騎士藩国 藤原うずら
 TV局 ttp://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=75610


無名騎士藩国 Drache
 整備工場(汎用) ttp://maki.wanwan-empire.net/group_viewer?id=48444


  [No.2317] 燃料生産地(仮) 投稿者:乃亜・クラウ・オコーネル  投稿日:2017/10/07(Sat) 01:54:04

オグナさん、真輝さん、蘭堂さんの部品をまとめて、細かい部品追加しました。如何でしょうか?
#(真輝さんオグナさんの、発電に使えそうなのは 電力に回すため一時保留)

あと部品10個くらいで評価10になります。部品案募集ですー



*部品構造

-大部品: 燃料生産地 RD:48 評価値:9
--大部品: ナニワとオイルの歴史 RD:4 評価値:3
---部品: そもそもの始まり
---部品: 精製について
---部品: 環境汚染防止の取り組み
---部品: 油田の祭り
--大部品: 油田開発 RD:7 評価値:4
---部品: 原油・石油とは
---部品: 泥岩や貯留岩を探す
---部品: 開発計画の立案
---部品: 掘る技術の進化
---部品: タンクとパイプの技術
---部品: 生産のモニタリング
---部品: 閉鎖作業
--大部品: 採掘施設 RD:4 評価値:3
---部品: 施設建設の流れ
---部品: ロータリー掘削
---部品: その他の掘削
---部品: ドリルビット
--大部品: 燃料精錬所 RD:7 評価値:4
---大部品: 製錬設備 RD:7 評価値:4
----部品: 中核となる設備
----部品: 分離処理
----部品: コンデンセート
----部品: 製錬工程
----部品: 燃料貯蔵庫
----部品: 液状処理施設
----部品: その他の付帯設備
--大部品: 燃料生産向上における方針 RD:2 評価値:1
---部品: 政府首脳陣の統一見解
---部品: 実現に向けた施策
--大部品: 燃料生産技術の研究開発支援施策 RD:2 評価値:1
---部品: 研究支援の概要
---部品: 主な支援内容
--大部品: 支援対象の研究 RD:8 評価値:5
---部品: 回収手法の工夫と最適化
---部品: 分離工程
---部品: 機械設備の開発
---部品: 輸送、貯蔵の為の手段
---部品: 効率の良い製錬方法
---部品: 天然ガスの活用
---部品: 液化処理方法
---部品: 産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法
--大部品: 安全対策 RD:5 評価値:3
---部品: 火災消火について
---部品: 防災の為の備え
---部品: キャッピング
---部品: 閉鎖用隔壁
---部品: 保安と管理
--大部品: 輸送設備 RD:2 評価値:1
---部品: 輸送について
---部品: 一般的なタンカー
--大部品: パイプライン RD:4 評価値:3
---部品: パイプラインとは
---部品: 使用するパイプ
---部品: 輸送手段としての利点
---部品: タンカーへの積み込みと荷下ろし
--大部品: 居住設備 RD:3 評価値:2
---部品: 油田の街
---部品: 排煙への配慮
---部品: 居住施設のある場所



*部品定義

**部品: そもそもの始まり
昔、井戸を掘っている際に黒い水が出たという伝承があり、その水は燃える事もあってか照明代わりに使われていたという記録が残っている。これが油田の始まりと言われている。

**部品: 精製について
原油をただ使うだけでなく、精製をする事により様々なものに分ける事ができた。黒い水は油と分かり精製すると照明に使えた。今は、ガソリン・灯油・軽油・重油と分ける事が出来る。

**部品: 環境汚染防止の取り組み
現在は国によって大気汚染や水質・土壌汚染を防ぐために様々な制限が設けられている。また、汚染等を防ぐため化学反応を用いた浄化等をし、排水やガス等も出来る限りクリーンなものにされている。

**部品: 油田の祭り
ナニワアームズでは文化的に今後も発展するように、また貴重な資源を使う事を忘れぬようにと、始めに使われた油田にて祭りをおこなっている。既に事業的には採算が合わないが、まだ油が出ており機械を動かす実験や子供らに分かりやすいような催し物が行われている。

**部品: 原油・石油とは
天然の石油を原油と呼び、複雑な「炭化水素(炭素と水素の化合物)」がたくさん混合している状態である。粘土の固結した泥岩(でいがん)や、より固結度の高い頁岩(けつがん)の厚い地層が広くある場所の、貯留岩と呼ばれる粒の粗い岩石の層に石油が含まれていることが多い。

**部品: 泥岩や貯留岩を探す
原油やガスの根源岩とされる「泥岩」や、多孔質なためその孔隙に気体や液体を貯める性質のある「貯留岩」の層を探すことで、ガス・原油の埋蔵量などの把握や推定、油井を掘る場所の決定などを行う。

**部品: 開発計画の立案
地下の推定埋蔵量や生産特性の調査・解析結果などを基に、最大限の回収の方法、そのための施設導入計画と運営コスト・追加する設備などを検討し、効率の良い最適化した開発・生産計画を立案する。

**部品: 掘る技術の進化
掘る技術が人力の発掘、自噴するところからポンプによってくみ上げる事が出来るようになった。また、油の加圧、ガス注入等のくみ上げが盛んになった。今は安定しており、新規油田を掘る事はターゲットを決めて掘る事になっている。

**部品: タンクとパイプの技術
現在は油田を掘り、くみ上げてきたものをクリーニングし原油、タンクに詰めていくようにしていく。その後、パイプラインに乗せてタンクから精製所へ運ぶ事になっている。

**部品: 生産のモニタリング
生産が開発されてからも定期的に原油の状態や性質・水分量・圧力などを観察・記録し、生産量と運営コストの最適化に修正を加えつつ、追加施設導入の検討などを行う。

**部品: 閉鎖作業
原油を全てくみ上げたところは、油やガスを全て抜き取り、機械を外した上で更地にしている。また、廃棄されたところの土をアスファルトの原産に出来ないか現在、再生事業も組み込まれている。

**部品: 施設建設の流れ
原油を汲み出す油井を掘削するのと同時に、油井周囲に送油するためのパイプやタンクなどを建設していく。消火・防災設備などは念入りに配置されている。また通いやすく住みやすい場所に職員や技術者、労働者の居住地区も次第に出来上がってゆき、徐々に生活用品を売る店や飲食店、娯楽施設なども増えることが多い。

**部品: ロータリー掘削
原油や天然ガスを地下深い地層から掘り出すために、油井と呼ばれる深い井戸を掘る。大抵は大きな油井やぐらを建て、ドリルビットを付けた掘削パイプを回転させ掘り進む。パイプを通してドリルビットから調整剤を調合された特殊な泥水を噴射し、摩擦熱を軽減する。この水は堀りクズと共にパイプの外側を通って回収され、フィルターで大きな堀りクズを取り除いた後、ポンプで循環させ再び使用される。

**部品: その他の掘削
ポンプで原油を汲み上げるポンプ採油や、ガスを吹き込んで圧力を利用し原油を押し上げるガスリフト・ポンプ、ロータリー式のように真っ直ぐなパイプを回転させるのではなく、チューブにドリルを付け泥水の流れでビット部分を回転させるコイル・チュービング・リグなどがある。

**部品: ドリルビット
原油の埋蔵されている地下深くまで掘削するために、ビットと呼ばれる歯のついた硬質ドリルを管ごと回転させながら掘り進む。この歯先には人造ダイヤモンド等を埋め込むこともある。

**部品: 中核となる設備
燃料精錬所の中核をなす部分である。原油の蒸留分離を行う蒸留塔と、分離後の燃料を更に精製する複数の装置から構成されている。

**部品: 分離処理
地下から汲み出した原油を、油・ガス・水・その他の不純物・化合物などに分離処理し、パイプラインで油は貯蔵タンク、ガスは液化処理施設などへ送られる。

**部品: コンデンセート
原油の一種で、地下では気体で存在するが、地上では液体状になるものをコンデンセート油、もしくは単にコンデンセートと呼ぶ。通常の油井から生産される他、ガス田からも採取されることがあり、ガスの液状処理施設から貯蔵タンクへ戻ってくる場合もある。

**部品: 製錬工程
蒸留塔にて燃料は分離され、性質の異なる複数の燃料が精製されます。燃料の種類によっては、別の装置によって更なる蒸留分離や、触媒を利用した不純物除去などの過程を経ることになります。

**部品: 燃料貯蔵庫
燃料を貯蔵する施設。巨大な燃料タンクが大量に立ち並ぶ区画で、精錬施設よりも大きな面積を占めている。原油や精錬後の各種燃料が貯蔵され、必要に応じて出荷される事になる。

**部品: 液状処理施設
生産・採取された天然ガスを、コンセンデート油や不純物を分離除去し、マイナスの低温まで冷却して液化し貯蔵・出荷する施設。液化させると体積がおよそ600分の1ほどになるため大量の貯蔵や輸送が可能になるが、液化には多大なエネルギーが必要なため、このエネルギーを抑えるための研究は今も続けられている。

**部品: その他の付帯設備
ボイラーや、自家発電設備、排水処理設備等のその他設備がその他の付帯設備に当たる。排煙、防災には特に力を入れており、それに纏わる設備や機器が多い。

**部品: 政府首脳陣の統一見解
1)労働力の過剰投入による生産量増加は行わない。2)環境への負荷を増加させない為に採掘量の増加以外の手法で限りある燃料を効率良く回収する事を目指す。

**部品: 実現に向けた施策
過去に資源採掘現場で発生した劣悪な環境下での過酷な労働という悲劇を再来させない為に、ナニワアームズ商藩国では燃料生産についての基礎研究や技術開発の推進に力を入れる事になった。

**部品: 研究支援の概要
労働力の過剰投入や環境への負荷の増加を行う事無く、燃料の生産量を増加させる為の基礎研究や技術開発を推進する。

**部品: 主な支援内容
・資金援助・必要な人材の調整例:産業廃棄物の処理方法の研究なら国内にある産業廃棄物処理場からスタッフを派遣して貰うように調整する、危険物を扱う際の安全管理の為に消防署の人員を派遣して貰う等・各種法整備例:環境負荷対策の法案の検討等・有効な方法は安全確認の為の検証を経て、実際に国家施設である燃料生産地に段階的に実用化していく。

**部品: 回収手法の工夫と最適化
油田からの回収率を増加させる為の2次回収、3次回収の手法の研究(水やガスの圧入して油層の圧力を補う等)

**部品: 分離工程
セパレーターによる分離工程(油、水、天然ガスを分離する)時のロスを減らす為の技術研究を実施する。これにより同量の採掘量でも獲得できる石油の量が増える。

**部品: 機械設備の開発
原油の脱湿・脱塩装置やエマルジョン分解装置のより効率の良い機械装置の開発。これら脱湿・脱塩によって原油の品質向上と輸送や貯蔵時の手間の削減等が見込める。

**部品: 輸送、貯蔵の為の手段
油田、セパレーター、貯蔵タンク、燃料精錬所等の各種施設を結ぶパイプラインの整備及び輸送時のロスやコストの低減の為のパイプラインや貯蔵タンクの研究を行う。

**部品: 効率の良い製錬方法
原油から各種石油製品の精錬の為の手法について、より効率の良い方法の研究とそれらを実際に稼働させる為の設備や機械の開発と実践。

**部品: 天然ガスの活用
天然ガスのエネルギー資源として活用法や精製手法の研究。燃焼時のCO2の排出量が石油や石炭よりも少なく済むというメリット以外にも、熱や蒸気、電気といった複数のエネルギーを同時に生み出す事で冷暖房や給湯、電力供給といった複数の用途で活用できる。

**部品: 液化処理方法
液化処理の際の、より効率の良い冷却方法や保冷システム等、冷却のための使用エネルギーを抑える方法や工夫。

**部品: 産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法
各種製造工程で発生する産業廃棄物の処理方法の研究は自分達の生活圏の環境悪化を防ぎ、より末永く住み続ける為にも必要不可欠なものであると言える。

**部品: 火災消火について
火災を防ぐための機械はもちろんの事、万が一火災が起こった時は閉鎖作業やニトログリセリン等の爆風消火、またエンジンを使っての放水作業等も行われるようになる。

**部品: 防災の為の備え
防災に関しては、大容量泡放射設備の導入や泡消火薬剤備蓄の増強などに加え、耐火服、酸素ボンベ、消火器等防災用の機器の各所への大量配備、藩国消防署との連絡体制の強化など、特に力を入れている。

**部品: キャッピング
油田にクレーンでフタをする方法。酸素を遮断し消火する、窒息消火にあたる。最も安定した消化法ではあるが、これを行った後に冷却や薬剤の投入などを行う場合もある。

**部品: 閉鎖用隔壁
消火しきれなかった場合や難しい場合、火薬等を爆発させて爆風や酸欠環境を利用する手段が採られる。また二酸化炭素などのガスを吹き込んで消火する等の場合もあるため、緊急用に油井坑口周辺は何層かの頑丈な隔壁が設けられている。

**部品: 保安と管理
各施設と設備・パイプライン等はそれぞれ、複数の監視室で交代制の職員により24時間体制で監視されており、緊急時にも対策できるよう日々保全管理・整備をされている。

**部品: 輸送について
他の国に輸出する際は、タンカーや環状線等を使い輸送している。輸送の際は事故や海賊等に襲われぬよう、事前の打ち合わせ、路線の機密性等が多く使われるようになっている。

**部品: 一般的なタンカー
原油を運ぶタンカーは全長300mを越える20〜30万トン級のものが一般的である。中は20前後のタンクに分かれており、万が一事故があっても、全て流れ出さないような設計がされている。また機械により自動化されている船が多く、乗務員はそれほど多くはない。

**部品: パイプラインとは
燃料を移動させるための設備である。ポンプによって燃料を送り出し輸送を行う。藩国油田から精錬所、精錬所から工場地帯の間と精錬所内の各設備間にパイプラインは設置されている。

**部品: 使用するパイプ
敷設後の交換は大工事となるため、生産の間の交換は最小で済むよう、高強度と高い耐食性のある鋼材で丁寧に頑丈に作られたパイプを使用している。

**部品: 輸送手段としての利点
通常の輸送手段よりも大量の燃料を輸送でき、積み下ろし作業や空荷走行などによるロスなども全くないためコスト的にも優れている。

**部品: タンカーへの積み込みと荷下ろし
タンカーへ原油を積み込むとき、または輸送された原油をタンカーから下ろす時にもパイプラインが使用される。積み込みや下ろす場合には、おおよそ1日半〜3日程度かかることもある。

**部品: 油田の街
油田を掘る事は長年の事業に渡る事となっており、それは一家族が出来上がる程の年月がかかる。それもあってか、労働者を始めとする町が出来上がった。

**部品: 排煙への配慮
排煙は周囲に撒き散らすことの無いよう通常の排煙処理の後、排気機構へ直接ラインを引いて街や居住区に排煙が漏れる事のない様にしている。

**部品: 居住施設のある場所
燃料生産地で発展した街の一つが、北方のザルリン地方にあるサナズである。政府主体の生産地開発のモデルケースであるため、公営住宅や集合住宅が多くライフラインも一通り整っており、民間企業も多数参入している。



*提出書式

大部品: 燃料生産地 RD:48 評価値:9
-大部品: ナニワとオイルの歴史 RD:4 評価値:3
--部品: そもそもの始まり
--部品: 精製について
--部品: 環境汚染防止の取り組み
--部品: 油田の祭り
-大部品: 油田開発 RD:7 評価値:4
--部品: 原油・石油とは
--部品: 泥岩や貯留岩を探す
--部品: 開発計画の立案
--部品: 掘る技術の進化
--部品: タンクとパイプの技術
--部品: 生産のモニタリング
--部品: 閉鎖作業
-大部品: 採掘施設 RD:4 評価値:3
--部品: 施設建設の流れ
--部品: ロータリー掘削
--部品: その他の掘削
--部品: ドリルビット
-大部品: 燃料精錬所 RD:7 評価値:4
--大部品: 製錬設備 RD:7 評価値:4
---部品: 中核となる設備
---部品: 分離処理
---部品: コンデンセート
---部品: 製錬工程
---部品: 燃料貯蔵庫
---部品: 液状処理施設
---部品: その他の付帯設備
-大部品: 燃料生産向上における方針 RD:2 評価値:1
--部品: 政府首脳陣の統一見解
--部品: 実現に向けた施策
-大部品: 燃料生産技術の研究開発支援施策 RD:2 評価値:1
--部品: 研究支援の概要
--部品: 主な支援内容
-大部品: 支援対象の研究 RD:8 評価値:5
--部品: 回収手法の工夫と最適化
--部品: 分離工程
--部品: 機械設備の開発
--部品: 輸送、貯蔵の為の手段
--部品: 効率の良い製錬方法
--部品: 天然ガスの活用
--部品: 液化処理方法
--部品: 産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法
-大部品: 安全対策 RD:5 評価値:3
--部品: 火災消火について
--部品: 防災の為の備え
--部品: キャッピング
--部品: 閉鎖用隔壁
--部品: 保安と管理
-大部品: 輸送設備 RD:2 評価値:1
--部品: 輸送について
--部品: 一般的なタンカー
-大部品: パイプライン RD:4 評価値:3
--部品: パイプラインとは
--部品: 使用するパイプ
--部品: 輸送手段としての利点
--部品: タンカーへの積み込みと荷下ろし
-大部品: 居住設備 RD:3 評価値:2
--部品: 油田の街
--部品: 排煙への配慮
--部品: 居住施設のある場所


部品: そもそもの始まり
昔、井戸を掘っている際に黒い水が出たという伝承があり、その水は燃える事もあってか照明代わりに使われていたという記録が残っている。これが油田の始まりと言われている。

部品: 精製について
原油をただ使うだけでなく、精製をする事により様々なものに分ける事ができた。黒い水は油と分かり精製すると照明に使えた。今は、ガソリン・灯油・軽油・重油と分ける事が出来る。

部品: 環境汚染防止の取り組み
現在は国によって大気汚染や水質・土壌汚染を防ぐために様々な制限が設けられている。また、汚染等を防ぐため化学反応を用いた浄化等をし、排水やガス等も出来る限りクリーンなものにされている。

部品: 油田の祭り
ナニワアームズでは文化的に今後も発展するように、また貴重な資源を使う事を忘れぬようにと、始めに使われた油田にて祭りをおこなっている。既に事業的には採算が合わないが、まだ油が出ており機械を動かす実験や子供らに分かりやすいような催し物が行われている。

部品: 原油・石油とは
天然の石油を原油と呼び、複雑な「炭化水素(炭素と水素の化合物)」がたくさん混合している状態である。粘土の固結した泥岩(でいがん)や、より固結度の高い頁岩(けつがん)の厚い地層が広くある場所の、貯留岩と呼ばれる粒の粗い岩石の層に石油が含まれていることが多い。

部品: 泥岩や貯留岩を探す
原油やガスの根源岩とされる「泥岩」や、多孔質なためその孔隙に気体や液体を貯める性質のある「貯留岩」の層を探すことで、ガス・原油の埋蔵量などの把握や推定、油井を掘る場所の決定などを行う。

部品: 開発計画の立案
地下の推定埋蔵量や生産特性の調査・解析結果などを基に、最大限の回収の方法、そのための施設導入計画と運営コスト・追加する設備などを検討し、効率の良い最適化した開発・生産計画を立案する。

部品: 掘る技術の進化
掘る技術が人力の発掘、自噴するところからポンプによってくみ上げる事が出来るようになった。また、油の加圧、ガス注入等のくみ上げが盛んになった。今は安定しており、新規油田を掘る事はターゲットを決めて掘る事になっている。

部品: タンクとパイプの技術
現在は油田を掘り、くみ上げてきたものをクリーニングし原油、タンクに詰めていくようにしていく。その後、パイプラインに乗せてタンクから精製所へ運ぶ事になっている。

部品: 生産のモニタリング
生産が開発されてからも定期的に原油の状態や性質・水分量・圧力などを観察・記録し、生産量と運営コストの最適化に修正を加えつつ、追加施設導入の検討などを行う。

部品: 閉鎖作業
原油を全てくみ上げたところは、油やガスを全て抜き取り、機械を外した上で更地にしている。また、廃棄されたところの土をアスファルトの原産に出来ないか現在、再生事業も組み込まれている。

部品: 施設建設の流れ
原油を汲み出す油井を掘削するのと同時に、油井周囲に送油するためのパイプやタンクなどを建設していく。消火・防災設備などは念入りに配置されている。また通いやすく住みやすい場所に職員や技術者、労働者の居住地区も次第に出来上がってゆき、徐々に生活用品を売る店や飲食店、娯楽施設なども増えることが多い。

部品: ロータリー掘削
原油や天然ガスを地下深い地層から掘り出すために、油井と呼ばれる深い井戸を掘る。大抵は大きな油井やぐらを建て、ドリルビットを付けた掘削パイプを回転させ掘り進む。パイプを通してドリルビットから調整剤を調合された特殊な泥水を噴射し、摩擦熱を軽減する。この水は堀りクズと共にパイプの外側を通って回収され、フィルターで大きな堀りクズを取り除いた後、ポンプで循環させ再び使用される。

部品: その他の掘削
ポンプで原油を汲み上げるポンプ採油や、ガスを吹き込んで圧力を利用し原油を押し上げるガスリフト・ポンプ、ロータリー式のように真っ直ぐなパイプを回転させるのではなく、チューブにドリルを付け泥水の流れでビット部分を回転させるコイル・チュービング・リグなどがある。

部品: ドリルビット
原油の埋蔵されている地下深くまで掘削するために、ビットと呼ばれる歯のついた硬質ドリルを管ごと回転させながら掘り進む。この歯先には人造ダイヤモンド等を埋め込むこともある。

部品: 中核となる設備
燃料精錬所の中核をなす部分である。原油の蒸留分離を行う蒸留塔と、分離後の燃料を更に精製する複数の装置から構成されている。

部品: 分離処理
地下から汲み出した原油を、油・ガス・水・その他の不純物・化合物などに分離処理し、パイプラインで油は貯蔵タンク、ガスは液化処理施設などへ送られる。

部品: コンデンセート
原油の一種で、地下では気体で存在するが、地上では液体状になるものをコンデンセート油、もしくは単にコンデンセートと呼ぶ。通常の油井から生産される他、ガス田からも採取されることがあり、ガスの液状処理施設から貯蔵タンクへ戻ってくる場合もある。

部品: 製錬工程
蒸留塔にて燃料は分離され、性質の異なる複数の燃料が精製されます。燃料の種類によっては、別の装置によって更なる蒸留分離や、触媒を利用した不純物除去などの過程を経ることになります。

部品: 燃料貯蔵庫
燃料を貯蔵する施設。巨大な燃料タンクが大量に立ち並ぶ区画で、精錬施設よりも大きな面積を占めている。原油や精錬後の各種燃料が貯蔵され、必要に応じて出荷される事になる。

部品: 液状処理施設
生産・採取された天然ガスを、コンセンデート油や不純物を分離除去し、マイナスの低温まで冷却して液化し貯蔵・出荷する施設。液化させると体積がおよそ600分の1ほどになるため大量の貯蔵や輸送が可能になるが、液化には多大なエネルギーが必要なため、このエネルギーを抑えるための研究は今も続けられている。

部品: その他の付帯設備
ボイラーや、自家発電設備、排水処理設備等のその他設備がその他の付帯設備に当たる。排煙、防災には特に力を入れており、それに纏わる設備や機器が多い。

部品: 政府首脳陣の統一見解
1)労働力の過剰投入による生産量増加は行わない。2)環境への負荷を増加させない為に採掘量の増加以外の手法で限りある燃料を効率良く回収する事を目指す。

部品: 実現に向けた施策
過去に資源採掘現場で発生した劣悪な環境下での過酷な労働という悲劇を再来させない為に、ナニワアームズ商藩国では燃料生産についての基礎研究や技術開発の推進に力を入れる事になった。

部品: 研究支援の概要
労働力の過剰投入や環境への負荷の増加を行う事無く、燃料の生産量を増加させる為の基礎研究や技術開発を推進する。

部品: 主な支援内容
・資金援助・必要な人材の調整例:産業廃棄物の処理方法の研究なら国内にある産業廃棄物処理場からスタッフを派遣して貰うように調整する、危険物を扱う際の安全管理の為に消防署の人員を派遣して貰う等・各種法整備例:環境負荷対策の法案の検討等・有効な方法は安全確認の為の検証を経て、実際に国家施設である燃料生産地に段階的に実用化していく。

部品: 回収手法の工夫と最適化
油田からの回収率を増加させる為の2次回収、3次回収の手法の研究(水やガスの圧入して油層の圧力を補う等)

部品: 分離工程
セパレーターによる分離工程(油、水、天然ガスを分離する)時のロスを減らす為の技術研究を実施する。これにより同量の採掘量でも獲得できる石油の量が増える。

部品: 機械設備の開発
原油の脱湿・脱塩装置やエマルジョン分解装置のより効率の良い機械装置の開発。これら脱湿・脱塩によって原油の品質向上と輸送や貯蔵時の手間の削減等が見込める。

部品: 輸送、貯蔵の為の手段
油田、セパレーター、貯蔵タンク、燃料精錬所等の各種施設を結ぶパイプラインの整備及び輸送時のロスやコストの低減の為のパイプラインや貯蔵タンクの研究を行う。

部品: 効率の良い製錬方法
原油から各種石油製品の精錬の為の手法について、より効率の良い方法の研究とそれらを実際に稼働させる為の設備や機械の開発と実践。

部品: 天然ガスの活用
天然ガスのエネルギー資源として活用法や精製手法の研究。燃焼時のCO2の排出量が石油や石炭よりも少なく済むというメリット以外にも、熱や蒸気、電気といった複数のエネルギーを同時に生み出す事で冷暖房や給湯、電力供給といった複数の用途で活用できる。

部品: 液化処理方法
液化処理の際の、より効率の良い冷却方法や保冷システム等、冷却のための使用エネルギーを抑える方法や工夫。

部品: 産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法
各種製造工程で発生する産業廃棄物の処理方法の研究は自分達の生活圏の環境悪化を防ぎ、より末永く住み続ける為にも必要不可欠なものであると言える。

部品: 火災消火について
火災を防ぐための機械はもちろんの事、万が一火災が起こった時は閉鎖作業やニトログリセリン等の爆風消火、またエンジンを使っての放水作業等も行われるようになる。

部品: 防災の為の備え
防災に関しては、大容量泡放射設備の導入や泡消火薬剤備蓄の増強などに加え、耐火服、酸素ボンベ、消火器等防災用の機器の各所への大量配備、藩国消防署との連絡体制の強化など、特に力を入れている。

部品: キャッピング
油田にクレーンでフタをする方法。酸素を遮断し消火する、窒息消火にあたる。最も安定した消化法ではあるが、これを行った後に冷却や薬剤の投入などを行う場合もある。

部品: 閉鎖用隔壁
消火しきれなかった場合や難しい場合、火薬等を爆発させて爆風や酸欠環境を利用する手段が採られる。また二酸化炭素などのガスを吹き込んで消火する等の場合もあるため、緊急用に油井坑口周辺は何層かの頑丈な隔壁が設けられている。

部品: 保安と管理
各施設と設備・パイプライン等はそれぞれ、複数の監視室で交代制の職員により24時間体制で監視されており、緊急時にも対策できるよう日々保全管理・整備をされている。

部品: 輸送について
他の国に輸出する際は、タンカーや環状線等を使い輸送している。輸送の際は事故や海賊等に襲われぬよう、事前の打ち合わせ、路線の機密性等が多く使われるようになっている。

部品: 一般的なタンカー
原油を運ぶタンカーは全長300mを越える20〜30万トン級のものが一般的である。中は20前後のタンクに分かれており、万が一事故があっても、全て流れ出さないような設計がされている。また機械により自動化されている船が多く、乗務員はそれほど多くはない。

部品: パイプラインとは
燃料を移動させるための設備である。ポンプによって燃料を送り出し輸送を行う。藩国油田から精錬所、精錬所から工場地帯の間と精錬所内の各設備間にパイプラインは設置されている。

部品: 使用するパイプ
敷設後の交換は大工事となるため、生産の間の交換は最小で済むよう、高強度と高い耐食性のある鋼材で丁寧に頑丈に作られたパイプを使用している。

部品: 輸送手段としての利点
通常の輸送手段よりも大量の燃料を輸送でき、積み下ろし作業や空荷走行などによるロスなども全くないためコスト的にも優れている。

部品: タンカーへの積み込みと荷下ろし
タンカーへ原油を積み込むとき、または輸送された原油をタンカーから下ろす時にもパイプラインが使用される。積み込みや下ろす場合には、おおよそ1日半〜3日程度かかることもある。

部品: 油田の街
油田を掘る事は長年の事業に渡る事となっており、それは一家族が出来上がる程の年月がかかる。それもあってか、労働者を始めとする町が出来上がった。

部品: 排煙への配慮
排煙は周囲に撒き散らすことの無いよう通常の排煙処理の後、排気機構へ直接ラインを引いて街や居住区に排煙が漏れる事のない様にしている。

部品: 居住施設のある場所
燃料生産地で発展した街の一つが、北方のザルリン地方にあるサナズである。政府主体の生産地開発のモデルケースであるため、公営住宅や集合住宅が多くライフラインも一通り整っており、民間企業も多数参入している。




*インポート用定義データ


[
{ "title": "燃料生産地",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "ナニワとオイルの歴史",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "そもそもの始まり",
"part_type": "part",
"description": "昔、井戸を掘っている際に黒い水が出たという伝承があり、その水は燃える事もあってか照明代わりに使われていたという記録が残っている。これが油田の始まりと言われている。",
"localID": 2
},

{ "title": "精製について",
"part_type": "part",
"description": "原油をただ使うだけでなく、精製をする事により様々なものに分ける事ができた。黒い水は油と分かり精製すると照明に使えた。今は、ガソリン・灯油・軽油・重油と分ける事が出来る。",
"localID": 3
},

{ "title": "環境汚染防止の取り組み",
"part_type": "part",
"description": "現在は国によって大気汚染や水質・土壌汚染を防ぐために様々な制限が設けられている。また、汚染等を防ぐため化学反応を用いた浄化等をし、排水やガス等も出来る限りクリーンなものにされている。",
"localID": 4
},

{ "title": "油田の祭り",
"part_type": "part",
"description": "ナニワアームズでは文化的に今後も発展するように、また貴重な資源を使う事を忘れぬようにと、始めに使われた油田にて祭りをおこなっている。既に事業的には採算が合わないが、まだ油が出ており機械を動かす実験や子供らに分かりやすいような催し物が行われている。",
"localID": 5
}
],
"expanded": true,
"localID": 1
},

{ "title": "油田開発",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "原油・石油とは",
"part_type": "part",
"description": "天然の石油を原油と呼び、複雑な「炭化水素(炭素と水素の化合物)」がたくさん混合している状態である。粘土の固結した泥岩(でいがん)や、より固結度の高い頁岩(けつがん)の厚い地層が広くある場所の、貯留岩と呼ばれる粒の粗い岩石の層に石油が含まれていることが多い。",
"localID": 7
},

{ "title": "泥岩や貯留岩を探す",
"part_type": "part",
"description": "原油やガスの根源岩とされる「泥岩」や、多孔質なためその孔隙に気体や液体を貯める性質のある「貯留岩」の層を探すことで、ガス・原油の埋蔵量などの把握や推定、油井を掘る場所の決定などを行う。",
"localID": 8
},

{ "title": "開発計画の立案",
"part_type": "part",
"description": "地下の推定埋蔵量や生産特性の調査・解析結果などを基に、最大限の回収の方法、そのための施設導入計画と運営コスト・追加する設備などを検討し、効率の良い最適化した開発・生産計画を立案する。",
"localID": 9
},

{ "title": "掘る技術の進化",
"part_type": "part",
"description": "掘る技術が人力の発掘、自噴するところからポンプによってくみ上げる事が出来るようになった。また、油の加圧、ガス注入等のくみ上げが盛んになった。今は安定しており、新規油田を掘る事はターゲットを決めて掘る事になっている。",
"localID": 10
},

{ "title": "タンクとパイプの技術",
"part_type": "part",
"description": "現在は油田を掘り、くみ上げてきたものをクリーニングし原油、タンクに詰めていくようにしていく。その後、パイプラインに乗せてタンクから精製所へ運ぶ事になっている。",
"localID": 11
},

{ "title": "生産のモニタリング",
"part_type": "part",
"description": "生産が開発されてからも定期的に原油の状態や性質・水分量・圧力などを観察・記録し、生産量と運営コストの最適化に修正を加えつつ、追加施設導入の検討などを行う。",
"localID": 12
},

{ "title": "閉鎖作業",
"part_type": "part",
"description": "原油を全てくみ上げたところは、油やガスを全て抜き取り、機械を外した上で更地にしている。また、廃棄されたところの土をアスファルトの原産に出来ないか現在、再生事業も組み込まれている。",
"localID": 13
}
],
"expanded": true,
"localID": 6
},

{ "title": "採掘施設",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "施設建設の流れ",
"part_type": "part",
"description": "原油を汲み出す油井を掘削するのと同時に、油井周囲に送油するためのパイプやタンクなどを建設していく。消火・防災設備などは念入りに配置されている。また通いやすく住みやすい場所に職員や技術者、労働者の居住地区も次第に出来上がってゆき、徐々に生活用品を売る店や飲食店、娯楽施設なども増えることが多い。",
"localID": 15
},

{ "title": "ロータリー掘削",
"part_type": "part",
"description": "原油や天然ガスを地下深い地層から掘り出すために、油井と呼ばれる深い井戸を掘る。大抵は大きな油井やぐらを建て、ドリルビットを付けた掘削パイプを回転させ掘り進む。パイプを通してドリルビットから調整剤を調合された特殊な泥水を噴射し、摩擦熱を軽減する。この水は堀りクズと共にパイプの外側を通って回収され、フィルターで大きな堀りクズを取り除いた後、ポンプで循環させ再び使用される。",
"localID": 16
},

{ "title": "その他の掘削",
"part_type": "part",
"description": "ポンプで原油を汲み上げるポンプ採油や、ガスを吹き込んで圧力を利用し原油を押し上げるガスリフト・ポンプ、ロータリー式のように真っ直ぐなパイプを回転させるのではなく、チューブにドリルを付け泥水の流れでビット部分を回転させるコイル・チュービング・リグなどがある。",
"localID": 17
},

{ "title": "ドリルビット",
"part_type": "part",
"description": "原油の埋蔵されている地下深くまで掘削するために、ビットと呼ばれる歯のついた硬質ドリルを管ごと回転させながら掘り進む。この歯先には人造ダイヤモンド等を埋め込むこともある。",
"localID": 18
}
],
"expanded": true,
"localID": 14
},

{ "title": "燃料精錬所",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "製錬設備",
"description": "ナニワ",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "中核となる設備",
"part_type": "part",
"description": "燃料精錬所の中核をなす部分である。原油の蒸留分離を行う蒸留塔と、分離後の燃料を更に精製する複数の装置から構成されている。",
"localID": 21
},

{ "title": "分離処理",
"part_type": "part",
"description": "地下から汲み出した原油を、油・ガス・水・その他の不純物・化合物などに分離処理し、パイプラインで油は貯蔵タンク、ガスは液化処理施設などへ送られる。",
"localID": 22
},

{ "title": "コンデンセート",
"part_type": "part",
"description": "原油の一種で、地下では気体で存在するが、地上では液体状になるものをコンデンセート油、もしくは単にコンデンセートと呼ぶ。通常の油井から生産される他、ガス田からも採取されることがあり、ガスの液状処理施設から貯蔵タンクへ戻ってくる場合もある。",
"localID": 23
},

{ "title": "製錬工程",
"part_type": "part",
"description": "蒸留塔にて燃料は分離され、性質の異なる複数の燃料が精製されます。燃料の種類によっては、別の装置によって更なる蒸留分離や、触媒を利用した不純物除去などの過程を経ることになります。",
"localID": 24
},

{ "title": "燃料貯蔵庫",
"part_type": "part",
"description": "燃料を貯蔵する施設。巨大な燃料タンクが大量に立ち並ぶ区画で、精錬施設よりも大きな面積を占めている。原油や精錬後の各種燃料が貯蔵され、必要に応じて出荷される事になる。",
"localID": 25
},

{ "title": "液状処理施設",
"part_type": "part",
"description": "生産・採取された天然ガスを、コンセンデート油や不純物を分離除去し、マイナスの低温まで冷却して液化し貯蔵・出荷する施設。液化させると体積がおよそ600分の1ほどになるため大量の貯蔵や輸送が可能になるが、液化には多大なエネルギーが必要なため、このエネルギーを抑えるための研究は今も続けられている。",
"localID": 26
},

{ "title": "その他の付帯設備",
"part_type": "part",
"description": "ボイラーや、自家発電設備、排水処理設備等のその他設備がその他の付帯設備に当たる。排煙、防災には特に力を入れており、それに纏わる設備や機器が多い。",
"localID": 27
}
],
"localID": 20,
"expanded": true
}
],
"expanded": true,
"localID": 19
},

{ "title": "燃料生産向上における方針",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "政府首脳陣の統一見解",
"part_type": "part",
"description": "1)労働力の過剰投入による生産量増加は行わない。2)環境への負荷を増加させない為に採掘量の増加以外の手法で限りある燃料を効率良く回収する事を目指す。",
"localID": 29
},

{ "title": "実現に向けた施策",
"part_type": "part",
"description": "過去に資源採掘現場で発生した劣悪な環境下での過酷な労働という悲劇を再来させない為に、ナニワアームズ商藩国では燃料生産についての基礎研究や技術開発の推進に力を入れる事になった。",
"localID": 30
}
],
"expanded": true,
"localID": 28
},

{ "title": "燃料生産技術の研究開発支援施策",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "研究支援の概要",
"part_type": "part",
"description": "労働力の過剰投入や環境への負荷の増加を行う事無く、燃料の生産量を増加させる為の基礎研究や技術開発を推進する。",
"localID": 32
},

{ "title": "主な支援内容",
"part_type": "part",
"description": "・資金援助・必要な人材の調整例:産業廃棄物の処理方法の研究なら国内にある産業廃棄物処理場からスタッフを派遣して貰うように調整する、危険物を扱う際の安全管理の為に消防署の人員を派遣して貰う等・各種法整備例:環境負荷対策の法案の検討等・有効な方法は安全確認の為の検証を経て、実際に国家施設である燃料生産地に段階的に実用化していく。",
"localID": 33
}
],
"expanded": true,
"localID": 31
},

{ "title": "支援対象の研究",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "回収手法の工夫と最適化",
"part_type": "part",
"description": "油田からの回収率を増加させる為の2次回収、3次回収の手法の研究(水やガスの圧入して油層の圧力を補う等)",
"localID": 35
},

{ "title": "分離工程",
"part_type": "part",
"description": "セパレーターによる分離工程(油、水、天然ガスを分離する)時のロスを減らす為の技術研究を実施する。これにより同量の採掘量でも獲得できる石油の量が増える。",
"localID": 36
},

{ "title": "機械設備の開発",
"part_type": "part",
"description": "原油の脱湿・脱塩装置やエマルジョン分解装置のより効率の良い機械装置の開発。これら脱湿・脱塩によって原油の品質向上と輸送や貯蔵時の手間の削減等が見込める。",
"localID": 37
},

{ "title": "輸送、貯蔵の為の手段",
"part_type": "part",
"description": "油田、セパレーター、貯蔵タンク、燃料精錬所等の各種施設を結ぶパイプラインの整備及び輸送時のロスやコストの低減の為のパイプラインや貯蔵タンクの研究を行う。",
"localID": 38
},

{ "title": "効率の良い製錬方法",
"part_type": "part",
"description": "原油から各種石油製品の精錬の為の手法について、より効率の良い方法の研究とそれらを実際に稼働させる為の設備や機械の開発と実践。",
"localID": 39
},

{ "title": "天然ガスの活用",
"part_type": "part",
"description": "天然ガスのエネルギー資源として活用法や精製手法の研究。燃焼時のCO2の排出量が石油や石炭よりも少なく済むというメリット以外にも、熱や蒸気、電気といった複数のエネルギーを同時に生み出す事で冷暖房や給湯、電力供給といった複数の用途で活用できる。",
"localID": 40
},

{ "title": "液化処理方法",
"part_type": "part",
"description": "液化処理の際の、より効率の良い冷却方法や保冷システム等、冷却のための使用エネルギーを抑える方法や工夫。",
"localID": 41
},

{ "title": "産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法",
"part_type": "part",
"description": "各種製造工程で発生する産業廃棄物の処理方法の研究は自分達の生活圏の環境悪化を防ぎ、より末永く住み続ける為にも必要不可欠なものであると言える。",
"localID": 42
}
],
"expanded": true,
"localID": 34
},

{ "title": "安全対策",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "火災消火について",
"part_type": "part",
"description": "火災を防ぐための機械はもちろんの事、万が一火災が起こった時は閉鎖作業やニトログリセリン等の爆風消火、またエンジンを使っての放水作業等も行われるようになる。",
"localID": 44
},

{ "title": "防災の為の備え",
"part_type": "part",
"description": "防災に関しては、大容量泡放射設備の導入や泡消火薬剤備蓄の増強などに加え、耐火服、酸素ボンベ、消火器等防災用の機器の各所への大量配備、藩国消防署との連絡体制の強化など、特に力を入れている。",
"localID": 45
},

{ "title": "キャッピング",
"part_type": "part",
"description": "油田にクレーンでフタをする方法。酸素を遮断し消火する、窒息消火にあたる。最も安定した消化法ではあるが、これを行った後に冷却や薬剤の投入などを行う場合もある。",
"localID": 46
},

{ "title": "閉鎖用隔壁",
"part_type": "part",
"description": "消火しきれなかった場合や難しい場合、火薬等を爆発させて爆風や酸欠環境を利用する手段が採られる。また二酸化炭素などのガスを吹き込んで消火する等の場合もあるため、緊急用に油井坑口周辺は何層かの頑丈な隔壁が設けられている。",
"localID": 47
},

{ "title": "保安と管理",
"part_type": "part",
"description": "各施設と設備・パイプライン等はそれぞれ、複数の監視室で交代制の職員により24時間体制で監視されており、緊急時にも対策できるよう日々保全管理・整備をされている。",
"localID": 48
}
],
"expanded": true,
"localID": 43
},

{ "title": "輸送設備",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "輸送について",
"part_type": "part",
"description": "他の国に輸出する際は、タンカーや環状線等を使い輸送している。輸送の際は事故や海賊等に襲われぬよう、事前の打ち合わせ、路線の機密性等が多く使われるようになっている。",
"localID": 50
},

{ "title": "一般的なタンカー",
"part_type": "part",
"description": "原油を運ぶタンカーは全長300mを越える20〜30万トン級のものが一般的である。中は20前後のタンクに分かれており、万が一事故があっても、全て流れ出さないような設計がされている。また機械により自動化されている船が多く、乗務員はそれほど多くはない。",
"localID": 51
}
],
"expanded": true,
"localID": 49
},

{ "title": "パイプライン",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "パイプラインとは",
"part_type": "part",
"description": "燃料を移動させるための設備である。ポンプによって燃料を送り出し輸送を行う。藩国油田から精錬所、精錬所から工場地帯の間と精錬所内の各設備間にパイプラインは設置されている。",
"localID": 53
},

{ "title": "使用するパイプ",
"part_type": "part",
"description": "敷設後の交換は大工事となるため、生産の間の交換は最小で済むよう、高強度と高い耐食性のある鋼材で丁寧に頑丈に作られたパイプを使用している。",
"localID": 54
},

{ "title": "輸送手段としての利点",
"part_type": "part",
"description": "通常の輸送手段よりも大量の燃料を輸送でき、積み下ろし作業や空荷走行などによるロスなども全くないためコスト的にも優れている。",
"localID": 55
},

{ "title": "タンカーへの積み込みと荷下ろし",
"part_type": "part",
"description": "タンカーへ原油を積み込むとき、または輸送された原油をタンカーから下ろす時にもパイプラインが使用される。積み込みや下ろす場合には、おおよそ1日半〜3日程度かかることもある。",
"localID": 56
}
],
"expanded": true,
"localID": 52
},

{ "title": "居住設備",
"part_type": "group",
"children":
[
{ "title": "油田の街",
"part_type": "part",
"description": "油田を掘る事は長年の事業に渡る事となっており、それは一家族が出来上がる程の年月がかかる。それもあってか、労働者を始めとする町が出来上がった。",
"localID": 58
},

{ "title": "排煙への配慮",
"part_type": "part",
"description": "排煙は周囲に撒き散らすことの無いよう通常の排煙処理の後、排気機構へ直接ラインを引いて街や居住区に排煙が漏れる事のない様にしている。",
"localID": 59
},

{ "title": "居住施設のある場所",
"part_type": "part",
"description": "燃料生産地で発展した街の一つが、北方のザルリン地方にあるサナズである。政府主体の生産地開発のモデルケースであるため、公営住宅や集合住宅が多くライフラインも一通り整っており、民間企業も多数参入している。",
"localID": 60
}
],
"expanded": true,
"localID": 57
}
],
"expanded": true,
"localID": 0
}
]


  [No.2320] Re: 燃料生産地(仮) 投稿者:暮里あづま  投稿日:2017/10/07(Sat) 18:26:08

ありがとうございます!
ここに鍋の国さんの「発電による燃料採掘施設」を使わせていただくのはいかはでしょう。
https://www24.atwiki.jp/ronnyuuryuu/pages/715.html


> オグナさん、真輝さん、蘭堂さんの部品をまとめて、細かい部品追加しました。如何でしょうか?
> #(真輝さんオグナさんの、発電に使えそうなのは 電力に回すため一時保留)
>
> あと部品10個くらいで評価10になります。部品案募集ですー
>
>
>
> *部品構造
>
> -大部品: 燃料生産地 RD:48 評価値:9
> --大部品: ナニワとオイルの歴史 RD:4 評価値:3
> ---部品: そもそもの始まり
> ---部品: 精製について
> ---部品: 環境汚染防止の取り組み
> ---部品: 油田の祭り
> --大部品: 油田開発 RD:7 評価値:4
> ---部品: 原油・石油とは
> ---部品: 泥岩や貯留岩を探す
> ---部品: 開発計画の立案
> ---部品: 掘る技術の進化
> ---部品: タンクとパイプの技術
> ---部品: 生産のモニタリング
> ---部品: 閉鎖作業
> --大部品: 採掘施設 RD:4 評価値:3
> ---部品: 施設建設の流れ
> ---部品: ロータリー掘削
> ---部品: その他の掘削
> ---部品: ドリルビット
> --大部品: 燃料精錬所 RD:7 評価値:4
> ---大部品: 製錬設備 RD:7 評価値:4
> ----部品: 中核となる設備
> ----部品: 分離処理
> ----部品: コンデンセート
> ----部品: 製錬工程
> ----部品: 燃料貯蔵庫
> ----部品: 液状処理施設
> ----部品: その他の付帯設備
> --大部品: 燃料生産向上における方針 RD:2 評価値:1
> ---部品: 政府首脳陣の統一見解
> ---部品: 実現に向けた施策
> --大部品: 燃料生産技術の研究開発支援施策 RD:2 評価値:1
> ---部品: 研究支援の概要
> ---部品: 主な支援内容
> --大部品: 支援対象の研究 RD:8 評価値:5
> ---部品: 回収手法の工夫と最適化
> ---部品: 分離工程
> ---部品: 機械設備の開発
> ---部品: 輸送、貯蔵の為の手段
> ---部品: 効率の良い製錬方法
> ---部品: 天然ガスの活用
> ---部品: 液化処理方法
> ---部品: 産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法
> --大部品: 安全対策 RD:5 評価値:3
> ---部品: 火災消火について
> ---部品: 防災の為の備え
> ---部品: キャッピング
> ---部品: 閉鎖用隔壁
> ---部品: 保安と管理
> --大部品: 輸送設備 RD:2 評価値:1
> ---部品: 輸送について
> ---部品: 一般的なタンカー
> --大部品: パイプライン RD:4 評価値:3
> ---部品: パイプラインとは
> ---部品: 使用するパイプ
> ---部品: 輸送手段としての利点
> ---部品: タンカーへの積み込みと荷下ろし
> --大部品: 居住設備 RD:3 評価値:2
> ---部品: 油田の街
> ---部品: 排煙への配慮
> ---部品: 居住施設のある場所
>
>
>
> *部品定義
>
> **部品: そもそもの始まり
> 昔、井戸を掘っている際に黒い水が出たという伝承があり、その水は燃える事もあってか照明代わりに使われていたという記録が残っている。これが油田の始まりと言われている。
>
> **部品: 精製について
> 原油をただ使うだけでなく、精製をする事により様々なものに分ける事ができた。黒い水は油と分かり精製すると照明に使えた。今は、ガソリン・灯油・軽油・重油と分ける事が出来る。
>
> **部品: 環境汚染防止の取り組み
> 現在は国によって大気汚染や水質・土壌汚染を防ぐために様々な制限が設けられている。また、汚染等を防ぐため化学反応を用いた浄化等をし、排水やガス等も出来る限りクリーンなものにされている。
>
> **部品: 油田の祭り
> ナニワアームズでは文化的に今後も発展するように、また貴重な資源を使う事を忘れぬようにと、始めに使われた油田にて祭りをおこなっている。既に事業的には採算が合わないが、まだ油が出ており機械を動かす実験や子供らに分かりやすいような催し物が行われている。
>
> **部品: 原油・石油とは
> 天然の石油を原油と呼び、複雑な「炭化水素(炭素と水素の化合物)」がたくさん混合している状態である。粘土の固結した泥岩(でいがん)や、より固結度の高い頁岩(けつがん)の厚い地層が広くある場所の、貯留岩と呼ばれる粒の粗い岩石の層に石油が含まれていることが多い。
>
> **部品: 泥岩や貯留岩を探す
> 原油やガスの根源岩とされる「泥岩」や、多孔質なためその孔隙に気体や液体を貯める性質のある「貯留岩」の層を探すことで、ガス・原油の埋蔵量などの把握や推定、油井を掘る場所の決定などを行う。
>
> **部品: 開発計画の立案
> 地下の推定埋蔵量や生産特性の調査・解析結果などを基に、最大限の回収の方法、そのための施設導入計画と運営コスト・追加する設備などを検討し、効率の良い最適化した開発・生産計画を立案する。
>
> **部品: 掘る技術の進化
> 掘る技術が人力の発掘、自噴するところからポンプによってくみ上げる事が出来るようになった。また、油の加圧、ガス注入等のくみ上げが盛んになった。今は安定しており、新規油田を掘る事はターゲットを決めて掘る事になっている。
>
> **部品: タンクとパイプの技術
> 現在は油田を掘り、くみ上げてきたものをクリーニングし原油、タンクに詰めていくようにしていく。その後、パイプラインに乗せてタンクから精製所へ運ぶ事になっている。
>
> **部品: 生産のモニタリング
> 生産が開発されてからも定期的に原油の状態や性質・水分量・圧力などを観察・記録し、生産量と運営コストの最適化に修正を加えつつ、追加施設導入の検討などを行う。
>
> **部品: 閉鎖作業
> 原油を全てくみ上げたところは、油やガスを全て抜き取り、機械を外した上で更地にしている。また、廃棄されたところの土をアスファルトの原産に出来ないか現在、再生事業も組み込まれている。
>
> **部品: 施設建設の流れ
> 原油を汲み出す油井を掘削するのと同時に、油井周囲に送油するためのパイプやタンクなどを建設していく。消火・防災設備などは念入りに配置されている。また通いやすく住みやすい場所に職員や技術者、労働者の居住地区も次第に出来上がってゆき、徐々に生活用品を売る店や飲食店、娯楽施設なども増えることが多い。
>
> **部品: ロータリー掘削
> 原油や天然ガスを地下深い地層から掘り出すために、油井と呼ばれる深い井戸を掘る。大抵は大きな油井やぐらを建て、ドリルビットを付けた掘削パイプを回転させ掘り進む。パイプを通してドリルビットから調整剤を調合された特殊な泥水を噴射し、摩擦熱を軽減する。この水は堀りクズと共にパイプの外側を通って回収され、フィルターで大きな堀りクズを取り除いた後、ポンプで循環させ再び使用される。
>
> **部品: その他の掘削
> ポンプで原油を汲み上げるポンプ採油や、ガスを吹き込んで圧力を利用し原油を押し上げるガスリフト・ポンプ、ロータリー式のように真っ直ぐなパイプを回転させるのではなく、チューブにドリルを付け泥水の流れでビット部分を回転させるコイル・チュービング・リグなどがある。
>
> **部品: ドリルビット
> 原油の埋蔵されている地下深くまで掘削するために、ビットと呼ばれる歯のついた硬質ドリルを管ごと回転させながら掘り進む。この歯先には人造ダイヤモンド等を埋め込むこともある。
>
> **部品: 中核となる設備
> 燃料精錬所の中核をなす部分である。原油の蒸留分離を行う蒸留塔と、分離後の燃料を更に精製する複数の装置から構成されている。
>
> **部品: 分離処理
> 地下から汲み出した原油を、油・ガス・水・その他の不純物・化合物などに分離処理し、パイプラインで油は貯蔵タンク、ガスは液化処理施設などへ送られる。
>
> **部品: コンデンセート
> 原油の一種で、地下では気体で存在するが、地上では液体状になるものをコンデンセート油、もしくは単にコンデンセートと呼ぶ。通常の油井から生産される他、ガス田からも採取されることがあり、ガスの液状処理施設から貯蔵タンクへ戻ってくる場合もある。
>
> **部品: 製錬工程
> 蒸留塔にて燃料は分離され、性質の異なる複数の燃料が精製されます。燃料の種類によっては、別の装置によって更なる蒸留分離や、触媒を利用した不純物除去などの過程を経ることになります。
>
> **部品: 燃料貯蔵庫
> 燃料を貯蔵する施設。巨大な燃料タンクが大量に立ち並ぶ区画で、精錬施設よりも大きな面積を占めている。原油や精錬後の各種燃料が貯蔵され、必要に応じて出荷される事になる。
>
> **部品: 液状処理施設
> 生産・採取された天然ガスを、コンセンデート油や不純物を分離除去し、マイナスの低温まで冷却して液化し貯蔵・出荷する施設。液化させると体積がおよそ600分の1ほどになるため大量の貯蔵や輸送が可能になるが、液化には多大なエネルギーが必要なため、このエネルギーを抑えるための研究は今も続けられている。
>
> **部品: その他の付帯設備
> ボイラーや、自家発電設備、排水処理設備等のその他設備がその他の付帯設備に当たる。排煙、防災には特に力を入れており、それに纏わる設備や機器が多い。
>
> **部品: 政府首脳陣の統一見解
> 1)労働力の過剰投入による生産量増加は行わない。2)環境への負荷を増加させない為に採掘量の増加以外の手法で限りある燃料を効率良く回収する事を目指す。
>
> **部品: 実現に向けた施策
> 過去に資源採掘現場で発生した劣悪な環境下での過酷な労働という悲劇を再来させない為に、ナニワアームズ商藩国では燃料生産についての基礎研究や技術開発の推進に力を入れる事になった。
>
> **部品: 研究支援の概要
> 労働力の過剰投入や環境への負荷の増加を行う事無く、燃料の生産量を増加させる為の基礎研究や技術開発を推進する。
>
> **部品: 主な支援内容
> ・資金援助・必要な人材の調整例:産業廃棄物の処理方法の研究なら国内にある産業廃棄物処理場からスタッフを派遣して貰うように調整する、危険物を扱う際の安全管理の為に消防署の人員を派遣して貰う等・各種法整備例:環境負荷対策の法案の検討等・有効な方法は安全確認の為の検証を経て、実際に国家施設である燃料生産地に段階的に実用化していく。
>
> **部品: 回収手法の工夫と最適化
> 油田からの回収率を増加させる為の2次回収、3次回収の手法の研究(水やガスの圧入して油層の圧力を補う等)
>
> **部品: 分離工程
> セパレーターによる分離工程(油、水、天然ガスを分離する)時のロスを減らす為の技術研究を実施する。これにより同量の採掘量でも獲得できる石油の量が増える。
>
> **部品: 機械設備の開発
> 原油の脱湿・脱塩装置やエマルジョン分解装置のより効率の良い機械装置の開発。これら脱湿・脱塩によって原油の品質向上と輸送や貯蔵時の手間の削減等が見込める。
>
> **部品: 輸送、貯蔵の為の手段
> 油田、セパレーター、貯蔵タンク、燃料精錬所等の各種施設を結ぶパイプラインの整備及び輸送時のロスやコストの低減の為のパイプラインや貯蔵タンクの研究を行う。
>
> **部品: 効率の良い製錬方法
> 原油から各種石油製品の精錬の為の手法について、より効率の良い方法の研究とそれらを実際に稼働させる為の設備や機械の開発と実践。
>
> **部品: 天然ガスの活用
> 天然ガスのエネルギー資源として活用法や精製手法の研究。燃焼時のCO2の排出量が石油や石炭よりも少なく済むというメリット以外にも、熱や蒸気、電気といった複数のエネルギーを同時に生み出す事で冷暖房や給湯、電力供給といった複数の用途で活用できる。
>
> **部品: 液化処理方法
> 液化処理の際の、より効率の良い冷却方法や保冷システム等、冷却のための使用エネルギーを抑える方法や工夫。
>
> **部品: 産業廃棄物のより安全で低コストな処理方法
> 各種製造工程で発生する産業廃棄物の処理方法の研究は自分達の生活圏の環境悪化を防ぎ、より末永く住み続ける為にも必要不可欠なものであると言える。
>
> **部品: 火災消火について
> 火災を防ぐための機械はもちろんの事、万が一火災が起こった時は閉鎖作業やニトログリセリン等の爆風消火、またエンジンを使っての放水作業等も行われるようになる。
>
> **部品: 防災の為の備え
> 防災に関しては、大容量泡放射設備の導入や泡消火薬剤備蓄の増強などに加え、耐火服、酸素ボンベ、消火器等防災用の機器の各所への大量配備、藩国消防署との連絡体制の強化など、特に力を入れている。
>
> **部品: キャッピング
> 油田にクレーンでフタをする方法。酸素を遮断し消火する、窒息消火にあたる。最も安定した消化法ではあるが、これを行った後に冷却や薬剤の投入などを行う場合もある。
>
> **部品: 閉鎖用隔壁
> 消火しきれなかった場合や難しい場合、火薬等を爆発させて爆風や酸欠環境を利用する手段が採られる。また二酸化炭素などのガスを吹き込んで消火する等の場合もあるため、緊急用に油井坑口周辺は何層かの頑丈な隔壁が設けられている。
>
> **部品: 保安と管理
> 各施設と設備・パイプライン等はそれぞれ、複数の監視室で交代制の職員により24時間体制で監視されており、緊急時にも対策できるよう日々保全管理・整備をされている。
>
> **部品: 輸送について
> 他の国に輸出する際は、タンカーや環状線等を使い輸送している。輸送の際は事故や海賊等に襲われぬよう、事前の打ち合わせ、路線の機密性等が多く使われるようになっている。
>
> **部品: 一般的なタンカー
> 原油を運ぶタンカーは全長300mを越える20〜30万トン級のものが一般的である。中は20前後のタンクに分かれており、万が一事故があっても、全て流れ出さないような設計がされている。また機械により自動化されている船が多く、乗務員はそれほど多くはない。
>
> **部品: パイプラインとは
> 燃料を移動させるための設備である。ポンプによって燃料を送り出し輸送を行う。藩国油田から精錬所、精錬所から工場地帯の間と精錬所内の各設備間にパイプラインは設置されている。
>
> **部品: 使用するパイプ
> 敷設後の交換は大工事となるため、生産の間の交換は最小で済むよう、高強度と高い耐食性のある鋼材で丁寧に頑丈に作られたパイプを使用している。
>
> **部品: 輸送手段としての利点
> 通常の輸送手段よりも大量の燃料を輸送でき、積み下ろし作業や空荷走行などによるロスなども全くないためコスト的にも優れている。
>
> **部品: タンカーへの積み込みと荷下ろし
> タンカーへ原油を積み込むとき、または輸送された原油をタンカーから下ろす時にもパイプラインが使用される。積み込みや下ろす場合には、おおよそ1日半〜3日程度かかることもある。
>
> **部品: 油田の街
> 油田を掘る事は長年の事業に渡る事となっており、それは一家族が出来上がる程の年月がかかる。それもあってか、労働者を始めとする町が出来上がった。
>
> **部品: 排煙への配慮
> 排煙は周囲に撒き散らすことの無いよう通常の排煙処理の後、排気機構へ直接ラインを引いて街や居住区に排煙が漏れる事のない様にしている。
>
> **部品: 居住施設のある場所
> 燃料生産地で発展した街の一つが、北方のザルリン地方にあるサナズである。政府主体の生産地開発のモデルケースであるため、公営住宅や集合住宅が多くライフラインも一通り整っており、民間企業も多数参入している。
>
>
>
> *提出書式
>
> 大部品: 燃料生産地 RD:48 評価値:9
> -大部品: ナニワとオイルの歴史 RD:4 評価値:3
> --部品: そもそもの始まり
> --部品: 精製について
> --部品: 環境汚染防止の取り組み
> --部品: 油田の祭り
> -大部品: 油田開発 RD:7 評価値:4
> --部品: 原油・石油とは
> --部品: 泥岩や貯留岩を探す
> --部品: 開発計画の立案
> --部品: 掘る技術の進化
> --部品: タンクとパイプの技術
> --部品: 生産のモニタリング
> --部品: 閉鎖作業
> -大部品: 採掘施設 RD:4 評価値:3
> --部品: 施設建設の流れ
> --部品: ロータリー掘削
> --部品: その他の掘削
> --部品: ドリルビット
> -大部品: 燃料精錬所 RD:7 評価値:4
> --大部品: 製錬設備 RD:7 評価値:4
> ---部品: 中核となる設備
> ---部品: 分離処理
> ---部品: コンデンセート
> ---部品: 製錬工程
> ---部品: 燃料貯蔵庫
> ---部品: 液状処理施設
> ---部品: その他の付帯設備
> -大部品: 燃料生産向上における方針 RD:2 評価値:1
> --部品: 政府首脳陣の統一見解
> --部品: 実現に向けた施策
> -大部品: 燃料生産技術の研究開発支援施策 RD:2 評価値:1
> --部品: 研究支援の概要
> --部品: 主な支援内容
> -大部品: 支援対象の研究 RD:8 評価値:5
> --部品: 回収手法の工夫と最適化
> --部品: 分離工程
> --部品: 機械設備の開発
> --部品: 輸送、貯蔵の為の手段
&